TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022012335
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-01-17
出願番号2020114123
出願日2020-07-01
発明の名称箱形ルーフ用架台の構築法
出願人個人,個人
代理人個人,個人
主分類E21D 9/04 20060101AFI20220107BHJP(地中もしくは岩石の削孔;採鉱)
要約【課題】工法使用予定の箱形ルーフを推進架台として使用することで、推進架台作成に必要な鋼材量の削減、ルーフ置き場の確保、および架台組み直しの作業削減が可能となる箱形ルーフ用架台の構築法を提供する。
【解決手段】発進坑に工法使用予定の箱形ルーフ6を先行搬入し、これを積み上げて箱形ルーフ発進用の推進架台5として転用する。
【選択図】図1


特許請求の範囲【請求項1】
発進坑に工法使用予定の箱形ルーフを先行搬入し、これを積み上げて箱形ルーフ発進用の推進架台として転用することを特徴とした箱形ルーフ用架台の構築法。
続きを表示(約 180 文字)【請求項2】
箱形ルーフは井桁に組んで積み上げて箱形ルーフ発進用の推進架台を形成し、これの上から順次、箱形ルーフを挿入に用いて架台高さを低くする請求項1記載の箱形ルーフ用架台の構築法。
【請求項3】
箱形ルーフは下段水平部を配列し、その左右端の箱形ルーフに上に箱形ルーフを積み上げて順次高さを高くしていく請求項1記載の箱形ルーフ用架台の構築法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、箱形ルーフを防護工として用いて函体を推進または牽引させて鉄道、道路下に横断地下道を構築する地下構造物の構築方法で使用する箱形ルーフ用架台の構築法に関するものである。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
鉄道、道路等の下部地中に大幅員の地下構造物を横断方向に掘進させるには、上部交通を支承するための防護工が必要となり、かかる防護工として従来鋼管等を水平に並列させるパイプルーフを設けることなどが挙げられるが、地中に掘進させる地下構造物の防護工を別工事として施工することなく、地下構造物の掘進と同時に行うので安全かつ確実に、しかも安価に工事ができ、また土被りも浅く施工できるものとして、次のようなR&C工法と称する地下構造物の施工法が知られている。
【0003】
これは図25にも示すように、まず、鉄道等上部交通1の脇に土留め鋼矢板2を打設して、発進坑3と到達坑4を築造し、該発進坑3内に推進設備(図示せず)を設置してこれで鋼管による略正方形断面の箱形筒体である箱形ルーフ6を到達坑4に向けて圧入させる。
【0004】
箱形ルーフ6は側面に継手を長手方向に連続して形成し、また上面に平板からなるフリクションカッタープレート(FCプレート)7を取付けている。
【0005】
かかる箱形ルーフ6は単位筒体を1本ずつ圧入するものであり、端部にボルト接合用の継手フランジを形成し、この継手フランジ同士をボルト、ナットで締結することにより1ピースずつ長さ方向に継ぎ足して必要長を埋設し、さらに継手を介して横方向に連続させながら並列させる。
【0006】
箱形ルーフ6の並べ方は一文字型、門型、函型などで配設する地下構造物9に合わせて適宜選択される。
【0007】
次いで、発進坑3内に反力壁8、コンクリート函体による地下構造物9をセットし、反力壁8と地下構造物9との間には元押しの推進ジャッキ10を設け、地下構造物9の先端に刃口11を設けるとともに地下構造物9の先端と前記箱形ルーフ6との間に小ジャッキ12を介在させる。
【0008】
図中13は箱形ルーフ6の支持材、14はフリクションカッター7の止め部材でこれらは発進坑3側に設け、一方、到達坑4側に受台15を設ける。
【0009】
小ジャッキ12を伸長して地下構造物9を反力としてフリクションカッター7を残しながら箱形ルーフ6を1本ずつ順次押し進め、一通り箱形ルーフ6が前進したならば、小ジャッキ12を縮め、今度は推進ジャッキ10を伸長して地下構造物9を掘進させる。図中16は推進ジャッキ10と地下構造物9間に介在させるストラットである。
【0010】
このようにして、箱形ルーフ6の前進と地下構造物9の前進とを交互に繰り返しながら、到達坑4に出た箱形ルーフ6は順次撤去する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社オーク
掘削装置
2日前
個人
事故防止のためのトンネル安全システム
1か月前
株式会社冨士機
泥土サンプリング装置
2か月前
株式会社大林組
妻型枠固定装置
2か月前
株式会社亀山
掘削用ボーリングロッド
2か月前
株式会社奥村組
泥水式シールド掘進機
2日前
東京テクノ株式会社
地下埋設物破砕撤去装置
28日前
大裕株式会社
立坑傾斜測定装置
6日前
戸田建設株式会社
Kセグメントの落込み防止方法
1か月前
戸田建設株式会社
Kセグメントの抜出し防止方法
1か月前
個人
地盤掘削装置
1か月前
株式会社タンガロイ
切削ビット
24日前
積水化学工業株式会社
土留め壁
1か月前
アロイ工業株式会社
ケーシングビット
1か月前
個人
オープンシールド工法用ストラット
1か月前
清水建設株式会社
ブラケット
2か月前
株式会社奥村組
泥水式シールド掘進機
2日前
個人
可燃性ガス噴出予測装置、及び可燃性ガス噴出危険度判定装置
1か月前
MMCリョウテック株式会社
掘削ビット
3日前
古河ロックドリル株式会社
円筒部材用搬送装置
21日前
フジモリ産業株式会社
要防水土木構造物の防水施工方法
2か月前
岐阜工業株式会社
トンネルセントルのコンクリート打込み装置
今日
株式会社大林組
換気システム及び換気方法
7日前
株式会社奥村組
泥水式シールド掘進機およびセグメント組立方法
2日前
アキレス株式会社
袋体、袋体セット、および袋体配置方法
1か月前
日本車輌製造株式会社
チュービング装置の遠隔操作システム
1か月前
岐阜工業株式会社
搬送コンベアの支持構造
28日前
株式会社安藤・間
立坑のエントランス止水構造
27日前
株式会社カテックス
地山補強工法
27日前
大成建設株式会社
機械式拡径バケット
1日前
JIMテクノロジー株式会社
トンネル掘削機
2日前
コベルコ建機株式会社
リーダレス掘削機
24日前
鹿島建設株式会社
土砂圧送装置及び土砂圧送方法
2か月前
鹿島建設株式会社
コンクリート函体の連結構造
1か月前
積水化学工業株式会社
立坑壁及び立坑壁の施工方法
今日
株式会社奥村組
削孔機
1か月前
続きを見る