TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021155001
公報種別公開特許公報(A)
公開日20211007
出願番号2020060450
出願日20200330
発明の名称車両
出願人本田技研工業株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類B60R 1/10 20060101AFI20210910BHJP(車両一般)
要約【課題】前部座席に後向きに着座した乗員の快適性を高めることができる車両を提供する。
【解決手段】車両は、前部座席10Fと、後部座席10Rと、鏡体19と、を備えている。前部座席10Fは、進行方向後方を向いて配置されている。後部座席10Rは、前部座席10Fの後方側で、進行方向前方を向いて配置されている。鏡体19は、後部座席10Rの後方に配置されて車両前方側を映す。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
進行方向後方を向いて配置される前部座席と、
前記前部座席の後方側で、進行方向前方を向いて配置される後部座席と、
前記後部座席の後方に配置されて車両前方側を映す鏡体と、を備えていることを特徴とする車両。
続きを表示(約 880 文字)【請求項2】
少なくとも前記後部座席の側方の車体側部には、車外を視認可能な側方窓が配置されていることを特徴とする請求項1に記載の車両。
【請求項3】
前記側方窓は、前記車体側部のうちの、前記後部座席の側方位置から前記前部座席の側方位置に跨る範囲に配置されていることを特徴とする請求項2に記載の車両。
【請求項4】
前記鏡体は、下端高さが前記側方窓の下端高さ以下で、かつ、上端高さが前記側方窓の上端以上とされていることを特徴とする請求項2または3に記載の車両。
【請求項5】
前記前部座席及び前記後部座席が配置される乗員室と、
前記乗員室の後方に配置される荷室と、
前記乗員室と前記荷室を仕切る仕切壁と、をさらに備え、
前記鏡体は、前記仕切壁に設けられていることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の車両。
【請求項6】
前記荷室の床部の下方には、車両の駆動系装置が配置されていることを特徴とする請求項5に記載の車両。
【請求項7】
前記後部座席の座面の最下端部の高さは、前記前部座席の座面の最下端部の高さよりも高く設定されていることを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載の車両。
【請求項8】
前記側方窓には、下端から上方に向かってドットが次第に疎になる暗色遮蔽部を持つガラスが装着されていることを特徴とする請求項3に記載の車両。
【請求項9】
前記ガラスにおける前記暗色遮蔽部の上下方向の配置範囲は、側方に配置される前記前部座席の座面の高さと、前記後部座席の座面の高さに応じて設定されていることを特徴とする請求項8に記載の車両。
【請求項10】
前記前部座席は、複数の座が横並び一列に配列された横並びシートによって構成され、
前記後部座席は、隣接するもの同士を車両前後方向にオフセット配置可能な独立シートによって構成されていることを特徴とする請求項1〜9のいずれか1項に記載の車両。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、乗員室に複数の座席を備えた車両に関するものである。
続きを表示(約 4,100 文字)【背景技術】
【0002】
近年、車両の乗員室の構造として、複数の座席を対座状態で配置できるようにしたものが知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
特許文献1に記載の車両は、運転席の後方側に乗員用の座席が三列に配置され、中央列の座席がテーブルとして使用可能とされるとともに、最前列の座席が着座向きを前方側と後方側とに切り換えられるようになっている。中央列の座席をテーブルに切り換え、最前列の座席の着座向きを後方側に切り換えると、最前列の座席(以下、「前部座席」と呼ぶ。)と最後列の座席(以下、「後部座席」と呼ぶ。)を対座状態で使用することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2018−62277号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記の車両では、前部座席の着座向きを後方側に切り換えることにより、前部座席と後部座席を対座状態で使用することができる。しかし、前部座席と後部座席を対座状態で使用すると、前部座席に着座した乗員が通常の着座姿勢で車両の進行状況を容易に確認することができず、車両の進行状況を確認するためには着座状態で車両前方側に振り返らなければならない。
また、この種の車両では、前部座席と後部座席を対座状態にしたときに、前部座席側の乗員が車室内の広がり感を得られることが望まれている。
【0006】
そこで本発明は、前部座席に後向きに着座した乗員の快適性を高めることができる車両を提供しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明に係る車両は、上記課題を解決するために、以下の構成を採用した。
即ち、本発明に係る車両は、進行方向後方を向いて配置される前部座席(例えば、実施形態の前部座席10F)と、前記前部座席の後方側で、進行方向前方を向いて配置される後部座席(例えば、実施形態の後部座席10R)と、前記後部座席の後方に配置されて車両前方側を映す鏡体(例えば、実施形態の鏡体19)と、を備えていることを特徴とする。
【0008】
上記の構成により、前部座席に後向きに着座した乗員は、後部座席の後方の鏡体を通して車両前方を視認することができる。また、鏡体には、後部座席の前方側の室内風景や車両前方の風景が映るため、前部座席に着座した乗員に車室内の広がり感を感じさせることができる。
【0009】
少なくとも前記後部座席の側方の車体側部には、車外を視認可能な側方窓(例えば、実施形態の側方窓20)が配置されるようにしても良い。
【0010】
この場合、側方窓を通して車室内に入り込んだ車外の光が鏡体において後部座席の前方側に反射する。このため、車室内を外光によってより明るく照らすことができる。
【0011】
前記側方窓は、前記車体側部のうちの、前記後部座席の側方位置から前記前部座席の側方位置に跨る範囲に配置されるようにしても良い。
【0012】
この場合、鏡体による反射によって車室内をより明るく照らすことが可能になる。また、側方窓が後部座席の側方位置から前部座席の側方位置に跨る範囲に配置されているため、前部座席に後向きに座った乗員が、側方窓を通して鏡体に映る車両の前部側方の景色を快適に視認することができる。
【0013】
前記鏡体は、下端高さが前記側方窓の下端高さ以下で、かつ、上端高さが前記側方窓の上端以上であることが望ましい。
【0014】
この場合、鏡体が側方窓の上下幅と同じ、若しくは、それよりも広いため、側方窓を通して鏡体に外部の景色や外光を良好に映すことができる。
【0015】
車両は、前記前部座席及び前記後部座席が配置される乗員室(例えば、実施形態の乗員室2)と、前記乗員室の後方に配置される荷室(例えば、実施形態の荷室3)と、前記乗員室と前記荷室を仕切る仕切壁(例えば、実施形態の仕切壁7)と、をさらに備え、前記鏡体は、前記仕切壁に設けられるようにしても良い。
【0016】
この場合、乗員室と荷室を仕切壁によって仕切って快適な乗員室の空間を確保することができるとともに、鏡体によって荷室内の荷物の様子を乗員室内の乗員から隠すことができる。
【0017】
前記荷室の床部の下方には、車両の駆動系装置(例えば、実施形態の駆動系装置6)が配置されるようにしても良い。
【0018】
この場合、鏡体の後方側の車両スペースを有効活用し、乗員室内のスペースをより広く確保することができる。
【0019】
前記後部座席の座面(例えば、実施形態の座面15a)の最下端部(例えば、実施形態の最下端部e1)の高さは、前記前部座席の座面(例えば、実施形態の座面11a)の最下端部(例えば、実施形態の最下端部e2)の高さよりも高く設定されるようにしても良い。
【0020】
この場合、前部座席と後部座席に乗員が対座状態で着座したときに、前部座席に着座した乗員の視線高さと後部座席に着座した乗員の視線高さが異なるようになる。このため、対座した乗員同士は相手の視線が気になりにくくなる。また、後部座席に着座した乗員の視線高さが、前部座席に着座した乗員に対して相対的に高くなるため、後部座席に座った乗員の前方視界が良好になる。
また、前部座席に後方を向いて着座した乗員は、車両走行時の揺れによって乗り物酔いを生じ易い傾向にある。しかし、本構成では、前部座席の座面の最下端部の高さが低く設定されているため、後部座席に後向きに着座した乗員が背凭れに強く押し付けられ、車両走行時における身体の揺れを抑制される。したがって、本構成を採用した場合には、前部座席に着座する乗員の乗り物酔いを抑制することができる。
【0021】
前記側方窓には、下端から上方に向かってドットが次第に疎になる暗色遮蔽部(例えば、実施形態の黒色セラミックス22)を持つガラス(例えば、実施形態のガラス21)が装着されるようにしても良い。
【0022】
この場合、側方窓に装着されたガラスの下端領域に暗色遮蔽部が配置されているため、走行車両の側方のガードレール等の近接物が乗員の視界に入り込むのを抑制することができる。特に、本構成では、ガラスの下端から上方に向かって暗色遮蔽部のドットが次第に疎になるように施されているため、暗色遮蔽部とその上方側に見える車外の景色の境界を自然にぼかし、乗員に違和感を与えることがない。したがって、本構成を採用した場合には、前部座席や後部座席に着座した乗員が側方窓を通して車外の景色を快適に視認することができる。
【0023】
前記ガラスにおける前記暗色遮蔽部の上下方向の配置範囲は、側方に配置される前記前部座席の座面の高さと、前記後部座席の座面の高さに応じて設定されるようにしても良い。
【0024】
この場合、前部座席と後部座席での乗員の視線高さに応じて暗色遮蔽部の上下方向の配置範囲が設定されているため、各座席に着座した乗員の視界から好適に近接物を隠すことができる。
【0025】
前記前部座席は、複数の座が横並び一列に配列された横並びシートによって構成され、前記後部座席は、隣接するもの同士を車両前後方向にオフセット配置可能な独立シートによって構成されるようにしても良い。
【0026】
この場合、前部座席は横並びシートであるため、前部座席の座に複数の乗員が着座しても、座に着座して鏡体を見る乗員の視界を隣接する乗員が遮ぎる事象が生じにくい。また、後部座席は車両前後方向にオフセット配置可能な独立シートであるため、後部座席に複数の乗員が着座しても、隣接して着座した乗員の上半身が互いに接触しにくくなる。
【発明の効果】
【0027】
本発明では、後部座席の後方に車両前方側を映す鏡体が配置されているため、前部座席に着座した乗員が車両前方側に振り返ることなく車両の進行状況を把握でき、しかも、鏡体を通して乗員に車室内の広がり感や開放感を感じさせることができる。したがって、本発明を採用した場合には、前部座席に後向きに着座した乗員の快適性を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0028】
実施形態の車両の車内を示す模式的な側面図。
実施形態の車両の車内を示す模式的な上面図。
実施形態の車両の車内を示す模式的な側面図。
実施形態の車両の後部座席回りを示す斜視図。
実施形態の車両の後部座席回りを示す斜視図。
実施形態の側方窓に装着されるガラスを示す側面図。
実施形態のガラスを通して車外を見た状態を示す図。
実施形態のガラスを通して車外を見たときの様子を模式的に示す車両の正面図。
【発明を実施するための形態】
【0029】
以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。なお、図面の適所には、車両1の前方側を指す矢印FRと、車両1の上方を指す矢印UPと、車両1の左側方を指す矢印LHが記されている。
【0030】
図1は、車内を模式的に示した実施形態の車両1の側面図であり、図2は、車内を模式的に示した実施形態の車両1の上面図である。
車両1は、無人での走行が可能な自動運転車両であり、乗員が搭乗する乗員室2が車両前後方向の中央領域に広く確保されている。具体的には、乗員室2は、前輪Wfの後部位置から後輪Wrの略中央位置の近傍まで前後方向に広がっている。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
芝刈機
本田技研工業株式会社
加振機
本田技研工業株式会社
飛行体
本田技研工業株式会社
飛行体
本田技研工業株式会社
ボルト
本田技研工業株式会社
乗り物
本田技研工業株式会社
作業機
本田技研工業株式会社
出力計
続きを見る