TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021193648
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211223
出願番号2020099363
出願日20200608
発明の名称電池ユニット
出願人FDK株式会社
代理人個人
主分類H01M 50/20 20210101AFI20211126BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】筐体に対する電池パックの安定した取り付けを実現する電池ユニットを提供する。
【解決手段】本発明の電池ユニット(10)は、筐体(20)と、該筐体の内部に載置される電池パック(40)と、前記筐体に取り付けられる少なくとも一つの第1取付具(60)であって、前記筐体に取り付けられた状態で、前記電池パックを前記筐体に保持するように構成された第1取付具と、該第1取付具とは別に前記筐体に取り付けられる少なくとも一つの第2取付具(80)であって、前記筐体に取り付けられた状態で前記第1取付具を押圧して、前記電池パックを前記筐体に保持するように構成された第2取付具と、を備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
筐体と、
該筐体の内部に載置される電池パックと、
前記筐体に取り付けられる少なくとも一つの第1取付具であって、前記筐体に取り付けられた状態で、前記電池パックを前記筐体に保持するように構成された第1取付具と、
該第1取付具とは別に前記筐体に取り付けられる少なくとも一つの第2取付具であって、前記筐体に取り付けられた状態で前記第1取付具を押圧して、前記電池パックを前記筐体に保持するように構成された第2取付具と、を備えることを特徴とする電池ユニット。
続きを表示(約 820 文字)【請求項2】
前記第1取付具は、前記電池パックの側面に沿って上下方向に延びる保持部と、該保持部の下側端部から前記電池パックに対し離れる方向に延びる受け部とを含む第1ブラケットを有し、
前記第2取付具は、前記保持部の下側領域と該下側領域の反対に位置する上側領域とを前記電池パックに向かって押圧する一対の押圧部を含む第2ブラケットを有する、請求項1記載の電池ユニット。
【請求項3】
前記第2ブラケットは、更に、前記一対の押圧部を接続する連結部であって、前記第1ブラケットの前記保持部と対向する連結部を有し、
前記第2取付具は、更に、前記連結部の上下方向における中央を、前記電池パックに向かって押圧する少なくとも一つの押圧部材を有する、請求項2記載の電池ユニット。
【請求項4】
前記第1取付具は、前記電池パックの側面に沿って上下方向に延びる保持部と、該保持部の下側端部から前記電池パックに対し離れる方向に延びる受け部とを含む第1ブラケットを有し、
前記第2取付具は、前記保持部の上下方向の全体に沿って延びる押圧部、前記押圧部から前記電池パックに対し離れる方向に離間し、前記押圧部と対向する被押圧部、及び、前記押圧部と前記被押圧部とを接続する連結部を含む第2ブラケットと、前記被押圧部を前記電池パックに向かって押圧する少なくとも一つの押圧部材と、を有する請求項1記載の電池ユニット。
【請求項5】
前記第1取付具は、前記電池パックの側面に沿って上下方向に延びる保持部と、該保持部から前記電池パックに対し離れる方向に離間し、前記保持部と対向する被押圧部と、前記保持部及び前記被押圧部を接続する連結部とを含む第1ブラケットを有し、
前記第2取付具は、前記被押圧部を前記電池パックに向かって押圧する少なくとも一つの押圧部材である、請求項1記載の電池ユニット。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は電池ユニット、特に筐体に対する電池パックの取付手段を備える電池ユニットに関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、複数の電池セルにより構成される電池モジュールを筐体内に配置し、当該電池モジュールを筐体に取り付けることが知られている。例えば、特許文献1に記載の電池ユニットは、所定の方向に配列された複数の電池セルから構成される電池モジュールと、一対のエンドプレートと、一対のブラケットと、を備えている。当該電池ユニットにおいては、一対のブラケットを用いて両側から複数の電池セルを一括して挟持している。また、当該電池ユニットにおいては、一対のブラケットは、締結部材を用いて一対のエンドプレートに取付けられ、且つ、ボルトを用いて筐体の底壁部に取り付けられている。これにより、電池モジュールが筐体に取り付けられている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015−191689号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、上記特許文献1に記載の電池ユニットでは、断面L字形状の一対のブラケットを用いて両側から複数の電池セルを一括して挟持することで、複数の電池セルを筐体に取り付けている。このため、例えば当該電池ユニットに振動が加わった場合、電池セル各々の重量が大きいことから、一対のブラケットによる保持力を維持することができず、電池モジュールが動いてしまうことがあった。又、当該電池ユニットに加わる振動によりボルトが緩んだ場合にも、上記保持力を維持することができず、電池モジュールが動いてしまうことがあった。このように、電池モジュールが動いてしまうと、電池セルに擦れ傷や凹み等の損傷が生じるおそれがあった。
【0005】
本発明はこのような課題に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、筐体に対する電池パックの安定した取り付けを実現する電池ユニットを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するため、本発明に係る電池ユニットは、筐体と、該筐体の内部に載置される電池パックと、前記筐体に取り付けられる少なくとも一つの第1取付具であって、前記筐体に取り付けられた状態で、前記電池パックを前記筐体に保持するように構成された第1取付具と、該第1取付具とは別に前記筐体に取り付けられる少なくとも一つの第2取付具であって、前記筐体に取り付けられた状態で前記第1取付具を押圧して、前記電池パックを前記筐体に保持するように構成された第2取付具と、を備えることを特徴とする。
【0007】
本発明の一態様に係る電池ユニットにおいて、前記第1取付具は、前記電池パックの側面に沿って上下方向に延びる保持部と、該保持部の下側端部から前記電池パックに対し離れる方向に延びる受け部とを含む第1ブラケットを有し、前記第2取付具は、前記保持部の下側領域と該下側領域の反対に位置する上側領域とを前記電池パックに向かって押圧する一対の押圧部を含む第2ブラケットを有する。
【0008】
本発明の一態様に係る電池ユニットにおいて、前記第2ブラケットは、更に、前記一対の押圧部を接続する連結部であって、前記第1ブラケットの前記保持部と対向する連結部を有し、前記第2取付具は、更に、前記連結部の上下方向における中央を、前記電池パックに向かって押圧する少なくとも一つの押圧部材を有する。
【0009】
本発明の一態様に係る電池ユニットにおいて、前記第1取付具は、前記電池パックの側面に沿って上下方向に延びる保持部と、該保持部の下側端部から前記電池パックに対し離れる方向に延びる受け部とを含む第1ブラケットを有し、前記第2取付具は、前記保持部の上下方向の全体に沿って延びる押圧部、前記押圧部から前記電池パックに対し離れる方向に離間し、前記押圧部と対向する被押圧部、及び、前記押圧部と前記被押圧部とを接続する連結部を含む第2ブラケットと、前記被押圧部を前記電池パックに向かって押圧する少なくとも一つの押圧部材と、を有する。
【0010】
本発明の一態様に係る電池ユニットにおいて、前記第1取付具は、前記電池パックの側面に沿って上下方向に延びる保持部と、該保持部から前記電池パックに対し離れる方向に離間し、前記保持部と対向する被押圧部と、前記保持部及び前記被押圧部を接続する連結部とを含む第1ブラケットを有し、前記第2取付具は、前記被押圧部を前記電池パックに向かって押圧する少なくとも一つの押圧部材である。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

ステラケミファ株式会社
微細加工処理剤、及び微細加工処理方法
今日
エルジー エナジー ソリューション リミテッド
負極活物質、これを含む負極及びリチウム二次電池
今日
ハミルトン・サンドストランド・コーポレイション
電子デバイス用の熱伝導管理アーキテクチャ
今日