TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021184284
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211202
出願番号2021128710
出願日20210805
発明の名称メッセージ基盤の通知を提供するための方法およびシステム
出願人LINE株式会社
代理人個人,個人
主分類G06F 13/00 20060101AFI20211105BHJP(計算;計数)
要約【課題】ユーザが少ない動作で重要な変更事項を即時に確認できるように支援するメッセージ基盤通知方法及びシステムを提供する。
【解決手段】方法は、電子機器にインストールされたメッセンジャー上の通知対象のうち、電子機器のユーザと関連する主要対象を優先通知対象として設定する段階と、電子機器のユーザのアカウントと他のユーザのアカウントとの間に設定されたトークセッションで送受信されるメッセージを利用して優先通知対象を検出する段階及び優先通知対象が検出されると、該当の通知対象に対する通知メッセージを生成し、電子機器のユーザのアカウントに通知メッセージを送信するようにサーバを制御する段階と、を含む。また、メッセンジャー上の通知のうち重要度が付与された通知を区別し、該当の通知を別個のメッセンジャーインタフェースである個人単独トークルームを活用して伝達することができる。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
コンピュータで実現されるサーバのメッセージ基盤通知方法であって、
電子機器にインストールされたメッセンジャー上の通知対象のうち、前記電子機器のユーザと関連する主要対象を優先通知対象として設定する段階、
前記電子機器のユーザのアカウントと他のユーザのアカウントとの間に設定されたトークセッションで送受信されるメッセージを利用して前記優先通知対象を検出する段階、および
前記優先通知対象が検出されると、該当の通知対象についての通知メッセージを生成し、前記電子機器のユーザのアカウントに前記通知メッセージを送信するように前記サーバを制御する段階
を含むことを特徴とする、メッセージ基盤通知方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
以下の説明は、メッセンジャー上で通知(notification)を提供する技術に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
一般的なコミュニケーションツールであるメッセンジャー(messenger)とは、リアルタイムでメッセージやデータを送受信することのできるソフトウェアを意味し、ユーザが対話をしたい相手をメッセンジャー上に登録し、対話相手リストに存在する相手とリアルタイムでメッセージをやり取りすることができるものである。
【0003】
このようなメッセンジャー機能は、PCだけではなく、移動通信端末のモバイル環境でも一般的に使用されるようになった。例えば、特許文献1(韓国公開特許第10−2002−0074304号公報)には、携帯端末機にインストールされたモバイルメッセンジャー間でメッセンジャーサービスを提供できるようにした、無線通信網を利用した携帯端末機のモバイルメッセンジャーサービスシステムおよび方法が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
韓国公開特許第10−2002−0074304号公報
国際公開第2015/065001号
米国特許出願公開第2014/0019540号明細書
米国特許出願公開第2013/0332543号明細書
米国特許出願公開第2013/0260893号明細書
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ユーザと関連する事項についての通知をメッセンジャー上で提供することができる方法およびシステムを提供する。
【0006】
重要度に応じて優先される通知をメッセージ基盤で提供することができる方法およびシステムを提供する。
【課題を解決するための手段】
【0007】
コンピュータで実現されるサーバのメッセージ基盤通知方法であって、電子機器にインストールされたメッセンジャー上の通知対象のうち、前記電子機器のユーザと関連する主要対象を優先通知対象として設定する段階、前記電子機器のユーザのアカウントと他のユーザのアカウントとの間に設定されたトークセッションで送受信されるメッセージを利用して前記優先通知対象を検出する段階、および前記優先通知対象が検出されると、該当の通知対象についての通知メッセージを生成し、前記電子機器のユーザのアカウントに前記通知メッセージを送信するように前記サーバを制御する段階を含む、メッセージ基盤通知方法を提供する。
【0008】
コンピュータで実現されるサーバのメッセージ基盤通知システムであって、コンピュータ読取可能な命令を実行するように実現される少なくとも1つのプロセッサを含み、前記少なくとも1つのプロセッサは、電子機器にインストールされたメッセンジャー上の通知対象のうち、前記電子機器のユーザと関連する主要対象を優先通知対象として設定し、前記電子機器のユーザのアカウントと他のユーザのアカウントとの間に設定されたトークセッションで送受信されるメッセージを利用して前記優先通知対象を検出し、前記優先通知対象が検出されると、前記優先通知対象が検出されたトークセッションに関する情報および該当の通知対象の内容を含む通知メッセージを生成し、前記優先通知対象に対して前記電子機器のユーザのアカウントに単独で設定されたトークセッションに前記通知メッセージを送信するように前記サーバを制御する、メッセージ基盤通知システムを提供する。
【0009】
コンピュータで実現される電子機器と結合し、メッセージ基盤通知方法を実行させるためにコンピュータ読取可能な記録媒体に格納されたコンピュータプログラムであって、前記メッセージ基盤通知方法は、前記電子機器にインストールされたメッセンジャー上の通知対象のうち、前記電子機器のユーザと関連する主要対象として設定された優先通知対象に対し、前記メッセンジャーと関連するサーバから前記電子機器のユーザのアカウントに単独で設定されたトークセッションで前記優先通知対象に対する通知メッセージを受信するように前記電子機器を制御する段階、および前記トークセッションに対応するトークルームで前記通知メッセージを前記電子機器の画面に表示するように前記電子機器を制御する段階を含む、コンピュータプログラムを提供する。
【発明の効果】
【0010】
多様な通知が発生するメッセンジャー上でユーザが必ず認識しなければならない事項を区別して通知することができる。また、メッセンジャーのサービス特性に基づき、サービス内の通知センター(notification center)やデバイスプッシュシステム(device push system)に統合されない別個のメッセンジャーインタフェースを、通知を伝達するための手段として活用することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
集客システム
13日前
個人
トリプル宝クジ
29日前
個人
眼鏡型端末
24日前
個人
決済支援装置
1か月前
個人
抽選システム
13日前
個人
市場融和租税分配システム
8日前
個人
小規模分散型農業ビジネス
22日前
個人
広告情報提供システム
27日前
株式会社ゆずくる
レシピ表示装置
2日前
個人
表示方法及びプログラム
2日前
個人
預託品の輸送および保管システム
17日前
株式会社日建設計
輸送システム
2日前
Yper株式会社
情報処理装置
21日前
有限会社秀徳
情報処理システム
2日前
シャープ株式会社
入力システム
24日前
株式会社ワコム
位置指示器
13日前
個人
医療機器発注システム
7日前
ホシデン株式会社
タッチ入力装置
2日前
株式会社ワコム
位置指示器
13日前
株式会社リコー
情報処理システム
1か月前
FC株式会社
専門家マッチングシステム
7日前
株式会社 ミックウェア
情報提示システム
21日前
個人
仮想通貨のマイニングシステム
21日前
大日本印刷株式会社
カード記録装置
10日前
株式会社ワコム
入力システム
13日前
株式会社シェルパ
ケア支援システム
23日前
シスメックス株式会社
検査支援方法
1か月前
シャープ株式会社
半導体装置
23日前
トヨタ自動車株式会社
重回帰分析装置
23日前
コルデコ株式会社
情報処理装置
1か月前
キヤノン株式会社
情報処理装置
21日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
2日前
株式会社ユーボ
無人商品受け渡し装置
21日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
21日前
トヨタ自動車株式会社
データ管理方法
3日前
シャープ株式会社
タッチ入力システム
24日前
続きを見る