TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021145422
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210924
出願番号2020041336
出願日20200310
発明の名称蓄電装置
出願人株式会社豊田自動織機
代理人個人,個人,個人
主分類H02J 7/00 20060101AFI20210827BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】電池の状態を監視する制御部による電池の電力消費を抑える。
【解決手段】電池Bと、通常モードと省電力モードとを切り替える制御部41と、電池Bの正極端子に接続される第1及び第2の経路L1、L2と、 第1の経路L1に接続される第1のフィルタF1と、第2の経路L2に接続され、第1のフィルタF1よりも時定数が大きい第2のフィルタF2と、一方の入力端子に第1のフィルタF1を介して第1の経路L1が接続され、他方の入力端子に第2のフィルタF2を介して第2の経路L2が接続され、一方の入力端子に入力される電圧と他方の入力端子に入力される電圧との差が閾値以上である場合、起動信号s1、s2を出力するコンパレータComp1、Comp2とを備えて蓄電装置1を構成し、制御部41は、省電力モードのとき、起動信号が入力されると、省電力モードから通常モードへ切り替える。
【選択図】図1

特許請求の範囲【請求項1】
電池と、
前記電池の状態を監視する通常モードと、前記通常モードよりも消費電力の少ない省電力モードとを切り替える制御部と、
前記電池のプラス端子に接続される第1及び第2の経路と、
前記第1の経路に接続される第1のフィルタと、
前記第2の経路に接続され、前記第1のフィルタよりも時定数が大きい第2のフィルタと、
一方の入力端子に前記第1のフィルタを介して前記第1の経路が接続され、他方の入力端子に前記第2のフィルタを介して前記第2の経路が接続され、前記一方の入力端子に入力される電圧と前記他方の入力端子に入力される電圧との差が閾値以上である場合、起動信号を出力するコンパレータと、
を備え、
前記制御部は、前記省電力モードのとき、前記起動信号が入力されると、前記省電力モードから前記通常モードへ切り替える
ことを特徴とする蓄電装置。
続きを表示(約 620 文字)【請求項2】
請求項1に記載の蓄電装置であって、
複数の前記電池が直列接続された第1の電池群と、
複数の前記電池が直列接続され、前記第1の電池群に並列接続された第2の電池群と、
前記第1の電池群の電池間と前記第1のフィルタとの間に接続される第1のダイオードと、
前記第1の電池群の電池間と前記第2のフィルタとの間に接続される第2のダイオードと、
前記第2の電池群の電池間と前記第1のフィルタとの間に接続される第3のダイオードと、
前記第2の電池群の電池間と前記第2のフィルタとの間に接続される第4のダイオードと
を備えることを特徴とする蓄電装置。
【請求項3】
請求項1または請求項2に記載の蓄電装置であって、
前記制御部は、前記省電力モードのときで、かつ、前記起動信号が入力されていないとき、所定時間が経過すると、前記省電力モードから前記通常モードに切り替え、前記通常モードのとき、前記電池の電圧が所定電圧以下になると、前記電池から負荷に電力が供給されることを禁止する
ことを特徴とする蓄電装置。
【請求項4】
請求項1〜3の何れか1項に記載の蓄電装置であって、
前記制御部は、前記通常モードのとき、前記電池が使用されていないと判断すると、前記通常モードから前記省電力モードへ切り替える
ことを特徴とする蓄電装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電池の状態を監視する蓄電装置に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
蓄電装置として、電池の状態を監視する制御部を備えるものがある。関連する技術として、特許文献1がある。
【0003】
ところで、車両のイグニッションがオフしているときでも、ライトやヒータなどの電装品により車両に搭載される蓄電装置の電池の電力が消費されたり、外部の充電器により電池が充電されたりする可能性があるため、電池が過放電状態または過充電状態になるおそれがある。
【0004】
そのため、上記蓄電装置では、電池が過放電状態または過充電状態にならないように、電池の状態を常時監視する場合、制御部による電池の電力消費の増大が懸念される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2015−197998号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明の一側面に係る目的は、電池の状態を監視する制御部による電池の電力消費を抑えることが可能な蓄電装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明に係る一つの形態である蓄電装置は、電池と、電池の状態を監視する通常モードと、通常モードよりも消費電力の少ない省電力モードとを切り替える制御部と、電池のプラス端子に接続される第1及び第2の経路と、第1の経路に接続される第1のフィルタと、第2の経路に接続され、第1のフィルタよりも時定数が大きい第2のフィルタと、一方の入力端子に第1のフィルタを介して第1の経路が接続され、他方の入力端子に第2のフィルタを介して第2の経路が接続され、一方の入力端子に入力される電圧と他方の入力端子に入力される電圧との差が閾値以上になると、起動信号を出力するコンパレータとを備え、制御部が、省電力モードのとき、起動信号が入力されると、省電力モードから通常モードへ切り替える。
【0008】
これにより、電池に電流が流れることで差が閾値以上になり電池の状態を監視する必要があるときのみ、制御部を通常モードで動作させることができるため、制御部を常時通常モードで動作させる場合に比べて、電池の消費電力を抑えることができる。
【0009】
また、本発明に係る一つの形態である蓄電装置は、複数の電池が直列接続された第1の電池群と、複数の電池が直列接続され、第1の電池群に並列接続された第2の電池群と、第1の電池群の電池間と第1のフィルタとの間に接続される第1のダイオードと、第1の電池群の電池間と第2のフィルタとの間に接続される第2のダイオードと、第2の電池群の電池間と第1のフィルタとの間に接続される第3のダイオードと、第2の電池群の電池間と第2のフィルタとの間に接続される第4のダイオードとを備えるように構成してもよい。
【0010】
これにより、各電池群のうちの1つの電池群に電流が流れることで、その電池群に対応する差が閾値以上になる場合でも、省電力モードから通常モードへ切り替えることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社豊田自動織機
充電器
1か月前
株式会社豊田自動織機
船外機
2か月前
株式会社豊田自動織機
電源装置
1か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
流体機械
2か月前
株式会社豊田自動織機
電源装置
18日前
株式会社豊田自動織機
流体機械
2か月前
株式会社豊田自動織機
内燃機関
28日前
株式会社豊田自動織機
冷却装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
産業車両
28日前
株式会社豊田自動織機
充電装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
キャスタ
2か月前
株式会社豊田自動織機
認識装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
充電装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
冷却装置
1か月前
株式会社豊田自動織機
ステータ
1か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
13日前
株式会社豊田自動織機
電源装置
3か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電セル
2か月前
株式会社豊田自動織機
積層装置
3か月前
株式会社豊田自動織機
蓄電セル
2か月前
株式会社豊田自動織機
認識装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
冷却ファン
28日前
株式会社豊田自動織機
遠心圧縮機
2か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
3か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
2か月前
株式会社豊田自動織機
荷積付装置
2か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
2か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
2か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
3か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
3か月前
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
3か月前
続きを見る