TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022060158
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-04-14
出願番号2021135746
出願日2021-08-23
発明の名称α-アミラーゼ変異体
出願人花王株式会社
代理人特許業務法人アルガ特許事務所
主分類C12N 15/56 20060101AFI20220407BHJP(生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学)
要約【課題】低温下で機能することが可能であり、同時に安定性及び/又は洗浄性能が維持又は向上したα-アミラーゼを提供する。
【解決手段】配列番号2で示されるアミノ酸配列のG5、S38、T49、Q96、N126、T129、G140、F153、Q167、G179、W186、E187、N192、M199、Y200、L203、Y205、D206、R211、K215、H240、S241、Y242、G244、E257、F259、K278、H283、S284、A288、H295、Y296、N303、T320、S331、L348、Y360、W408、L429、V430、G433、A434、W439、N471、G476及びG477の各位置に相当する位置の1又は複数箇所のアミノ酸残基の改変を含む、親α-アミラーゼの変異体であって、前記親α-アミラーゼ又はα-アミラーゼ変異体は配列番号4で示されるアミノ酸配列に対して少なくとも90%の配列同一性を有する、α-アミラーゼ変異体。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
配列番号2で示されるアミノ酸配列のG5、S38、T49、Q96、N126、T129、G140、F153、Q167、G179、W186、E187、N192、M199、Y200、L203、Y205、D206、R211、K215、H240、S241、Y242、G244、E257、F259、K278、H283、S284、A288、H295、Y296、N303、T320、S331、L348、Y360、W408、L429、V430、G433、A434、W439、N471、G476及びG477の各位置に相当する位置の1又は複数箇所のアミノ酸残基の改変を含む、親α-アミラーゼの変異体であって、前記親α-アミラーゼ又はα-アミラーゼ変異体は配列番号4で示されるアミノ酸配列に対して少なくとも90%の配列同一性を有する、α-アミラーゼ変異体。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記G5、S38、T49、Q96、N126、T129、G140、F153、Q167、G179、W186、E187、N192、M199、Y200、L203、Y205、D206、R211、K215、H240、S241、Y242、G244、E257、F259、K278、H283、S284、A288、H295、Y296、N303、T320、S331、L348、Y360、W408、L429、V430、G433、A434、W439、N471、G476及びG477の各位置に相当する位置のアミノ酸残基の改変が、それぞれG5E/D/P/R/K、S38N、T49Q、Q96R/K、N126Y、T129I、G140Y/F/W、F153W、Q167E、G179D/H、W186L、E187P、N192F、M199L/T/A/N/Q/S/V/I、Y200G、L203Y/M/F、Y205F、D206R/E/N/T/G、R211V/L/I、K215F、H240F、S241A/Q/D/L/Y/P/H、Y242F、G244K/W/L/R、E257T、F259W、K278L/D/W/I/H/S/T/N/Q/V/A/Y/F、H283Q、S284W、A288F、H295Y、Y296A、N303R/E/S/G/V/D/T/A、T320D/E、S331T、L348I、Y360C/M/L/V、W408P、L429V、V430M、G433GS、A434V、W439R、N471T、G476A/P/E/S/F/R/K及びG477Eである、請求項1に記載の変異体。
【請求項3】
アミノ酸残基の改変が2箇所以上の改変である、請求項1又は2に記載の変異体。
【請求項4】
変異体が、下記表1-1~1-4で示される変異の組み合わせから選ばれる変異を少なくとも含む、請求項1又は2に記載の変異体。
TIFF
2022060158000021.tif
216
170
TIFF
2022060158000022.tif
233
170
【請求項5】
変異体が、下記表2-1~2-4で示される変異の組み合わせから選ばれる変異を少なくとも含む、請求項1又は2に記載の変異体。
TIFF
2022060158000023.tif
212
170
TIFF
2022060158000024.tif
213
170
【請求項6】
変異体が、下記表3で示される変異の組み合わせから選ばれる変異を少なくとも含む、請求項1又は2に記載の変異体。
TIFF
2022060158000025.tif
170
170
【請求項7】
請求項1~6のいずれか1項に記載の変異体をコードするポリヌクレオチド。
【請求項8】
請求項7に記載のポリヌクレオチドを含むベクター又はDNA断片。
【請求項9】
請求項8に記載のベクター又はDNA断片を含有する形質転換細胞。
【請求項10】
微生物である、請求項9に記載の形質転換細胞。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、α-アミラーゼの変異体に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
α-アミラーゼは澱粉産業、醸造産業、繊維産業、医薬品産業及び食品産業等幅広い産業分野で利用されている他、洗浄剤への配合適性が知られており、デンプン質の汚れを除去する成分として自動食器洗浄機用の食器洗浄剤や衣料用洗剤等へ配合されている。
【0003】
洗浄剤用として有用なα-アミラーゼとしては、バチルス エスピー(Bacillus sp.)KSM-1378(FERM BP-3048)株由来のα-アミラーゼAP1378(特許文献1)、バチルス リケニフォルミス由来のα-アミラーゼであるターマミルやデュラミル(登録商標)の他、バチルス エスピー(Bacillus sp.)DSM12649株由来のα-アミラーゼAA560(特許文献2)、バチルス エスピー(Bacillus sp.)SP722株由来のα-アミラーゼSP722(特許文献3の配列番号4)、サイトファーガ属由来のα-アミラーゼCspAmy2(特許文献4)等が知られている。また、これらのα-アミラーゼについては、特定の用途に向けて機能が改善するように改変され、例えば洗剤中における安定性が向上した変異体等が報告されている(特許文献5)。
【0004】
近年では、環境保護や洗浄コスト軽減の観点から、食器洗浄や洗濯洗浄、特にランドリーでの洗濯洗浄の際の温度を下げることが重要とされ、また洗浄時間の短縮化も望まれている。しかしながら、アミラーゼを含む大部分の酵素の至適温度は、低温洗浄において通常設定される温度よりも高く、このため、多くのデンプン質の汚れは完全に除去することが困難となっている。
したがって、低温においても、洗浄性能やデンプン分解活性が保持され、汚れ除去効果が高いα-アミラーゼを見出すことが重要である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
国際公開第94/26881号
国際公開第00/60060号
国際公開第06/002643号
国際公開第2014/164777号
国際公開第98/044126号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、低温下で機能することが可能であり、同時に安定性及び/又は洗浄性能が維持又は向上したα-アミラーゼを提供することに関する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者らは、低温下で機能するα-アミラーゼを親として、当該親α-アミラーゼと比して向上した洗浄性能及び/又は安定性を有するα-アミラーゼ変異体を得ることに成功した。
【0008】
すなわち、本発明は、以下に係るものである。
1)配列番号2で示されるアミノ酸配列のG5、S38、T49、Q96、N126、T129、G140、F153、Q167、G179、W186、E187、N192、M199、Y200、L203、Y205、D206、R211、K215、H240、S241、Y242、G244、E257、F259、K278、H283、S284、A288、H295、Y296、N303、T320、S331、L348、Y360、W408、L429、V430、G433、A434、W439、N471、G476及びG477の各位置に相当する位置の1又は複数箇所のアミノ酸残基の改変を含む、親α-アミラーゼの変異体であって、前記親α-アミラーゼ又はα-アミラーゼ変異体は配列番号4で示されるアミノ酸配列に対して少なくとも90%の配列同一性を有する、α-アミラーゼ変異体。
2)1)の変異体をコードするポリヌクレオチド。
3)2)のポリヌクレオチドを含むベクター又はDNA断片。
4)3)のベクター又はDNA断片を含有する形質転換細胞。
5)1)の変異体を含む洗浄剤組成物。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、親α-アミラーゼと比して向上した洗浄性能及び/又は安定性を有するα-アミラーゼ変異体を提供することができる。斯かるα-アミラーゼ変異体を用いることにより、低温でも優れたデンプン汚れ除去効果を発揮する洗浄が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
2アミノ酸欠失変異体の安定性評価。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

花王株式会社
吐出具
4日前
花王株式会社
温熱具
16日前
花王株式会社
装着具
10日前
花王株式会社
吸収体
17日前
花王株式会社
歯ブラシ
18日前
花王株式会社
吸収性物品
11日前
花王株式会社
無人搬送車
12日前
花王株式会社
吸収性物品
17日前
花王株式会社
香料組成物
15日前
花王株式会社
吸収性物品
17日前
花王株式会社
油脂組成物
18日前
花王株式会社
吸収性物品
17日前
花王株式会社
油脂組成物
18日前
花王株式会社
液体現像剤
19日前
花王株式会社
歯間ブラシ
15日前
花王株式会社
吸収性物品
15日前
花王株式会社
液体現像剤
23日前
花王株式会社
液体現像剤
23日前
花王株式会社
固体入浴剤
5日前
花王株式会社
油脂組成物
18日前
花王株式会社
吸収性物品
17日前
花王株式会社
吸収性物品
2日前
花王株式会社
皮膚外用剤
24日前
花王株式会社
吸収性物品
2日前
花王株式会社
吸収性物品
2日前
花王株式会社
水性インク
24日前
花王株式会社
段ボール箱
25日前
花王株式会社
吸収性物品
2日前
花王株式会社
吸収性物品
26日前
花王株式会社
蒸気発生具
16日前
花王株式会社
液体現像剤
29日前
花王株式会社
液体現像剤
29日前
花王株式会社
顔料水分散体
24日前
花王株式会社
洗浄剤組成物
2日前
花王株式会社
土壌用洗浄剤
24日前
花王株式会社
排尿解析装置
10日前
続きを見る