TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021181975
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211125
出願番号2020205565
出願日20201211
発明の名称出発タイマーの提供方法およびシステム
出願人ネイバー コーポレーション,NAVER Corporation,LINE株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G01C 21/26 20060101AFI20211029BHJP(測定;試験)
要約【課題】出発地から目的地までのルートの予想所要時間及びターゲット到着時間に基づいて決定した出発時間に対するインテリジェント個人秘書を通じた出発タイマーの提供方法及びシステムを提供する。
【解決手段】出発タイマーの提供方法は、出発地および目的地を受信するステップと、出発地から目的地までのルートに使用される移動手段を受信するステップと、前記目的地に対するターゲット到着時間を受信するステップと、移動手段を利用した出発地から目的地までのルートの予想所要時間および受信されたターゲット到着時間に基づいて出発時間を決定するステップと、決定された出発時間に対するタイマーを設定するステップと、設定されたタイマーに基づいて通知を出力するステップを含む。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
インテリジェント個人秘書を通じた出発タイマーの提供方法において、
出発地および目的地を受信するステップと、
前記出発地から前記目的地までのルートに使用される移動手段を受信するステップと、
前記目的地に対するターゲット到着時間を受信するステップと、
前記移動手段を利用した前記出発地から前記目的地までのルートの予想所要時間および前記受信されたターゲット到着時間に基づいて出発時間を決定するステップと、
前記決定された出発時間に対するタイマーを設定するステップと、
前記設定されたタイマーに基づいて通知を出力するステップとを含む、出発タイマーの提供方法。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記出発時間に対するタイマーの要請を示すユーザー音声を受信するステップをさらに含み、
前記決定された出発時間に対するタイマーを設定するステップは、
前記ユーザー音声が受信された時間に基づいて前記出発時間に対するタイマーを設定するステップを含む、請求項1に記載の出発タイマーの提供方法。
【請求項3】
前記ターゲット到着時間に対する質問を示す合成音声を出力するステップをさらに含み、
前記目的地に対するターゲット到着時間を受信するステップは、
前記ターゲット到着時間に対する質問を示す合成音声に応答して、前記ターゲット到着時間を示すユーザー音声を受信するステップと、
前記ユーザー音声から前記ターゲット到着時間を認識するステップとを含む、請求項1または2に記載の出発タイマーの提供方法。
【請求項4】
前記決定された出発時間に対するタイマーを設定するステップは、
現在時間と前記決定された出発時間の間の時間差に対応する通知を決定するステップを含む、請求項1から3のいずれか1項に記載の出発タイマーの提供方法。
【請求項5】
前記決定された出発時間に対するタイマーを設定するステップは、
前記現在時間と前記決定された出発時間の間の時間差に基づいて通知周期を設定するステップをさらに含み、
前記設定されたタイマーに基づいて通知を出力するステップは、
前記設定された通知周期で前記決定された通知に対する合成音声を出力するステップを含む、請求項4に記載の出発タイマーの提供方法。
【請求項6】
前記出発時間を決定するステップは、
前記出発地から前記目的地までのルートに使用される移動手段に対するリアルタイム交通情報に基づいて前記予想所要時間を決定するステップを含む、請求項1から5のいずれか1項に記載の出発タイマーの提供方法。
【請求項7】
前記出発地から前記目的地までのルートに使用される移動手段に対するリアルタイム交通情報を周期的に受信するステップをさらに含み、
前記出発時間を決定するステップは、
前記リアルタイム交通情報が周期的に受信されるたびに、前記リアルタイム交通情報に基づいて前記予想所要時間を更新するステップを含む、請求項6に記載の出発タイマーの提供方法。
【請求項8】
前記出発時間を決定するステップは、
前記更新された予想所要時間および前記ターゲット到着時間に基づいて前記出発時間を更新するステップを含み、
前記決定された出発時間に対するタイマーを設定するステップは、
前記更新された出発時間および現在時間を利用して前記タイマーを更新するステップを含む、請求項7に記載の出発タイマーの提供方法。
【請求項9】
前記更新された出発時間および現在時間を利用して前記タイマーを更新するステップは、
前記更新された出発時間が前記決定された出発時間より早い場合、前記タイマーの通知周期をもっと短く設定するステップを含む、請求項8に記載の出発タイマーの提供方法。
【請求項10】
前記タイマーの自動実行要請のための曜日および開始時間を受信するステップをさらに含み、
前記決定された出発時間に対するタイマーを設定するステップは、
現在時間が前記タイマーの自動実行要請のための曜日および開始時間に達する場合、前記決定された出発時間および前記現在時間に基づいて前記タイマーを自動で設定するステップを含む、請求項1から9のいずれか1項に記載の出発タイマーの提供方法。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、出発タイマーの提供方法およびシステムに関するもので、具体的には、出発地から目的地までのルートの予想所要時間およびターゲット到着時間に基づいて出発時間を決定し、決定された出発時間に対するタイマーを設定する出発タイマーの提供方法およびシステムに関するものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
人工知能技術およびIoT(Internet Over Things)技術の急激な発展により、ユーザーの音声要請に対応する特定のサービスをユーザーに提供するインテリジェント個人または仮想秘書(Intelligent Personal Assistant)を搭載したAIスピーカー、スマートフォンなどのような端末が広く利用されている。これらのインテリジェント個人秘書は、人工知能の音声認識技術を利用してユーザーの音声コマンドを認識し、音声コマンドに対応するサービスを提供している。例えば、AIスピーカーは、ユーザーの音声コマンドを通じて電話をかけることができるのはもちろん、特定のアプリケーションを実行したり、天気情報を提供したり、インターネット検索を通じた情報を提供したりなどのような秘書の役割をユーザーに提供することができる。
【0003】
従来のインテリジェント個人秘書が搭載された端末は、ユーザーの要請に応答して、第1の場所から第2の場所への推奨ルートを提供するサービスを提供した。また、これらの推奨ルートに沿って第2の場所に到着する予想時間が一緒に提供された。このようなサービスを利用するユーザーは、第2の場所に到着するためにいつ出発するべきかを直接計算しなければならない不便さがあった。また、リアルタイム交通状況が変化するので、ユーザーはいつ第1の場所を出発したら第2の場所に自分の望む時間に到着できるのかを認識することが難しかった。さらに、ユーザーは、自分が第2の場所に望む時間に到着するために、自分が第1の場所を出発しなければならない時間までどのくらいの時間が残っているかに関する情報を得るのが難しかった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
韓国公開特許第10−2004−0086675号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本開示は、上述した問題点を解決するための出発タイマーの提供方法、記録媒体に格納されたコンピュータプログラムおよび装置(システム)を提供する。
【0006】
出発地、目的地、移動手段、ターゲット到着時間などの出発時間に対するタイマーを設定するのに必要な情報を受信し、受信された情報を利用して出発時間を決定する出発タイマーの提供方法および装置を提供する。
【0007】
ユーザー音声からユーザーの要請またはコマンドを認識し、認識されたユーザーの要請またはコマンドに基づいて、出発時間に対するタイマー、公共交通機関の到着時間に対するタイマー、リアルタイム交通情報を提供する出発タイマーの提供方法およびシステムが提供される。
【0008】
現在時間から出発時間までの残り時間に対する通知を、合成音声を通じて提供する出発タイマーの提供方法および装置を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本開示は、方法、装置(システム)または読み取り可能な格納媒体に格納されたコンピュータプログラムを含む、多様な方式で具現されることができる。
【0010】
本開示の一実施例によると、インテリジェント個人秘書を通じた出発タイマーの提供方法は、出発地および目的地を受信するステップと、出発地から目的地までのルートに使用される移動手段を受信するステップと、目的地に対するターゲット到着時間を受信するステップと、移動手段を利用した出発地から目的地までのルートの予想所要時間および受信されたターゲット到着時間に基づいて出発時間を決定するステップと、決定された出発時間に対するタイマーを設定するステップと、設定されたタイマーに基づいて通知を出力するステップとを含む。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
測位システム
7日前
グンゼ株式会社
装具
2日前
株式会社KRI
圧力センサー
1日前
東レ株式会社
ガスセンサー素子
2日前
澁谷工業株式会社
検査装置
2日前
澁谷工業株式会社
気泡検出器
9日前
三菱電機株式会社
レーダ装置
2日前
三菱電機株式会社
レーダ装置
8日前
D-テック合同会社
検査装置
2日前
ホシデン株式会社
試験ユニット
2日前
日本電子株式会社
試料充填装置
2日前
CKD株式会社
三次元計測装置
6日前
凸版印刷株式会社
体重計の床埋込み構造
3日前
キヤノン株式会社
識別装置
3日前
株式会社エビス
水準器の製造方法
3日前
昭和電工株式会社
磁気センサ
7日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
9日前
東京窯業株式会社
固体電解質センサ
6日前
ミネベアミツミ株式会社
回転検出装置
9日前
ダイハツ工業株式会社
制御装置
2日前
株式会社大平産業
測量機用三脚
3日前
株式会社SDK
測定用ソケット
2日前
株式会社イシダ
検査装置
9日前
個人
地震発生防止方法及び火山噴火防止方法
8日前
株式会社アイシーティー
超音波流量計
今日
株式会社島津製作所
自動試料注入装置
7日前
株式会社デンソー
電気機器
2日前
株式会社リガク
蛍光X線分析装置
2日前
株式会社リガク
蛍光X線分析装置
2日前
日本特殊陶業株式会社
ガスセンサ
2日前
中国電力株式会社
煙道損傷状況監視方法
6日前
株式会社ジェイテクト
トルクセンサ
6日前
株式会社デンソー
光検出装置
1日前
ホシデン株式会社
振動センサ
9日前
トヨタ自動車株式会社
勾配算出装置
1日前
株式会社フジキン
センサ固定具及び流体制御装置
3日前
続きを見る