TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022010391
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-01-14
出願番号2021187786,2017161804
出願日2021-11-18,2017-08-25
発明の名称自律走行型掃除機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類A47L 9/00 20060101AFI20220106BHJP(家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般)
要約【課題】メンテナンス性を向上させた自走式掃除機を提供する。 【解決手段】各種の構成要素(図示せず)を搭載するボディ10と、ボディ10に取付けられ底面に吸込口50を有するフロントボディ2と、吸込口50に配置される回転ブラシ21と、回転ブラシ21により巻き上げられたごみを捕集する第一集じんユニット35と、回転ブラシ21の回転軸(図示せず)を支持すると共に第一集じんユニット35を連結するブラシカバー22と、吸引したごみを捕集する第二集じんユニット40と、第一集じんユニット35と第二集じんユニット40を連結する接続パイプ28とを備え、回転ブラシ21を本体上方から取り外し可能に設けたもので、回転ブラシ21のメンテナンス性を向上させることができる。 【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
ボディと、
当該ボディの底面に設けられ、ごみを前記ボディの内部に吸引するための吸込口と、
前記吸込口に配置される回転ブラシと、
前記回転ブラシの上部を覆うように配置されるブラシカバーと、
前記ボディの、前記ブラシカバーの上方に位置する部分に配された開閉自在のカバーと、を有し、
前記ブラシカバーの上方は開放空間となっており、前記カバーを開けることにより、前記ブラシカバーを、前記開放空間を介して本体上方へ取り外すことが可能な自律走行型掃除機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、自律走行型掃除機に関するものである。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来の自律走行型掃除機は、各種の構成要素を搭載するボディと、ボディに形成される吸込み口に配置され清掃面上に存在するごみを集める回転ブラシと、ごみを捕集する集じん室および、回転ブラシから集じん室へ繋がる接続パイプを備えている。回転ブラシは、駆動輪後方の本体後部端に配置され、回転ブラシの修理・メンテナンスを行う際は、本体の後方部底近傍から回転ブラシを着脱する構成になっている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平6-125861号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上述した特許文献1に記載された従来の自律走行型掃除機の構成では、回転ブラシを交換する場合、回転ブラシ上方には集じん室や集じん室に繋がる接続パイプが配置されているため回転ブラシを容易に取り外すことはできず、本体底面近傍で低姿勢の状態になって取り外し作業を行う必要があり、メンテナンス性が非常に悪いという課題があった。
【0005】
本発明は、このような従来の課題を解決するもので、回転ブラシを本体上方から取り外し可能な構造にすることで、修理・メンテナンス性を向上させた自律走行型掃除機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、ボディと、当該ボディの底面に設けられ、ごみを前記ボディの内部に吸引するための吸込口と、前記吸込口に配置される回転ブラシと、前記回転ブラシの上部を覆うように配置されるブラシカバーと、前記ボディの、前記ブラシカバーの上方に位置する部分に配された開閉自在のカバーと、を有し、前記ブラシカバーの上方は開放空間となっており、前記カバーを開けることにより、前記ブラシカバーを、前記開放空間を介して本体上方へ取り外すことが可能な自律走行型掃除機である。
【発明の効果】
【0007】
本発明の自律走行型掃除機は、本体上方から回転ブラシの修理・メンテナンスを容易に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の実施の形態1における自律走行型掃除機の右側面図
同自律走行型掃除機の底面図
同自律走行型掃除機の斜視図
図2のA-A断面図
同自律走行型掃除機の構造展開図
同自律走行型掃除機の第一集じんユニットの構造を示す展開図
同自律走行型掃除機の第二集じんユニットの構造展開図
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0010】
(実施の形態1)
図1は、本発明の実施の形態1における自律走行型掃除機の右側面図、図2は、同自律走行型掃除機の底面図、図3は、同自律走行型掃除機の斜視図、図4は、図2のA-A断面図、図5は、同自律走行型掃除機の構造展開図、図6は、同自律走行型掃除機の第一集じんユニットの構造を示す展開図、図7は、同自律走行型掃除機の第二集じんユニットの構造展開図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
警報システム、機器、設定方法および設定プログラム
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
電解水生成装置
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
受信装置及び受信方法
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
サービス提供システム
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
粘着又は接着用シートの使用方法
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
通信装置、通信方法、及び、集積回路
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
制御方法、情報端末、プログラム、及び記録媒体
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
情報配信システム、情報配信方法およびプログラム
1日前
個人
椅子
3か月前
個人
椅子
4か月前
個人
譜面台
7か月前
個人
穿き袋
5か月前
個人
書見台
3か月前
個人
トング
5か月前
個人
コップ
10か月前
個人
米びつ
26日前
個人
トング
8か月前
個人
本立て
11か月前
個人
載置台
16日前
個人
調理袋
11か月前
個人
割り箸
11か月前
個人
家具の脚
7か月前
個人
鍋蓋重し
9か月前
個人
7か月前
個人
足置き台
5か月前
個人
傘携帯具
4か月前
個人
お尻拭き
2か月前
個人
一脚椅子
2か月前
個人
健康装置
2か月前
個人
吊下げ具
4か月前
個人
スプーン
7か月前
個人
箸スタンド
4か月前
個人
傘スタンド
7か月前
個人
簡易トイレ
10か月前
個人
脚部調整台
9か月前
個人
テレビ用枕
11か月前
続きを見る