TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021148109
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210927
出願番号2020051442
出願日20200323
発明の名称弁装置
出願人株式会社豊田自動織機
代理人特許業務法人深見特許事務所
主分類F04B 39/00 20060101AFI20210830BHJP(液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ)
要約【課題】低温環境下に置かれた場合であっても、弁体の外周面と筒状部の内周面との間に流体が流れることを抑制可能弁装置を得る。
【解決手段】弁装置は、弁座部75と、弁座部75に離接することで弁孔75cを開閉する弁体77と、弁室71b内に弁体77が配置される筒状部63aと、弁体77の外周面の周囲に配置され、弁体77と筒状部63aとの軸方向における相対移動を許容しながら、弁体77の外周面と筒状部63aの内周面71cとの間に流体が流れることを抑制するシール材80とを備え、シール材80は、周方向に沿って円弧状に延びる形状を有し、周方向におけるシール材80の一端部81と他端部82との間には合口部88が形成され、シール材80は、細径部81,82と第1太径部87とを有し、シール材80の径方向における細径部83,84の幅は、シール材80の径方向における第1太径部87の幅よりも小さい。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
弁孔を形成する弁座部と、
前記弁座部に離接することで前記弁孔を開閉する弁体と、
弁室を内側に形成し、前記弁室内に前記弁体が配置される筒状部と、
前記弁体の外周面の周囲に配置され、前記弁体と前記筒状部との軸方向における相対移動を許容しながら、前記弁体の前記外周面と前記筒状部の内周面との間に流体が流れることを抑制するシール材と、を備え、
前記シール材は、周方向に沿って円弧状に延びる形状を有し、前記周方向における前記シール材の一端部と前記周方向における前記シール材の他端部との間には合口部が形成されており、
前記シール材は、細径部と第1太径部とを有し、前記シール材の径方向における前記細径部の幅は、前記シール材の径方向における前記第1太径部の幅よりも小さい、
弁装置。
続きを表示(約 480 文字)【請求項2】
前記周方向において、前記第1太径部と前記合口部との間に前記細径部が設けられている、
請求項1に記載の弁装置。
【請求項3】
前記シール材の前記一端部および前記シール材の前記他端部のうちの少なくとも一方には第2太径部が設けられており、前記シール材の径方向における前記第2太径部の幅は、前記シール材の径方向における前記細径部の幅よりも大きい、
請求項2に記載の弁装置。
【請求項4】
前記シール材の径方向における幅は、前記第1太径部から前記細径部に向かうに従って徐々に細くなる、
請求項2または3に記載の弁装置。
【請求項5】
前記シール材の前記一端部は、前記合口部を形成している第1端面を有し、
前記シール材の前記他端部は、前記合口部を形成している第2端面を有し、
前記軸方向に対して平行な方向を規定した場合、前記第1端面および前記第2端面は、前記平行な方向に対して交差するように設けられている、
請求項1から4のいずれか1項に記載の弁装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本明細書は、弁装置に課する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1(国際公開WO2017/145798号)に開示されるように、弁装置はたとえば開度調整弁として利用される。一般的な弁装置は、弁孔を形成する弁座部と、弁座部材に離接することにより弁孔を開閉する弁体と、弁体を収容して弁体の軸方向移動を案内する筒状部とを備える。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
国際公開WO2017/145798号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
弁装置の用途によっては、弁体の外周面と筒状部の内周面との間に流体が流れることを抑制することが求められる。この対策として、弁体の外周面の周囲を取り囲むようにシール材を配置することが考えられる。シール材は、たとえば径方向外側に向かって広がるように変形することで、弁体と筒状部との軸方向における相対移動を許容しながら、弁体の外周面と筒状部の内周面との間に流体が流れることを抑制する。
【0005】
しかしながら、シール材の温度が低下することによってシール材は固くなる。弁装置が圧縮機などに組み込まれた状態で低温環境下に置かれた場合には、シール材の温度が低下することによってシール材は径方向外側に向かって十分に広がることができなくなり、ひいては、弁体の外周面と筒状部の内周面との間に流体が流れることを抑制するというシール機能をシール材が十分に発輝することが難しくなる。
【0006】
本明細書は、上記のような事情に鑑みて創作されたものであって、低温環境下に置かれた場合であっても、弁体の外周面と筒状部の内周面との間に流体が流れることを抑制することが可能な構成を備えた弁装置を開示することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本開示に基づく弁装置は、弁孔を形成する弁座部と、上記弁座部に離接することで上記弁孔を開閉する弁体と、弁室を内側に形成し、上記弁室内に上記弁体が配置される筒状部と、上記弁体の外周面の周囲に配置され、上記弁体と上記筒状部との軸方向における相対移動を許容しながら、上記弁体の上記外周面と上記筒状部の内周面との間に流体が流れることを抑制するシール材と、を備え、上記シール材は、周方向に沿って円弧状に延びる形状を有し、上記周方向における上記シール材の一端部と上記周方向における上記シール材の他端部との間には合口部が形成されており、上記シール材は、細径部と第1太径部とを有し、上記シール材の径方向における上記細径部の幅は、上記シール材の径方向における上記第1太径部の幅よりも小さい。
【0008】
上記弁装置においては、上記周方向において、上記第1太径部と上記合口部との間に上記細径部が設けられていてもよい。
【0009】
上記弁装置においては、上記シール材の上記一端部および上記シール材の上記他端部のうちの少なくとも一方には第2太径部が設けられており、上記シール材の径方向における上記第2太径部の幅は、上記シール材の径方向における上記細径部の幅よりも大きくてもよい。
【0010】
上記弁装置においては、上記シール材の径方向における幅は、上記第1太径部から上記細径部に向かうに従って徐々に細くなっていてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

豊興工業株式会社
内接歯車ポンプ
8日前
三菱電機株式会社
送風装置
2か月前
三菱電機株式会社
送風装置
1か月前
三菱電機株式会社
軸流送風機
1か月前
エドワーズ株式会社
真空ポンプ
1か月前
リンナイ株式会社
遠心式送風機
2か月前
株式会社酉島製作所
ポンプ
2か月前
株式会社山田製作所
オイルポンプ
2か月前
日本電産株式会社
送風装置および掃除機
1か月前
株式会社不二越
電磁ポンプ
6日前
株式会社酉島製作所
流体機械
1か月前
株式会社マキタ
送風機
1か月前
株式会社豊田自動織機
流体機械
1か月前
ダイキン工業株式会社
圧縮装置
1か月前
エドワーズ株式会社
真空排気システム
29日前
株式会社電業社機械製作所
立軸ポンプ
1か月前
株式会社不二越
電磁駆動ポンプ
1か月前
株式会社鶴見製作所
横型水中電動ポンプ
1か月前
NTN株式会社
電動オイルポンプ
15日前
株式会社豊田自動織機
遠心圧縮機
1か月前
株式会社豊田自動織機
遠心圧縮機
1か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
今日
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
今日
株式会社豊田自動織機
遠心圧縮機
1か月前
利大溪工業股分有限公司
排水装置の羽根車
1か月前
三菱電機株式会社
遠心送風機
2か月前
日本電産トーソク株式会社
電動ポンプ
1か月前
NTN株式会社
電動ポンプ装置
1か月前
株式会社島津製作所
ターボ分子ポンプ
今日
株式会社クボタ
流体システム
25日前
N-EMラボラトリーズ株式会社
除菌送風機
26日前
株式会社荏原製作所
カバー
1か月前
株式会社IHI
電動圧縮機
8日前
株式会社神戸製鋼所
ターボ圧縮機
1か月前
株式会社川本製作所
給水装置
22日前
株式会社川本製作所
給水装置
22日前
続きを見る