TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021146140
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210927
出願番号2020052035
出願日20200324
発明の名称洗濯機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類D06F 39/02 20060101AFI20210830BHJP(繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料)
要約【課題】本開示は、使用者の利便性を向上させるとともに、洗剤自動投入装置の正常な動作を長期にわたって維持することができる洗濯機を提供する。
【解決手段】本開示の洗濯機は、洗濯槽(水槽3)に洗剤を自動的に投入する洗剤自動投入装置40を備える洗濯機であって、少なくとも洗濯複数回分の洗剤を収容可能な洗剤タンク41を有する洗剤自動投入装置40と、洗剤自動投入装置40の内部を洗浄する洗浄機構Wと、を備え、洗浄機構Wは、所定のタイミングで動作することを特徴とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
洗濯槽に洗剤を自動的に投入する洗剤自動投入装置を備える洗濯機であって、
少なくとも洗濯複数回分の前記洗剤を収容可能な洗剤タンクを有する前記洗剤自動投入装置と、
前記洗剤自動投入装置の内部を洗浄する洗浄機構と、を備え、
前記洗浄機構は、所定のタイミングで動作する、
洗濯機。
続きを表示(約 410 文字)【請求項2】
使用者が任意のタイミングで前記洗浄機構を動作させるための操作部を備える、
請求項1に記載の洗濯機。
【請求項3】
前記洗剤タンク内の洗剤量を検知する検知部を備え、
前記検知部が前記洗剤タンク内の洗剤が所定量を下回ったことを検知した後、所定のタイミングで前記洗浄機構を動作させる、
請求項1または2に記載の洗濯機。
【請求項4】
前記洗剤タンク内の洗剤量を検知する検知部と、洗濯機の動作状態を使用者へ報知する報知部と、を備え、
前記検知部が前記洗剤タンク内の洗剤量が所定量を下回ったことを検知した場合、前記報知部が動作する、
請求項1〜3のいずれか1項に記載の洗濯機。
【請求項5】
前記洗浄機構により前記洗剤自動投入装置の内部を洗浄後、乾燥させる乾燥機能を備える、
請求項1〜4のいずれか1項に記載の洗濯機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、洗剤自動投入装置を備える洗濯機に関する。
続きを表示(約 5,300 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1は、洗剤自動投入装置を備える洗濯機を開示する。この洗濯機は、筐体に設けられ水道水の給水を制御する給水弁と、液剤を収容するタンクと、タンクを収容するタンク収容ケースと、筐体の上部に設けられタンク内の液剤をドラムへ自動供給する液剤自動投入装置と、を備える。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-37357号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本開示は、洗剤自動投入装置の洗剤タンクを洗浄する機能を有し、使用者の利便性を向上させるとともに、洗剤自動投入装置の正常な動作を長期にわたって維持することができる洗濯機を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本開示の洗濯機は、洗濯槽に洗剤を自動的に投入する洗剤自動投入装置を備える洗濯機であって、少なくとも洗濯複数回分の洗剤を収容可能な洗剤タンクを有する洗剤自動投入装置と、洗剤自動投入装置の内部を洗浄する洗浄機構と、を備え、洗浄機構は、所定のタイミングで動作することを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本開示における洗濯機は、洗剤自動投入装置の内部を洗浄機構で洗浄することにより、使用者が洗剤タンクを外して手洗いしたり、手作業で通水したりする必要がなくなるため、使用者の利便性を向上させることができる。そして、これにより、洗剤が洗剤タンク内に固着して詰まったり、堆積して洗剤タンク内の容積が減少したりすることを防止し、洗剤自動投入装置の正常な動作を長期にわたって維持して洗濯槽内に適切に洗剤を投入することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
実施の形態1におけるドラム式洗濯乾燥機の側面縦断面模式図
実施の形態1におけるドラム式洗濯乾燥機の洗剤自動投入装置の洗剤タンクの洗剤満量時を示す図
実施の形態1におけるドラム式洗濯乾燥機の洗剤自動投入装置の洗剤タンクの洗剤減少時を示す図
実施の形態1におけるドラム式洗濯乾燥機の洗剤自動投入装置の内部の洗浄および乾燥を行うフローチャート
【発明を実施するための形態】
【0008】
(本開示の基礎となった知見等)
発明者らが本開示に想到するに至った当時、筐体に設けられ水道水の給水を制御する給水弁と、液剤を収容する洗剤タンクと、洗剤タンクを収容するタンク収容ケースと、筐体の上部に設けられ洗剤タンク内の液剤をドラムへ自動供給する液剤自動投入装置と、備え
る技術があった。これにより、使用者が洗濯の度に、洗剤を計量して投入するという負担が軽減される。
【0009】
しかしながら、液体洗剤を内部に保持する洗剤タンクの洗浄機能を有しておらず、洗剤タンクを取り外して洗浄するのも作業が煩雑で面倒であり、洗剤タンクの洗浄をしないと、内部で洗剤が固着して詰まりが発生し、十分な洗剤が供給されず洗浄性能に大きく影響するという課題を発明者らは発見し、その課題を解決するために、本開示の主題を構成するに至った。
□そこで本開示は、洗剤自動投入装置の洗剤タンクを洗浄する機能を有し、使用者の利便性を向上させるとともに、洗剤自動投入装置の正常な動作を長期にわたって維持することができる洗濯機を提供する。
【0010】
以下、図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。但し、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項の詳細説明、または、実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。これは、以下の説明が必要以上に冗長になるのを避け、当業者の理解を容易にするためである。
【0011】
なお、添付図面および以下の説明は、当業者が本開示を十分に理解するために提供されるのであって、これらにより特許請求の範囲に記載の主題を限定することを意図していない。
【0012】
(実施の形態1)
以下、洗濯機の一例としてドラム式洗濯乾燥機を示し、図1〜図4を用いて実施の形態1を説明する。
【0013】
[1−1.構成]
[1−1−1.洗濯機の構成]
図1において、ドラム式洗濯乾燥機1の外郭である筐体2の内部には、洗濯槽である有底円筒形の水槽3がサスペンション装置(図示せず)により防振支持されている。水槽3内には、有底円筒形の回転ドラム4が回転自在に配設されている。回転ドラム4の周壁面には、貫通された複数の小孔(図示せず)が形成され、洗濯水および空気が流通する。水槽3の背面側には、回転ドラム4を回転駆動するモータ5が配設されている。
【0014】
筐体2の前面には、衣類Cを出し入れするための開口部6が形成され、開口部6を開閉する蓋体7が設けられている。
【0015】
筐体2の上部に水道栓に接続される給水管8が設けられる。給水管8には給水弁9および水流切替部10が設けられる。給水管8は、水流切替部10を介して、水槽側給水路8aおよびタンク側給水路8bに分岐する。水槽側給水路8aは、水槽3に形成された水槽給水口14に接続される。タンク側給水路8bは、洗剤自動投入装置40に接続される。この構成によって、給水弁9からの水は、水槽3または洗剤自動投入装置40のいずれかに供給される。
【0016】
洗剤自動投入装置40は、液体洗剤Dを水槽3内に自動的に供給するためのものである。洗剤自動投入装置40は、筐体2内の上部に設けられ、洗剤タンク41および洗剤送出部42を有する。
【0017】
水槽3の最下部に排水口11が設けられ、水槽3内の水を機外へ排出するための排水管12が接続される。排水管12には排水弁13が設けられる。
【0018】
筐体2内の上部には、温風生成部30が設けられる。温風生成部30は、温風を生成する送風機(図示せず)およびヒータ(図示せず)を有する。温風生成部30には給気風路31が接続される。給気風路31は、給気切替部32を介して、水槽側給気風路31aおよびタンク側給気風路31bに分岐する。水槽側給気風路31aは、水槽3の上部に形成される水槽給気口33に接続される。タンク側給気風路31bは、洗剤自動投入装置40に接続される。この構成によって、温風生成部30は、水槽3または洗剤自動投入装置40のいずれかに温風を供給することができる。
【0019】
水槽排気口34が、水槽3の背面に設けられる。送風排出口36が、筐体2の後面上部に設けられる。水槽排気口34と送風排出口36とを接続する排気風路35が設けられる。排気風路35に合流するように、洗剤自動投入装置40からのタンク側排気風路35bが、排気切替部38を介して接続される。この構成によって、水槽3または洗剤自動投入装置40を通過した温風は、送風排出口36から排出される。なお、水槽排気口34から排気切替部38までを水槽側排気風路35aとする。水槽側排気風路35aには、空気中の水分を除去する凝縮器37が設けられる。
【0020】
筐体2の前面上部に操作表示部54が設けられる。報知部56が、操作表示部54の裏側に設けられ、操作表示部54および報知部56は、制御部55と接続されている。使用者は、操作表示部54に設けられた表示部(図示せず)を見ながら操作部(図示せず)を操作し、洗濯から乾燥までの運転コース等の選択および各種機能の設定を行う。制御部55は、洗い、すすぎ、脱水および乾燥などの一連の工程を制御して洗濯運転を実行する。報知部56は、操作および運転の状況を音で報知したり、異常の発生をブザー音で報知したりする。
【0021】
[1−1−2.洗剤自動投入装置の構成]
洗剤自動投入装置40について、図2、図3を用いて詳細に説明する。
【0022】
洗剤自動投入装置40は、液体洗剤Dを収容する洗剤タンク41と、液体洗剤Dを送出する洗剤送出部42とを備える。洗剤送出部42は、所定量の液体洗剤Dを送出できるポンプまたはバルブなどで構成される。洗剤タンク41には、液体洗剤Dが補充される補充口43と、洗剤送出部42が接続される洗剤出口44と、タンク側給水路8bが接続されるタンク給水口45と、タンク側給気風路31bが接続されるタンク給気口47と、タンク側排気風路35bが接続されるタンク排気口48と、が設けられている。洗剤タンク41内には、フロート49が設けられ、磁石50および浮動部51を有する。フロート49は、液体洗剤Dの液位に応じて浮動部51が上下する。浮動部51の下がり過ぎを防止するストッパー52が設けられている。磁石50の位置を検知するホールセンサ53が、洗剤タンク41の外面最下部に設けられている。
【0023】
この構成によって、液体洗剤Dの液位が下がると、ホールセンサ53に磁石50が近づく。制御部55は、磁石50との距離に応じて変化するホールセンサ53の出力により、洗剤タンク41内の液体洗剤Dの液位を検知することができる。
【0024】
さらに、制御部55は、給水弁9および、水流切替部10などを制御して洗剤自動投入装置40の内部を洗浄する制御を備え、これらは洗浄機構Wとして構成される。洗浄機構Wによって洗剤自動投入装置40の内部が洗浄されることにより、長期の使用により液体洗剤Dが濃縮され、部分的に粘性が高くなって堆積したり、固形化したりしたものを洗い流すことができる。これによって、洗剤送出部42を含む流路が詰まったり、洗剤タンク41の容積が減少したりするなどの不具合を抑制できる。また、使用者が異なる種類の洗剤を使用する予定の場合、従来の洗剤が洗い流されて新しい洗剤に混じることを防止できる。つまり、これらの目的のために、使用者が洗剤タンク41を外して手洗いしたり、手
作業で通水したりする必要がなくなるため、使用者の利便性を向上させることができる。
【0025】
なお、洗浄機構Wには、洗浄に引き続いて乾燥が行われる機能が含まれてもよい。乾燥により洗剤タンク41の水分がなくなることにより、洗剤タンク41内で保持される液体洗剤Dの濃度が低くなることが防止される。
【0026】
[1−2.動作]
以上のように構成されたドラム式洗濯乾燥機1について、以下その動作、作用を説明する。
【0027】
ドラム式洗濯乾燥機1は、使用者が開口部6から洗濯物の衣類Cを回転ドラム4に収容して操作表示部54を設定することにより、洗濯運転を開始する。運転が開始されると、制御部55は、公知の方法で衣類Cの量を検知する。そして、水流切替部10を水槽3側にし、給水弁9を開いて、衣類Cの量に応じた所定量の水を水槽3に供給する。制御部55は、給水と合わせて、洗剤自動投入装置40の洗剤送出部42を制御して所定量の液体洗剤Dを水槽3に供給する。
【0028】
制御部55は、給水が完了すると、設定された運転コースに応じて洗い、すすぎ、脱水および乾燥の各工程を制御し、洗濯運転を実行する。なお、乾燥工程では、温風生成部30により生成された温風が給気切替部32を介して水槽3に送風される。回転する回転ドラム4内で撹拌される衣類Cから水分を奪った温風は、水槽排気口34から水槽側排気風路35aに流入し、凝縮器37で水分を除去されて送風排出口36から外部へ排出される。制御部55は、乾燥工程が完了すると、洗濯運転を終了する。
【0029】
このようにして、洗濯運転が複数回行われると、洗剤自動投入装置40の洗剤タンク41に収容される液体洗剤Dが減少する。液体洗剤Dが減少するのにしたがって、その液位を検知するためのフロート49の浮動部51が下がる。そして、浮動部51が最下点まで下がるとホールセンサ53が所定の出力値を発生する。これにより、制御部55は、液体洗剤Dが減少したことを検知し、表示部に表示したり報知部56を動作させたりして、使用者に液体洗剤Dの補充を促す。
【0030】
本実施の形態1では、液体洗剤Dが補充されずに所定回数の洗濯運転が実施されると、洗浄機構Wを駆動して洗剤タンク41を洗浄する動作を実施することが可能に構成されている。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
機器
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
混練機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
炊飯器
パナソニックIPマネジメント株式会社
自転車
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
補聴器
パナソニックIPマネジメント株式会社
リール
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
ポンプ
パナソニックIPマネジメント株式会社
ボトル
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
炊飯器
続きを見る