TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021171198
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211101
出願番号2020075243
出願日20200421
発明の名称情報処理装置及びプログラム
出願人株式会社セガ
代理人個人
主分類A63F 13/422 20140101AFI20211004BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】ゲームステージのロック解除を行うユーザの負担を軽減することが可能な情報処理装置を提供する。
【解決手段】ロック無しステージとロック有りステージのそれぞれに対応付けて、ステージでユーザが達成すべきミッションを記憶すると共に、ロック有りステージのみに対応付けて、ロック無しステージのミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶するステージ情報記憶部223と、ユーザの所持する複数キャラクタを用いてチームを決定するチーム決定部と、ロック解除条件が成立したか否かに基づいて、ロック有りステージでユーザがチームを用いてゲームプレイすることを許可又は制限するゲーム制御部を備え、チーム決定部は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、ロック無しステージに対応付けられたミッションを達成するためのチームを、ユーザの操作によらず自動的に決定する、情報処理装置である。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
ロック無しステージとロック有りステージのそれぞれに対応付けて、ステージでユーザが達成すべきミッションを記憶すると共に、ロック有りステージのみに対応付けて、ロック無しステージのミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶するステージ情報記憶部と、
ユーザの所持する複数キャラクタを用いてチームを決定するチーム決定部と、
前記ロック解除条件が成立したか否かに基づいて、前記ロック有りステージでユーザがチームを用いてゲームプレイすることを許可又は制限するゲーム制御部と、を備え、
前記チーム決定部は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記ロック無しステージに対応付けられたミッションを達成するためのチームを、ユーザの操作によらず自動的に決定する、
情報処理装置。
続きを表示(約 1,700 文字)【請求項2】
前記ステージ情報記憶部は、ロック無しステージに対応付けて、ステージでユーザが達成すべき複数のミッションを記憶すると共に、ロック有りステージのみに対応付けて、ロック無しステージの全ミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶し、
前記チーム決定部は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記ロック無しステージに対応付けられた複数のミッションすべてを達成するためのチームを自動的に決定する、
請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記ステージ情報記憶部は、前記ロック無しステージに対応付けて、ステージでユーザが達成すべき複数のミッションを記憶すると共に、ロック有りステージのみに対応付けて、ロック無しステージの一部のミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶し、
前記チーム決定部は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記ロック無しステージに対応付けられた複数ミッションのうち、前記ロック解除条件においてその達成がロック解除の条件となっている一部のミッションを達成するためのチームを自動的に決定する、
請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項4】
前記ステージ情報記憶部は、複数のロック無しステージそれぞれに対応付けて、ステージでユーザが達成すべきミッションを記憶すると共に、ロック有りステージのみに対応付けて、いずれか2以上のロック無しステージのミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶し、
前記チーム決定部は、いずれかの1つのロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記1つのロック無しステージに対応付けられたミッションの達成が前記ロック解除条件に定められたロック解除の条件であるか否かを判定し、前記判定が肯定されると、当該1つのロック無しステージに対応付けられたミッションを達成するためのチームを自動的に決定する、
請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項5】
ロック無しステージに対応付けられたミッションは、少なくとも前記ミッションに対応付けられた所定キャラクタをチームに入れることであり、
前記チーム決定部は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記ロック無しステージに対応付けられたミッションを達成するためのチームとして、ユーザの所持する複数キャラクタの中から選択した前記所定キャラクタを入れたチームを自動的に決定する、
請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項6】
前記チーム決定部は、前記所定キャラクタ以外にも、ユーザの所持する複数キャラクタのうちの高いパラメータが設定されたキャラクタを入れたチームを自動的に決定する、
請求項5に記載の情報処理装置。
【請求項7】
前記チーム決定部は、前記所定キャラクタ以外にも、ユーザの所持する複数キャラクタのうち、前記所定キャラクタとの間で相乗効果を発揮できるように設定されたキャラクタを入れたチームを自動的に決定する、
請求項5に記載の情報処理装置。
【請求項8】
コンピュータを、
ロック無しステージとロック有りステージのそれぞれに対応付けて、ステージでユーザが達成すべきミッションを記憶すると共に、前記ロック有りステージのみに対応付けて、ロック無しステージのミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶するステージ情報記憶手段、
ユーザの所持する複数キャラクタを用いてチームを決定するチーム決定手段、
前記ロック解除条件が成立したか否かに基づいて、前記ロック有りステージでユーザがチームを用いてゲームプレイすることを許可又は制限するゲーム制御手段、
として機能させ、
前記チーム決定手段は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記ロック無しステージに対応付けられたミッションを達成するためのチームを、ユーザの操作によらず自動的に決定する、
プログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、情報処理装置及びプログラムに関する。
続きを表示(約 2,900 文字)【背景技術】
【0002】
複数のゲームステージの中からユーザによって選択されたゲームステージで、複数のコンテンツ(例:キャラクタ)によって構成されるチームを用いて前記ユーザがプレイするゲーム(例:サッカーゲーム)を進行する情報処理装置が知られている(たとえば、特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014−184096号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
一般的に、複数のゲームステージは、ロック解除条件の成立までゲームプレイが制限されるロック有りステージと、その制限がないロック無しステージによって構成される場合がある。この場合には、ロック無しステージをクリアすることが、ロック有りステージのロック解除条件となっていた。そのため、ユーザがロック無しステージでゲームプレイする際には、そのロック無しステージに対してユーザが達成すべきミッション(目標や任務)が設定されていたとしても、ステージクリアのみに有効なチームが自動的に決定されていた。
【0005】
しかしながら、ロック無しステージのミッション達成が、ロック有りステージのロック解除条件となったときには、このようにロック無しステージをクリアするためのチームが自動的に決定されてしまうと、ロック無しステージをクリアできたとしても、ミッションが達成できないので、ロック解除条件を成立させることができず、ロック有りステージのロックを解除することができない。その結果、ステージクリア後に、そのロック無しステージで再びゲームプレイを行ってミッション達成しなければならず、ユーザに負担を強いることとなる。
【0006】
本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、ゲームステージのロック解除を行うユーザの負担を軽減することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するための本発明の主たる発明は、
ロック無しステージとロック有りステージのそれぞれに対応付けて、ステージでユーザが達成すべきミッションを記憶すると共に、ロック有りステージのみに対応付けて、ロック無しステージのミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶するステージ情報記憶部と、
ユーザの所持する複数キャラクタを用いてチームを決定するチーム決定部と、
前記ロック解除条件が成立したか否かに基づいて、前記ロック有りステージでユーザがチームを用いてゲームプレイすることを許可又は制限するゲーム制御部と、を備え、
前記チーム決定部は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記ロック無しステージに対応付けられたミッションを達成するためのチームを、ユーザの操作によらず自動的に決定する、情報処理装置である。
本発明の他の特徴については、本明細書及び添付図面の記載により明らかにする。
【図面の簡単な説明】
【0008】
情報処理システム1の一例を示す構成図である。
コンピュータの一例を示すハードウェア構成図である。
サーバー装置20の一例を示す機能ブロック図である。
キャラクタ情報の一例を示す構成図である。
相手チーム情報の一例を示す構成図である。
ステージ情報の一例を示す構成図である。
ユーザ情報の一例を示す構成図である。
チームに設定される戦術に関する説明図である。
対戦ステージ情報の一例を示す構成図である。
クライアント端末10の一例を示す機能ブロック図である。
イベントゲームの構成(実施例1)に関する説明図である。
チーム自動決定(実施例1)に関する動作例を示すフローチャートである。
ステージ画面の一例を示すイメージ図である。
イベントゲームの構成(実施例2)に関する説明図である。
チーム自動決定(実施例2)に関する動作例を示すフローチャートである。
イベントゲームの構成(実施例3)に関する説明図である。
チーム自動決定(実施例3)に関する動作例を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0009】
本明細書及び添付図面の記載により、少なくとも以下の事項が明らかとなる。
即ち、ロック無しステージとロック有りステージのそれぞれに対応付けて、ステージでユーザが達成すべきミッションを記憶すると共に、ロック有りステージのみに対応付けて、ロック無しステージのミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶するステージ情報記憶部と、
ユーザの所持する複数キャラクタを用いてチームを決定するチーム決定部と、
前記ロック解除条件が成立したか否かに基づいて、前記ロック有りステージでユーザがチームを用いてゲームプレイすることを許可又は制限するゲーム制御部と、を備え、
前記チーム決定部は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記ロック無しステージに対応付けられたミッションを達成するためのチームを、ユーザの操作によらず自動的に決定する、情報処理装置である。
このような情報処理装置によれば、ロック無しステージのミッション達成が、ロック有りステージのロックを解除するための条件である場合に、ロック無しステージのミッション達成に有効なチームが自動的に決定されることによって、そのロック無しステージでミッションを達成しやすくなるので、ロック解除条件を成立させて、ロック有りステージのロックを解除しやすくなる。これにより、ステージクリア後に、ミッション達成のために再びロック無しステージでゲームプレイを行う必要がなくなり、ユーザの負担を軽減することが可能となる。
【0010】
また、かかる情報処理装置であって、
前記ステージ情報記憶部は、ロック無しステージに対応付けて、ステージでユーザが達成すべき複数のミッションを記憶すると共に、ロック有りステージのみに対応付けて、ロック無しステージの全ミッション達成がロック解除の条件として定められたロック解除条件を記憶し、
前記チーム決定部は、ロック無しステージで用いられるチームを決定する場合に、前記ロック無しステージに対応付けられた複数のミッションすべてを達成するためのチームを自動的に決定することとしても良い。
このような情報処理装置によれば、ロック無しステージの全ミッション達成が、ロック有りステージのロックを解除するための条件である場合であっても、ロック無しステージの全ミッション達成に有効なチームが自動的に決定されるため、ロック解除条件が成立しやすくなり、ロック有りステージのロックを解除するときのユーザの負担を軽減することが可能となる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社セガ
情報処理装置及びプログラム
1日前
株式会社セガ
情報処理システム及びプログラム
今日
株式会社セガ
ゲーム装置
今日
個人
健康具
今日
個人
ラケット
8日前
個人
足運動具
20日前
個人
名前ゲーム
1日前
個人
玩具
1日前
株式会社三共
遊技機
26日前
株式会社三共
遊技機
26日前
株式会社三共
遊技機
26日前
株式会社三共
遊技機
28日前
株式会社三共
遊技機
28日前
株式会社三共
遊技機
28日前
株式会社三共
遊技機
26日前
株式会社三共
遊技機
26日前
株式会社三共
遊技機
26日前
株式会社三共
遊技機
26日前
株式会社三共
遊技機
26日前
山佐株式会社
遊技機
8日前
山佐株式会社
遊技機
8日前
株式会社三共
遊技機
28日前
株式会社三共
遊技機
28日前
株式会社三共
遊技機
7日前
株式会社三共
遊技機
7日前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
26日前
株式会社三共
遊技機
22日前
株式会社三共
遊技機
1か月前
山佐株式会社
遊技機
今日
株式会社三共
遊技機
21日前
株式会社三共
遊技機
21日前
株式会社三共
遊技機
21日前
株式会社三共
遊技機
21日前
続きを見る