TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022001159
公報種別公開特許公報(A)
公開日20220106
出願番号2020106657
出願日20200622
発明の名称乾燥機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類D06F 58/02 20060101AFI20211210BHJP(繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料)
要約【課題】本開示は、衣類などの乾燥対象物を収容する槽内の空間に電磁波を効率よく照射し、乾燥対象物の乾燥度合のムラの抑制しつつ乾燥時間を短縮する乾燥機を提供する。
【解決手段】本開示における洗濯乾燥機50は、乾燥対象物が投入される投入口60を有する筐体2と、投入口60を開閉する扉体5と、開口部1aを有して乾燥対象物を収容する回転槽1と、マイクロ波を照射する照射部と、マイクロ波を開口部1aから回転槽1に照射する照射口32と、マイクロ波を照射部から照射口32に伝送する導波管34と、を備え、照射口32は、開口部1aの近傍、例えば、連通部65に設けられる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
乾燥対象物が投入される投入口を有する筐体と、
前記投入口を開閉する扉体と、
開口部を有して前記乾燥対象物を収容する槽と、
電磁波を照射する照射部と、
前記電磁波を前記開口部から前記槽に照射する照射口と、
前記電磁波を前記照射部から前記照射口に伝送する導波管と、
を備え、
前記照射口は、前記開口部の近傍に設けられる乾燥機。
続きを表示(約 250 文字)【請求項2】
前記投入口と前記開口部との間に設けられる連通部を備え、
前記照射口は、前記連通部に設けられる、
請求項1に記載の乾燥機。
【請求項3】
前記筐体から外部への電磁波の漏洩を抑えるための電磁波シールドを備え、
前記電磁波シールドは、少なくとも前記槽及び前記扉体を含んで構成される、
請求項1または2に記載の乾燥機。
【請求項4】
前記照射口が複数設けられる、
請求項1〜3のいずれか1項に記載の乾燥機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、衣類などの乾燥対象物を乾燥する乾燥機に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
衣類乾燥機や洗濯乾燥機の乾燥性能の高速化を図る方法として、衣類の水分を加熱する熱源にマイクロ波を用いる方法がある(例えば、特許文献1参照)。この方法によれば、衣類にマイクロ波を照射し、衣類の水分を直接加熱することで、すばやく衣類の水分を蒸発させることができるため、従来のヒータやヒートポンプを用いた温風乾燥と比較して、短時間で衣類を乾燥させることができる。
【0003】
図11は、特許文献1に記載された従来の衣類乾燥機のブロック図である。この衣類乾燥機は、衣類にマイクロ波を照射するマイクロ波照射手段101と、衣類を収納する衣類庫102と、衣類庫102内に外気を取り込み衣類庫102内の空気を送り出す送風機103と、衣類を乾燥するためのヒータ104を備えたものである。また、この衣類乾燥機は、マイクロ波照射手段101を制御するマイクロ波制御手段105と、マイクロ波の反射の状態を感知するマイクロ波反射検知手段106と、マイクロ波制御手段105を制御する制御回路107を備えたものでる。
【0004】
この構成の衣類乾燥機は、マイクロ波により、衣類繊維に付着した水を直接加熱することにより、衣類の含水率が約30%以下の場合に衣類の乾燥時間を短縮することができる。また、衣類に金属ボタンなどがついている場合、マイクロ波の反射波に異常が生じたことを検知して、マイクロ波の照射を停止することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2008−000249号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本開示は、衣類などの乾燥対象物を収容する槽内の空間に電磁波を効率よく照射し、乾燥対象物の乾燥度合のムラの抑制しつつ乾燥時間を短縮する乾燥機を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するために、本開示における乾燥機は、乾燥対象物を投入する投入口を有する筐体と、開口部を有し乾燥対象物を収容する槽と、電磁波を照射する照射部と、電磁波を開口部から槽に照射する照射口と、電磁波を照射部から照射口に伝送する導波管と、を備え、照射口を開口部の周辺に設ける。
【発明の効果】
【0008】
本開示による乾燥機は、乾燥対象物を収容する槽内の空間に電磁波を効率よく照射できる。そのため、乾燥対象物の乾燥度合のムラの抑制しつつ乾燥時間を短縮することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
実施の形態1における洗濯乾燥機の構成を概略的に示す縦断面図
実施の形態1における照射口の配置を示す図
実施の形態1における洗濯乾燥機の電磁波シールドの構成及びマイクロ波照射の様子を概略的に示す要部断面図
実施の形態1における洗濯乾燥機の電磁波シールドの構成及びマイクロ波照射の様子を概略的に示す他の要部断面図
実施の形態1におけるマイクロ波加熱装置の構成を示す図
実施の形態1におけるマイクロ波制御装置の構成を示す図
実施の形態2における衣類乾燥機の電磁波シールドの構成及びマイクロ波照射の様子を概略的に示す要部断面図
実施の形態3における照射口の配置を示す図
実施の形態3におけるマイクロ波加熱装置の構成を示す図
実施の形態3における照射口の他の配置を示す図
従来の衣類乾燥機のブロック図
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。但し、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項の詳細説明、又は、実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

アキレス株式会社
合成皮革
2日前
株式会社創和
洗濯ネット
1日前
株式会社アンビシャス
挟み具
1日前
ライオン株式会社
洗濯方法
1日前
個人
クリップ型ズボンプレッサー
1日前
ワイズプラント株式会社
業務用衣類処理装置
今日
株式会社クラレ
立毛人工皮革及びその製造方法
1日前
東芝ライフスタイル株式会社
洗濯機
1日前
東芝ライフスタイル株式会社
洗濯機
1日前
東芝ライフスタイル株式会社
洗濯機
1日前
ライオン株式会社
繊維製品の処理方法
2日前
リンナイ株式会社
衣類乾燥機
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
衣類処理装置
7日前
竹本油脂株式会社
短繊維用処理剤、合成繊維、及び不織布の製造方法
2日前
トクセン工業株式会社
カーボンナノチューブ複合線
2日前
群栄化学工業株式会社
熱硬化型バインダー組成物及び無機繊維製品
2日前
日華化学株式会社
抗菌・抗ウイルス性繊維の製造方法
今日
東レ株式会社
ポリエステル系繊維構造物、その製造方法およびコンプレッションインナー衣料
7日前
東芝ライフスタイル株式会社
洗濯機システム、およびプログラム
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
遠心分離装置、および、遠心分離装置を備える洗濯機
2日前
三星電子株式会社
衣類仕上げ装置
2日前
豊田通商株式会社
シリコーンを除去する方法及びリサイクルポリアミド製品の製造方法
2日前
三星電子株式会社
衣類等の部分汚れ除去装置
6日前
青島海爾洗衣机有限公司
押し洗い式洗濯機
1日前
東都フォルダー工業株式会社
布類群の転倒を防止する転倒防止装置と、その転倒防止装置を有する搬送装置と、その搬送装置を有するリネンシステム
6日前