TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021189211
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211213
出願番号2020091237
出願日20200526
発明の名称電子機器
出願人キヤノン株式会社
代理人特許業務法人秀和特許事務所
主分類G02B 7/28 20210101AFI20211115BHJP(光学)
要約【課題】通常使用で視線入力の精度をより確実に向上させるようにキャリブレーションを実行可能な電子機器を提供する。
【解決手段】本発明の電子機器は、視線入力を受け付ける視線入力手段と、視線入力とは異なるユーザ操作を受け付ける操作手段と、視線入力に基づく第1の位置にインジケーターを表示した後、第1の位置から操作手段に対する移動操作に応じてインジケーターを第2の位置まで移動させ、その後、(1)さらなる移動操作が無いことを含む特定の条件を満たした状態で、(2)特定の操作があれば、移動操作の前のインジケーターの位置と、特定の操作が行われた際のインジケーターの位置とに基づいて、視線に基づく入力位置のキャリブレーションを行い、特定の条件を満たさない状態となる、あるいは特定の操作がなければ、キャリブレーションを行わないように制御する制御手段と、を有する。
【選択図】図10
特許請求の範囲【請求項1】
ユーザの視線による位置入力である視線入力を受け付ける視線入力手段と、
前記視線入力とは異なるユーザ操作を受け付ける操作手段と、
前記視線入力に基づく第1の位置にインジケーターを表示した後、前記第1の位置から前記操作手段に対する移動操作に応じて前記インジケーターを第2の位置まで移動させ、
その後、
(1)さらなる移動操作が無いことを含む特定の条件を満たした状態で、(2)前記インジケーターの位置で決定するための特定の操作があれば、前記移動操作の前の前記インジケーターの位置と、前記特定の操作が行われた際の前記インジケーターの位置とに基づいて、視線に基づく入力位置のキャリブレーションを行い、
前記特定の条件を満たさない状態となる、あるいは前記特定の操作がなければ、前記キャリブレーションを行わない
ように制御する制御手段と、
を有することを特徴とする電子機器。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記特定の条件は、前記第1の位置と前記第2の位置の間の最短距離が第1の閾値よりも長いことを含む
ことを特徴とする請求項1に記載の電子機器。
【請求項3】
前記特定の条件は、前記第1の位置と前記第2の位置の間の最短距離が第2の閾値よりも短いことを含む
ことを特徴とする請求項1または2に記載の電子機器。
【請求項4】
被写体を検出可能な検出手段をさらに有し、
前記特定の条件は、前記検出手段により特定の被写体が検出されていることを含む
ことを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の電子機器。
【請求項5】
前記特定の条件は、常時AFを行うモードが設定されていないことを含む
ことを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の電子機器。
【請求項6】
前記特定の操作は特定のタッチ操作を含む
ことを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の電子機器。
【請求項7】
前記特定のタッチ操作は、操作面へのタッチが行われ、タッチ位置を移動させずにタッチが離され、タッチが離されてから所定時間以内に再び前記操作面へのタッチが行われ、タッチ位置を移動させずにタッチが離される操作である
ことを特徴とする請求項6に記載の電子機器。
【請求項8】
前記特定の条件は、タッチ操作を検出可能な第1の表示部と、タッチ操作を検出しない第2の表示部とのうち、前記第2の表示部に前記インジケーターが表示されていることを含む
ことを特徴とする請求項1〜7のいずれか1項に記載の電子機器。
【請求項9】
前記特定の条件は、前記操作手段に対する位置入力における位置指定方式が相対位置指定方式であることを含む
ことを特徴とする請求項1〜8のいずれか1項に記載の電子機器。
【請求項10】
前記制御手段は、
ユーザが指定した位置でAFを行うモードにおいては、前記移動操作の前の前記イン
ジケーターの前記位置と、前記第2の位置とに基づいて、前記キャリブレーションを行い、
ユーザが指定した位置に基づいて選択した被写体の位置でAFを行うモードにおいては、前記移動操作の前の前記インジケーターの前記位置と、前記第2の位置に基づいて選択した被写体の位置とに基づいて、前記キャリブレーションを行う
ように制御する
ことを特徴とする請求項1〜9のいずれか1項に記載の電子機器。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は電子機器に関し、特に視線検知可能な電子機器に関するものである。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
ユーザが自身の視線によって操作を行う(以下、視線入力)電子機器が知られている。特にデジタルカメラやゲーム機など、ユーザが即時的に電子機器に対して操作指示を行いたい場合に、視線入力は有効である。
【0003】
精度よく視線入力を行うためには、キャリブレーション(以下、CAL)が必須である。CALを何度も行うと視線入力の精度が向上するが、一般的には一回当たりのCAL操作に手番がかかるため、何度も行うことは煩わしい。その解決のため、電子機器の通常使用中に随時CAL補正を行う技術(自動CAL補正)が提案されている。
【0004】
例えば、特許文献1には、タッチ位置/カーソル位置によって視線位置からのズレを算出して、CAL補正データを生成する技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2015−207290号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、特許文献1に開示された技術では、タッチ位置/カーソル位置の移動がある度にCAL補正を行う構成となっている。そのため、微調整を目的としていないユーザの操作時にもCAL補正を行ってしまい、それによって視線入力の精度が悪化してしまう。
【0007】
そこで本発明は、通常使用で視線入力の精度をより確実に向上させるようにキャリブレーションを実行可能な電子機器を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の電子機器は、ユーザの視線による位置入力である視線入力を受け付ける視線入力手段と、前記視線入力とは異なるユーザ操作を受け付ける操作手段と、前記視線入力に基づく第1の位置にインジケーターを表示した後、前記第1の位置から前記操作手段に対する移動操作に応じて前記インジケーターを第2の位置まで移動させ、その後、(1)さらなる移動操作が無いことを含む特定の条件を満たした状態で、(2)前記インジケーターの位置で決定するための特定の操作があれば、前記移動操作の前の前記インジケーターの位置と、前記特定の操作が行われた際の前記インジケーターの位置とに基づいて、視線に基づく入力位置のキャリブレーションを行い、前記特定の条件を満たさない状態となる、あるいは前記特定の操作がなければ、前記キャリブレーションを行わないように制御する制御手段と、を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、通常使用で視線入力の精度をより確実に向上させるようにキャリブレーションを実行可能な電子機器を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
デジタルカメラの外観図である。
デジタルカメラのブロック図である。
一点AFでの視線によるAF枠の設定を説明する図である。
顔+追尾優先AFでの視線によるAF枠の設定を説明する図である。
撮影モード処理のフローチャートである。
カメラ設定処理のフローチャートである。
タッチ操作応答処理のフローチャートである。
視線有効時相対位置指定処理のフローチャートである。
一点AF時タッチムーブ処理のフローチャートである。
顔+追尾優先AF時タッチムーブ処理のフローチャートである。
設定メニュー画面の表示例である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社シグマ
結像光学系
1日前
株式会社シグマ
単焦点レンズ
2日前
凸版印刷株式会社
調光シート
1日前
日精テクノロジー株式会社
投射光学系
今日
東京晨美光学電子株式会社
撮像レンズ
今日
東京晨美光学電子株式会社
撮像レンズ
今日
凸版印刷株式会社
調光フィルムの端部封止構造
1日前
日東電工株式会社
導電性光学積層体
1日前
三菱電機株式会社
清掃装置および清掃方法
今日
住友ベークライト株式会社
カバー部材
1日前
富士フイルム株式会社
画像表示システム
今日
エルジー・ケム・リミテッド
光学積層体
7日前
三鷹光器株式会社
手術顕微鏡用光学構造
1日前
富士フイルム株式会社
空中ディスプレイ
1日前
エルジー・ケム・リミテッド
光学積層体
今日
住友化学株式会社
積層体
6日前
キヤノン株式会社
光学部品および光学機器
2日前
浜松ホトニクス株式会社
レーザ装置
7日前
オリンパス株式会社
対物レンズ
2日前
株式会社DOOG
磁気眼鏡及び眼鏡用パッド
2日前
日本電産サンキョー株式会社
点灯検査装置
6日前
日東電工株式会社
位相差層付偏光板および画像表示装置
6日前
株式会社ジャパンディスプレイ
表示装置
今日
日東電工株式会社
偏光板およびそれを用いた画像表示装置
今日
オプトチューン アーゲー
光学装置及びレーザー加工装置
1日前
国立大学法人徳島大学
光周波数コム発生装置
1日前
個人
ベッセルビーム発生装置及びそれを用いた光走査装置
今日
日東電工株式会社
曲面加工された偏光板およびその製造方法
今日
日東電工株式会社
曲面加工された偏光板およびその製造方法
今日
株式会社フジクラ
光ファイバの製造方法
今日
セイコーエプソン株式会社
電気光学装置、電子機器
5日前
キヤノン株式会社
レンズ装置および撮像装置
今日
住友電気工業株式会社
光デバイス
7日前
セイコーエプソン株式会社
光学装置、画像表示装置
7日前
セイコーエプソン株式会社
表示装置及び光学ユニット
1日前
セイコーエプソン株式会社
表示装置及び光学ユニット
1日前
続きを見る