TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022010415
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-01-14
出願番号2021188685,2017151832
出願日2021-11-19,2017-08-04
発明の名称情報処理システム、情報処理プログラム、情報処理装置、および情報処理方法
出願人株式会社ナビタイムジャパン
代理人個人,個人,個人,個人
主分類G01C 21/26 20060101AFI20220106BHJP(測定;試験)
要約【課題】ユーザが経路探索により得られた移動経路を、視覚を通じて直感的に把握することができるようにする。 【解決手段】実施形態に係る情報処理システムは、経路探索条件に基づいて取得された移動経路の情報を取得する移動経路情報取得部と、前記移動経路を公共交通機関の路線図上に重畳表示し、かつ当該移動経路の構成を示す経路構成情報を前記路線図上に強調表示するための情報を出力する情報出力手段とを備える。 【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
経路探索条件に基づいて探索された移動経路の情報を取得する移動経路情報取得手段と、
前記移動経路を公共交通機関の路線図上に重畳表示し、かつ当該移動経路の構成を示す経路構成情報を前記路線図上に強調表示するための情報を出力する情報出力手段と、
を備え、
前記情報出力手段は、前記移動経路の所要時間、料金、乗換回数、遅延および混雑度のうち少なくともいずれか一つを含む経路概要情報を前記路線図上に前記移動経路に関連付けて表示するための情報を出力することを特徴とする情報処理システム。
続きを表示(約 1,500 文字)【請求項2】
前記情報出力手段は、前記移動経路の乗車駅、降車駅および停車駅を強調表示するための情報を出力することを特徴とする請求項1に記載の情報処理システム。
【請求項3】
前記情報出力手段は、前記経路探索条件に基づいて探索された複数の移動経路のうち非選択の経路についても前記経路概要情報を表示するための情報を出力することを特徴とする請求項1または2に記載の情報処理システム。
【請求項4】
前記情報出力手段は、前記路線図のうち、前記移動経路に関連する部分と、前記移動経路に関連しない部分とを識別可能に表示するための情報を出力することを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の情報処理システム。
【請求項5】
前記移動経路は、路線図に対するユーザの情報入力操作により設定された経路探索条件に基づいて探索された移動経路であることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の情報処理システム。
【請求項6】
前記経路構成情報は、乗車駅、降車駅、乗換駅、停車駅、通過駅および路線種別のうち少なくともいずれか一つを示す情報であることを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載の情報処理システム。
【請求項7】
経路探索条件に基づいて移動経路を探索する経路探索手段を有するサーバと通信可能に接続された端末装置において実行される情報処理プログラムであって、
コンピュータを、
前記経路探索条件に基づいて探索された移動経路の情報を取得する移動経路情報取得手段、および
前記移動経路を公共交通機関の路線図上に重畳表示し、かつ当該移動経路の構成を示す経路構成情報を前記路線図上に強調表示するための情報を出力する情報出力手段であって、前記移動経路の所要時間、料金、乗換回数、遅延および混雑度のうち少なくともいずれか一つを含む経路概要情報を前記路線図上に前記移動経路に関連付けて表示するための情報を出力する、情報出力手段、
として機能させるための情報処理プログラム。
【請求項8】
通信可能に接続された複数のコンピュータによって構成される情報処理システムであって、
経路探索条件に基づいて探索された移動経路の情報を取得する移動経路情報取得手段と、
前記移動経路を公共交通機関の路線図上に重畳表示し、かつ当該移動経路の構成を示す経路構成情報を前記路線図上に強調表示するための情報を出力する情報出力手段であって、前記移動経路の所要時間、料金、乗換回数、遅延および混雑度のうち少なくともいずれか一つを含む経路概要情報を前記路線図上に前記移動経路に関連付けて表示するための情報を出力する、情報出力手段と、
を備えた情報処理システムを機能させるために、
上記コンピュータの少なくとも1つを上記手段の少なくとも1つとして機能させるための情報処理プログラム。
【請求項9】
通信可能に接続された複数のコンピュータによって、請求項1~6のいずれかに記載の情報処理システムを機能させるために、
上記コンピュータのうちの1つを請求項1~6のいずれかに記載の情報処理システムにおける各手段の少なくとも1つとして機能させるための情報処理プログラム。
【請求項10】
コンピュータを、請求項1~6のいずれかに記載の情報処理システムにおける各手段の少なくとも1つとして機能させるための情報処理プログラム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、情報処理システム、情報処理プログラム、情報処理装置、および情報処理方法に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
鉄道やバス等の公共交通機関を利用した移動経路を探索し、ユーザに提供するナビゲーションシステムが知られている(例えば特許文献1参照)。このようなシステムでは、ユーザにより端末装置に入力された経路探索条件がサーバに送信され、サーバは端末装置から受信した経路探索条件に基づいて経路探索を実行し、経路探索によって得られた移動経路情報を端末装置に送信する。端末装置は、経路探索結果として、移動経路の乗車時刻、到着時刻、所要時間および料金等の情報を画面表示する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2007-210507号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来の経路探索結果の画面表示では、経路探索により得られた移動経路が、どのように移動する経路であるのか、移動経路に含まれる駅がどこに位置するのかを把握することが困難であった。例えば、移動経路の乗車駅および降車駅がどこに位置するのかを知るためには、ユーザは路線図もしくは地図を開いて自身で探す必要があった。
【0005】
本発明は、上記の認識に基づいてなされたものであり、経路探索により得られた移動経路をユーザが視覚を通じて直感的に把握することが可能な情報処理システム、情報処理プログラム、情報処理装置、および情報処理方法を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明に係る情報処理システムは、
経路探索条件に基づいて探索された移動経路の情報を取得する移動経路情報取得手段と、
前記移動経路を公共交通機関の路線図上に重畳表示し、かつ当該移動経路の構成を示す経路構成情報を前記路線図上に強調表示するための情報を出力する情報出力手段と、
を備えることを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、ユーザは経路探索により得られた移動経路を、視覚を通じて直感的に把握することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
第1の実施形態に係る情報処理システムの概略的な構成を示す図である。
第1の実施形態に係る情報処理システムの処理動作の一例を示すフローチャートである。
図2Aに続く、第1の実施形態に係る情報処理システムの処理動作の一例を示すフローチャートである。
第1の実施形態に係る端末装置に表示される画面の一例を示す図であり、(a)は経路探索結果(移動経路のサマリ表示)を示す画面であり、(b)は(a)の画面において“路線図で見る”が選択されたときに表示される画面である。
第1の実施形態の変形例1に係る端末装置に表示される画面の一例を示す図である。
第1の実施形態の変形例2に係る端末装置に表示される画面の一例を示す図である。
第2の実施形態に係る情報処理システムの処理動作の一例を示すフローチャートである。
第2の実施形態に係る端末装置に表示される画面の一例を示す図であり、(a)は経路探索結果(選択された移動経路の詳細表示)を示す画面であり、(b)は(a)の画面において“路線図で見る”が選択されたときに表示される画面である。
第2の実施形態の変形例1に係る端末装置に表示される画面の一例を示す図である。
第2の実施形態の変形例2に係る端末装置に表示される画面の一例を示す図である。
第3の実施形態に係る情報処理システムの処理動作の一例を示すフローチャートである。
図10Aに続く、第3の実施形態に係る情報処理システムの処理動作の一例を示すフローチャートである。
(a)および(b)ともに、第3の実施形態に係る端末装置に表示され、経路探索条件を入力可能な路線図を示す画面の一例である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明に係る実施形態について、図面を参照しながら具体的に説明する。
【0010】
(第1の実施形態)
本発明の第1の実施形態について説明する。まず、図1を参照して本実施形態に係る情報処理システム1の概略的構成について説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ナビタイムジャパン
情報処理システム、情報処理装置、情報処理プログラムおよび情報処理方法
27日前
株式会社ナビタイムジャパン
情報処理システム、情報処理プログラム、情報処理装置および情報処理方法
27日前
株式会社ナビタイムジャパン
情報処理システム、情報処理プログラム、情報処理装置、及び、情報処理方法
8日前
株式会社ナビタイムジャパン
情報処理システム、情報処理プログラム、情報処理装置、および情報処理方法
5日前
個人
自動車
1か月前
個人
自動運転車
2か月前
個人
水準器
13日前
個人
スズメバチ検知装置
27日前
京セラ株式会社
振動センサ
2か月前
ユニパルス株式会社
測定子
15日前
キーコム株式会社
遅延装置
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
株式会社ユピテル
出射装置
27日前
甲神電機株式会社
電流センサ
2か月前
株式会社ユピテル
システム等
15日前
株式会社ナベル
卵の検査装置
15日前
エムケー精工株式会社
計量機
23日前
株式会社ナベル
卵の検査装置
27日前
株式会社エビス
水準器
2か月前
積水樹脂株式会社
超音波センサ
1か月前
株式会社ミツトヨ
測定器
8日前
国立中央大学
動釣合装置
1か月前
東洋紡株式会社
尿沈渣用染色液
1か月前
愛知電機株式会社
電圧計測機器
15日前
株式会社テイエルブイ
プローブ
2か月前
株式会社ミクニ
圧力センサ
2か月前
株式会社ミクニ
圧力センサ
2か月前
東洋紡株式会社
伸縮性コンデンサ
23日前
花王株式会社
感触評価方法
2か月前
東洋紡株式会社
伸縮性コンデンサ
23日前
東洋紡株式会社
伸縮性コンデンサ
23日前
個人
被見守り人初期行動検出装置
1か月前
株式会社エンプラス
マーカ
1か月前
群馬県
クロマトグラムの解析方法
2か月前
日本精機株式会社
車両用表示装置
1か月前
続きを見る