TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022010389
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-01-14
出願番号2021187780,2019129973
出願日2021-11-18,2019-07-12
発明の名称車両用電子制御システム、車両用スレーブ装置、車両用マスタ装置、電源自己保持の実行制御方法、電源自己保持の実行制御プログラム及び電源自己保持の指示制御プログラム
出願人株式会社デンソー
代理人特許業務法人 サトー国際特許事務所
主分類G06F 8/654 20180101AFI20220106BHJP(計算;計数)
要約【課題】プログラムの書換えを適切に完了する。 【解決手段】車両用電子制御システム1において、車両用マスタ装置11は、車両電源のオン中に、書換え対象の電子制御装置である車両用スレーブ装置へ更新データを配信する書込みデータ配信部73と、プログラムの書換え状態を判定する書換え中判定部92bと、書換え中判定部により判定された書換え状態に基づいて、第1電源自己保持回路の有効化を車両用スレーブ装置に指示する電源自己保持指示部92dと、を備える。車両用スレーブ装置7,19,20は、配信された更新データを不揮発性メモリに書込むプログラム書換え部102と、第1電源自己保持回路の有効化が指示された場合に、第1電源自己保持回路を有効化する第1電源自己保持有効化部108bと、第1電源自己保持回路の停止条件が成立した場合に、第1電源自己保持回路を停止する第1電源自己保持停止部108dと、を備える。 【選択図】図218
特許請求の範囲【請求項1】
更新データを書換え対象の電子制御装置に配信する車両用マスタ装置(11)と、第1電源自己保持回路を有する車両用スレーブ装置(7,19,20)と、を備える車両用電子制御システム(1)において、
前記車両用マスタ装置は、
車両電源のオン中に、前記書換え対象の電子制御装置である前記車両用スレーブ装置へ前記更新データを配信する書込みデータ配信部(73)と、
プログラムの書換え状態を判定する書換え中判定部(92b)と、
前記書換え中判定部により判定された書換え状態に基づいて、前記第1電源自己保持回路の有効化を前記車両用スレーブ装置に指示する電源自己保持指示部(92d)と、を備え、
前記車両用スレーブ装置は、
配信された前記更新データを前記不揮発性メモリに書込むプログラム書換え部(102)と、
前記第1電源自己保持回路の有効化が指示された場合に、前記第1電源自己保持回路を有効化する第1電源自己保持有効化部(108b)と、
前記第1電源自己保持回路の停止条件が成立した場合に、前記第1電源自己保持回路を停止する第1電源自己保持停止部(108d)と、を備える車両用電子制御システム。
続きを表示(約 1,900 文字)【請求項2】
前記第1電源自己保持有効化部は、少なくともインストールが完了してアクティベートを開始するまでの期間で前記第1電源自己保持回路を有効化しておく請求項1に記載した車両用電子制御システム。
【請求項3】
前記第1電源自己保持停止部は、前記車両用マスタ装置からの指示により、前記第1電源自己保持回路を停止する請求項1又は2に記載した車両用電子制御システム。
【請求項4】
前記車両用スレーブ装置は、前記車両用マスタ装置からのアクティベート指示により再起動する請求項1から3の何れか一項に記載した車両用電子制御システム。
【請求項5】
車両用マスタ装置(11)から配信される更新データを受信し、第1電源自己保持回路を有する車両用スレーブ装置(7,19,20)であって、
車両電源のオン中に、受信した前記更新データを不揮発性メモリに書込むプログラム書換え部(102)と、
前記第1電源自己保持回路の有効化が指示された場合に、前記第1電源自己保持回路を有効化する第1電源自己保持有効化部(108b)と、
前記第1電源自己保持回路の停止条件が成立した場合に、前記第1電源自己保持回路を停止する第1電源自己保持停止部(108d)と、を備える車両用スレーブ装置。
【請求項6】
第1電源自己保持回路を有する車両用スレーブ装置(7,19,20)に更新データを配信する車両用マスタ装置(11)であって、
車両電源のオン中に、前記書換え対象の電子制御装置である前記車両用スレーブ装置へ前記更新データを配信する書込みデータ配信部(73)と、
プログラムの書換え状態を判定する書換え中判定部(92b)と、
前記書換え中判定部により判定された書換え状態に基づいて、前記第1電源自己保持回路の有効化及び停止を前記車両用スレーブ装置に指示する電源自己保持指示部(92d)と、を備える車両用マスタ装置。
【請求項7】
更新データを書換え対象の電子制御装置に配信する車両用マスタ装置(11)と、第1電源自己保持回路を有する車両用スレーブ装置(7,19,20)と、を備える車両用電子制御システム(1)において、
前記車両用マスタ装置において、車両電源のオン中に、前記書換え対象の電子制御装置である前記車両用スレーブ装置へ前記更新データを配信する書込みデータ配信手順と、
プログラムの書換え状態を判定する書換え中判定手順と、
前記書換え中判定手順により判定した書換え状態に基づいて、前記第1電源自己保持回路の有効化を前記車両用スレーブ装置に指示する電源自己保持指示手順と、を行い、
前記車両用スレーブ装置において、
配信された前記更新データを前記不揮発性メモリに書込むプログラム書換え手順と、
前記第1電源自己保持回路の有効化が指示された場合に、前記第1電源自己保持回路を有効化する第1電源自己保持有効化手順と、
前記第1電源自己保持回路の停止条件が成立した場合に、前記第1電源自己保持回路を停止する第1電源自己保持停止手順と、を行う電源自己保持の実行制御方法。
【請求項8】
車両用マスタ装置(11)から配信される更新データを受信し、第1電源自己保持回路を有する車両用スレーブ装置(7,19,20)に、
車両電源のオン中に、受信した前記更新データを不揮発性メモリに書込むプログラム書換え手順と、
前記第1電源自己保持回路の有効化が指示された場合に、前記第1電源自己保持回路を有効化する第1電源自己保持有効化手順と、
前記第1電源自己保持回路の停止条件が成立した場合に、前記第1電源自己保持回路を停止する第1電源自己保持停止手順と、を実行させる電源自己保持の実行制御プログラム。
【請求項9】
第1電源自己保持回路を有する車両用スレーブ装置(7,19,20)に更新データを配信する車両用マスタ装置(11)であって、
車両電源のオン中に、前記書換え対象の電子制御装置である前記車両用スレーブ装置へ前記更新データを配信する書込みデータ配信手順と、
プログラムの書換え状態を判定する書換え中判定手順と、
前記書換え中判定手順により判定した書換え状態に基づいて、前記第1電源自己保持回路の有効化及び停止を前記車両用スレーブ装置に指示する電源自己保持指示手順と、を実行させる電源自己保持の指示制御プログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車両用電子制御システム、車両用スレーブ装置、車両用マスタ装置、電源自己保持の実行制御方法、電源自己保持の実行制御プログラム及び電源自己保持の指示制御プログラムに関する。
続きを表示(約 8,800 文字)【背景技術】
【0002】
近年、運転支援機能や自動運転機能等の車両制御の多様化に伴い、車両の電子制御装置(以下、ECU(Electronic Control Unit)と称する)に搭載される車両制御や診断等のプログラムの規模が増大している。又、機能改善等によるバージョンアップに伴い、ECUのプログラムを書換える(リプログする)機会も増えつつある。一方、通信ネットワークの進展等に伴い、コネクッテッドカーの技術も普及している。このような事情から、例えば特許文献1には、車両側に中継装置としての車両用マスタ装置が設けられ、車両用マスタ装置がセンター装置から無線で受信した更新データを書換え対象ECUに配信することで、書換え対象ECUのプログラムをOTA(Over The Air)により書換える技術が提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2016-224898号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ECUの種別としては、バッテリ電源状態で起動するECU、アクセサリ電源状態で起動するECU及びイグニッション電源状態で起動するECUがある。
【0005】
このようなECUを書換え対象とする場合には、プログラムの書換えに必要な動作電源を確保することで、プログラムの書換え適切に完了する必要がある。
【0006】
本発明は、上記した事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、プログラムの書換えを適切に完了することができる車両用電子制御システム、車両用スレーブ装置、車両用マスタ装置、電源自己保持の実行制御方法、電源自己保持の実行制御プログラム及び電源自己保持の指示制御プログラムを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1に記載した車両用電子制御システム(1)によれば、車両用マスタ装置(11)において、書込みデータ配信部(73)は、車両電源のオン中に、前記書換え対象の電子制御装置である前記車両用スレーブ装置へ前記更新データを配信する。書換え中判定部(92b)は、プログラムの書換え状態を判定する。電源自己保持指示部(92d)は、前記書換え中判定部により判定された書換え状態に基づいて、前記第1電源自己保持回路の有効化を前記車両用スレーブ装置に指示する。
【0008】
車両用スレーブ装置(7,19,20)において、プログラム書換え部(102)は、
配信された前記更新データを前記不揮発性メモリに書込む。第1電源自己保持有効化部(108b)は、前記第1電源自己保持回路の有効化が指示された場合に、前記第1電源自己保持回路を有効化する。第1電源自己保持停止部(108d)は、前記第1電源自己保持回路の停止条件が成立した場合に、前記第1電源自己保持回路を停止する。
【0009】
車両用マスタ装置において、書換え状態に基づいて、第1電源自己保持回路の有効化を車両用スレーブ装置に指示するようにした。車両用スレーブ装置において、第1電源自己保持回路の有効化が指示された場合に、第1電源自己保持回路を有効化し、第1電源自己保持回路の停止条件が成立した場合に、前記第1電源自己保持回路を停止するようにした。アプリプログラムの書換えを行うための動作電源を確保することができ、アプリプログラムの書換えを適切に完了することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
一実施形態の全体構成を示す図
CGWの電気的な構成を示す図
DCMの電気的な構成を示す図
ECUの電気的な構成を示す図
電源ラインの接続態様を示す図
リプログデータ及び配信諸元データをパッケージ化する態様を示す図
DCM用の書換え諸元データを示す図
CGW用の書換え諸元データを示す図
配信諸元データを示す図
配信パッケージをアンパッケージ化する態様を示す図
組込み型の1面単独メモリにおける通常動作時の態様を示す図
組込み型の1面単独メモリにおける書換え動作時の態様を示す図
ダウンロード型の1面単独メモリにおける通常動作時の態様を示す図
ダウンロード型の1面単独メモリにおける書換え動作時の態様を示す図
組込み型の1面サスペンドメモリにおける通常動作時の態様を示す図
組込み型の1面サスペンドメモリにおける書換え動作時の態様を示す図
ダウンロード型の1面サスペンドメモリにおける通常動作時の態様を示す図
ダウンロード型の1面サスペンドメモリにおける書換え動作時の態様を示す図
組込み型の2面メモリにおける通常動作時の態様を示す図
組込み型の2面メモリにおける書換え動作時の態様を示す図
ダウンロード型の2面メモリにおける通常動作時の態様を示す図
ダウンロード型の2面メモリにおける書換え動作時の態様を示す図
アプリプログラムを書換える態様を示す図
アプリプログラムを書換える態様を示す図
アプリプログラムを書換える態様を示す図
電源制御によりアプリプログラムを書換える態様を示すタイミングチャート
電源制御によりアプリプログラムを書換える態様を示すタイミングチャート
電源自己保持によりアプリプログラムを書換える態様を示すタイミングチャート
電源自己保持によりアプリプログラムを書換える態様を示すタイミングチャート
フェーズを示す図
通常時の画面を示す図
キャンペーン通知発生時の画面を示す図
キャンペーン通知時の画面を示す図
ダウンロード承諾時の画面を示す図
ダウンロード承諾時の画面を示す図
ダウンロード実行中の画面を示す図
ダウンロード実行中の画面を示す図
ダウンロード完了時の画面を示す図
インストール承諾時の画面を示す図
インストール承諾時の画面を示す図
インストール実行中の画面を示す図
インストール実行中の画面を示す図
アクティベート承諾時の画面を示す図
IGオン時の画面を示す図
確認操作時の画面を示す図
確認操作時の画面を示す図
センター装置の機能ブロック図
DCMの機能ブロック図
CGWの機能ブロック図
CGWの機能ブロック図
ECUの機能ブロック図
車載ディスプレイの機能ブロック図
配信パッケージの送信判定部の機能ブロック図
配信パッケージの送信判定処理を示すフローチャート
配信パッケージのダウンロード判定部の機能ブロック図
配信パッケージのダウンロード判定処理を示すフローチャート
書込みデータの転送判定部の機能ブロック図
書込みデータの転送判定処理を示すフローチャート
書込みデータの取得判定部の機能ブロック図
書込みデータの取得判定処理を示すフローチャート
インストールの指示判定部の機能ブロック図
インストールの指示判定処理を示すフローチャート
インストールを指示する態様を示す図
インストールを指示する態様を示す図
乱数値を生成する態様を示す図
セキュリティアクセス鍵の管理部の機能ブロック図
セキュリティアクセス鍵の生成処理を示すフローチャート
セキュリティアクセス鍵を生成する態様を示す図
セキュリティアクセス鍵の消去処理を示すフローチャート
書込みデータの検証に関与する処理の流れを示す図
書込みデータの検証部の機能ブロック図
書込みデータの検証処理を示すフローチャート
書込みデータの検証に関与する処理を分散した態様を示す図
書込みデータの検証に関与する処理を分散した態様を示す図
書込みデータの検証に関与する処理を分散した態様を示す図
書込みデータの検証に関与する処理を分散した態様を示す図
書込みデータの検証及びアプリプログラムの書換えの流れを示す図
書込みデータの検証及びアプリプログラムの書換えの流れを示す図
データ格納面情報の送信制御部の機能ブロック図
データ格納面情報の送信制御処理を示すフローチャート
2面書換え情報を通知する態様を示すシーケンス図
非書換え対象の電源管理部の機能ブロック図
非書換え対象の電源管理処理を示すフローチャート
起動状態、停止状態、スリープ状態の遷移を示す図
起動状態、停止状態、スリープ状態の遷移を示す図
電源ラインの接続態様を示す図
バッテリ残量の監視処理を示すフローチャート
ファイルの転送制御部の機能ブロック図
ファイルの転送制御処理を示すフローチャート
ファイルを授受する態様を示す図
ファイルを授受する態様を示す図
分割ファイル及び書込みファイルを示す図
CGWが転送要求をDCMに送信する態様を示す図
CGWが転送要求をDCMに送信する態様を示す図
CGWが書込みデータを書換え対象ECUに配信する態様を示す図
CGWが書込みデータを書換え対象ECUに配信する態様を示す図
CGWが書込みデータを書換え対象ECUに配信する態様を示す図
ECUの接続態様を示す図
書込みデータの配信制御部の機能ブロック図
バス負荷テーブルを示す図
書換え対象ECU所属テーブルを示す図
書込みデータの配信制御処理を示すフローチャート
書込みデータを配信する態様を示す図
書込みデータを配信する態様を示す図
車両が走行中の書込みデータを配信する態様を示す図
駐車中の書込みデータを配信する態様を示す図
書込みデータの配信量を示す図
書込みデータの配信量を示す図
アクティベート要求の指示部の機能ブロック図
アクティベート要求の指示処理を示すフローチャート
アクティベート要求を指示する態様を示す図
アクティベートの実行制御部の機能ブロック図
書換え処理を示すフローチャート
アクティベートの実行制御処理を示すフローチャート
書換え対象のグループ化部の機能ブロック図
書換え対象のグループ管理処理を示すフローチャート
書換え対象のグループ管理処理を示すフローチャート
書換え対象をグループ化する態様を示す図
ロールバックの実行制御部の機能ブロック図
ロールバック方法の特定処理を示すフローチャート
キャンセル要求の判定処理を示すフローチャート
キャンセル要求の判定処理を示すフローチャート
キャンセル要求の判定処理を示すフローチャート
キャンセル要求の判定処理を示すフローチャート
キャンセル要求の判定処理を示すフローチャート
ロールバックを実行する態様を示す図
ロールバックを実行する態様を示す図
ロールバックを実行する態様を示す図
ロールバックを実行する態様を示す図
ロールバックを実行する態様を示す図
書換え進捗状況の表示制御部の機能ブロック図
書換え進捗状況の表示制御処理を示すフローチャート
書換え進捗状況の表示制御処理を示すフローチャート
書換え進捗状況の画面を示す図
書換え進捗状況の画面を示す図
書換え進捗状況の画面を示す図
書換え進捗状況の画面を示す図
書換え進捗状況の画面を示す図
進捗グラフ表示の遷移を示す図
進捗グラフ表示の遷移を示す図
進捗グラフ表示の遷移を示す図
進捗グラフ表示の遷移を示す図
書換え進捗状況の画面を示す図
差分データの整合性判定部の機能ブロック図
差分データの整合性判定処理を示すフローチャート
差分データの整合性を判定する態様を示す図
差分データの整合性を判定する態様を示す図
書換えの実行制御部の機能ブロック図
通常動作処理を示すフローチャート
書換え動作処理を示すフローチャート
情報通知処理を示すフローチャート
書換えプログラムの検証処理を示すフローチャート
識別情報及び書込みデータを送信する態様を示す図
識別情報及び書込みデータを送信する態様を示す図
インストール指示処理を示すフローチャート
セッションの確立部の機能ブロック図
プログラムの構成を示す図
状態遷移を示す図
状態遷移を示す図
状態遷移を示す図
セッションの調停を示す図
セッションの調停を示す図
第1状態の状態遷移管理処理を示すフローチャート
第1状態の状態遷移管理処理を示すフローチャート
第1状態の状態遷移管理処理を示すフローチャート
第2状態の状態遷移管理処理を示すフローチャート
第2状態の状態遷移管理処理を示すフローチャート
プログラムの構成を示す図
状態遷移を示す図
リトライポイントの特定部の機能ブロック図
フラッシュメモリの構成を示す図
処理フラグの設定処理を示すフローチャート
処理フラグの判定処理を示すフローチャート
処理フラグの判定処理を示すフローチャート
進捗状態の同期制御部の機能ブロック図
進捗状態の同期制御部の機能ブロック図
進捗状態信号を送受信する態様を示す図
進捗状態の同期制御処理を示すフローチャート
進捗状態の同期制御処理を示すフローチャート
進捗状態の表示処理を示すフローチャート
表示制御情報の送信制御部の機能ブロック図
表示制御情報の送信制御処理を示すフローチャート
表示制御情報の受信制御部の機能ブロック図
表示制御情報の受信制御処理を示すフローチャート
配信諸元データに含まれる情報を示す図
進捗表示の画面表示制御部の機能ブロック図
書換え諸元データを示す図
メニュー選択時の画面を示す図
ユーザ選択時の画面を示す図
ユーザ登録時の画面を示す図
進捗表示の画面表示制御処理を示すフローチャート
進捗表示の画面表示制御処理を示すフローチャート
メッセージフレームを示す図
アクティベート承諾時の画面を示す図
項目の表示有無の設定を示す図
項目の表示有無の設定を示す図
アクティベート承諾時の画面を示す図
データ通信の態様を示す図
キャンペーン通知時のメッセージフレームを示す図
ダウンロード承諾時のメッセージフレームを示す図
インストール承諾時のメッセージフレームを示す図
アクティベート承諾時のメッセージフレームを示す図
画面の遷移を示す図
キャンペーン通知発生時の画面を示す図
ダウンロード承諾時の画面を示す図
ダウンロード承諾時の画面を示す図
ダウンロード実行中の画面を示す図
ダウンロード完了時の画面を示す図
インストール承諾時の画面を示す図
アクティベート承諾時の画面を示す図
プログラム更新の報知制御部の機能ブロック図
プログラム更新の報知制御処理を示すフローチャート
インジケータの報知態様を示す図
書換え対象が2面メモリの場合の報知態様の遷移を示す図
書換え対象が1面サスペンドメモリの場合の報知態様の遷移を示す図
書換え対象が1面単独メモリの場合の報知態様の遷移を示す図
接続態様を示す図
CGWにおける電源自己保持の実行制御部の機能ブロック
ECUにおける電源自己保持の実行制御部の機能ブロック
CGWにおける電源自己保持の実行制御処理を示すフローチャート
ECUにおける電源自己保持の実行制御処理を示すフローチャート
電源自己保持を必要とする期間を示す図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
アプリプログラムを書換える態様を示す全体シーケンス図
第1実施形態において、車両情報通信システムの全体構成を示す図
CGWの電気的な構成を示す図
ECUの電気的な構成を示す図
電源ラインの接続態様を示す図
リプログデータ及び配信緒元データをパッケージ化する態様を示す図
配信パッケージをアンパッケージ化する態様を示す図
センター装置における主としてサーバの各機能に係る部分をブロック図化して示す図
センター装置における処理の流れを示すイメージ図
構成情報DBに登録される車両の構成情報の一例を示す図
ECUリプロデータDBに登録されるプログラムやデータの一例を示す図
ECUメタデータDBに登録される諸元データの一例を示す図
個車情報DBに登録される車両の構成情報の一例を示す図
パッケージDBに登録される配信パッケージデータの一例を示す図
キャンペーンDBに登録されるキャンペーンデータの一例を示す図
ECUリプロデータDBに登録されるプログラムやデータを生成する処理を示すフローチャート
ECUメタデータDBに登録される諸元データの一例を生成する処理を示すフローチャート
諸元データの一例を示す図
バス負荷テーブルの一例を示す図
パッケージDBに登録される配信パッケージを生成する処理を示すフローチャート
パッケージファイルの内容をイメージ的に示す図
第2実施形態において、センター装置と車両側システムとの間で実行される処理手順を示すシーケンス図
センター装置が行う処理を示すフローチャート
図22に示すフローチャートのステップD6,D7で行う処理内容をイメージ的に示す図
車両側システムからセンター装置にハッシュ値を送信する場合の処理を示すフローチャート
第3実施形態において、センター装置と車両側システムとの間で実行される処理手順を示すシーケンス図
センター装置が行う処理を示すフローチャート
センター装置がSMSにより、EV車とコンベ車とにそれぞれ通知を行う状態を示すシーケンス図
第4実施形態において、センター装置と車両側システムとの間で実行される処理手順を示すシーケンス図
第5実施形態において、サプライヤ、センター装置、車両側システム間で行う処理をイメージ的に示す図
サプライヤ、センター装置、車両側システム間で行う処理手順を示すシーケンス図(その1)
サプライヤ、センター装置、車両側システム間で行う処理手順を示すシーケンス図(その2)
サプライヤ、センター装置、車両側システム間で行う処理手順を示すシーケンス図(その3)
第1実施形態の変形(その1)であり、1つのキャンペーンに複数のパッケージを対応させる場合のパッケージDBのデータフォーマットを示す図
1つのキャンペーンに複数のパッケージを対応させる場合のキャンペーンDBのデータフォーマットを示す図
諸元データをグループ毎に生成する場合の図16相当図
配信パッケージをグループ毎に生成する場合の図19相当図
第1実施形態の変形(その2)であり、パッケージ生成ツールの処理内容を示す図
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社デンソー
弁装置
26日前
株式会社デンソー
弁装置
26日前
株式会社デンソー
モータ
1か月前
株式会社デンソー
制御装置
1か月前
株式会社デンソー
電源装置
1か月前
株式会社デンソー
回転電機
26日前
株式会社デンソー
制御装置
26日前
株式会社デンソー
熱交換器
18日前
株式会社デンソー
検出装置
1か月前
株式会社デンソー
推定装置
1か月前
株式会社デンソー
駆動装置
16日前
株式会社デンソー
車載装置
1か月前
株式会社デンソー
送風機器
1か月前
株式会社デンソー
中継装置
1か月前
株式会社デンソー
冷却装置
1か月前
株式会社デンソー
表示装置
1か月前
株式会社デンソー
表示装置
1か月前
株式会社デンソー
中継装置
1か月前
株式会社デンソー
駆動装置
1か月前
株式会社デンソー
電気製品
26日前
株式会社デンソー
測距装置
26日前
株式会社デンソー
遮断装置
26日前
株式会社デンソー
回転電機
1か月前
株式会社デンソー
駆動装置
1か月前
株式会社デンソー
推定装置
26日前
株式会社デンソー
エジェクタ
16日前
株式会社デンソー
レーダ装置
11日前
株式会社デンソー
放電加工機
1か月前
株式会社デンソー
熱交換装置
26日前
株式会社デンソー
電池パック
18日前
株式会社デンソーウェーブ
電池蓋構造
1か月前
株式会社デンソー
半導体装置
16日前
株式会社デンソー
熱交換装置
26日前
株式会社デンソー
半導体装置
1か月前
株式会社デンソー
プロセッサ
1か月前
株式会社デンソー
噴射制御装置
26日前
続きを見る