TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021190046
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211213
出願番号2020106537
出願日20200525
発明の名称ゴム付きのペン軸
出願人個人
代理人
主分類G06F 3/03 20060101AFI20211115BHJP(計算;計数)
要約【課題】ペン先の様なイメージで棒の先端にゴムを付けた物及びフタを付けたりノック式等の形状で出し入れする等ゴム先が触れずに使用出来る物を提供する。
【解決手段】ノック式ペン等先端を出し入れが出来る仕様やフタ付きのペンの様な形状にする。
【効果】ゴム先で操作する事により、素手で触れずに操作する事が可能になり、ゴム先を収納する事により、後ほどゴム先を洗浄する事が出来る。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
棒状の先端にゴムを装着し、ノック式ペンやネジ式の様な先端を出し入れ出来る軸を装着する。
先端いゴムを装着した棒状の物に、ふたを取り付け先端を触れない様にできるペン型の物。
続きを表示(約 39 文字)【請求項2】
先端のゴムに通運する物を取り付けるペン型の物。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
ペン先の様な棒状の先端にゴムを装着する。
続きを表示(約 490 文字)【背景技術】
【0002】
ペン先の様な棒状の先端にゴムを装着する事により、エレベーターやATM、コンビニ等のタッチパネルを操作する事が可能になる。
太さを大きくするとゴムの引っ掛かりを利用し、便座のフタの開閉や上下の動きのドアノブや水道の蛇口を操作する事も可能になる。
又、ゴムの先端に通電材を装着する事でタブレットの操作も可能となる。
【0003】
ノック式ペン等先端を出し入れが出来る仕様やフタ付きのペンの様な形状にする事により、
ゴム先を触れずに収納する事ができる。
【0004】
【産業上の利用可能性】
【0004】
ゴム先で操作する事により、素手で触れずに操作する事が可能になる。
ゴム先を収納する事により、後ほどゴム先を洗浄する事が出来る。
【図面の簡単な説明】
【0005】
▲1▼ゴムを▲2▼棒状の物に取り付け▲3▼でフタをするという図である。
▲1▼ゴムを▲2▼棒状の物に取り付け▲3▼軸に装着構造とした一体型ノック式ペン状の図である。

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許