TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021142941
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210924
出願番号2020044150
出願日20200313
発明の名称車両
出願人本田技研工業株式会社
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類B60K 1/04 20190101AFI20210827BHJP(車両一般)
要約【課題】車両において、蓋部材を閉止状態として充電を行うことや、様々な形状や寸法の充電コネクタに対応することを可能とする。
【解決手段】コネクタ受部(32)を収納した収納室(22)には、蓋部材(24)が設けられる。また、収納室内には、コネクタ受部の姿勢を変更する姿勢変更手段、又は、コネクタ受部を変位させる変位手段の少なくともいずれか一方が設けられる。コネクタ受部の、姿勢変更手段による姿勢変更の範囲、又は、変位手段による変位の範囲は、充電口44に充電コネクタ40が連結されたときに蓋部材で収納室を閉塞することが可能な範囲内に設定される。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
充電装置の充電コネクタが接続される充電口が設けられたコネクタ受部を備えるとともに、前記コネクタ受部を収納室に収納した車両において、
前記収納室を開放又は閉塞する蓋部材と、
前記収納室内に設けられ、前記コネクタ受部の姿勢を変更する姿勢変更手段、又は、前記コネクタ受部を変位させる変位手段の少なくともいずれか一方と、
を備え、
前記コネクタ受部の、前記姿勢変更手段による姿勢変更の範囲、又は、前記変位手段による変位の範囲が、前記充電口に前記充電コネクタが接続したときに前記蓋部材で前記収納室を閉塞することが可能な範囲内に設定されている車両。
続きを表示(約 620 文字)【請求項2】
請求項1記載の車両において、前記姿勢変更手段が回動軸を含んで構成され、前記コネクタ受部が前記回動軸を中心として回動する車両。
【請求項3】
請求項1記載の車両において、前記変位手段が前記コネクタ受部を鉛直方向に沿って案内する鉛直案内部を含んで構成された車両。
【請求項4】
請求項1記載の車両において、前記変位手段が前記コネクタ受部を前記充電口の指向方向に平行に案内する平行案内部を含んで構成された車両。
【請求項5】
請求項1〜4のいずれか1項に記載の車両において、前記収納室内に位置決め固定され、前記姿勢変更手段又は前記変位手段を介して前記コネクタ受部を支持する支持部を備え、
前記支持部が、車幅方向に沿って延在する梁部材に設けられた車両。
【請求項6】
請求項5記載の車両において、前記支持部が前記梁部材の一部位として構成された車両。
【請求項7】
請求項1〜6のいずれか1項に記載の車両において、前記収納室がフロントコンパートメントであり、前記コネクタ受部がダッシュパネルとフロントバルクヘッドの間に配置されるとともに、前記蓋部材がフロントリッドである車両。
【請求項8】
請求項1〜6のいずれか1項に記載の車両において、前記収納室内に、前記蓋部材が前記収納室を閉塞可能な最高位置を示す指標部が設けられた車両。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、充電装置の充電コネクタが接続される充電口が設けられたコネクタ受部を備える車両に関する。
続きを表示(約 6,300 文字)【背景技術】
【0002】
周知の通り、電動車両を構成する車体には、モータと、該モータに電力を供給するバッテリが搭載される。すなわち、バッテリから供給された電力によってモータが付勢され、これにより得られた推力で走行輪が回転する結果、電動車両が走行する。バッテリの容量が低下すると、モータを付勢すること、ひいては電動車両の走行を継続することが困難となる。従って、このような場合、電動車両のユーザは、充電ステーション等でバッテリに対して充電を行う必要がある。
【0003】
充電ステーションには、特許文献1の図1に記載されるような充電装置が設置されている。充電装置は、ケーブルを介して電源に接続された充電コネクタ(特許文献1の図3参照)を備える。一方、電動車両には、特許文献2に記載されるように、充電コネクタを受けるレセプタクルが設けられる。充電コネクタがレセプタクルの充電口に連結されることで前記電源とバッテリが電気的に接続され、この状態で、バッテリへの充電がなされる。
【0004】
レセプタクルは、一般的に車体内に収容され、その充電口が、リッドが設けられた内室内に位置する。この場合、リッドを回動させて内室を開放状態とすると、充電口が露呈する。ユーザは、露呈した充電口に充電コネクタを連結する。ここで、リッドを閉塞状態にしようとすると、充電コネクタやケーブルがリッドに干渉する。従って、リッドを開放状態としたまま、充電が継続される。
【0005】
充電の最中、不測の事態によって充電コネクタが充電口から離脱することが起こり得る。特に、充電の最中にユーザが電動車両から離れた場合、人為的な悪戯を受ける懸念がある。これを回避するには、ユーザが、電動車両の近傍で充電が終了するまで待機すればよいが、この場合、ユーザにとっては利便性が乏しくなる。
【0006】
このような事態が起こることを防止するべく、特許文献3において、レセプタクルを収納した収納室の蓋部材を開放して充電口に充電コネクタを連結した後、蓋部材にカバー部材を取り付けることが提案されている。カバー部材は、充電が終了した後にカバー部材から取り外される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特開2019−139911号公報(図1及び図3参照)
特開2014−131434号公報(段落[0031]及び図1参照)
特許第5545158号公報(図3参照)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
特許文献3に記載されるカバー部材は、充電時以外は蓋部材から取り外される別体部品である。この場合、カバー部材を作製する分だけ部品点数が多くなるのでコストの高騰を招く。また、カバー部材を紛失する懸念もある。さらに、充電の開始や終了毎にカバー部材を着脱するため煩雑である。
【0009】
そこで、レセプタクルを、回動可能な蓋部材が設けられた所定のコンパートメントに収納し、充電時には蓋部材でコンパートメントを閉塞することが考えられる。しかしながら、充電コネクタの形状や寸法が様々であることから、ある形状ないし寸法の充電コネクタでは蓋部材を閉止状態とすることが可能である一方で、別の形状ないし寸法の充電コネクタでは蓋部材が該充電コネクタに干渉することがあり得る。後者の場合、勿論、蓋部材でコンパートメントを閉塞することはできない。
【0010】
本発明は上記した問題を解決するためになされたもので、蓋部材を閉止状態として充電を行うときに様々な形状や寸法の充電コネクタに対応することが可能であり、汎用性に優れる車両を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0011】
前記の目的を達成するために、本発明の一実施形態によれば、充電装置の充電コネクタが接続される充電口が設けられたコネクタ受部を備えるとともに、前記コネクタ受部を収納室に収納した車両において、
前記収納室を開放又は閉塞する蓋部材と、
前記収納室内に設けられ、前記コネクタ受部の姿勢を変更する姿勢変更手段、又は、前記コネクタ受部を変位させる変位手段の少なくともいずれか一方と、
を備え、
前記コネクタ受部の、前記姿勢変更手段による姿勢変更の範囲、又は、前記変位手段による変位の範囲が、前記充電口に前記充電コネクタが接続したときに前記蓋部材で前記収納室を閉塞することが可能な範囲内に設定されている車両が提供される。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、コネクタ受部が姿勢を変更すること、又は変位することの少なくともいずれかが可能であるので、姿勢変更又は変位に伴って充電口の位置が様々に変更される。すなわち、コネクタ受部の姿勢を変更したり、コネクタ受部を変位させたりすることにより、充電口を所望の位置に配置することができる。このため、様々な形状や寸法の充電コネクタに対応するべく充電口の位置を適宜変更した上で、蓋部材で収納室を閉塞して充電を行うことが可能となる。すなわち、この車両は汎用性に優れる。
【0013】
しかも、充電の最中に蓋部材を閉塞状態とすることができるので、例えば、人為的な悪戯等の不測の事態によって充電コネクタと充電口の連結が解除されることが防止される。このため、充電時にユーザが車両から離れることも可能である。この分、ユーザにとっての利便性が向上する。
【図面の簡単な説明】
【0014】
本発明の実施の形態に係る車両の前部概略斜視図である。
図1の車両の前部概略縦断面図である。
姿勢変更手段及び変位手段を含んで構成されたコネクタ受部の要部拡大側面図である。
図3とは別の変位手段を含んで構成されたコネクタ受部の要部拡大側面図である。
収納室であるフロントコンパートメントを開放状態にしたときの車両の要部概略正面図である。
別の実施の形態に係る姿勢変更手段を含んで構成されたコネクタ受部の要部拡大側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0015】
以下、本発明に係る車両につき好適な実施の形態を挙げ、添付の図面を参照して詳細に説明する。なお、以下における「左」、「右」、「前」、「後」、「下」及び「上」は、車両の運転席に着座したユーザの左方、右方、前方、後方、下方及び上方を指称する。また、「ユーザ」には、運転者のみならず、車両の同乗者や充電作業者等が含まれる。
【0016】
図1及び図2は、それぞれ、本実施の形態に係る車両10の前部概略斜視図、前部概略縦断面図である。この車両10は、図示しない車室よりも前部に、ダッシュパネル12、左フェンダ14、右フェンダ16、フロントグリル18、クロスビーム20(梁部材)によって区画されるフロントコンパートメント22を有する。フロントコンパートメント22は、フロントリッド24が回動することによって閉塞状態又は開放状態となる。すなわち、フロントリッド24がフロントグリル18に最近接してロックフック26に掛止されたときには閉塞状態であり、フロントリッド24がロックフック26の拘束から解放されて図1に示すように車室側に回動されたときが開放状態である。
【0017】
フロントコンパートメント22内には、フロントバルクヘッド30(図2参照)が収納される。また、ダッシュパネル12の前面とフロントバルクヘッド30の後端との間には、コネクタ受部としてのレセプタクル32と、電装部品34とが収納される。該電装部品34は、充電機、DC−DCコンバータ及びジャンクションボックス等を内部に収容しており、充電口44(後述)を通して供給される電力は、電装部品34を介して図示しないバッテリを充電する。このように、フロントコンパートメント22は、レセプタクル32やその他の構成要素を収納する収納室である。
【0018】
また、フロントリッド24は、収納室であるフロントコンパートメント22を開閉する蓋部材としての役割を果たす。なお、車両10は、図示しないモータを走行駆動力発生源とする電動車であり、その好適な例としては電気自動車が挙げられる。モータは、例えば、クロスビーム20の下面に位置決め固定される。
【0019】
クロスビーム20は、左フェンダ14、右フェンダ16の下方に位置し且つ車両10の前後方向に沿って延在する左右のフロントサイドメンバー(図示せず)に橋架され、車幅方向に沿って延在する。レセプタクル32及び電装部品34は、このクロスビーム20の上面に設けられている。レセプタクル32は、図2に示す充電コネクタ40のコネクタ部42が連結される充電口44を上端面に有する。充電口44には、コネクタ部42に設けられた給電用雄端子や情報信号用雄端子等が差し込まれる給電用雌端子、情報信号用雌端子等が設けられる。このような構成は周知であることから、詳細な図示や説明は省略する。
【0020】
図3に詳細を示すように、クロスビーム20の上面には、支持部としての2個の支持ブラケット46が上方に向かって突出するように、クロスビーム20と一体的に設けられている。すなわち、この場合、支持ブラケット46は、クロスビーム20と別個に設けられた別部材ではなく、クロスビーム20の一部位である。支持ブラケット46がクロスビーム20と一体的であることから、支持ブラケット46がクロスビーム20の上面に位置決め固定されることは勿論である。
【0021】
レセプタクル32は、支持ブラケット46同士の間に介挿されるとともに、その下端近傍に設けられた回動軸50を介して支持ブラケット46に回動可能に支持される。レセプタクル32の姿勢は、回動軸50を中心とする回動によって適宜変更される。このように、支持ブラケット46及び回動軸50は、レセプタクル32の姿勢を変更するための姿勢変更手段を構成する。なお、回動後のレセプタクル32をその回動位置(姿勢)で維持したい場合には、例えば、回動軸50に図示しないメカニカルロックを設けるようにすればよい。
【0022】
レセプタクル32が姿勢を変更することに伴い、該レセプタクル32の上端面に設けられた充電口44の位置が変化する。すなわち、ユーザは、レセプタクル32を回動させる(レセプタクル32の姿勢を変更する)ことにより、充電口44を任意の周回位置に変更することができる。レセプタクル32の回動は、ユーザによる手動操作によって行うようにすればよい。
【0023】
ここで、図3の紙面手前側及び奥側の支持ブラケット46には、レセプタクル32を臨む側の面に、上下方向に沿って延在する第1ラック52がそれぞれ設けられる。回動軸50は、第1ラック52に干渉しない位置に通されている。また、レセプタクル32には、回動軸50を介して支持軸53が回動可能に取り付けられる。該支持軸53には、第1ピニオン54が回転可能に支持される。
【0024】
第1ピニオン54は、図3の紙面手前側及び奥側において、第1ラック52に噛合している。このため、レセプタクル32を上方に引き上げたり、下方に押し込んだりすることに伴い、第1ピニオン54が第1ラック52に対して上昇又は下降する。その結果、レセプタクル32が上昇又は下降する。すなわち、第1ラック52及び第1ピニオン54は、レセプタクル32を鉛直方向に沿って変位させる鉛直案内部としての変位手段を構成する。なお、昇降後のレセプタクル32は、第1ピニオン54が回転を停止することによって、その高さ位置を維持する。この維持により、充電口44が位置決めされる。
【0025】
第1ラック52及び第1ピニオン54に代替し、又は、第1ラック52及び第1ピニオン54に加え、図4に示す第2ラック56及び第2ピニオン58を該図4の紙面手前側及び奥側に設けるようにしてもよい。この場合、回動軸50に対して支持軸60が回動するように設けられる。支持軸60の上端には、第2ピニオン58が回転可能に支持される。また、レセプタクル32には、第2ピニオン58に噛合する第2ラック56が設けられる。第2ラック56は、レセプタクル32の長手方向に沿って延在する。
【0026】
この構成では、レセプタクル32をその長手方向に沿って斜め上方に引き上げたり、斜め下方に押し込んだりすると、第2ピニオン58が第2ラック56に対して回転するとともに、レセプタクル32がその長手方向に沿って変位する。その結果として、充電口44の位置がレセプタクル32の長手方向に沿って変化する。このように、第2ラック56及び第2ピニオン58は、レセプタクル32を、充電口44の指向方向に平行に案内する平行案内部としての変位手段を構成する。なお、変位後のレセプタクル32は、第2ピニオン58が回転を停止することによって、その位置を維持する。この維持により、充電口44が位置決めされる。
【0027】
フロントバルクヘッド30の上面には、指標部62が立設される。指標部62は、フロントリッド24を回動させてフロントコンパートメント22を開放状態としたときに露呈し、フロントリッド24がフロントコンパートメント22を閉塞状態とし得る最高位置の指標となる。すなわち、指標部62よりも高位置に何らかの部材(例えば、ケーブル64等)が存在する場合、フロントリッド24でフロントコンパートメント22を閉塞することが困難となる。
【0028】
フロントグリル18には、下方に向かって陥没した凹部66が形成される。フロントコンパートメント22を閉塞状態としたフロントリッド24は、凹部66に進入することはない。すなわち、凹部66は、フロントコンパートメント22の内部から外部に連なる通路となる。凹部66には、ケーブル64が通される。なお、凹部66は、フロントリッド24がフロントコンパートメント22を閉塞状態としたとき、該フロントリッド24に隠される。これにより、フロントコンパートメント22が閉塞状態であるときに凹部66がユーザに視認されることが回避されるので、車両10の美観を損ねることが回避される。
【0029】
充電コネクタ40は、図示しない電力供給部とともに充電装置を構成する。いわゆるガン形状をなす充電コネクタ40の先端には、上記したように給電用雄端子や情報信号用雄端子等を備えるコネクタ部42が設けられる。その一方で、充電コネクタ40の他端には、ユーザが把持するハンドル部68が設けられる。電力供給部とコネクタ部42は、ハンドル部68に設けられたケーブル64を介して電気的に接続される。
【0030】
本実施の形態に係る車両10は、基本的には以上のように構成されるものであり、次にその作用効果について説明する。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
芝刈機
本田技研工業株式会社
加振機
本田技研工業株式会社
飛行体
本田技研工業株式会社
飛行体
本田技研工業株式会社
ボルト
本田技研工業株式会社
乗り物
本田技研工業株式会社
作業機
本田技研工業株式会社
出力計
続きを見る