TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022016252
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-01-21
出願番号2020206818,2020119477
出願日2020-12-14,2020-07-10
発明の名称情報処理装置、通信システム、コンテンツ再生プログラム、コンテンツ再生方法
出願人LINE株式会社
代理人特許業務法人白坂
主分類H04N 21/258 20110101AFI20220114BHJP(電気通信技術)
要約【課題】適切に再生を制限することができる情報処理装置を提供する。
【解決手段】コンテンツ配信サービスを提供する通信システム1であって、サーバ10は、ユーザ識別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる会員種別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる利用履歴とを記憶する記憶部と、ユーザ識別情報と、コンテンツ識別情報を含むコンテンツ要求情報と、コンテンツ再生態様指定情報を受信する受信部と、コンテンツ要求情報に対応するユーザ識別情報の会員種別情報と利用履歴とに基づきコンテンツ再生の可否を判定する判定部と、判定に基づきコンテンツ要求情報に含まれるコンテンツ識別情報に係るコンテンツを第1態様或いは第1態様から一部の要素が除かれた第2態様によって、端末にてコンテンツを再生させる再生制御部と、再生制御部が第1態様或いは第2態様によってコンテンツを再生させたことに基づいて利用履歴を更新する履歴更新部とを備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
端末に コンテンツを送信するサービスを提供する情報処理装置であって、
ユーザ識別情報と、前記ユーザ識別情報に関連付けられる会員種別情報と、前記ユーザ識別情報に関連付けられる利用履歴と、を記憶する記憶部と、
前記ユーザ識別情報と、コンテンツ識別情報を含むコンテンツ要求情報と、コンテンツ再生の態様を指定する態様指定情報を受信する受信部と、
前記コンテンツ要求情報に対応するユーザ識別情報の会員種別情報と利用履歴とに基づいて、コンテンツ再生の可否を判定する判定部と、
前記判定部による判定に基づき、 前記コンテンツ要求情報に含まれるコンテンツ識別情報に係るコンテンツを第1態様、あるいは第1態様から一部の要素が除かれた第2態様によって、前記端末にてコンテンツを再生させる再生制御部と、
前記再生制御部が前記第1態様あるいは前記第2態様によってコンテンツを再生させたことに基づいて、前記利用履歴を更新する履歴更新部と、
を備える情報処理装置。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
請求項1に記載の情報処理装置であって、
前記判定部は、単位期間当たりのコンテンツの利用回数が所定の閾値を超える場合にコンテンツ再生不可であると判定する。
【請求項3】
請求項1に記載の情報処理装置であって、
前記判定部は、単位期間あたりのコンテンツの総利用時間が所定の閾値を超える場合にコンテンツ再生不可であると判定する。
【請求項4】
請求項1~3のいずれか一項に記載の情報処理装置であって、
前記受信部は、前記コンテンツが音楽または動画である場合に、音質または画質の少なくともいずれかを指定する品質情報をさらに受信し、
前記再生制御部は、受信した前記品質情報に基づいてコンテンツを再生させる。
【請求項5】
請求項1~4のいずれか一項に記載の情報処理装置であって、
前記再生制御部は、前記第2態様によるコンテンツの再生として、前記第1態様によって再生されるコンテンツデータに対して一部の要素を取り除く処理を施したデータを再生させる。
【請求項6】
請求項5に記載の情報処理装置であって、
前記コンテンツは音楽であり、
前記再生制御部は、前記一部の要素としてボーカルに相当する波長を取り除く処理を施したデータを再生させる。
【請求項7】
請求項1~6のいずれか一項に記載の情報処理装置であって、
前記コンテンツは、音楽又は動画であり、
前記一部の要素は、人の音声である。
【請求項8】
請求項1~7のいずれか一項に記載の情報処理装置であって、
前記会員種別情報で示される前記サービスを享受する会員の種別には、前記サービスに対して対価を支払っている有料会員と、前記サービスに対して対価を支払っていない無料会員とが含まれる。
【請求項9】
端末と、前記端末にコンテンツを送信するサービスを提供する情報処理装置とを含む通信システムであって、
前記情報処理装置は、
ユーザ識別情報と、前記ユーザ識別情報に関連付けられる会員種別情報と、前記ユーザ識別情報に関連付けられる利用履歴と、を記憶する記憶部と、
前記ユーザ識別情報と、コンテンツ識別情報を含むコンテンツ要求情報と、コンテンツ再生の態様を指定する態様指定情報を受信する第1受信部と、
前記コンテンツ要求情報に対応するユーザ識別情報の会員種別情報と利用履歴とに基づいて、コンテンツ再生の可否を判定する判定部と、
前記判定部による判定に基づき、前記コンテンツ要求情報に含まれるコンテンツ識別情報に係るコンテンツを第1態様、あるいは第1態様から一部の要素が除かれた第2態様によって、前記端末にてコンテンツを再生させる再生制御部と、
前記再生制御部が前記第1態様あるいは前記第2態様によってコンテンツを再生させたことに基づいて、前記利用履歴を更新する履歴更新部と、を備え、
前記端末は、
前記態様指定情報に関する入力を受け付ける受付部と、
前記受付部が受け付けた前記態様指定情報と、前記コンテンツ要求情報と、前記ユーザ識別情報と、を前記情報処理装置に送信する送信部と、
前記情報処理装置から前記コンテンツ要求情報に基づくコンテンツを受信する第2受信部と、
前記第2受信部が受信したコンテンツを出力する出力部と、を備える。
【請求項10】
請求項9に記載の通信システムであって、
前記第2受信部は、前記コンテンツとして、ボーカルが取り除かれた音楽データを受信し、
音声の入力を受け付ける入力部を備え、
前記出力部は、前記第2受信部が受信した音楽データに基づく音楽に、前記入力部が受け付けた音声を合成した音声を出力する。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、情報処理装置、通信システム、コンテンツ再生プログラム、並びに、コンテンツ再生方法に関する。
続きを表示(約 2,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、コンテンツをユーザの端末に配信する配信サービスがある。特許文献1には、コンテンツの種別を指定し、指定した種別のコンテンツを配信するシステムが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第5857405号
【発明の概要】
【0004】
本発明の第一の態様は、端末にコンテンツを送信するサービスを提供する情報処理装置であって、ユーザ識別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる会員種別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる利用履歴と、を記憶する記憶部と、ユーザ識別情報と、コンテンツ識別情報を含むコンテンツ要求情報と、コンテンツ再生の態様を指定する態様指定情報を受信する受信部と、コンテンツ要求情報に対応するユーザ識別情報の会員種別情報と利用履歴とに基づいて、コンテンツ再生の可否を判定する判定部と、判定部による判定に基づき、コンテンツ要求情報に含まれるコンテンツ識別情報に係るコンテンツを第1態様、あるいは第1態様から一部の要素が除かれた第2態様によって、端末にてコンテンツを再生させる再生制御部と、再生制御部が第1態様あるいは第2態様によってコンテンツを再生させたことに基づいて、利用履歴を更新する履歴更新部と、を備える。
本発明の第二の態様は、端末と、端末にコンテンツを送信するサービスを提供する情報処理装置とを含む通信システムであって、情報処理装置は、ユーザ識別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる会員種別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる利用履歴と、を記憶する記憶部と、ユーザ識別情報と、コンテンツ識別情報を含むコンテンツ要求情報と、コンテンツ再生の態様を指定する態様指定情報を受信する第1受信部と、コンテンツ要求情報に対応するユーザ識別情報の会員種別情報と利用履歴とに基づいて、コンテンツ再生の可否を判定する判定部と、判定部による判定に基づき、コンテンツ要求情報に含まれるコンテンツ識別情報に係るコンテンツを第1態様、あるいは第1態様から一部の要素が除かれた第2態様によって、端末にてコンテンツを再生させる再生制御部と、再生制御部が第1態様あるいは第2態様によってコンテンツを再生させたことに基づいて、利用履歴を更新する履歴更新部と、を備え、端末は、態様指定情報に関する入力を受け付ける受付部と、受付部が受け付けた態様指定情報と、コンテンツ要求情報と、ユーザ識別情報と、を情報処理装置に送信する送信部と、情報処理装置からコンテンツ要求情報に基づくコンテンツを受信する第2受信部と、第2受信部が受信したコンテンツを出力する出力部と、を備える。
本発明の第三の態様は、端末にコンテンツを送信するサービスを提供する情報処理装置のコンピュータにより実行されるコンテンツ再生プログラムであって、ユーザ識別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる会員種別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる利用履歴と、を記憶する記憶部にアクセス可能なコンピュータに、ユーザ識別情報と、コンテンツ識別情報を含むコンテンツ要求情報と、コンテンツ再生の態様を指定する態様指定情報を受信する受信機能と、コンテンツ要求情報に対応するユーザ識別情報の会員種別情報と利用履歴とに基づいて、コンテンツ再生の可否を判定する判定機能と、判定機能による判定に基づき、コンテンツ要求情報に含まれるコンテンツ識別情報に係るコンテンツを第1態様、あるいは第1態様から一部の要素が除かれた第2態様によって、端末にてコンテンツを再生させる再生制御機能と、再生制御機能が第1態様あるいは第2態様によってコンテンツを再生させたことに基づいて、利用履歴を更新する履歴更新機能と、を実現させる。
本発明の第四の態様は、端末に コンテンツを送信するサービスを提供する情報処理装置によるコンテンツ再生方法であって、ユーザ識別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる会員種別情報と、ユーザ識別情報に関連付けられる利用履歴と、を記憶する記憶部にアクセス可能な情報処理装置が、ユーザ識別情報と、コンテンツ識別情報を含むコンテンツ要求情報と、コンテンツ再生の態様を指定する態様指定情報を受信する受信ステップと、コンテンツ要求情報に対応するユーザ識別情報の会員種別情報と利用履歴とに基づいて、コンテンツ再生の可否を判定する判定ステップと、判定ステップによる判定に基づき、コンテンツ要求情報に含まれるコンテンツ識別情報に係るコンテンツを第1態様、あるいは第1態様から一部の要素が除かれた第2態様によって、端末にてコンテンツを再生させる再生制御ステップと、再生制御ステップが第1態様あるいは第2態様によってコンテンツを再生させたことに基づいて、利用履歴を更新する履歴更新ステップと、を実行する。
【図面の簡単な説明】
【0005】
通信システムの構成例を示し、端末及びサーバの構成例を示すブロック図である。
ユーザ情報のデータ構成例を示すデータ概念図である。
通信システムにおける各装置のやり取りの一例を示すシーケンス図である。
図3に関連する端末の動作例を示すフローチャートである。
図3に関連するサーバの動作例を示すフローチャートである。
(a)~(d)は、端末に表示される画面例を示す図である。
端末の動作例を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0006】
<法的事項の遵守>
本明細書に記載の開示は、通信の秘密など、本開示の実施に必要な実施国の法的事項遵守を前提とすることに留意されたい。
【0007】
本開示に係る端末による送信または受信に係る状況を確認できる表示方法等を実施するための実施形態について、図面を参照して説明する。
【0008】
<システム構成>
【0009】
図1は、本開示の一実施形態に係る通信システム1の構成を示す。図1に開示されるように、通信システム1では、ネットワーク30を介してサーバ10と、端末20(端末20A,端末20B,端末20C)とが接続される。サーバ10は、ネットワーク30を介してユーザが所有する端末20に、端末20間でのメッセージの送受信を実現するサービスを提供する。なお、ネットワーク30に接続される端末20の数は限定されない。
【0010】
ネットワーク30は、1以上の端末20と、1以上のサーバ10とを接続する役割を担う。すなわち、ネットワーク30は、端末20がサーバ10に接続した後、データを送受信することができるように接続経路を提供する通信網を意味する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
今日
キヤノン株式会社
撮像装置
1日前
神田通信機株式会社
通信制御装置
1日前
三菱電機株式会社
視聴システム
1日前
株式会社ヴィーネックス
光ラインセンサ
1日前
TDK株式会社
振動デバイス
1日前
TDK株式会社
振動デバイス
1日前
マツダ株式会社
車両用表示装置
1日前
株式会社デンソーウェーブ
画像処理装置
1日前
イグドラシルリーヴズ合同会社
ネットワーク処理制御システム
1日前
楽天モバイル株式会社
無線通信装置および通信システム
1日前
アクシス アーベー
映像処理方法およびビデオ処理装置
1日前
富士通株式会社
偏波変化の監視・測定装置及び方法
1日前
シャープ株式会社
UE(User Equipment)
1日前
株式会社ZENKIGEN
管理装置及びプログラム
今日
株式会社ZENKIGEN
管理装置及びプログラム
今日
シャープ株式会社
UE(User Equipment)
1日前
シャープ株式会社
UE(User Equipment)
1日前
キヤノン株式会社
画像処理装置および画像処理方法
今日
株式会社リコー
画像形成装置、画像形成方法及びプログラム
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
富士通株式会社
位相周波数レスポンス測定方法及び装置
1日前
株式会社ヴィーネックス
光ラインセンサ部材及びその製造方法
1日前
京セラ株式会社
基地局装置及び同期制御方法
1日前
矢崎総業株式会社
無線機及び無線通信システム
1日前
サン電子株式会社
防災行政無線のテレビホーム受信システム
1日前
ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
固体撮像素子
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置、制御方法、およびプログラム
1日前
キヤノン株式会社
情報処理装置、情報処理方法およびプログラム
今日
株式会社日立製作所
無線通信方法および無線通信システム
1日前
キヤノン株式会社
情報処理装置、情報処理方法およびプログラム
1日前
株式会社日立国際電気
無線通信装置及びフィルタ制御方法
1日前
株式会社村田製作所
高周波信号送受信回路
今日
グリー株式会社
動画配信システム、動画配信方法及び動画配信プログラム
1日前
株式会社リコー
通信システム、通信端末、通信方法、及びプログラム
今日
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置及び画像形成装置
1日前
続きを見る