TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022003203
公報種別公開特許公報(A)
公開日20220111
出願番号2020108047
出願日20200623
発明の名称建物の施解錠システム
出願人トヨタホーム株式会社,矢崎エナジーシステム株式会社
代理人個人,個人
主分類E05B 49/00 20060101AFI20211217BHJP(錠;鍵;窓または戸の付属品;金庫)
要約【課題】センサの過剰反応に起因する不具合の発生を抑制することができる、建物の施解錠システムを提供する。
【解決手段】建物10の玄関ドア16に施錠装置21a、21bが設けられている。玄関ドア16付近の屋内側の床部には荷重検知センサ41が設けられている。コントローラは、荷重検知センサ41が荷重を検知すると、解析部により荷重検知センサ41が検知した荷重を解析する。続いて判定部により、解析部による解析結果とあらかじめ記憶された所定の判定条件とを照合して、荷重検知センサ41が検知した物体が居住者であるか否かを判定する。そして制御部により、判定部による判定結果に基づいて施錠装置21a、21bの制御を実行する。
【選択図】 図2
特許請求の範囲【請求項1】
建物の出入口を開閉する開閉体と、前記開閉体を施錠する施錠装置とを備えた建物に適用され、
ユーザにより携帯され固有の識別情報を送信する電子キーと、
前記建物の出入口付近の所定範囲を通信エリアとして前記電子キーとの間で無線通信可能とされている通信装置と、
前記通信装置により受信した前記電子キーからの前記識別情報に基づいて前記施錠装置の施解錠を制御する施解錠制御手段と、
を備える建物の施解錠システムであって、
前記開閉体付近の屋内側の床部に設けられ、前記床部上に作用する荷重を検知する荷重検知センサと、
前記荷重検知センサによる検知結果を解析する解析手段と、
前記解析手段による解析結果と、所定の判定条件とを照合し、前記荷重検知センサが検知した物体がユーザであるか否かを判定する判定手段と、
をさらに備え、
前記施解錠制御手段は、前記判定手段による判定に基づいて前記施錠装置の施解錠を制御することを特徴とする、建物の施解錠システム。
続きを表示(約 870 文字)【請求項2】
前記施解錠制御手段は、前記判定手段が屋内側にユーザがいるとの判定を行った場合に、前記識別情報に基づく解錠操作を無効化する無効化手段を有することを特徴とする、請求項1に記載の建物の施解錠システム。
【請求項3】
前記解析手段は、前記荷重検知センサの検知結果に基づき、前記荷重検知センサが検知した前記物体の重量を算出し、
前記判定手段は、前記重量が所定の重量の範囲内であるか否かに基づいて、前記荷重検知センサが検知した前記物体がユーザであるか否かを判定することを特徴とする、請求項1又は2に記載の建物の施解錠システム。
【請求項4】
前記解析手段は、前記荷重検知センサの検知結果に基づき、前記荷重検知センサが検知した前記物体の脚数を算出し、
前記判定手段は、前記脚数が所定の範囲内であるか否かに基づいて、前記荷重検知センサが検知した前記物体がユーザであるか否かを判定することを特徴とする、請求項1〜3のいずれか一項に記載の建物の施解錠システム。
【請求項5】
前記開閉体は、
第1の施錠装置及び第2の施錠装置と、
前記各施錠装置の施解錠を検知する施解錠検知手段と、
を更に備え、
前記判定手段が屋内側にユーザがいるとの判定を行い、かつ前記施解錠検知手段により前記第1の施錠装置の解錠が検知された状態において、前記施解錠制御手段は、前記第1の施錠装置の解錠を検知してから所定の待機時間を経過するまでに前記施解錠検知手段により前記第2の施錠装置の解錠が検知されなかった場合、前記第1の施錠装置が施錠するように制御し、
前記判定手段が屋内側にユーザがいるとの判定を行わず、かつ前記施解錠検知手段により前記第1の施錠装置の解錠が検知された状態において、前記施解錠制御手段は、前記所定の待機時間の経過を待たずに前記第1の施錠装置が施錠するように制御することを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一項に記載の建物の施解錠システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、建物の施解錠システムに関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
住宅等の建物では、無線機能を有する電子キーを用いて、玄関ドアに設けられた施錠装置の施解錠を行う施解錠システムが実用化されている。かかる施解錠システムでは、電子キーからの識別情報を受信していることを条件に、外部からの解錠を許可するようになっている。
【0003】
そして近年では、玄関ドア付近の屋内側における人の存在を赤外線センサ等の人感センサにより検知し、その検知結果に応じて施錠装置の制御方法を決定する施解錠システムが提案されている。
【0004】
例えば、特許文献1の発明では、玄関ドア付近の屋内側に人感センサが設けられている。当該人感センサが特定の条件下で検知を行った場合には、電子キーからの識別信号を受信している場合であっても外部からの解錠を無効化するようになっている。これにより、入室直後などユーザが玄関ドア付近にいる場合に、ユーザ以外の者によって不正な解錠がなされることを抑制し、防犯性の向上を図っている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2019−143406号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、人感センサが動物等のユーザ以外の対象を検知した結果、本来の意図に反した制御方法が適用され、不具合を生じるおそれがある。例えば特許文献1の発明では、ユーザが帰宅して屋外側からドアの解錠を試みた際に、玄関ドアの屋内側にユーザの飼い犬が接近することが考えられる。この場合、人感センサが飼い犬に対して検知を行い、外部からの玄関ドアの解錠が無効化されてしまうと、ユーザによる玄関ドアの解錠が妨害されることが懸念される。
【0007】
本発明は上記事情に鑑みてなされたものであり、センサの過剰反応に起因する不具合の発生を抑制することができる、建物の施解錠システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
第1の発明の建物の施解錠システムは、
建物の出入口を開閉する開閉体と、前記開閉体を施錠する施錠装置とを備えた建物に適用され、
ユーザにより携帯され固有の識別情報を送信する電子キーと、
前記建物の出入口付近の所定範囲を通信エリアとして前記電子キーとの間で無線通信可能とされている通信装置と、
前記通信装置により受信した前記電子キーからの前記識別情報に基づいて前記施錠装置の施解錠を制御する施解錠制御手段と、
を備える建物の施解錠システムであって、
前記開閉体付近の屋内側の床部に設けられ、前記床部上に作用する荷重を検知する荷重検知センサと、
前記荷重検知センサによる検知結果を解析する解析手段と、
前記解析手段による解析結果と、所定の判定条件とを照合し、前記荷重検知センサが検知した物体がユーザであるか否かを判定する判定手段と、
をさらに備え、
前記施解錠制御手段は、前記判定手段による判定に基づいて前記施錠装置の施解錠を制御することを特徴とする。
【0009】
本発明によれば、開閉体付近の屋内側におけるユーザの存在を検知するために荷重検知センサを用いている。荷重検知センサは開閉体付近の屋内側の床部に設けられており、床部上に作用する荷重を検知する。また、荷重検知センサが検知を行うと、検知結果を解析し、得られた解析結果と所定の判定条件とを照合して、荷重検知センサが検知した物体がユーザであるか否かを判定するようになっている。すなわち、荷重検知センサが検知を行ったとしても、検知対象がユーザ以外のものであった場合には誤検知と判定するようになっている。このため、センサの過剰反応による不具合の発生を抑制することができる。
【0010】
第2の発明の施解錠システムは、第1の発明において、
前記施解錠制御手段は、前記判定手段が屋内側にユーザがいるとの判定を行った場合に、前記識別情報に基づく解錠操作を無効化する無効化手段を有することを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三協立山株式会社
建具
1か月前
リョービ株式会社
ピボットヒンジ
1か月前
三相電機株式会社
ドアレバー
28日前
株式会社エルボーション
ドア取っ手
1日前
株式会社ムラコシ精工
引戸装置
1か月前
個人
ドア操作装置及びドア
2日前
和気産業株式会社
家具の施錠装置
3日前
TOA株式会社
遠隔操作システム
1日前
美辺株式会社
ベビーゲート
1か月前
有限会社利金型製作所
非接触操作具
1か月前
株式会社栃木屋
8日前
株式会社ユーシン
電気錠装置
28日前
株式会社ヨコオ
車載器
1か月前
株式会社LIXIL
建具
1か月前
株式会社LIXIL
建具
1か月前
株式会社LIXIL
建具
1か月前
中西産業株式会社
上げ下げ窓の釣合装置
1か月前
三菱自動車工業株式会社
車両用認証装置
10日前
株式会社ハアーモニー
開閉体の開閉装置
1か月前
株式会社アイシン
制御装置
1か月前
株式会社ユーシン
ドアハンドル装置
28日前
株式会社ユーシン
ドアハンドル装置
10日前
株式会社ユーシン
ドアハンドル装置
13日前
株式会社LIXIL
内窓
2日前
三協立山株式会社
障子固定ピース及び排煙窓
1か月前
三和シヤッター工業株式会社
引戸装置
1か月前
株式会社LIXIL
内窓
1日前
株式会社LIXIL
内窓
1日前
株式会社LIXIL
内窓
1日前
株式会社LIXIL
内窓
今日
株式会社LIXIL
内窓
今日
株式会社SUBARU
車両用電子キーシステム
1か月前
トヨタ車体株式会社
車両用ドア開閉装置
24日前
株式会社LIXIL
開閉装置
1か月前
株式会社LIXIL
開閉装置
1か月前
株式会社東海理化電機製作所
ドア制御装置
17日前
続きを見る