TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021164537
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211014
出願番号2020068712
出願日20200407
発明の名称洗濯機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類D06F 39/10 20060101AFI20210917BHJP(繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料)
要約【課題】本開示は、フィルタユニットのリント類除去をより容易に、清潔に行うことができる洗濯機を提供する。
【解決手段】本開示における洗濯機は、本体と、前記本体内部に支持された水槽と、前記水槽内部に回転自在に内包された洗濯兼脱水槽と、前記洗濯兼脱水槽の側部に設けられ、洗濯水を循環させる水路と、前記水路に着脱可能に取り付けられ、洗濯水に含まれたリント類を捕集するフィルタユニットと、を備える。前記フィルタユニットは、前面側において、リント類を捕集するとともに洗濯水を通過させる濾過部材が設けられた前カバーと、略箱状に形成され、前記前カバーに背面側から着脱可能に取り付けられた後カバーと、を含み、前記前カバーの長手方向の端部には、前記後カバーの前面を擦るための掻き取り部が設けられており、前記掻き取り部は、前記後カバーの内壁部の長手方向と略同じ幅に形成されている。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
本体と、
前記本体内部に支持された水槽と、
前記水槽内部に回転自在に内包された洗濯兼脱水槽と、
前記洗濯兼脱水槽の側部に設けられ、洗濯水を循環させる水路と、
前記水路に着脱可能に取り付けられ、洗濯水に含まれたリント類を捕集するフィルタユニットと、を備え、
前記フィルタユニットは、
前面側において、リント類を捕集するとともに洗濯水を通過させる濾過部材が設けられた前カバーと、
略箱状に形成され、前記前カバーに背面側から着脱可能に取り付けられた後カバーと、
を含み、
前記前カバーの長手方向の端部には、前記後カバーの前面を擦るための掻き取り部が設けられており、前記掻き取り部は、前記後カバーの内壁部の長手方向と略同じ幅に形成されている、
洗濯機。
続きを表示(約 700 文字)【請求項2】
前記フィルタユニットの下部には、
前記前カバー及び前記後カバーにより形成される内部空間に洗濯水を流入させる流入口と、前記流入口からリント類が逆流することを抑制する逆止弁と、が設けられており、
前記後カバーの上部には、上になるに従って前面に傾斜する傾斜面が設けられている、
請求項1に記載の洗濯機。
【請求項3】
前記掻き取り部は、上下に板状に形成されるとともに、左右の側部において略直角となるように背面側に折り曲げられた折り曲げ部が形成されており、二つの前記折り曲げ部の間隔は、前記後カバーの長手方向の内壁部の幅と略同じに形成されている、
請求項1又は2に記載の洗濯機。
【請求項4】
前記掻き取り部の先端の端面は、
前記後カバーの内壁部前面と、
前記後カバーの内壁部の長手方向の略全体にわたって摺動可能に形成されている、
請求項1〜3のいずれか一項に記載の洗濯機。
【請求項5】
前記フィルタユニットは、前記前カバーと前記後カバーとを着脱可能に係合させるヒンジユニットを有し、
前記ヒンジユニットは、
前記前カバー又は前記後カバーの一方に設けられ、略半円状に形成されたヒンジ部と、
前記ヒンジ部が設けられていない前記前カバー又は前記後カバーの他方に設けられ、前記ヒンジ部を回動可能に保持するヒンジ受部と、を含み、
前記ヒンジ受部は、前記ヒンジ部を内包して保持するように形成されている、
請求項1〜4のいずれか一項に記載の洗濯機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、洗濯機に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1は、リント類(糸くず・ごみなどの固形浮遊物)を捕集する洗濯機を開示する。この洗濯機は、本体と、本体内部に回転自在に支持された脱水槽と、脱水槽の側壁部に固定された還流水路と、還流水路に着脱自在に取り付けられたフィルタユニットを備える。フィルタユニットは、箱形の樹脂ケースとし、脱水槽の内側側面に取り付けられている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2013−141553号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本開示は、フィルタユニットのリント類除去をより容易に、清潔に行うことができる洗濯機を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本開示における洗濯機は、本体と、前記本体内部に支持された水槽と、前記水槽内部に回転自在に内包された洗濯兼脱水槽と、前記洗濯兼脱水槽の側部に設けられ、洗濯水を循環させる水路と、前記水路に着脱可能に取り付けられ、洗濯水に含まれたリント類を捕集するフィルタユニットと、を備える。前記フィルタユニットは、前面側において、リント類を捕集するとともに洗濯水を通過させる濾過部材が設けられた前カバーと、略箱状に形成され、前記前カバーに背面側から着脱可能に取り付けられた後カバーと、を含み、前記前カバーの長手方向の端部には、前記後カバーの前面を擦るための掻き取り部が設けられており、前記掻き取り部は、前記後カバーの内壁部の長手方向と略同じ幅に形成されている。
【発明の効果】
【0006】
本開示における洗濯機は、フィルタユニットのリント類除去をより容易に、清潔に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
実施の形態1における洗濯機の縦断面図
同洗濯機の洗濯兼脱水槽内部を示す斜視図
同洗濯機のフィルタユニットの分解斜視図
図3の分解斜視図の反対側を示す、フィルタユニットの分解斜視図
同洗濯機の後カバーの前面と掻き取り部とを嵌め合わせた状態のA−A断面図
同洗濯機のフィルタユニットの流入口周辺を示す外観斜視図
図6の外観斜視図の背面側を示す、フィルタユニットの流入口周辺を示す外観斜視図
同洗濯機のフィルタユニットにおいて推奨される清掃動作を示す模式図
同洗濯機のフィルタユニットにおいて実施可能な清掃動作を示す模式図
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。但し、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項の詳細説明、または、実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。これは、以下の説明が必要以上に冗長になるのを避け、当業者の理解を容易にするためである。
【0009】
なお、添付図面および以下の説明は、当業者が本開示を十分に理解するために提供されるのであって、これらにより特許請求の範囲に記載の主題を限定することを意図していない。
【0010】
(実施の形態1)
以下、図1〜図9を用いて、実施の形態1を説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
移動体
パナソニックIPマネジメント株式会社
軟水化装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
表示システム
パナソニックIPマネジメント株式会社
モータ駆動装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
プッシュスイッチ
パナソニックIPマネジメント株式会社
車両用電力遮断システム
パナソニックIPマネジメント株式会社
プログラム及び端末装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
プログラム、及び、端末装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
プログラム、及び、端末装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
スパッタ装置およびスパッタ方法
パナソニックIPマネジメント株式会社
積層膜構造および積層膜構造の製造方法
パナソニックIPマネジメント株式会社
防災システム、火災判定方法、及びプログラム
パナソニックIPマネジメント株式会社
プログラム、端末装置、及びサービス提供システム
パナソニックIPマネジメント株式会社
感知器、防災システム、火災判定方法、及びプログラム
パナソニックIPマネジメント株式会社
蛍光体粒子、波長変換部材、発光装置及び蛍光体粒子の製造方法
パナソニックIPマネジメント株式会社
避難支援システム、統合システム、避難支援方法及びプログラム
パナソニックIPマネジメント株式会社
避難支援システム、統合システム、避難支援方法、及びプログラム
パナソニックIPマネジメント株式会社
予兆判断システム、統合システム、予兆判断方法、及びプログラム
パナソニックIPマネジメント株式会社
検知システム、学習済みモデルの生成方法、検知方法、及びプログラム
パナソニックIPマネジメント株式会社
タイル施工方法及び接着剤組成物
個人
成形具
個人
タオル掛け
個人
靴の脱水補助具
個人
物干し具
東レ株式会社
人工皮革
東レ株式会社
シート状物
東レ株式会社
繊維構造物
個人
生地の捺染装置
個人
吸い込み収毛器
個人
樹脂 ヤーン
個人
タオルの石鹸カス濯ぎ具
株式会社アイセン
ピンチ
個人
形状可変式物干しハンガー
積水樹脂商事株式会社
物干し具
個人
一層ずつ剥がせる多層壁紙
シャープ株式会社
洗濯機
続きを見る