TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021197345
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211227
出願番号2020105547
出願日20200618
発明の名称照明器具取付装置
出願人株式会社YML
代理人個人
主分類F21V 21/03 20060101AFI20211129BHJP(照明)
要約【課題】部品点数を減少させた上で、照明器具を容易に仮止めすることができ、その状態で天井引掛シーリングローゼット側の電源ケーブルと照明器具側の配線ケーブルとを容易に接続することができる照明器具取付装置を提供する。
【解決手段】 引掛シーリングローゼットに取り付けられる電源コネクタ114を有するアダプター110と、配線コネクタ502を有する照明器具本体とを接続する照明器具取付装置100を、アダプター110に取り付けられるアダプター取付用プレート200と、アダプタ―取付用プレート200下面に設けられた筒状の灯具接続具300とから構成する。アダプター取付用プレート200は、アダプター110が嵌り込む大きさの内穴210を有し、灯具接続具300は、側面に開口部330と底面に照明器具取付部310とを有する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
引掛シーリングローゼットに取り付けられる電源コネクタを有するアダプターと、配線コネクタを有する照明器具本体とを接続する照明器具取付装置であって、
前記アダプターに取り付けられるアダプター取付用プレートと、
前記アダプタ―取付用プレートの下面に設けられた灯具接続具とから構成され、
前記アダプター取付用プレートは、前記アダプターが嵌り込む大きさの内穴を有し、
前記灯具接続具は、底面と前記底面の周囲に立設された側面とを有し、
前記底面に照明器具取付部が設けられ、
前記側面に開口部が設けられていることを
特徴とする照明器具取付装置。
続きを表示(約 1,800 文字)【請求項2】
前記灯具接続具が、前記底面の周囲に立設された第一の側壁部と、前記第一の側壁部上端外周に周設された第一の鍔部と
前記第一の鍔部の上面に立設された複数の吊下部材とから構成され、
前記複数の吊下部材が前記アダプター取付用プレートの下面に固定されることで、
前記開口部を形成することを
特徴とする請求項1に記載の照明器具取付装置。
【請求項3】
前記吊下部材が、ボルトと前記ボルトに螺合するナットとで構成されていることを特徴とする請求項2に記載の照明器具取付装置。
【請求項4】
前記吊下部材が、板状又は柱状の形状を有することを特徴とする請求項2に記載の照明器具取付装置。
【請求項5】
前記開口部を覆う開口部カバーが設けられたことを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の照明器具取付装置。
【請求項6】
前記開口部を覆う開口部カバーが設けられ、
前記開口部カバーが、第二の側壁部と前記第二の側壁部下端の内側に設けられた第二の鍔部とから構成される筒状の形状を有し、
前記第二の鍔部内側に前記灯具接続具の前記第一の側壁部以下が挿通され、
前記第一の鍔部の下面に前記第二の鍔部の上面が接合されることを特徴とする請求項2〜4のいずれか1項に記載の照明器具取付装置。
【請求項7】
前記開口部を覆う開口部カバーが設けられ、
前記開口部カバーが第三の側壁部と前記第三の側壁部下端の内側に設けられた第三の鍔部とから構成された筒状体を左右に2分割した形状を有し、
前記開口部カバ―は前記第三の側壁部上部内周に設けられた上部係合溝と前記第三の側壁部下部内周に設けられた下部係合溝とを有し、
前記上部係合溝が前記アダプター取付用プレートに、
前記下部係合溝が前記第一の鍔部に各々係合することを特徴とする請求項2〜4のいずれか1項に記載の照明器具取付装置。
【請求項8】
前記アダプター取付用プレートがリング形状を有することを特徴とする請求項1〜7のいずれか1項に記載の照明器具取付装置。
【請求項9】
引掛シーリングローゼットに取り付けられる電源コネクタを有するアダプターと、配線コネクタを有する照明器具本体とを接続する照明器具取付装置であって、
前記アダプターに取り付けられるアダプター取付用プレートと、
前記アダプタ―取付用プレート下面に設けられた開口部を有する筒状の灯具接続具と、
前記開口部を覆う開口部カバーとから構成され、
前記アダプター取付用プレートは、前記アダプターが嵌り込む大きさの内穴を備えたリング形状を有し、
前記灯具接続具は、底面と前記底面の周囲に立設された第一の側壁部と、前記第一の側壁部上端外周に周設された第一の鍔部と
前記第一の鍔部の上面に立設された複数の吊下ボルトとから構成され、
前記複数の吊下ボルトの上端が前記アダプター取付用プレートに固定されることで、
前記開口部を形成し、
前記開口部カバーが、第二の側壁部と前記第二の側壁部下端の内側に設けられた第二の鍔部とから構成される筒状の形状を有し、
前記第二の鍔部内側に前記灯具接続具の前記第一の側壁部以下が挿通され、前記複数の吊下ボルトの内、所定の吊下ボルトが前記第一の鍔部を貫通して前記第二の鍔部に設けられたボルト穴を貫通し、前記所定の吊下ボルトに螺合されたナットで前記第二の鍔部が前記第一の鍔部に固定されることを特徴とする照明器具取付装置。
【請求項10】
前記アダプターは、前記アダプターの側面に水平方向に突出する2個以上の突出部を備え、
前記アダプター取付用プレートは、前記アダプターの横断面形状に沿った内穴を有することで
前記アダプターが前記突出部を含めて嵌り込む構造を備え、
前記アダプター取付用プレートを前記アダプターに嵌め込んで、前記アダプター取付用プレートを前記アダプターに対して
回転させることで、前記アダプター取付用プレートを前記アダプタ―の突出部上に載置可能となることを
特徴とする請求項1〜9のいずれか1項に記載の照明器具取付装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、天井に照明器具を取り付けるための照明器具取付装置に関するものである。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
従来から照明器具を天井に固定する方式として、後掲の特許文献1〜3に開示されるように、天井の給電側から伸びる電源コネクタと照明器具側から伸びる配線コネクタとを接続した後に、照明器具取付装置により照明器具を天井に固定するものが採用されている。
【0003】
特許文献1には、 天井に固着されたシーリングローゼットの下面に着脱自在に係止されるプラグ本体の周面に係止段部を有する引掛プラグと、前記引掛プラグを嵌入する嵌入孔と前記嵌入孔の内周面に径方向に出没自在に設けられた一対の係止部材とを備えたアダプター本体と、前記アダプター本体を取り付けた照明器具本体とを備え、前記引掛プラグの係止段部に、前記アダプタ本体の一対の係止部材が着脱自在に係止されることで前記照明器具本体が取り付けられる照明器具取付装置において、前記照明器具本体の外周部の複数箇所に、前記天井面に対して当接する調整用ネジを配したことを特徴とする照明器具取付装置が開示されている。
【0004】
また、特許文献2には、照明器具と電気的に接続される引掛刃を有した引掛シーリングキャップと、屋内の電気配線に接続された引掛刃用刃受部を有し天井に取り付けられる引掛シーリングボディとを備え、引掛刃を引掛刃用刃受部に嵌合することにより引掛シーリングキャップと引掛シーリングボディが電気的及び機械的に接続される照明器具取付装置において、上方に突出する係合部が引掛シーリングキャップの上面に設けられ、係合部が挿入されるとともに引掛刃が引掛刃用刃受部に嵌合した状態において係合部と係合する係合孔が引掛シーリングボディの下面に設けられたことを特徴とする照明器具取付装置が開示されている。
【0005】
さらに、特許文献3には、天井に装着可能なアダプター本体に、照明器具本体と着脱自在に係合する一対の係止部材を出没自在に、且つ、突出方向に付勢して設けると共に、前記係止部材の解除突片をテ−パ−形状とし、前記解除突片のテ−パ−形状にスプリングにより常に前記解除突片のテ−パ−部にスライド可能に当接されるスライド部材を設け、前記係止部材と前記スライド部材とを連動させることでアダプタ−本体下面に設けてある接続コネクタは前記係止部材がアダプタ−本体側面より没入している時は前記スライド部材の内部に隠れ、前記係止部材がアダプタ−本体側面より突出している時、電源接続コネクタは自動に露出し照明器具本体側からの電源コネクタを接続可能にし、照明器具本体側からの電源コネクタを接続することでスライド部材が電源コネクタの端部に当接し移動が規制され係止爪の没入をロックすることを特徴とする天井直付け照明器具取付装置が開示されている。
【0006】
また、後掲の特許文献4には、引掛シーリングに取り付けられ、電源コネクタを有するアダプターと、配線コネクタを有する照明器具とを接続する照明器具取付装置であって、灯具接続具、可動カバー、天井固定金具、間隔調節ボルト、天井接触金具、及び、弾力性材から構成され、灯具接続具は、照明器具が着脱自在に取り付けられると共に、天井固定金具と適宜の間隔をおいて間隔調節ボルトにより連結され、可動カバーは、灯具接続具及び間隔調節ボルトを覆い包むと共に、天井固定金具に着脱自在に取り付けられ、天井固定金具と天井接触金具との間に弾力性材が挟み込まれて一体となり、一体となった天井固定金具、弾力性材及び天井接触金具がアダプターに着脱可能に取り付けられ、灯具接続具と天井固定金具との間に形成された間隔から外部へアダプターの電源コネクタと照明器具の配線コネクタとをそれぞれ引き出すことを可能とした照明器具取付装置が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特開2005−353319号広報
特開2008−47358号広報
特開2010−165650号広報
特開2015−69782号広報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
しかしながら、特許文献1〜3に開示された照明器具取付装置は、天井の給電線側から伸びる電源コネクタと照明器具側から伸びる配線コネクタとを接続した後、照明器具を照明器具取付装置により天井に固定する構造のものであるため、照明器具を持ち上げながら天井の給電線側から伸びる電源コネクタと照明器具側から伸びる配線コネクタとを接続しなければならず、困難を伴うものであった。すなわち、このコネクタ同士を接続する作業は高所で行うものであり、かつ重量のある照明器具を支えながら片手で接続作業を行う必要があることから、作業性が極めて低いものであった。
【0009】
また、特許文献4に開示された照明器具取付装置は、照明器具を天井に取り付けた後に天井の給電線側から伸びる電源コネクタと照明器具側から伸びる配線コネクタとを接続することができる照明器具取付装置であるが、部品点数が多く、そのために取付作業が複雑であるという欠点があった。
【0010】
そこで本発明は上記の問題点を解決することを課題としており、部品点数を減少させた上で、照明器具を容易に仮止めすることができ、その状態で天井引掛シーリングローゼット側の電源ケーブルと照明器具側の配線ケーブルとを容易に接続することができる照明器具取付装置を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日東精工株式会社
照明装置
1か月前
株式会社遠藤照明
照明器具
2か月前
株式会社遠藤照明
照明器具
2か月前
株式会社遠藤照明
照明器具
1か月前
コイト電工株式会社
車側灯
2か月前
株式会社大進
センサーライト
2か月前
SIS株式会社
卓上照明器具
2か月前
日東電工株式会社
光学積層体
1か月前
株式会社大進
センサーライト
2か月前
スタンレー電気株式会社
車両用灯具
1か月前
レボックス株式会社
光源装置
1か月前
株式会社小糸製作所
車両用灯具
7日前
株式会社小糸製作所
車両用灯具
16日前
株式会社小糸製作所
車両用灯具
23日前
コイズミ照明株式会社
照明器具
2か月前
株式会社小糸製作所
車両用灯具
1か月前
コイズミ照明株式会社
照明器具
1か月前
株式会社小糸製作所
車両用灯具
1か月前
株式会社小糸製作所
灯具ユニット
2か月前
不二サッシ株式会社
間接照明器具
23日前
日亜化学工業株式会社
バックライト光源
1か月前
株式会社小糸製作所
光源ユニット
1か月前
スタンレー電気株式会社
照明装置
1か月前
株式会社小糸製作所
灯具ユニット
1か月前
光森科技有限公司
光源モジュール
1か月前
株式会社小糸製作所
光源ユニット
今日
市光工業株式会社
車両用灯具
28日前
株式会社小糸製作所
車両用灯具
1日前
個人
照明器具
16日前
株式会社遠藤照明
光源ユニット及び照明器具
2日前
日産自動車株式会社
車両用灯具
2日前
株式会社インタニヤ
撮影機材用ランプ
6日前
国分電機株式会社
照明器具
1か月前
星和電機株式会社
屋外用照明装置
1か月前
プライム・スター株式会社
照明装置
1か月前
サノフイ
FGF21変異体
9日前
続きを見る