TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021176260
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211104
出願番号2021060158
出願日20210331
発明の名称ステータ
出願人愛知電機株式会社
代理人
主分類H02K 3/04 20060101AFI20211008BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】大電流を流すことが可能なステータコイルのステータへの挿入、装着作業を容易にする。
【解決手段】ダイカスト(金型鋳造)などによって成形された平角形状の断面形状を有する波巻きで1巻のコイルを相毎にステータコアの片側から階段状に挿入した後、絶縁樹脂でモールドする。
【選択図】 図6
特許請求の範囲【請求項1】
ロータと共に回転電機を構成するステータの巻線構造であって、環状をなし、周方向の複数の位置でそれぞれ内向きに開いて放射状に延びる複数のスロットを有するステータコアと、前記ステータコアの複数のスロットに絶縁フィルムを挿入した後、同一相の巻線群として、前記複数のスロットのうち、特定の複数のスロットを通過するように、ダイカスト(金型鋳造)により成形された波巻きで前記スロットに合わせた断面形状を有する1巻のコイルを、各相のコイルエンド部分の位置が階段状になるように前記ステータコアの片側から挿入した後、絶縁樹脂でモールドすることを特徴とするステータ。
続きを表示(約 800 文字)【請求項2】
ロータと共に回転電機を構成するステータの巻線構造であって、環状をなし、周方向の複数の位置でそれぞれ内向きに開いて放射状に延びる複数のスロットを有するステータコアと、前記ステータコアの複数のスロットに絶縁フィルムを挿入した後、同一相の巻線群として、前記複数のスロットのうち、特定の複数のスロットを通過するように、条材料から製造した波巻きで前記スロットに合わせた断面形状を有する1巻のコイルを、各相のコイルエンド部分の位置が階段状になるように前記ステータコアの片側から挿入した後、絶縁樹脂でモールドすることを特徴とするステータ。
【請求項3】
ロータと共に回転電機を構成するステータの巻線構造であって、環状をなし、周方向の複数の位置でそれぞれ内向きに開いて放射状に延びる複数のスロットを有するステータコアと、前記ステータコアの複数のスロットに絶縁フィルムを挿入した後、同一相の巻線群として、前記複数のスロットのうち、特定の複数のスロットを通過するように、板状の材料から製造した波巻きで前記スロットに合わせた断面形状を有する1巻のコイルを、各相のコイルエンド部分の位置が階段状になるように前記ステータコアの片側から挿入した後、絶縁樹脂でモールドすることを特徴とするステータ。
【請求項4】
請求項1乃至請求項3の何れかに記載のステータにおいて、前記ステータコアの複数のスロットに絶縁フィルムを挿入する代わりに、エナメル、ポリウレタン、ポリエステルなどの絶縁樹脂で被覆した前記コイルを前記ステータコアに挿入することを特徴とするステータ。
【請求項5】
請求項1乃至請求項4の何れかに記載のステータにおいて、前記コイルを成形または製造する際、コイルの端部を外部電源の給電接続用コネクタと嵌合可能な形状とすることを特徴とするステータ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、低電圧で大電流が流れる回転電動機(以下、モータ)に使用されるステータコイルの構造に関するものである。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
小型、高トルク密度化を図るために、平角線を用いて波巻するモータが広く使用されている。このようなモータの巻線の波巻きにおいては、平角線の中央部を松葉形状に折り曲げた松葉形状の松葉コイルセグメントの両端を固定子の一対のスロットの挿入側から挿入し、スロットの反挿入側から突出した巻線セグメントの一端と、当該一対のスロットに対し、回転方向に所定ピッチ離間したスロットの反挿入側から突出した他の巻線セグメントの一端とを溶接している(例えば、特許文献1参照) 。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014−90546
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、松葉コイルセグメントを利用した波巻きコイルでは、ステータコアの内周側と外周側では溶接部の形状が異なるため、コイルセグメントの溶接作業が煩雑になるという課題がある。
【0005】
また、溶接部分に溶接不具合があると、製造ライン又は出荷後に断線が発生するという課題がある。
【0006】
そこで、本発明は、煩雑な溶接作業を必要としないコイルおよびステータを提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1乃至請求項3記載の発明は、ロータと共にモータを構成するステータの巻線構造であって、環状をなし、周方向の複数の位置でそれぞれ内向きに開いて放射状に延びる複数のスロットを有するステータコアと、前記ステータコアの複数のスロットに絶縁フィルムを挿入した後、同一相の巻線群として、前記複数のスロットのうち、特定の複数のスロットを通過するように、成形または製造された波巻きで前記スロットに合わせた断面形状を有する1巻のコイルを、各相のコイルエンド部分の位置が階段状になるように前記ステータコアの片側から挿入した後、絶縁樹脂でモールドしたステータを構成することに特徴を有する。
【0008】
請求項4記載の発明は、請求項1記載のステータにおいて、前記ステータコアの複数のスロットに絶縁フィルムを挿入する代わりに、エナメル、ポリウレタン、ポリエステルなどの絶縁樹脂で被覆した前記コイルを前記ステータコアに挿入することに特徴を有する。
【0009】
請求項5記載の発明は、請求項1および請求項2に記載のステータにおいて、前記コイルを成形または製造する際、コイルの端部を外部電源の給電接続用コネクタと嵌合可能な形状とすることに特徴を有する。
【発明の効果】
【0010】
請求項1乃至請求項3記載の発明によれば、成形または製造された前記スロット形状に合わせた断面形状を有する1巻のコイルを、各相のコイルエンド部分の位置が階段状になるように前記ステータコアの片側から挿入したことで、煩雑な溶接作業を行うことなくコイルのさせることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

愛知電機株式会社
ステータ
2か月前
愛知電機株式会社
電圧計測機器
20日前
愛知電機株式会社
電力変換装置
2か月前
愛知電機株式会社
永久磁石電動機
3か月前
愛知電機株式会社
永久磁石電動機
3か月前
愛知電機株式会社
永久磁石電動機
3か月前
愛知電機株式会社
永久磁石電動機
3か月前
愛知電機株式会社
地上設置型変圧器
4か月前
愛知電機株式会社
真空バルブの固定構造
13日前
愛知電機株式会社
真空バルブの固定構造
5か月前
愛知電機株式会社
絶縁油を再利用する方法
5か月前
愛知電機株式会社
自励式無効電力補償装置
6か月前
愛知電機株式会社
電動アクチエータ
3日前
愛知電機株式会社
電動アクチエータ
3日前
愛知電機株式会社
地上設置型変圧器の運搬架台
3か月前
愛知電機株式会社
電着塗装装置と電着塗装方法
4か月前
愛知電機株式会社
マイクロ波プラズマ流動層反応装置
2か月前
白鳥恵那愛知電機株式会社
絶縁部材、固定子および回転機
3か月前
愛知電機株式会社
三相または単相電力変換器の電力制御方法
3か月前
愛知電機株式会社
複数の電動機で同一の減速機を駆動するギアモータ
4か月前
株式会社豊田自動織機
燃料電池用ポンプ及び燃料電池用ポンプの制御方法
1か月前
個人
発電機
2か月前
個人
太陽光発電装置
28日前
個人
協調充電システム
2か月前
個人
マグネット出力機構
2か月前
愛知電機株式会社
ステータ
2か月前
個人
馬の力を利用した発電機
1か月前
株式会社アクシス
人力発電機
2か月前
個人
磁束線方向移動型電動機
2か月前
愛知電機株式会社
電力変換装置
2か月前
個人
電線路用の除氷装置
2か月前
ショット日本株式会社
保護回路
20日前
個人
新型風力発電システムの件
1か月前
三菱電機株式会社
発電素子
18日前
いすゞ自動車株式会社
結束バンド
1か月前
株式会社デンソー
駆動装置
1か月前
続きを見る