TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021194251
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211227
出願番号2020102939
出願日20200615
発明の名称妊娠促進器具
出願人個人
代理人
主分類A61F 5/41 20060101AFI20211129BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】不妊治療の現場において、加齢からくる妊娠力の低下並びに、男性器に起因する物理的問題を、精子の受精という妊娠プロセスから科学的に解決できる擬似コンドーム形態の妊娠促進器具を提供する。
【解決手段】性交時に男性器全体へ装着し使用される伸縮可能なゴムまたは、樹脂製の袋状本体からなるコンドーム本体2からなり、その本体内部の男性器先端部、主に亀頭7a部分にゴム又は樹脂により十分な厚み部2aを外観形状が男性器を模擬されるよう設け、且つ当該厚み部中央部には膣内深部へ精子導入のための精子排出路3が精子逆流防止弁から成る逆流防止機構と伴に設けられており、また本体外部には男性器長手方向に沿って山形突起8を設けた妊娠促進器具1。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
性交時に男性器全体へ装着し使用される伸縮可能なゴムまたは、樹脂製の袋状本体からなる擬似コンドームであって、その本体内部の男性器先端部、主に亀頭包囲部分にゴム又は樹脂により十分な厚みを外観形状が男性器を模擬されるよう設け、且つ当該厚み部の中心に膣内深部へ精子導入のための排出経路が逆流防止機構と伴に設けられており、また本体外部には男性器長手方向に沿って山形の突起を設けた妊娠促進器具。
続きを表示(約 240 文字)【請求項2】
亀頭付け根部位2cの位置を、くびれから亀頭中心部までのいずれかの位置に設けることによって、そのいずれかそれぞれの製品間で男性器が受ける刺激に差が出るようにした請求項1の妊娠促進器具。
【請求項3】
ゴム又は樹脂による亀頭部分の厚みに数種類のサイズがある、請求項1の妊娠促進器具。
【請求項4】
亀頭部分の厚みの材質を、プラスチック材料などゴム又は樹脂以外の材料とし樹脂製の袋状本体内部に装着した、請求項1の妊娠促進器具。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、精子における卵管内の卵子への受精の機会を増大し、係る妊娠の成立を促進する器具に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
少子高齢化が急速に進む我が国においては、生涯出生率を向上させ、子供の数を増やすという課題の解決が社会問題の一つとして取り組まれている。しかしながら社会情勢を時代と並行して見るに、ジェンダーレス社会を反映して男性もしくは女性の役割が大きく変化しており、それに伴ってセックスレスの問題も深刻化している。婚姻後も生活のリズムを維持したいという希望が強い場合においては意識的に、妊娠・出産の機会を回避する行動を取ってしまい、結果性交渉の回数が減ってしまう可能性が考えられる。そのきっかけとして主に、パートナーの片方が不感症や早漏など、性交渉そのものに困難な課題がある場合が考えられる。
【0003】
前述した少子高齢化に対応するための社会的要請を鑑み、肉体的問題点を解決することで得られる性交渉時における精神的安定を目的として様々な器具が提案されている。特開2003ー230586号によれば、例えば伸長した際に男性器を包む形状の弾力性、伸縮性のあるゴムもしくは樹脂製の袋状本体の先端に穴を設け、かつ袋状本体の先端から末端の間に隆起部を設けた構造とすることで、男女双方の性感を増進し相互の愛情を昴進することで妊娠が促進される、とされている。また特開2004ー261257号では、伸縮性に富んだ材質により男性器先端部の特に敏感な亀頭基部周辺および亀頭基部下側周辺を肉厚が厚く形成されたコンドームで覆い、また尿道口周辺には開口部を設ける構造とすることで、亀頭部への刺激を軽減せしめ射精までの時間を長くし早漏防止および改善することを目的としている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2003ー230586
特開2004ー261257
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
従来の発明では使用者の肉体的補完およびそれに伴う精神的な改善に重きが置かれており、当該器具を使用した場合においても不感症や早漏の改善など、望まれる効果がなされるかどうかは依然として当事者の感覚を起因とした肉体的反応に大きく依存しているため不確実である。また不感症や早漏の改善によって性交渉の頻度や質の向上が見込まれているが、偶発的現象である妊娠の確率を、卵子の受精プロセスの観点から高めるためのものではなかった。
【0006】
一方で晩婚化などの影響で妊娠・出産を希望する年齢が高くなり、加齢とともに妊娠する力が低下していくという現実がある。妊娠する力の低下は、何らかの不妊原因の因子がある場合を除いて、加齢による卵子・精子の質の低下と言い替えることが出来る。このような状況下にあるカップルに対して、医療の現場では不妊治療が行われているが、精神面や金銭面共に負担が大きく、また健康保険が適用される不妊治療は一般的によく行われる初期の不妊治療に限られており、且つ時間がかかるなど、係る問題に対して性交渉時に物理的にサポートできる安価で簡単な器具がこれまでなかった。
【0007】
この中でも特に男性側に考えられる原因として、勃起や射精に支障がないにもかかわらず、男性器の大きさが小さいがために膣口から卵管の距離に対して短く、尿道口から発せられた精子が配管内に到達するまでに精子が寿命を迎えてしまい受精が成立しないという問題があった。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記課題を解決するため請求項1の発明は、性交時に勃起もしくは海綿体への充血により十分な大きさに至った男性器全体へ装着し使用される伸縮可能な薄膜のゴム、または樹脂製の袋状本体からなる擬似コンドームであって、その本体内部の男性器先端部、主に亀頭部分にゴム又は樹脂により外観形状が男性器を模擬し、長手方向に男性器の長さを補い膣内卵管部の近辺へ精子が容易に送り出されるよう使用時の全体形状が十分な長さとなるための厚みが設けられ、その厚み部には精子導入のための経路が逆流防止機構と伴に設けられており、且つ精子導入のための経路と尿道口との間には精子を一時的に保留しておくための空間が設けられており、また本体外部には男性器長手方向に沿って山形の突起を円周方向に順序よく設けたことを特徴とする。
【0009】
請求項2の発明は、請求項1の発明に対して亀頭付け根部位2cの位置を、くびれから亀頭中心部までのいずれかの位置に設けることを特徴とし、その結果それぞれの製品間で男性器が受ける刺激に差が出るようにした。
【0010】
請求項3の発明は、請求項1の発明に対してゴム又は樹脂による亀頭部分の厚みが数種類のサイズを設けることを特徴とし、請求項2と同様にそれぞれの製品間で男性器が受ける刺激に差が出るようにしたことに加え、長手方向に男性器を補う長さも数種類とすることで、膣内卵管部への距離並びに女性器に与える刺激に差が出るようした。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
指圧器
1か月前
個人
コンドーム
9日前
個人
殺菌乾燥方法
1か月前
個人
妊娠治療薬。
2日前
個人
UVC照射容器
22日前
個人
把持鉗子
1か月前
個人
残尿打撃排出器1
21日前
個人
人工呼吸器
1か月前
個人
排泄通知システム
29日前
株式会社いうら
車椅子
2日前
山梨県
手術器具
10日前
個人
薬液噴霧装置
1日前
個人
車椅子階段昇降装置
1日前
マニー株式会社
医療用鑷子
1か月前
個人
リラクゼーション装置
2か月前
個人
抗毛嚢炎用外用組成物
1か月前
株式会社ニデック
検眼装置
2日前
株式会社コーセー
皮膚外用剤
1か月前
大正製薬株式会社
外用組成物
1か月前
花王株式会社
整髪方法
1か月前
個人
体液吸収パッド
1か月前
株式会社コーセー
毛髪化粧料
1日前
株式会社ノエビア
抗光老化剤
2か月前
個人
車椅子正面操作ハンドル
17日前
個人
経鼻胃管固定装置
27日前
株式会社コーセー
油性化粧料
17日前
株式会社東洋新薬
皮膚外用剤
2日前
個人
回転式足裏マッサージ器
1か月前
個人
筋膜リリース用具
23日前
SBカワスミ株式会社
ステント
2日前
個人
抗菌性マウスピース
1か月前
個人
顎顔面用温マッサージャー
10日前
日油株式会社
皮膚化粧料
27日前
個人
超音波診断装置用プローブ
1か月前
マニー株式会社
歯科用ファイル
1か月前
株式会社タニタ
測定装置
1か月前
続きを見る