TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021184647
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211202
出願番号2021137035
出願日20210825
発明の名称位置離脱による通知を提供する装置およびプログラム
出願人LINE株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類H04M 11/00 20060101AFI20211105BHJP(電気通信技術)
要約【課題】 位置離脱による通知を行うこと。
【解決手段】 サーバのシステムに備わるプロセッサは、電子機器の通信セッションを設定し、メッセージをルーティングし、電子機器のユーザ間の人的関係の情報を管理すること;第1電子機器から時間範囲および位置範囲の情報を受信すること;人的関係の情報に基づいて第1電子機器のユーザと人的関係を有するユーザの情報を第1電子機器に送信し、人的関係を有するユーザのうち第1電子機器から選択されたユーザを確認すること;時間範囲のおよび位置範囲の情報を、第1電子機器のユーザの識別子および確認されたユーザの識別子と関連付けてデータベースに格納すること;格納された情報に基づいて第1電子機器の位置をモニタリングすること;および格納された情報に基づいて第1電子機器が時間範囲に該当する時間に位置範囲を離れた場合、通信セッションを介して第2電子機器に通知メッセージを送信することを行う。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1端末から位置範囲情報と時間範囲情報を受信する受信部と、
前記第1端末の識別子と第2端末の識別子と前記位置範囲情報と前記時間範囲情報を関連付けて記憶する記憶部と、
前記第1端末または前記第2端末の位置情報と前記位置範囲情報と前記時間範囲情報に基づいて、前記第1端末または前記第2端末に通知を行う通知部と、
を備える装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記第2端末は、前記第1端末のユーザが選択した端末である請求項1記載の装置。
【請求項3】
前記記憶部に記憶された情報に基づいて第1端末または第2端末の位置をモニタリングするモニタリング部を有する請求項2記載の装置。
【請求項4】
前記通知部は、前記第1端末または前記第2端末が前記時間範囲情報に含まれる時間に前記位置範囲情報に含まれる位置範囲を離れた場合、前記第1端末または第2端末に通知を行う請求項1〜3のいずれか一項に記載の装置。
【請求項5】
前記位置範囲情報は、前記第1端末の画面に表示された地図情報に対する前記第1端末のユーザの入力に基づき設定された位置範囲を含むことを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一項に記載の装置。
【請求項6】
前記第1端末の画面は、タッチスクリーン画面を含み、
前記地図情報上で設定された位置範囲は、前記タッチスクリーン画面に対する前記第1端末のユーザの操作によって設定される位置範囲を含むことを特徴とする、請求項5に記載の装置。
【請求項7】
前記位置範囲情報は、前記第1端末で設定される出発地から目的地までの間の少なくとも1つの経路の位置範囲を含むことを特徴とする、請求項1〜6のいずれか一項に記載の装置。
【請求項8】
前記位置範囲情報は、前記第1端末で選択された運送手段の路線に対する位置範囲を含むことを特徴とする、請求項1〜7のいずれか一項に記載の装置。
【請求項9】
前記位置範囲情報は、第1位置範囲および第2位置範囲を含み、
前記時間範囲情報に含まれる時間に前記第1位置範囲を離れた前記第1端末または前記第2端末が前記第2位置範囲に移動するか否かを判定するように制御する制御部を含み、
前記通知部は、
前記第1端末または前記第2端末が前記第2位置範囲に移動しないと判定された場合に、前記第2端末または前記第1端末に前記通知を行うことを特徴とする、請求項1〜8のいずれか一項に記載の装置。
【請求項10】
第1端末から位置範囲情報と時間範囲情報を受信することと、
前記第1端末の識別子と第2端末の識別子と前記位置範囲情報と前記時間範囲情報を関連付けて記憶することと、
前記第1端末または前記第2端末の位置情報と前記位置範囲情報と前記時間範囲情報に基づいて、前記第1端末または前記第2端末に通知を行うことと、
をコンピュータに実行させるプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
下記の説明は、位置離脱による通知を提供するシステムおよび方法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
位置離脱の通知を提供するための技術が存在する。例えば、韓国公開特許第10−2005−0027760号は、無線ネットワークの位置基盤サービスを利用した移動端末の位置離脱通報装置およびその方法に関し、位置基盤サービス(LBS)提供部が提供する相手端末の位置情報を周期的に確認し、相手がユーザの設定しておいた一定上の位置から離脱した場合、これをユーザ端末に知らせる構成を開示している。
【0003】
しかし、このような従来技術には、ユーザが相手を登録するための別途のサービスに接続し、位置離脱を確認するための相手に関する情報を個別に登録しなければならないという不便がある。例えば、従来技術では、ユーザがサービスを提供するサイトに別途に接続して会員加入をした後、サイトが提供するユーザインタフェースを利用して相手に関する情報を入力しなければならない。この後、サーバは、入力された相手に関する情報を利用して相手に位置情報の提供に対する同意を求めなければならない。さらに、同意を求める過程において、相手がサイトの提供するサービスの会員でない場合には、サイトに接続して相手も会員加入の過程を経た後、位置情報の提供に同意しなければならない。
【0004】
これだけでなく、相手に位置情報の提供に対する同意を求める過程において、サーバは、相手にユーザを説明しなければならない。言い換えれば、サーバは、位置情報がどのユーザに提供されるのかを相手に認識させなければならない。
【0005】
さらに、従来技術では、一定の位置のように特定の場所から離脱したことしか感知することができず、多様な条件に応じて設定される多様な位置範囲の離脱は感知することができないという問題がある。例えば、従来技術では、相手が学校を離れたことを感知することはできても、学校から自宅に行く経路範囲を離脱したかは確認することができない。
【0006】
これに加え、従来技術では、ユーザが設定した位置から相手が離れたかということを感知できるだけで、ユーザが設定した位置から離れた場合にこれを他のユーザに知らせることができる方法は存在しない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
国際出願公開第2015/065001号
米国特許出願公開第2014/0019540号
米国特許出願公開第2013/0332543号
米国特許出願公開第2013/0260893号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
メッセージングサービスの人的関係を利用し、第1ユーザによって選択された第2ユーザ(または第2ユーザら)の位置離脱を第1ユーザに通知することにより、ユーザがメッセージングサービスの機能を活用して簡単かつ便利に位置離脱による通知機能を設定することができる、システムおよび方法を提供する。
【0009】
多様な方式によって位置範囲を設定することができるようにサービスすることにより、特定の位置や場所の離脱ではない、多様な条件に応じて設定される多様な位置範囲に対する離脱を感知することができる、システムおよび方法を提供する。
【0010】
設定された位置範囲間の移動を追加でモニタリングし、位置範囲間の移動ではない場合には通知メッセージを提供することにより、正確な通知メッセージを提供することができる、システムおよび方法を提供する。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

TOA株式会社
通話システム
23日前
個人
音体感装置
28日前
シャープ株式会社
通信装置
1か月前
キヤノン株式会社
電子機器
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
21日前
株式会社オカムラ
什器
6日前
個人
スピーカーの位相反転機構振動板
1日前
オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
2日前
オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
2日前
オンキヨーサウンド株式会社
イヤホン
今日
株式会社EPM
マイクシールド
8日前
株式会社EPM
マイクシールド
8日前
神田通信機株式会社
通信制御装置
1日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1日前
株式会社村田製作所
通信システム
1か月前
日本放送協会
変調装置及び受信機
24日前
キヤノン株式会社
電子機器
1か月前
インフィニテグラ株式会社
装着型表示装置
13日前
アイホン株式会社
インターホン機器
24日前
アイホン株式会社
インターホン機器
24日前
シャープ株式会社
画像処理システム
21日前
サクサ株式会社
緊急通報装置
28日前
アイホン株式会社
インターホン機器
1か月前
アイホン株式会社
インターホン機器
7日前
アイホン株式会社
インターホン機器
7日前
シャープ株式会社
画像処理システム
1か月前
三菱電機株式会社
視聴システム
1日前
日本アンテナ株式会社
監視装置
2日前
株式会社ニコン
撮像装置
22日前
株式会社ニコン
撮像素子
10日前
株式会社アイリス
保持具
1か月前
三菱電機株式会社
映像表示装置
6日前
個人
重複利用する携帯電話通信システム機器
2日前
ミハル通信株式会社
光端末装置
1か月前
株式会社ユピテル
ドライブレコーダ等
1か月前
三菱電機株式会社
スピーカ装置
7日前
続きを見る