TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022060971
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-04-15
出願番号2020168779
出願日2020-10-05
発明の名称抗毛嚢炎用外用組成物
出願人個人
代理人
主分類A61K 31/353 20060101AFI20220408BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】
本発明は、抗毛嚢炎作用を発揮し、かつ即効性の高い抗毛嚢炎用外用組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】
プエラリンを濃度0.01重量%以上、1重量%以下で含有することを特徴とする外用組成物であって、剤形が軟膏剤、クリーム剤、又は外用液剤である抗毛嚢炎用外用組成物。特に、エタノール、常温で液体の油脂類、トコフェロールを含有することを特徴とする外用組成物、および、ヘパリン類似物質を含有し、水中油型エマルジョンを特徴とする外用組成物。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
プエラリン(A)を濃度0.01重量%以上、1重量%以下で含有することを特徴とする抗毛嚢炎用外用組成物
続きを表示(約 140 文字)【請求項2】
エタノール(B)、常温で液体の油脂類(C)、トコフェロール(D)を含有することを特徴とする請求項1記載の抗毛嚢炎用外用組成物
【請求項3】
ヘパリン類似物質(E)を含有し、水中油型エマルジョンを特徴とする請求項1記載の抗毛嚢炎用外用組成物

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、毛嚢炎の改善又は治療に使用される外用組成物に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
毛嚢炎は、皮膚の毛穴(毛包)にブドウ球菌等の細菌が感染して炎症を起こす皮膚炎であり、毛包部の丘疹ないしは膿疱を中心に赤みがかる症状が一般的である。皮脂の老廃物などが毛包に蓄積し、そこに細菌が繁殖することが原因と考えられているが、薬剤の使用による免疫力の低下などの外的要因や、思春期における性ホルモンの変動などの内的要因が遠因となる場合もある。
【0003】
軽度のものは自然治癒するため治療は必要ないが、自然治癒には数日を要するのが一般的である。一方、掻破により炎症が悪化した場合や、何らかの外的要因などにより炎症が起こっている場合は、炎症を抑えるための治療が必要となる。特に顔面における悪化した毛嚢炎は、患者のQOLを著しく低下させるため治療が必要である。
【0004】
毛嚢炎は細菌感染性の炎症であるため、治療には一般的に抗生物質が処方されるが、抗生物質には抗炎症作用はないため即効性は低い。一方、皮膚の炎症を抑制するために一般的に使用されるステロイド外用薬は、免疫抑制の副作用のため毛嚢炎に使用することはできず、仮に使用したとしても治療効果は低い。
【0005】
上記のような理由から、毛嚢炎に対して即効性の高い、換言すれば抗炎症作用を有する治療方法はこれまで存在しなかったが、我々はクズ科の植物であるプエラリア・ミリフィカの根茎抽出物に毛嚢炎の炎症を抑制し治癒させる作用があることを見出し、それを用いた外用組成物をすでに開発した。(特許文献1)
【0006】
プエラリア・ミリフィカ(Pueraria mirifica)は、女性ホルモンであるエストロゲンと類似の作用を有するミロエステロール等を含有していることが知られており、副作用事例の報告もある。エストロゲンを外用剤として使用した例では、加齢によるシワの軽減(非特許文献1)や、更年期障害や卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状の緩和(非特許文献2)が知られており、我々が開発した組成物の効果も、それらの成分の作用である可能性があったが、我々の分析では、乾燥させたプエラリアミリフィカの根茎のエタノール抽出物の主成分はプエラリンであり、ミロエステロール等は微量成分であった。
【0007】
プエラリンは、同属であるクズ(Pueraria lobata)の根茎に多く含まれることが知られており、乾燥させたクズの根茎は“カッコン(葛根)”として古くから使用されている生薬である。カッコンには抗炎症作用を含む様々な作用が知られているが、その機序は現在でもよくわかっていない。クズにはプエラリンをはじめとした大豆イソフラボンが多く含まれることは知られており、カッコンの作用の一部はそれらのイソフラボン類によるものと考えられる。近年、プエラリンに抗炎症性作用があることが動物実験により確認され(非特許文献3)、ヒトにおいては循環器疾患の治療が検討されている(非特許文献4)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0008】
特開2017-81829
【非特許文献】
【0009】
International Journal of Dermatology:Vol.35,No.9,1996,669-674
ル・エストロジェル添付文書, 富士製薬工業(株)
Biochemical and Biophysical Research Communications:Vol.498,Issue4,2018,707-714
Phytother Res.:2014 Jul;28(7),961-75.
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
本発明は、抗毛嚢炎作用を発揮し、かつ即効性の高い抗毛嚢炎用外用組成物を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
耳栓
13日前
個人
毛髪剤
3か月前
個人
脱毛剤
3か月前
個人
指圧器
2か月前
個人
火塩湯
9日前
個人
健康装置
3か月前
個人
コンドーム
1か月前
個人
無痕灸灸具
6日前
個人
殺菌乾燥方法
3か月前
個人
介護用ベッド
22日前
個人
妊娠治療薬。
1か月前
個人
どくだみ生茶
9日前
個人
たんぽぽ生茶
9日前
個人
UVC照射容器
2か月前
個人
把持鉗子
2か月前
個人
移乗用補助装置
5日前
個人
膣を潤わす道具
4か月前
個人
車椅子連結装置
今日
個人
排泄通知システム
2か月前
個人
鼻腔拡張具
5日前
株式会社いうら
車椅子
1か月前
個人
人工呼吸器
2か月前
山梨県
手術器具
1か月前
個人
残尿打撃排出器1
2か月前
個人
車椅子階段昇降装置
1か月前
個人
薬液噴霧装置
1か月前
大正製薬株式会社
固形物
23日前
個人
鼻腔内留置ボックス
7日前
個人
抗ウィルス離床センサ
3か月前
個人
リラクゼーション装置
3か月前
個人
呼吸数測定装置
21日前
株式会社ニデック
検眼装置
1か月前
個人
点滴注射キット
1か月前
グンゼ株式会社
下着
8日前
個人
人体吊り上げ用補助具
29日前
個人
漏れない生理ショーツ
1か月前
続きを見る