TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021165606
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211014
出願番号2020068713
出願日20200407
発明の名称冷蔵庫
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類F25D 25/00 20060101AFI20210917BHJP(冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化)
要約【課題】本開示は、ケースを引出した時に、収納物を出し入れし易い冷蔵庫を提供する。
【解決手段】本開示の冷蔵庫は、前面開口した貯蔵室と、貯蔵室内に内蔵された引出しケースと、引出しケースの両側部に仕切板とを有し、仕切板には貯蔵室内の前後方向にレール部が形成され、引出しケースはレール部内を摺動するフランジ部とを備えた冷蔵庫において、レール部の前方には前方段差部と、フランジ部の後方には後方突起部とが形成され、引出しケースを貯蔵室の前面開口部よりも前方に引出した時、後方突起部が前方段差部に係合する。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
前面開口した貯蔵室と、前記貯蔵室内に内蔵された引出しケースと、前記引出しケースの両側部に仕切板とを有し、前記仕切板には前記貯蔵室内の前後方向にレール部が形成され、前記引出しケースは前記レール部内を摺動するフランジ部とを備えた冷蔵庫において、前記レール部の前方には前方段差部と、前記フランジ部の後方には後方突起部とが形成され、前記引出しケースを前記貯蔵室の前面開口部よりも前方に引出した時、前記後方突起部が前記前方段差部に係合することを特徴とする冷蔵庫。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
前記レール部は上レール部と下レール部とで形成され、前記下レール部に前記前方段差部が形成されていることを特徴とする請求項1に記載の冷蔵庫
【請求項3】
前記上レール部には前記下レール部に向かって突出する突出部が形成され、前記後方突起部が前記前方段差部に係合した時、前記フランジ部の後方端部が前記突出部に当接して前記小物ケースを支持することを特徴とする請求項2に記載の冷蔵庫。
【請求項4】
前記下レール部の前端部は下方に向かって傾斜した傾斜部が形成され、前記引出しケースを最大限に引き出した時、前記引出しケースは、底面部が前記傾斜部に支持され、前記フランジ部の後方端部が前記突出部に当接して、下方に傾斜して維持されることを特徴とする請求項3に記載の冷蔵庫。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、冷蔵庫に関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、冷蔵室内の下部に前後方向に引出し可能な上段ケースと下段ケースを備え、ヒータを用いることなく上段ケースの温度を維持して凍結を防止し、下段ケースを上段ケースよりも低温に設定した構成が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2009−270811号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本開示は、ケースを引出した時に、収納物を出し入れし易い冷蔵庫を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本開示における冷蔵庫は、前面開口した貯蔵室と、貯蔵室内に内蔵された引出しケースと、引出しケースの両側部に仕切板とを有し、仕切板には貯蔵室内の前後方向にレール部が形成され、引出しケースはレール部内を摺動するフランジ部とを備えた冷蔵庫において、レール部の前方には前方段差部と、フランジ部の後方には後方突起部とが形成され、引出しケースを貯蔵室の前面開口部よりも前方に引出した時、後方突起部が前方段差部に係合する。
【発明の効果】
【0006】
本開示における冷蔵庫は、ケースを前方に引き出した時に段差部と突起部との係合によって、ケースの脱落を抑制することができ、収納物の出し入れをしやすくすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
実施の形態1における冷蔵庫の正面図
実施の形態1における冷蔵庫内の正面図
図2の要部断面図
図3の要部拡大図
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。但し、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項の詳細説明、または、実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。これは、以下の説明が必要以上に冗長になるのを避け、当業者の理解を容易にするためである。
【0009】
なお、添付図面および以下の説明は、当業者が本開示を十分に理解するために提供されるのであって、これらにより特許請求の範囲に記載の主題を限定することを意図していない。
【0010】
(実施の形態1)
図1は冷蔵庫の正面図、図2は各貯蔵室内の正面図である。まず図1、図2を用いて冷蔵庫の全体構成を説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
端末
パナソニックIPマネジメント株式会社
電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
乾燥機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
吸込具
パナソニックIPマネジメント株式会社
二次電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
撮像装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
表示装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
光学素子
パナソニックIPマネジメント株式会社
発電装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
発電装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
発電装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
配線器具
パナソニックIPマネジメント株式会社
光検出器
パナソニックIPマネジメント株式会社
撮像装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
システム
パナソニックIPマネジメント株式会社
換気装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
太陽電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
照明器具
パナソニックIPマネジメント株式会社
電動工具
パナソニックIPマネジメント株式会社
空気調和機
パナソニックIPマネジメント株式会社
毛切断装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
電動車いす
パナソニックIPマネジメント株式会社
毛切断装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
毛切断装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
電池パック
パナソニックIPマネジメント株式会社
毛切断装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
空気調和装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
飲料供給装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
貯湯式給湯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
部品搭載装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
超音波流量計
続きを見る