TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022010398
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-01-14
出願番号2021188062,2017200545
出願日2021-11-18,2017-10-16
発明の名称コンピュータプログラム、管理装置、無人運転装置およびサーバ
出願人株式会社野村総合研究所
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類G06Q 10/08 20120101AFI20220106BHJP(計算;計数)
要約 【課題】無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムにおける課題を解決するか、または該システムを改良する。 【解決手段】コンピュータプログラムは、無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムに関するコンピュータプログラムであって、ユーザの端末の現在位置を取得する機能と、無人運送装置の目的地の指定を受け付ける機能と、取得された現在位置と指定された目的地とが所定の基準よりも離れている場合、物品の授受の依頼の拒否を示す画面をディスプレイに表示させる機能と、を端末に実現させる。 【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムに関するコンピュータプログラムであって、
ユーザの端末の現在位置を取得する機能と、
無人運送装置の目的地の指定を受け付ける機能と、
取得された現在位置と指定された目的地とが所定の基準よりも離れている場合、物品の授受の依頼の拒否を示す画面をディスプレイに表示させる機能と、を前記端末に実現させるためのコンピュータプログラム。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムに関するコンピュータプログラムであって、
無人運送装置に設けられた測位手段を用いて得られた該無人運送装置の現在位置に対応する画像を取得する機能と、
取得された画像をディスプレイに表示させる機能と、を端末に実現させるためのコンピュータプログラム。
【請求項3】
無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムに関するコンピュータプログラムであって、
無人運送装置の運行状態に関する情報をネットワークを介して取得する機能と、
取得された情報に合わせて、ユーザに対応する無人運送装置の識別情報をユーザに提供する機能と、を端末に実現させるためのコンピュータプログラム。
【請求項4】
前記ユーザから受け付ける、物品の情報と、目的地の情報と、物品の授受に係る支払いに関する支払い情報とを含む注文情報を生成する機能と、
生成した注文情報を、無人運送装置と通信可能なサーバにネットワークを介して送信する機能と、を更に前記端末に実現させるための請求項1から3のいずれか1項に記載のコンピュータプログラム。
【請求項5】
無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムを管理するための管理装置であって、
無人運送装置の現在位置を該無人運送装置からネットワークを介して取得する第1取得手段と、
無人運送装置との物品の授受が可能な配送車両の現在位置を該配送車両からネットワークを介して取得する第2取得手段と、
取得された無人運送装置の現在位置と取得された配送車両の現在位置とに基づいて、無人運送装置の運行状態と配送車両の運行状態とを合わせて電子地図上に表示させる表示制御手段と、
無人運送装置と配送車両とが会合する予定の場所の指定を受け付ける受付手段と、を備える管理装置。
【請求項6】
ユーザと店舗側との間の物品の授受を仲介する無人運送装置であって、
測位手段からの位置情報を用いて目的地への自動的移動を実現する移動手段と、
目的地での待機時間を計時する計時手段と、
待機時間がしきい値を上回ると、ユーザに確認するための処理を行う確認手段と、を備える無人運転装置。
【請求項7】
前記ユーザの認証情報を、前記ユーザの端末から近距離無線通信を介して受信する受信手段と、
前記ユーザの認証情報を用いて前記ユーザを認証する認証手段と、を更に備える請求項6に記載の無人運転装置。
【請求項8】
前記認証手段により前記ユーザが認証されると、前記物品が格納されている収容スペースの蓋を開放する開放手段を更に備える請求項7に記載の無人運転装置。
【請求項9】
前記移動手段は、更に、前記開放手段により開放された蓋が閉まったことに応じて、前記目的地への自動的移動における出発地点へ向かう自動的移動を実現する、請求項8に記載の無人運転装置。
【請求項10】
無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムに関するサーバであって、
受取側ユーザへの物品の配送の依頼を、依頼側ユーザの端末からネットワークを介して受け付ける受付手段と、
依頼の受け付けに応じて、受け取りに同意するか否かを問い合わせるためのメッセージを、受取側ユーザの端末へネットワークを介して送信する送信手段と、
送信されたメッセージに対する応答が同意である場合、無人運送装置を受取側ユーザに対応する目的地に向かわせるための処理を行う処理手段と、を備えるサーバ。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コンピュータプログラム、管理装置、無人運転装置およびサーバに関し、特に無人運転装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現する技術に関する。
続きを表示(約 2,500 文字)【背景技術】
【0002】
近年のセンサの高精度化やAI技術の進歩により、自律的に移動可能な車両や飛翔体などの装置が実用化されている。そのような装置の用途は様々であるが、応用分野のひとつとして物流がある。例えば、非特許文献1に記載のシステムでは、ドラッグストアやスーパーマーケットから消費者へ商品を届けるために自律走行車両が用いられている。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0003】
http://www.zmp.co.jp/products/carriro-delivery、(平成29年9月15日検索)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
自律的に移動可能な装置の物流への適用は始まったばかりであり、システムを実装するに当たり様々な課題が生じる。
【0005】
本発明はこうした課題に鑑みてなされたものであり、その目的は、無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムにおける課題を解決するか、または該システムを改良する技術の提供にある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明のある態様は、コンピュータプログラムに関する。このコンピュータプログラムは、ユーザの端末の現在位置を取得する機能と、無人運送装置の目的地の指定を受け付ける機能と、取得された現在位置と指定された目的地とが所定の基準よりも離れている場合、物品の授受の依頼の拒否を示す画面をディスプレイに表示させる機能と、を前記端末に実現させる。
【0007】
なお、以上の構成要素の任意の組み合わせや、本発明の構成要素や表現を装置、方法、システム、コンピュータプログラムを格納した記録媒体などの間で相互に置換したものもまた、本発明の態様として有効である。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、無人運送装置を介したユーザと店舗側との間の物品の授受を実現するシステムにおける課題を解決するか、または該システムを改良することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
実施の形態に係るPDDシステムの構成を示す模式図である。
図1の携帯端末のハードウエア構成の一例を示すブロック図である。
PDDシステムにおける商品の注文から配送完了までの流れを示すチャートである。
図1のデータベースの一例を示すデータ構造図である。
管理サーバの機能及び構成を示すブロック図である。
図5の敷地情報保持部の一例を示すデータ構造図である。
携帯端末の機能及び構成を示すブロック図である。
ディスプレイに表示される注文確認画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される建物指定画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される場所時刻表示画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される会合場所絞り込み画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される任意選択画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示されるNG理由表示画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される会合場所設定画面の代表画面図である。
登録モードを有するPDDにおける一連の処理の流れを示すフローチャートである。
ディスプレイに表示される注文拒否画面の代表画面図である。
管理サーバの機能及び構成を示すブロック図である。
図17の画像保持部の一例を示すデータ構造図である。
図17の注文制御情報保持部の一例を示すデータ構造図である。
ディスプレイに表示されるトップ画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される接近通知画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される状況通知画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される詳細テキスト画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される再設定問い合わせ画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される会合場所更新画面の代表画面図である。
PDDと会合場所との距離が第1変更しきい値を下回るが第2変更しきい値以上であると判定された場合の状況通知画面の代表画面図である。
PDDと会合場所との距離が第2変更しきい値を下回ると判定された場合の状況通知画面の代表画面図である。
PDDが会合場所に到着したと判定された場合の状況通知画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される取引完了画面の代表画面図である。
ディスプレイに表示される管理画面の代表画面図である。
携帯端末のディスプレイに表示される接近通知画面の代表画面図である。
PDDシステムにおける一連の処理の流れを示すフローチャートである。
管理サーバにおける一連の処理の流れを示すフローチャートである。
管理サーバにおける一連の処理の流れを示すフローチャートである。
管理サーバのディスプレイに表示される管理画面の代表画面図である。
管理サーバの機能及び構成を示すブロック図である。
図36のユーザ情報保持部の一例を示すデータ構造図である。
販促対象特定部における特定処理を説明するための説明図である。
大きさマッチングテーブルの一例を示すデータ構造図である。
携帯端末のディスプレイに表示されるレコメンド画面の代表画面図である。
管理サーバにおける一連の処理の流れを示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、各図面に示される同一または同等の構成要素、部材、処理には、同一の符号を付するものとし、適宜重複した説明は省略する。また、各図面において説明上重要ではない部材の一部は省略して表示する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社野村総合研究所
広告システム
1か月前
株式会社野村総合研究所
サーバ
2日前
株式会社野村総合研究所
管理装置および商品棚
1か月前
株式会社野村総合研究所
行動情報収集システム
1か月前
株式会社野村総合研究所
コンピュータプログラム
1日前
株式会社野村総合研究所
コンピュータプログラム
2日前
株式会社野村総合研究所
目標達成ポートフォリオ生成装置、プログラム及び方法
13日前
株式会社野村総合研究所
資産運用・債務返済シミュレーション生成装置、プログラム及び方法
1か月前
東京瓦斯株式会社
情報処理システムおよびプログラム
23日前
株式会社野村総合研究所
コンピュータプログラム、管理装置、無人運転装置およびサーバ
5日前
株式会社野村総合研究所
金融資産管理システムと連携したサービスを提供するサービス提供システム
5日前
個人
情報端末機器
2か月前
個人
広告表示システム
3か月前
株式会社理研
演算装置
3か月前
個人
ゴム付きのペン軸
1か月前
個人
仮想通貨の宝クジ
4か月前
個人
光学式キーボード
4か月前
個人
音声入力装置
3か月前
個人
整理券発行システム
2か月前
個人
業務平準化システム
3か月前
個人
無料設備管理システム
3か月前
個人
水分反応型タッチペン
4か月前
個人
運転代行システム
5か月前
個人
業務監視システム
4か月前
個人
ポインティングデバイス
1か月前
個人
行動追跡システム
1か月前
個人
機械式アンスリープ装置
2か月前
個人
本人認証システム
1か月前
個人
提案評価システムの改善
3か月前
個人
家計支援システム
5か月前
個人
商品確認システム
1か月前
個人
画像解析通信装置
8日前
凸版印刷株式会社
ICカード
2か月前
個人
筆跡鑑定装置及びその方法
23日前
個人
電子来訪記念提供システム
23日前
個人
発注システム
2か月前
続きを見る