TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021170487
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211028
出願番号2020073324
出願日20200416
発明の名称蓄電セル
出願人株式会社豊田自動織機
代理人個人,個人,個人,個人
主分類H01M 50/572 20210101AFI20211001BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】異常時の短絡の発生を低減できる蓄電セルを提供する。
【解決手段】蓄電セル2では、集電体22とスペーサ14との接合領域Kにおいて、スペーサ14と集電体22との接合強度が接合領域Kの他の部位よりも低い脆弱部Kaが、接合領域Kの面方向において活物質層21の形成領域側の縁Kbから集電体22の外縁側の縁Kcにかけて設けられている。集電体22の一方面22aにおいて少なくとも接合領域Kの脆弱部Kaを除いた部分には、粗化面Rが形成されている。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
活物質層が一方面の所定の形成領域に設けられ、前記活物質層同士が互いに対向するように配置された正負一対の集電体と、
前記活物質層間に配置されたセパレータと、
前記正負一対の集電体の前記一方面における前記形成領域よりも外側の周縁部にそれぞれ接合され、前記集電体間の間隔を維持するスペーサと、を備え、
前記集電体と前記スペーサとが接合された接合領域には、前記スペーサと前記集電体との接合強度が前記接合領域の他の部位よりも低い脆弱部が、前記接合領域の面方向において前記形成領域側の縁から前記集電体の外縁側の縁にかけて設けられ、
前記集電体の前記一方面において少なくとも前記接合領域の前記脆弱部を除いた部分に粗化面が形成されている蓄電セル。
続きを表示(約 280 文字)【請求項2】
前記集電体は、矩形状をなしており、
前記脆弱部は、前記集電体の角部間に位置する辺部に対応して設けられている請求項1記載の蓄電セル。
【請求項3】
前記セパレータの周縁部は、前記スペーサ内に埋没した状態で保持されている請求項1又は2記載の蓄電セル。
【請求項4】
前記脆弱部は、前記正負一対の集電体の一方と前記スペーサとの接合領域に設けられており、
前記セパレータの周縁部は、前記正負一対の集電体の他方と前記スペーサとで挟み込まれた状態で保持されている請求項1又は2記載の蓄電セル。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、蓄電セルに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来の蓄電セルとして、例えば特許文献1に記載の双極性バッテリに用いられるセルがある。この従来の双極性バッテリは、第1のセル及び第2のセルの積層体を含んで構成されている。第1のセル及び第2のセルは、正極、負極、及びこれらの間に介在するセパレータを有している。第1のセル及び第2のセルにおいて、正極側の金属層の縁部と負極側の金属層の縁部とは、例えば樹脂製の封止材によって接合されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特表2018−519646号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上述のような蓄電セルでは、異常時にセル内でガスが発生し、当該ガスに起因してセルに膨張が生じる場合がある。蓄電セルに膨張が生じた場合、膨張による応力は、金属層の固定端、すなわち、金属層と封止材との接合部分の端部に集中し易い。この場合、金属層と封止材との接合部分の端部の近傍で金属層の破損や封止材からの大きな剥離が生じ、蓄電セルに短絡が生じることが考えられる。
【0005】
本開示は、上記課題の解決のためになされたものであり、異常時の短絡の発生を低減できる蓄電セルを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の一側面に係る蓄電セルは、活物質層が一方面の所定の形成領域に設けられ、活物質層同士が互いに対向するように配置された正負一対の集電体と、活物質層間に配置されたセパレータと、正負一対の集電体の一方面における形成領域よりも外側の周縁部にそれぞれ接合され、集電体間の空間を封止するスペーサと、を備え、集電体とスペーサとが接合された接合領域には、スペーサと集電体との接合強度が接合領域の他の部位よりも低い脆弱部が、接合領域の面方向において形成領域側の縁から集電体の外縁側の縁にかけて設けられ、集電体の一方面において少なくとも接合領域の脆弱部を除いた部分に粗化面が形成されている。
【0007】
この蓄電セルでは、粗化面が形成された部分では、集電体とスペーサとの接合強度が相対的に高まり、粗化面が形成されていない部分では、集電体とスペーサとの接合強度が相対的に低くなる。したがって、この蓄電セルでは、異常時にセル内でガスが発生し、セルの内圧が上昇した場合に、脆弱部において接合領域の他の部位より優先的にスペーサが集電体から剥離し、当該剥離部分からガスを外部に放出させることができる。すなわち、この蓄電セルでは、脆弱部が異常時の圧力調整弁として機能するため、異常時にセルの膨張を防ぐことが可能となる。セルの膨張を防ぐことで、例えば集電体とスペーサとの接合部分の端部に膨張による応力が集中することを回避でき、集電体の破損やスペーサからの大きな剥離を防止でき、セルに短絡が発生することを低減できる。
【0008】
集電体は、矩形状をなしており、脆弱部は、集電体の角部間に位置する辺部に対応して設けられていてもよい。この場合、脆弱部に一定の幅を持たせる設計が容易となり、脆弱部を異常時の圧力調整弁としてより確実に機能させることができる。
【0009】
セパレータの周縁部は、スペーサ内に埋没した状態で保持されていてもよい。この場合、セル内のセパレータの位置ずれを抑制でき、活物質層同士がセパレータを介在せずに接触してしまうことを防止できる。セパレータの周縁部がスペーサ内に埋没していることで、異常時にスペーサが集電体から剥離した状態においてもスペーサによるセパレータの保持状態が保たれ易く、セルに短絡が発生することを効果的に低減できる。
【0010】
脆弱部は、正負一対の集電体の一方とスペーサとの接合領域に設けられており、セパレータの周縁部は、正負一対の集電体の他方とスペーサとで挟み込まれた状態で保持されていてもよい。この場合、セル内のセパレータの位置ずれを抑制でき、活物質層同士がセパレータを介在せずに接触してしまうことを防止できる。また、脆弱部が設けられる集電体とは反対の集電体によってセパレータを保持しているため、脆弱部が圧力調整弁として機能した際にもセパレータの保持状態が維持される。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社豊田自動織機
充電器
1か月前
株式会社豊田自動織機
産業車両
28日前
株式会社豊田自動織機
内燃機関
28日前
株式会社豊田自動織機
電源装置
18日前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
13日前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
1か月前
株式会社豊田自動織機
冷却ファン
28日前
株式会社豊田自動織機
電力システム
1か月前
株式会社豊田自動織機
電源システム
28日前
株式会社豊田自動織機
蓄電モジュール
13日前
株式会社豊田自動織機
別巻き取り装置
1か月前
株式会社豊田自動織機
車両用導風構造
28日前
株式会社豊田自動織機
衝撃吸収構造体
28日前
株式会社豊田自動織機
蓄電モジュール
18日前
株式会社豊田自動織機
冷却器
3日前
株式会社豊田自動織機
産業車両
7日前
株式会社豊田自動織機
燃料電池ユニット
13日前
株式会社豊田自動織機
電源装置
7日前
株式会社豊田自動織機
エンジンシステム
1か月前
株式会社豊田自動織機
無人車両
5日前
株式会社豊田自動織機
エンジンシステム
1か月前
株式会社豊田自動織機
内部抵抗推定装置
1か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電監視システム
28日前
株式会社豊田自動織機
ピストン
7日前
株式会社豊田自動織機
内燃機関
11日前
株式会社豊田自動織機
燃料電池システム
28日前
株式会社豊田自動織機
紡機の遠隔操作装置
1か月前
株式会社豊田自動織機
スクロール型圧縮機
1か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電セル及び蓄電装置
28日前
株式会社豊田自動織機
排気浄化装置
11日前
株式会社豊田自動織機
充電システム
7日前
株式会社豊田自動織機
自動運転車両
7日前
株式会社豊田自動織機
船舶用操舵装置
11日前
株式会社豊田自動織機
電力システム及び充電装置
1か月前
株式会社豊田自動織機
エアジェット織機
3日前
株式会社豊田自動織機
基礎形成方法及び基礎構造
28日前
続きを見る