TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021172980
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211101
出願番号2020074915
出願日20200420
発明の名称水栓
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類E03C 1/042 20060101AFI20211004BHJP(上水;下水)
要約【課題】簡易な構成で、膜状の水、ストレート状の水、及び空気を吐出することができる水栓を提供する。
【解決手段】水栓は、ストレート状の水を吐水するストレート吐水口と、ストレート吐水口の周囲に設けられ空気を吐出する空気口と、空気口の周囲に設けられ膜状の水を吐水する膜吐水口とを形成する吐水部と、ストレート吐水口に水を供給するストレート吐水管と、空気口に空気を供給する空気供給管と、膜吐水口に水を供給する膜吐水管とを備え、ストレート吐水管、空気供給管、及び膜吐水管は、吐水部において内側から順に3重の入れ子構造を有し、吐水部よりも上流側の分岐点において、膜吐水管を空気供給管の管外に分岐させた、ストレート吐水管及び空気供給管による2重の入れ子構造を有する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
ストレート状の水を吐水するストレート吐水口と、前記ストレート吐水口の周囲に設けられ空気を吐出する空気口と、前記空気口の周囲に設けられ膜状の水を吐水する膜吐水口と、を形成する吐水部と、
前記ストレート吐水口に水を供給するストレート吐水管と、
前記空気口に空気を供給する空気供給管と、
前記膜吐水口に水を供給する膜吐水管と、
を備え、
前記ストレート吐水管、前記空気供給管、及び前記膜吐水管は、前記吐水部において内側から順に3重の入れ子構造を有し、前記吐水部よりも上流側の分岐点において、前記膜吐水管を前記空気供給管の管外に分岐させた、前記ストレート吐水管及び前記空気供給管による2重の入れ子構造を有する、水栓。
続きを表示(約 870 文字)【請求項2】
前記分岐点よりも上流側において、前記空気供給管に空気を供給する空気供給源をさらに備え、
前記ストレート吐水管は、前記空気供給源の中を貫通して前記空気供給管の中に通される、請求項1に記載の水栓。
【請求項3】
前記分岐点の上流側で、前記膜吐水管と、2重の入れ子構造である前記ストレート吐水管及び前記空気供給管とを収容して、前記水栓を支持する台座に取り付けられる収容管をさらに備える、請求項1又は2に記載の水栓。
【請求項4】
前記収容管の上端から側方に前記吐水部に向かって延び、前記ストレート吐水管、前記空気供給管、及び前記膜吐水管が内側から順に3重の入れ子構造を有する第1スパウト部をさらに備える、請求項3に記載の水栓。
【請求項5】
前記第1スパウト部において、前記膜吐水管と前記空気供給管との間の空間の容積は、前記空気供給管と前記ストレート吐水管との間の空間及び前記ストレート吐水管の管内の空間の合計の容積よりも大きい、請求項4に記載の水栓。
【請求項6】
前記第1スパウト部における前記膜吐水管は、前記第1スパウト部の外表面を構成する、請求項4又は5に記載の水栓。
【請求項7】
前記第1スパウト部の下流側から下方に延びて前記吐水部に接続し、前記ストレート吐水管、前記空気供給管、及び前記膜吐水管が、内側から順に3重の入れ子構造となる第2スパウト部をさらに備える、請求項4から6のいずれか一項に記載の水栓。
【請求項8】
前記第2スパウト部における前記膜吐水管の上下方向の長さは、前記膜吐水口の直径よりも長い、請求項7に記載の水栓。
【請求項9】
前記第2スパウト部における前記膜吐水管は、前記第1スパウト部における前記膜吐水管の下流側に接続して下方に延びる第1流路と、前記第1流路の下端部から前記膜吐水口に向けて外側に傾斜して延びる第2流路とを有する、請求項7又は8に記載の水栓。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、水栓に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来の水栓には、例えば、特許文献1に記載されているものが知られている。特許文献1には、吐出流体が水滴や飛沫を生じない薄い立体水膜を形成し、吐水量が少量でも広い範囲に効率良く拡流する流体用蛇口が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平5−140973号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、膜状の水だけでなくストレート状の水も吐水する水栓や、膜状の水を安定して吐水するために、膜状の水の内側に空気を吐出する水栓等が考えられる。水栓において、膜状の水、ストレート状の水、及び空気を吐出する場合、水栓の構造が複雑となり得る。このため、簡易な構成で、膜状の水、ストレート状の水、及び空気を吐出することができる水栓を提供するという観点において、未だ改善の余地があると言える。
【0005】
本発明の目的は、上記課題を解決することにあって、簡易な構成で、膜状の水、ストレート状の水、及び空気を吐出することができる水栓を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するために、本発明の一態様の水栓は、ストレート状の水を吐水するストレート吐水口と、前記ストレート吐水口の周囲に設けられ空気を吐出する空気口と、前記空気口の周囲に設けられ膜状の水を吐水する膜吐水口と、を形成する吐水部と、前記ストレート吐水口に水を供給するストレート吐水管と、前記空気口に空気を供給する空気供給管と、前記膜吐水口に水を供給する膜吐水管と、を備え、前記ストレート吐水管、前記空気供給管、及び前記膜吐水管は、前記吐水部において内側から順に3重の入れ子構造を有し、前記吐水部よりも上流側の分岐点において、前記膜吐水管を前記空気供給管の管外に分岐させた、前記ストレート吐水管及び前記空気供給管による2重の入れ子構造を有する。
【発明の効果】
【0007】
本発明に係る水栓によれば、簡易な構成で、膜状の水、ストレート状の水、及び空気を吐出することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の実施形態に係る水栓の概略構成を示す斜視図
本発明の実施形態に係る水栓の概略構成を示す縦断面図
本発明の実施形態に係る水栓の概略構成を示す横断面図
本発明の実施形態に係る第1スパウト部の拡大図
図2のX1部分の拡大図
図5の吐水部周辺の拡大図
【発明を実施するための形態】
【0009】
本発明の第1態様によれば、ストレート状の水を吐水するストレート吐水口と、前記ストレート吐水口の周囲に設けられ空気を吐出する空気口と、前記空気口の周囲に設けられ膜状の水を吐水する膜吐水口と、を形成する吐水部と、前記ストレート吐水口に水を供給するストレート吐水管と、前記空気口に空気を供給する空気供給管と、前記膜吐水口に水を供給する膜吐水管と、を備え、前記ストレート吐水管、前記空気供給管、及び前記膜吐水管は、前記吐水部において内側から順に3重の入れ子構造を有し、前記吐水部よりも上流側の分岐点において、前記膜吐水管を前記空気供給管の管外に分岐させた、前記ストレート吐水管及び前記空気供給管による2重の入れ子構造を有する水栓を提供する。
【0010】
本発明の第2態様によれば、前記分岐点よりも上流側において、前記空気供給管に空気を供給する空気供給源をさらに備え、前記ストレート吐水管は、前記空気供給源の中を貫通して前記空気供給管の中に通される、第1態様に記載の水栓を提供する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
移動体
パナソニックIPマネジメント株式会社
乾燥機
パナソニックIPマネジメント株式会社
抵抗器
パナソニックIPマネジメント株式会社
燃料電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
入力装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
便器装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
電気機器
パナソニックIPマネジメント株式会社
水洗便器
パナソニックIPマネジメント株式会社
照明器具
パナソニックIPマネジメント株式会社
送風装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
捕集器具
パナソニックIPマネジメント株式会社
空気調和機
パナソニックIPマネジメント株式会社
水処理装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
軟水化装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
発電デバイス
パナソニックIPマネジメント株式会社
空気調和装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
電力変換装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
空調システム
パナソニックIPマネジメント株式会社
発電デバイス
パナソニックIPマネジメント株式会社
部品実装装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
表示システム
パナソニックIPマネジメント株式会社
空気調和装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
ガスセンサ装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
ガスセンサ装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
モータ駆動装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
プッシュスイッチ
パナソニックIPマネジメント株式会社
熱交換形換気装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
熱媒体循環システム
パナソニックIPマネジメント株式会社
塗工装置及び塗工方法
パナソニックIPマネジメント株式会社
プログラム及び端末装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
車両用電力遮断システム
パナソニックIPマネジメント株式会社
打抜き装置、および方法
パナソニックIPマネジメント株式会社
抵抗器およびその製造方法
パナソニックIPマネジメント株式会社
光源ユニット及び照明器具
パナソニックIPマネジメント株式会社
トラップ装置及び便器装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
プログラム、及び、端末装置
続きを見る