TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021145419
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210924
出願番号2020041274
出願日20200310
発明の名称ブラシレスモータ
出願人株式会社ミツバ
代理人特許業務法人坂本国際特許商標事務所
主分類H02K 1/22 20060101AFI20210827BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】ロータコアにおける磁束の流れを適正化する。
【解決手段】ロータのコア部材は、回転軸の周方向の外側に配置された円環状部と、複数のマグネットを支持する外周コア部と、回転軸の径方向の外側で円環状部及び外周コア部との間に設けられた複数のブリッジと、を有しており、外周コア部は、径方向の内側で複数のブリッジに支持されており、複数のブリッジは、回転軸の軸方向で第1範囲に設けられた1つ以上の第1ブリッジと、回転軸の軸方向で第1範囲とは異なる第2範囲に設けられた1つ以上の第2ブリッジとを含んでおり、1つ以上の第1ブリッジは、1つ以上の第1マグネットに隣接する外周コア部と円環状部とを接続しており、1つ以上の第2ブリッジは、円環状部から複数のマグネットのうちの、1つ以上の第2マグネットに隣接する外周コア部と円環状部とを接続している、ブラシレスモータが開示される。
【選択図】図2A
特許請求の範囲【請求項1】
ロータを備えるブラシレスモータであって、
前記ロータは、
回転軸と、
前記回転軸に固定されたコア部材と、
前記コア部材内に放射状に配置された複数のマグネットと、を有しており、
前記コア部材は、前記回転軸の周方向の外側に配置された円環状部と、前記複数のマグネットを支持する外周コア部と、前記回転軸の径方向の外側で前記円環状部及び前記外周コア部との間に設けられた複数のブリッジと、を有しており、
前記外周コア部は、前記径方向の内側で前記複数のブリッジに支持されており、
前記複数のブリッジは、前記回転軸の軸方向で第1範囲に設けられた1つ以上の第1ブリッジと、前記回転軸の軸方向で前記第1範囲とは異なる第2範囲に設けられた1つ以上の第2ブリッジとを含んでおり、
前記1つ以上の第1ブリッジは、前記複数のマグネットのうちの1つ以上の第1マグネットに隣接する前記外周コア部と前記円環状部とを接続しており、
前記1つ以上の第2ブリッジは、前記円環状部から前記複数のマグネットのうちの、前記1つ以上の第1マグネットとは異なる1つ以上の第2マグネットに隣接する前記外周コア部と前記円環状部とを接続している、ブラシレスモータ。
続きを表示(約 860 文字)【請求項2】
請求項1に記載のブラシレスモータにおいて、
前記第1範囲は、前記回転軸の軸方向で一方側に位置し、前記第2範囲は、前記回転軸の軸方向で他方側に位置している、ブラシレスモータ。
【請求項3】
請求項1または請求項2に記載のブラシレスモータにおいて、
前記コア部材は、前記回転軸の軸方向に複数の板材を積層することで形成されており、
前記複数の板材は、それぞれ、前記周方向に、前記マグネットの数よりも少ない数で、ブリッジ形成部を有しており、
前記複数の板材は、前記ブリッジ形成部が前記1つ以上の第1ブリッジを形成するように配置された1つ以上の第1板材と、前記ブリッジ形成部が前記1つ以上の第2ブリッジを形成するように配置された1つ以上の第2板材とを含んでおり、
前記第1ブリッジは前記第1板材のみで構成されており、前記第2ブリッジは前記第2板材のみで構成されている、ブラシレスモータ。
【請求項4】
請求項1から請求項3のうちのいずれか1項に記載のブラシレスモータにおいて、
前記1つ以上の第1ブリッジは、前記回転軸まわりで所定の角度間隔で1つずつ配置されており、
前記1つ以上の第2ブリッジは、前記回転軸まわりで前記所定の角度間隔で1つずつ配置されている、ブラシレスモータ。
【請求項5】
請求項4に記載のブラシレスモータにおいて、
前記複数のマグネットは、前記1つ以上の第1マグネットと前記1つ以上の第2マグネットからなっており、
前記第1ブリッジと前記第2ブリッジは、前記回転軸の軸方向に視て、前記周方向に交互に配置されている、ブラシレスモータ。
【請求項6】
請求項1から請求項5のうちのいずれか1項に記載のブラシレスモータにおいて、
前記コア部材は、前記複数のマグネットのそれぞれを前記径方向における外周側から係合する係合部を有している、ブラシレスモータ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ロータを備えるブラシレスモータに関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
回転軸を中心とする周方向に配列される複数のマグネットと、これらのマグネットを保持するロータコアとを備えるブラシレスモータが知られている(特許文献1参照)。このブラシレスモータのロータコアは、マグネットを支持する外コア部と、回転軸に回転可能に取り付けられる内コア部と、外コア部および内コア部との間を連結する連結部と、を備える。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015−177721号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
連結部により外コア部および内コア部との間を連結する場合、本来はロータコアの外側に流れてほしいマグネットからの磁束が、連結部を介して内側(回転軸の側)にも分流してしまう。とくに、連結部と内コア部とを介して、周方向で互いに隣接する磁石の間で磁束の漏洩が発生する。このため、ロータコアの外側に流れる磁束が減少し、モータの出力低下を招く可能性がある。
【0005】
本発明は、上記問題を解決すべくなされたもので、ロータコアにおける磁束の流れを適正化することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記問題を解決するために、本発明の一態様は、ロータを備えるブラシレスモータであって、
前記ロータは、
回転軸と、
前記回転軸に固定されたコア部材と、
前記コア部材内に放射状に配置された複数のマグネットと、を有しており、
前記コア部材は、前記回転軸の周方向の外側に配置された円環状部と、前記複数のマグネットを支持する外周コア部と、前記回転軸の径方向の外側で前記円環状部及び前記外周コア部との間に設けられた複数のブリッジと、を有しており、
前記外周コア部は、前記径方向の内側で前記複数のブリッジに支持されており、
前記複数のブリッジは、前記回転軸の軸方向で第1範囲に設けられた1つ以上の第1ブリッジと、前記回転軸の軸方向で前記第1範囲とは異なる第2範囲に設けられた1つ以上の第2ブリッジとを含んでおり、
前記1つ以上の第1ブリッジは、前記複数のマグネットのうちの1つ以上の第1マグネットに隣接する前記外周コア部と前記円環状部とを接続しており、
前記1つ以上の第2ブリッジは、前記円環状部から前記複数のマグネットのうちの、前記1つ以上の第1マグネットとは異なる1つ以上の第2マグネットに隣接する前記外周コア部と前記円環状部とを接続している、ブラシレスモータを提供する。
【発明の効果】
【0007】
この発明によれば、ロータコアにおける磁束の流れを適正化することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本実施例のブラシレスモータの構成を示す分解斜視図である。
本実施例のブラシレスモータを構成するロータの平面図である。
ロータの構成を示す斜視図である。
ロータの構成を示す斜視図である。
ロータの一部を示す拡大斜視図である。
ロータの一部を示す拡大斜視図である。
マグネットの磁束を示す平面図である。
マグネットの磁束を示す平面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の実施形態について図面を参照して説明する。
【0010】
図1は、本実施例のブラシレスモータの構成を示す分解斜視図である。なお、図1では、ロータ10は、非常に概略的に図示されており、ロータ10の詳細な構成は、図2以降で図示される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ソディック
搬送装置
9日前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
今日
株式会社デンソー
回転電機
今日
株式会社デンソー
回転電機
今日
株式会社デンソー
回転電機
今日
個人
電源装置
9日前
株式会社デンソー
冷却装置
1日前
株式会社デンソー
ステータ
今日
株式会社デンソー
ステータ
今日
株式会社デンソー
回転電機
9日前
株式会社島津製作所
真空ポンプ
5日前
中国電力株式会社
無充電警報器
6日前
河村電器産業株式会社
蓄電池盤
9日前
日本電気株式会社
発電装置
5日前
アダマンド並木精密宝石株式会社
モータ
7日前
株式会社ダイヘン
保護装置
6日前
株式会社ミクニ
ブラシレスモータ
7日前
トヨタ自動車株式会社
クランプ装置
5日前
トヨタ自動車株式会社
モータ
1日前
株式会社ダイヘン
電力変換装置
5日前
株式会社豊田自動織機
電源装置
9日前
株式会社デンソー
マグネット整列装置
7日前
富士電機株式会社
電力変換装置
8日前
河村電器産業株式会社
電源自動切替装置
1日前
キヤノン株式会社
モータ制御装置
5日前
コーセル株式会社
スイッチング電源装置
9日前
河村電器産業株式会社
整流用多相変圧器
9日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
5日前
矢崎総業株式会社
ワイヤーハーネス
5日前
新電元工業株式会社
充電装置
5日前
日本電産株式会社
モータ
9日前
株式会社デンソー
電力変換装置
5日前
株式会社デンソー
電力変換装置
6日前
株式会社ジェイテクト
モータ制御装置
7日前
NITTOKU株式会社
巻線装置及び巻線方法
5日前
株式会社デンソー
回転電機
7日前
続きを見る