TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021182829
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211125
出願番号2020087814
出願日20200520
発明の名称発電機
出願人個人
代理人
主分類H02K 21/12 20060101AFI20211029BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】
水車や風車の低速回転において、第4マグネット10を有する発電体6を回転し、第1コイル11内を移動させて発電し、外部に電気エネルギーを供給することができる発電機を提供する。
【解決手段】
第4マグネット10を含む複数のマグネットを円環4内に挿入して円形の発電体6を形成し、第1コイル11を含む複数のコイル内に発電体6を挿入し、更に、回転軸を中心に回転する回転体2に取り付けられた第1マグネット3を回転移動させる。
第1マグネット3の吸引、又は反発する磁力により、第4マグネット10を有する発電体6を回転させ、第1コイル11及び複数のコイル内を通過させ、コイルに誘導電流を発生させて発電する。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1マグネットの移動によって、第1コイル内にある第4マグネットが、前記第1マグネットの磁力により、前記第1コイル内を移動して発電する発電機において、
前記第4マグネットに磁力を与え、前記第4マグネットに対して平行に配置し、回転する回転体に取り付けられた前記第1マグネットを、前記回転体の回転軸を中心に回転させ、
前記第4マグネットを有し、回転軸を有しない発電体を、前記第1マグネットの吸引、又は反発する磁力により、前記回転体の回転方向と同じ方向に回転させて、前記第1コイル内を移動させ、
前記第1コイルに誘導電流を発生させて発電し、電気エネルギーを取得する事を特徴とした発電機。
続きを表示(約 1,700 文字)【請求項2】
請求項1記載の発電機において、前記第1マグネットを磁性体に変更し、前記第4マグネットに吸引力を与える前記磁性体を、前記回転体の回転軸を中心に回転させ、
前記第4マグネットを有し、回転軸を有しない前記発電体を、前記磁性体の吸引する磁力により、前記回転体の回転方向と同じ方向に回転させて、前記第1コイル内を移動させ、
前記第1コイルに誘導電流を発生させて発電し、電気エネルギーを取得する事を特徴とした発電機。
【請求項3】
請求項1〜2のいずれか1項記載の発電機において、前記発電体とベアリングの接触面に取り外し可能なワイヤー、または保護板を取り付けたことを特徴とした発電機。
【請求項4】
第1マグネットの移動によって、第1コイル内にある第4マグネットが、前記第1マグネットの磁力により、前記第1コイル内を移動して発電する発電機において、
前記第4マグネットに磁力を与え、前記第4マグネットに対して平行に配置し、回転する回転体に取り付けられた前記第1マグネットと複数のマグネットを、前記回転体の回転軸を中心に回転させ、
一方で、前記第4マグネットと複数のマグネットを有し、回転軸を有しない円環により発電体を形成し、
前記第1マグネットと複数のマグネットの吸引、又は反発する磁力、或いは、吸引と反発する磁力により、前記発電体を前記回転体の回転方向と同じ方向に回転させて、前記発電体を宙に浮かせ、前記第1コイル内を移動させ、
前記第1コイルに誘導電流を発生させて発電し、電気エネルギーを取得する事を特徴とした発電機。
【請求項5】
第1マグネットの移動によって、第1コイル内にある第4マグネットが、前記第1マグネットの磁力により、前記第1コイル内を移動して発電する発電機において、
前記第4マグネットを電磁石に変更し、前記電磁石に電気を流して磁力を与え、
前記電磁石に対して平行に配置し、回転する回転体に取り付けられた前記第1マグネット、または第2電磁石を、前記回転体の回転軸を中心に回転させ、
前記電磁石を有し、回転軸を有しない第2発電体を、前記第1マグネット、または第2電磁石の吸引、又は反発する磁力により、前記回転体の回転方向と同じ方向に回転させて、前記第1コイル内を移動させ、
前記第1コイルに誘導電流を発生させて発電し、電気エネルギーを取得する事を特徴とした発電機。
【請求項6】
請求項5記載の発電機において、前記第2発電体にレールを設けて前記電磁石のコイルに接続し、前記レールに電気を流して、前記電磁石に磁力を与えることを特徴とした発電機。
【請求項7】
第1マグネットの移動によって、第1コイル内にある第4マグネットが、前記第1マグネットの磁力により、前記第1コイル内を移動して発電する発電機において、
前記第1マグネットを第2電磁石に変更し、前記第2電磁石を含み第5電磁石以上の電磁石を前記第4マグネットに対して平行に配置し、
前記第4マグネットを電磁石に変更し、前記電磁石を含む他の電磁石を有し、回転軸を有しない円形の第2発電体内の前記電磁石を含む他の電磁石に対し、
前記第2電磁石を含み第5電磁石以上の電磁石の運転、停止を順次切り替え、吸引、又は反発する磁力を与えて第2発電体を回転移動させ、
前記電磁石が前記第1コイル内を移動し、前記第1コイルに誘導電流を発生させて発電し、電気エネルギーを取得する事を特徴とした発電機。
【請求項8】
請求項7記載の発電機において、前記電磁石を第3マグネットに変更し、前記第2発電体内の他の電磁石の一部、或いは全部を永久磁石にし、前記第3マグネットと永久磁石に対し、
前記第2電磁石を含み第5電磁石以上の電磁石の運転、停止を順次行い、吸引、又は反発する磁力を与えて第2発電体を回転移動させ、
前記第3マグネットが前記第1コイル内を移動し、前記第1コイルに誘導電流を発生させて発電し、電気エネルギーを取得する事を特徴とした発電機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、回転する移動部に取り付けられたマグネットの移動によって、発電部のマグネットがコイル内を移動し、コイルに誘導電流を発生させて発電し、電気エネルギーを取得する発電機に関する物である。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
発電部のマグネットがコイル内を移動して発電し、電気エネルギーを得る物として振動発電機があり、それを応用した物が提案されている。
【0003】
1つは、発電部のパイプ内にマグネットを挿入し、パイプの外周にコイルを設け、マグネットの自重を利用して、コイル下部にマグネットを配置しておき、一方で、発電部のマグネットに反発力を与える極性の移動部のマグネットを近づけて、発電部のマグネットを反発させてコイル内を通過させ、電気エネルギーを得ている。
更に、移動部のマグネットが移動して遠ざかり、両マグネットの反発する磁力が弱まることで、発電部のマグネットの自重により、コイル内を通過して元の位置に戻している。(文献1)
【0004】
その他に、複数のマグネットを繋ぎ合わせたマグネット群の発電体を円形状にし、それらの外周に複数のコイルを設け、発電体のマグネットに吸引力を与えるマグネットを有する回転体を発電体の内側に配置する。
外部より力を加えて、その回転体を回転させ、回転体のマグネットの吸引力により、発電体を回転させ、外周に配置された複数のコイルに誘導電流を発生させて発電している。(文献2)
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開昭60−13464号公報
特許第6464339号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1で提案されているように、発電部のマグネットの自重を利用して、マグネットを元の位置へ戻している発電機は、マグネットが軽い場合は、復帰に於けるコイル内を移動するスピードも遅くなり、発電効率も悪くなる可能性がある。
又、パイプを垂直に設け、マグネットの自重を利用しているので、パイプを水平に位置づけた場合、マグネットの復帰は難しくなり、連続した発電を行なえない可能性もある。
【0007】
更に、パイプ内のマグネットの移動方向が、回転軸に対して垂直で、外側に移動する為、移動部のマグネットの取り付け位置が、回転軸から近い位置に取り付けられた場合、移動部のマグネットがパイプ内のマグネットに近づき始めると、パイプ内のマグネットが徐々に移動し始める為、パイプ内のマグネットが移動するスピードは高速回転時に比べて遅くなり、発電効率が低下する可能性がある。
【0008】
文献2においては、回転体のマグネットが外側の発電体のマグネットに対し、垂直に磁力を与えて吸引力を与えている。
この為、仮に、発電体のマグネットのN極に回転体のマグネットのS極を垂直に近づけて吸引させた場合、発電体のマグネットのS極は、回転体のマグネットのS極より遠ざかろうとする。
これにより、発電体のマグネットには部分的に吸引力が加わり、発電体を回転させようとした場合、円運動が分散され、回転力を抑える傾向がある。
【0009】
したがって、本発明の発電機は、振動発電の発電方法を応用し、コイルに誘導電流を発生させる発電体に対し、吸引、又は反発力を与えるマグネットを全方向より、また、平行に配置して回転させ、その磁力により発電体を回転させて発電し、コイルとマグネットに振動を与えることなく、電気エネルギーを取得できるようにしたものである。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明の発電機は、円形を成し回転軸を有しない複数のマグネット群から成る発電体の外周に複数のコイルを取り付け、その発電体のマグネット群に吸引、又は反発の磁力を与える移動部のマグネットを内部に複数配置している。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
静電モータ
6日前
エバタ株式会社
防護板
今日
三協立山株式会社
腕金
15日前
個人
発電システム
今日
コクヨ株式会社
給電装置
今日
三菱電機株式会社
電動機
7日前
コーセル株式会社
電源装置
8日前
トヨタ自動車株式会社
巻取装置
8日前
トヨタ自動車株式会社
ステータ
11日前
マツダ株式会社
車両
7日前
トヨタ自動車株式会社
捻じり治具
20日前
マツダ株式会社
車両
7日前
住友電装株式会社
グロメット
1日前
住友電装株式会社
グロメット
1日前
三菱電機株式会社
半導体装置
4日前
富士電機株式会社
電力変換装置
6日前
ダイハツ工業株式会社
モータ用絶縁紙
4日前
矢崎総業株式会社
電源制御装置
5日前
出光興産株式会社
パネル状モジュール
今日
トヨタ自動車株式会社
制御装置
1日前
トヨタ自動車株式会社
回転電機
4日前
古河電気工業株式会社
収容容器
今日
矢崎総業株式会社
給電装置
今日
個人
磁力回転装置
4日前
矢崎総業株式会社
給電装置
今日
キヤノン株式会社
振動型駆動装置
5日前
矢崎総業株式会社
給電装置
今日
矢崎総業株式会社
給電装置
今日
株式会社ダイヘン
蓄電池システム
今日
富士電機株式会社
車両用主電動機
20日前
ホシデン株式会社
充電器
21日前
住友電装株式会社
ワイヤハーネス
6日前
センターピア株式会社
充電保管庫
20日前
共栄製作株式会社
ブラシレスモータ
15日前
矢崎総業株式会社
電源制御システム
今日
ナブテスコ株式会社
AC-ACコンバータ
今日
続きを見る