TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021182327
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211125
出願番号2020088247
出願日20200520
発明の名称リフォーム提案装置
出願人トヨタホーム株式会社
代理人特許業務法人太陽国際特許事務所
主分類G06Q 50/08 20120101AFI20211029BHJP(計算;計数)
要約【課題】住宅のリフォームの検討に役立つ適切な情報を提供する。
【解決手段】クライアント端末12は推定部および生成部として機能する。推定部は、DBサーバ56の記憶部62に顧客情報DB72として記憶された、顧客が居住している住宅36のリフォームに関する顧客のニーズに関連する顧客情報に基づいて、住宅36のリフォームに関する顧客のニーズを推定する。そして生成部は、推定部によって推定された顧客のニーズと、記憶部62に住宅仕様DB80として記憶された住宅36の仕様を表す住宅仕様情報と、に基づいて、顧客のニーズに対応しかつ住宅36に適用可能なリフォームを提案するリフォーム提案情報を生成する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1記憶部に記憶された、顧客が居住している住宅のリフォームに関する顧客のニーズに関連する顧客情報に基づいて、前記住宅のリフォームに関する前記顧客のニーズを推定する推定部と、
前記推定部によって推定された前記顧客のニーズと、第2記憶部に記憶された前記住宅の仕様を表す住宅仕様情報と、に基づいて、前記顧客のニーズに対応しかつ前記住宅に適用可能なリフォームを提案するリフォーム提案情報を生成する生成部と、
を含むリフォーム提案装置。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記推定部は、前記リフォームに関する前記顧客のニーズとしてリフォーム対象のアイテムを推定し、
前記生成部は、第3記憶部に記憶された、リフォーム可能な最新アイテムを表す最新アイテム情報に前記リフォーム対象のアイテムの情報が含まれているか否かを判定し、前記最新アイテム情報に前記リフォーム対象のアイテムの情報が含まれている場合に、前記住宅に設けられている既存アイテムを前記最新アイテムへ置き換え可能か否かを判定し、前記既存アイテムを前記最新アイテムへ置き換え可能な場合に、前記顧客のニーズに対応しかつ前記住宅に適用可能なリフォームとして、前記既存アイテムを前記最新アイテムへ置き換えるリフォームを提案するリフォーム提案情報を生成する請求項1記載のリフォーム提案装置。
【請求項3】
前記推定部は、前記リフォームに関する前記顧客のニーズとしてリフォーム対象のアイテムを推定し、
前記生成部は、第4記憶部に記憶された、過去に行われたリフォーム事例を表すリフォーム事例情報に、前記リフォーム対象のアイテムを置き換えた特定リフォーム事例情報が含まれているか否かを判定し、前記特定リフォーム事例情報が含まれている場合に、前記住宅に設けられている既存アイテムを前記特定リフォーム事例情報が表すリフォーム事例で採用された採用アイテムへ置き換え可能か否かを判定し、前記既存アイテムを前記採用アイテムへ置き換え可能な場合に、前記顧客のニーズに対応しかつ前記住宅に適用可能なリフォームとして、前記既存アイテムを前記採用アイテムへ置き換えるリフォームを提案するリフォーム提案情報を生成する請求項1記載のリフォーム提案装置。
【請求項4】
前記顧客情報は、第1顧客情報として、前記顧客が住宅を新築した際の、前記顧客の住宅に関するこだわり、および、住宅の電子カタログに対する前記顧客の閲覧ログの少なくとも一方が含まれており、
前記推定部は、前記こだわりに関連するアイテムまたは前記電子カタログに掲載されているアイテムのうち閲覧頻度が所定値以上のアイテムを、前記リフォーム対象のアイテムとして推定する請求項2または請求項3記載のリフォーム提案装置。
【請求項5】
前記顧客情報は、第2顧客情報として、前記顧客が前記住宅に入居した後に、前記顧客が前記住宅を項目毎に採点した結果、および、前記顧客から得られたリフォームニーズの少なくとも一方が含まれており、
前記推定部は、前記採点の結果が所定値以下の項目に関連するアイテムまたは前記リフォームニーズに対応するアイテムを、前記リフォーム対象のアイテムとして推定する請求項2または請求項3記載のリフォーム提案装置。
【請求項6】
前記顧客情報は、第3顧客情報として、前記住宅に設けられた設備で発生したエラーコードが含まれており、
前記推定部は、前記エラーコードが記録されている設備を、前記リフォーム対象のアイテムとして推定する請求項2または請求項3記載のリフォーム提案装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明はリフォーム提案装置に関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、住宅についての顧客の要望を取得し、取得した顧客の要望に基づき住宅プランDB(DataBase)から顧客の要望に合う住宅プランを抽出し、抽出した住宅プランを表示部に表示させる技術が記載されている。当該技術では、住宅プランDBから顧客の要望に合う住宅プランを抽出するにあたり、居住満足度DBに住宅プラン毎に記憶されている住人の居住満足度データを参照して抽出している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019−200725号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載の技術は、住人の居住満足度データを参照することで、住宅を新築する際の住宅プランの選択を支援する技術であり、既に建築済みの住宅のリフォームを検討する場合については考慮されていない(一般に住宅のリフォームでは、住宅プランの変更に相当する大規模な改修は想定されない)。このため、特許文献1に記載の技術は、住宅のリフォームを検討している顧客に対し、住宅のリフォームの検討に役立つ適切な情報を提供することができない。
【0005】
本発明は上記事実を考慮して成されたもので、住宅のリフォームの検討に役立つ適切な情報を提供できるリフォーム提案装置を得ることが目的である。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1記載の発明に係るリフォーム提案装置は、第1記憶部に記憶された、顧客が居住している住宅のリフォームに関する顧客のニーズに関連する顧客情報に基づいて、前記住宅のリフォームに関する前記顧客のニーズを推定する推定部と、前記推定部によって推定された前記顧客のニーズと、第2記憶部に記憶された前記住宅の仕様を表す住宅仕様情報と、に基づいて、前記顧客のニーズに対応しかつ前記住宅に適用可能なリフォームを提案するリフォーム提案情報を生成する生成部と、を含んでいる。
【0007】
住宅のリフォームでは、住宅を新築する場合とは異なり、実施可能なリフォームの内容が、住宅の仕様に応じて制限される。これに基づき、請求項1記載の発明では、顧客が居住している住宅のリフォームに関する顧客のニーズに関連する顧客情報に基づいて、前記住宅のリフォームに関する前記顧客のニーズを推定する。そして、推定した顧客のニーズと、前記住宅の仕様を表す住宅仕様情報と、に基づいて、顧客のニーズに対応しかつ前記住宅に適用可能なリフォームを提案するリフォーム提案情報を生成する。このように、請求項1記載の発明によれば、顧客のニーズに対応しかつ顧客が居住している住宅に適用可能なリフォームを提案することができるので、住宅のリフォームの検討に役立つ適切な情報を提供することができる。
【0008】
請求項2記載の発明は、請求項1記載の発明において、前記推定部は、前記リフォームに関する前記顧客のニーズとしてリフォーム対象のアイテムを推定し、前記生成部は、第3記憶部に記憶された、リフォーム可能な最新アイテムを表す最新アイテム情報に前記リフォーム対象のアイテムの情報が含まれているか否かを判定し、前記最新アイテム情報に前記リフォーム対象のアイテムの情報が含まれている場合に、前記住宅に設けられている既存アイテムを前記最新アイテムへ置き換え可能か否かを判定し、前記既存アイテムを前記最新アイテムへ置き換え可能な場合に、前記顧客のニーズに対応しかつ前記住宅に適用可能なリフォームとして、前記既存アイテムを前記最新アイテムへ置き換えるリフォームを提案するリフォーム提案情報を生成する。
【0009】
請求項2記載の発明では、リフォーム対象のアイテムを推定し、最新アイテム情報にリフォーム対象のアイテムの情報が含まれているかを判定し、最新アイテム情報にリフォーム対象のアイテムの情報が含まれている場合に既存アイテムを最新アイテムへ置き換え可能かを判定する。従って、請求項2記載の発明によれば、顧客が居住する住宅に設けられている既存アイテムを最新アイテムへ置き換えることが可能な場合に、これを認識し、既存アイテムを最新アイテムに置き換えるリフォームを提案することができる。
【0010】
請求項3記載の発明は、請求項1記載の発明において、前記推定部は、前記リフォームに関する前記顧客のニーズとしてリフォーム対象のアイテムを推定し、前記生成部は、第4記憶部に記憶された、過去に行われたリフォーム事例を表すリフォーム事例情報に、前記リフォーム対象のアイテムを置き換えた特定リフォーム事例情報が含まれているか否かを判定し、前記特定リフォーム事例情報が含まれている場合に、前記住宅に設けられている既存アイテムを前記特定リフォーム事例情報が表すリフォーム事例で採用された採用アイテムへ置き換え可能か否かを判定し、前記既存アイテムを前記採用アイテムへ置き換え可能な場合に、前記顧客のニーズに対応しかつ前記住宅に適用可能なリフォームとして、前記既存アイテムを前記採用アイテムへ置き換えるリフォームを提案するリフォーム提案情報を生成する。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
集客システム
13日前
個人
眼鏡型端末
24日前
個人
市場融和租税分配システム
8日前
個人
小規模分散型農業ビジネス
22日前
個人
抽選システム
13日前
個人
広告情報提供システム
27日前
株式会社ゆずくる
レシピ表示装置
2日前
個人
表示方法及びプログラム
2日前
シャープ株式会社
入力システム
24日前
個人
預託品の輸送および保管システム
17日前
Yper株式会社
情報処理装置
21日前
株式会社日建設計
輸送システム
2日前
有限会社秀徳
情報処理システム
2日前
株式会社ワコム
位置指示器
13日前
ホシデン株式会社
タッチ入力装置
2日前
株式会社ワコム
位置指示器
13日前
FC株式会社
専門家マッチングシステム
7日前
個人
医療機器発注システム
7日前
株式会社 ミックウェア
情報提示システム
21日前
大日本印刷株式会社
カード記録装置
10日前
株式会社シェルパ
ケア支援システム
23日前
株式会社ワコム
入力システム
13日前
個人
仮想通貨のマイニングシステム
21日前
シャープ株式会社
半導体装置
23日前
有限会社ホリケン
重要事項説明支援システム
22日前
シャープ株式会社
タッチ入力システム
24日前
株式会社ジーク
原状回復工事システム
13日前
村田機械株式会社
作業者管理システム
10日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
21日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
21日前
トヨタ自動車株式会社
データ管理方法
3日前
株式会社J&J事業創造
情報処理装置
21日前
トヨタ自動車株式会社
重回帰分析装置
23日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
2日前
株式会社ユーボ
無人商品受け渡し装置
21日前
富士通株式会社
ソースコード取得
2日前
続きを見る