TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021140145
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210916
出願番号2021016866
出願日20210204
発明の名称トナー
出願人キヤノン株式会社
代理人特許業務法人秀和特許事務所
主分類G03G 9/087 20060101AFI20210820BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】低温定着性、帯電維持性、及び耐擦過性に優れたトナーを提供すること。
【解決手段】結着樹脂及びワックスを含有するトナー粒子を有するトナーであって、結着樹脂は非晶性ポリエステル樹脂、重合体A及び成分Bを含有し、結着樹脂中の非晶性ポリエステル樹脂の含有量は50.0質量%以上であり、重合体Aは下記式(C)で表される第一モノマーユニット及び第二モノマーユニットを有し、式(C)中、RZ3は、水素原子又はメチル基を表し、Rは、炭素数18〜36のアルキル基を表し、重合体A中の第一モノマーユニットの含有割合が5.0〜60.0モル%である。
<img id="000021" he="48" wi="159" file="2021140145.tif" img-format="tif" img-content="drawing"/>
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
結着樹脂、及び、ワックスを含有するトナー粒子を有するトナーであって、
該結着樹脂は、非晶性ポリエステル樹脂、重合体A、及び、成分Bを含有し、
該非晶性ポリエステル樹脂の含有量は、該結着樹脂の全質量を基準として、50.0質量%以上であり、
該重合体Aは、下記式(C)で表される第一のモノマーユニット、及び、該第一のモノマーユニットとは異なる第二のモノマーユニットを有し、
式(C)中、R
Z3
は、水素原子又はメチル基を表し、Rは、炭素数18〜36のアルキル基を表し、
該重合体A中の該第一のモノマーユニットの含有割合が、該重合体A中の全モノマーユニットの総モル数を基準として、5.0モル%〜60.0モル%であり、
該第二のモノマーユニットのSP値をSP
A21
(J/cm


0.5
としたとき、該SP
A21
が、21.00以上であり、
該重合体Aの含有量は、該結着樹脂の全質量を基準として、0.10質量%〜10.00質量%であり、
該非晶性ポリエステル樹脂のSP値をSP

(J/cm


0.5

該重合体AのSP値をSP

(J/cm


0.5

該成分BのSP値をSP

(J/cm


0.5
、及び、
該ワックスのSP値をSP

(J/cm


0.5
としたとき、
該SP

、該SP

、該SP

、及び該SP

が、下記式(1)及び(2)の関係を満たすことを特徴とするトナー。
0.5≦〔(SP

−SP

)−(SP

−SP

)〕 (1)
0.5≦〔(SP

−SP

)−(SP

−SP

)〕 (2)
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記SP

(J/cm


0.5
及び前記SP

(J/cm


0.5
が、下記式(3)の関係を満たす、請求項1に記載のトナー。
1.0≦(SP

−SP

)≦3.0 (3)
【請求項3】
前記SP

(J/cm


0.5
が、下記式(4)の関係を満たす、請求項1又は2に記載のトナー。
18.0≦SP

≦24.0(J/cm


0.5
(4)
【請求項4】
前記第二のモノマーユニットの含有割合が、前記重合体A中の全モノマーユニットの総モル数を基準として、20.0モル%〜90.0モル%である、請求項1〜3のいずれか1項に記載のトナー。
【請求項5】
前記第二のモノマーユニットが、下記式(D)及び(E)で表されるモノマーユニット
からなる群から選ばれる少なくとも一であり、
式(D)中、Xは単結合又は炭素数1〜6のアルキレン基を表し、


は、
−C≡N、
−C(=O)NHR
10
(R
10
は水素原子、若しくは炭素数1〜4のアルキル基、
ヒドロキシ基、
−COOR
11
(R
11
は水素原子、炭素数1〜6のアルキル基若しくは炭素数1〜6のヒドロキシアルキル基)、
−NH−C(=O)−N(R
13


(ふたつのR
13
はそれぞれ独立して、水素原子若しくは炭素数1〜6のアルキル基)、
−COO(CH



NHCOOR
14
(R
14
は炭素数1〜4のアルキル基)、又は、
−COO(CH



−NH−C(=O)−N(R
15


(ふたつのR
15
はそれぞれ独立して、水素原子若しくは炭素数1〜6のアルキル基)
を表し、


は、水素原子又はメチル基を表し、
式(E)中、R

は、炭素数1〜4のアルキル基を表し、R

は、水素原子又はメチル基を表す、
請求項1〜4のいずれか1項に記載のトナー。
【請求項6】
前記成分Bの含有量は、前記結着樹脂の全質量を基準として、0.10質量%〜10.00質量%である、請求項1〜5のいずれか1項に記載のトナー。
【請求項7】
前記重合体Aが、前記式(C)で表される第一のモノマーユニット、及び前記第二のモノマーユニットとは異なる第三のモノマーユニットを有し、
該第三のモノマーユニットが、下記式(F)で表されるモノマーユニットである、
式(F)中、R

は、水素原子又はメチル基を表し、Phはフェニル基を表す、
請求項1〜6のいずれか1項に記載のトナー。
【請求項8】
前記成分Bが、炭化水素化合物とスチレンアクリル重合体とのグラフト重合物を含有する、請求項1〜7のいずれか1項に記載のトナー。
【請求項9】
前記成分Bが、結晶性ポリエステル樹脂を含有する、請求項1〜7のいずれか1項に記載のトナー。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、電子写真方式、静電記録方式、及び、静電印刷方式などに用いられるトナーに関する。
続きを表示(約 3,100 文字)【背景技術】
【0002】
近年、電子写真方式のフルカラー複写機が広く普及するに従い、更なる高速化、高画質化はもちろんのこと、省エネルギー化、スリープ状態からの復旧時間短縮、多種多様なメディアへの対応など、付加的な性能の向上も要求されている。
具体的には、省エネルギー化に対応したトナーとして、定着工程での消費電力を低下させるために、より低い温度で定着できる、低温定着性に優れたトナーが求められている。
また、スリープ状態からの復旧時間短縮が可能なトナーとして、長時間のスリープ状態を通して帯電量の変化が少ない、帯電維持性に優れたトナーが求められている。
さらに、多種多様なメディアの一つである厚紙コート紙は、白色度を高めるために炭酸カルシウムなどの無機微粒子が多く含まれているため、紙同士の摺擦による摩擦係数が大きくなり、定着画像を形成するトナーが紙から剥離されやすくなる。そこで、紙同士の摺擦に対してもトナーが剥離しにくい定着画像として、定着画像表面をワックスで被覆し、摩擦係数を低くすることができる、ワックスの染み出しを促進させた耐擦過性に優れたトナーが求められている。
【0003】
特許文献1では、低温定着性、帯電維持性、及び、耐擦過性に優れたトナーとして、結晶性ポリビニル樹脂を使用したトナーが提案されている。
また、特許文献2では、耐擦過性に優れたトナーとして、ポリエステルのカルボン酸成分として、アルケニルコハク酸を有するトナーが提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2018−156074号公報
特開2016−197207号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1に記載のトナーは、シャープメルト性を有し、疎水性の高い結晶性ポリビニル樹脂を用いていることから、優れた低温定着性と帯電維持性が可能となっている。さらに、定着画像中の結晶性樹脂の結晶化を促進させることで、鉛筆引っ掻き試験において、一定の効果が得られた。これは、結晶性樹脂が結晶化することで、定着画像中のトナー自体の弾性が回復し、トナーが破壊されにくくなったためであると考えられる。
一方、近年要求されている紙同士の摺擦による定着画像のトナーの紙からの剥離は、トナーの破壊が起こっているのではなく、紙からトナーが剥離する現象である。
さらには、結晶性ポリビニル樹脂は、ワックスとの親和性が高いことから、ワックスの染み出しが抑制され、定着画像表面のワックス層が形成されにくい。以上のことから、特許文献1に記載のトナーを用いても、近年要求されている耐擦過性においては、劣る場合があった。
【0006】
一方、特許文献2に記載のトナーは、アルケニルコハク酸がワックスと親和性が高いため、定着時に、ワックスが定着ローラーに移行するよりも、定着画像に保持されやすくなるため、普通紙などの紙種において、耐擦過性の一定の効果が得られた。
しかし、結着樹脂がワックスと親和性が高いことにより、定着画像表面のワックス染み
出しも抑制されやすく、近年要求されている厚紙のコート紙においては、耐擦過性が劣る場合があった。
以上のことから、低温定着性、帯電維持性、及び、耐擦過性のすべてを満足するトナーは存在しない。そこで、優れた低温定着性及び帯電維持性を示した上で、厚紙コート紙などの定着画像においても優れた耐擦過性を示すトナーの開発が急務となっている。
本開示は、優れた低温定着性及び帯電維持性を示し、かつ、厚紙コート紙などの定着画像においても優れた耐擦過性を示すトナーを提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本開示は、
結着樹脂、及び、ワックスを含有するトナー粒子を有するトナーであって、
該結着樹脂は、非晶性ポリエステル樹脂、重合体A、及び、成分Bを含有し、
該非晶性ポリエステル樹脂の含有量は、該結着樹脂の全質量を基準として、50.0質量%以上であり、
該重合体Aは、下記式(C)で表される第一のモノマーユニット、及び、該第一のモノマーユニットとは異なる第二のモノマーユニットを有し、
該重合体A中の該第一のモノマーユニットの含有割合が、該重合体A中の全モノマーユニットの総モル数を基準として、5.0モル%〜60.0モル%であり、
該第二のモノマーユニットのSP値をSP
A21
(J/cm


0.5
としたとき、該SP
A21
が、21.00以上であり、
該重合体Aの含有量は、該結着樹脂の全質量を基準として、0.10質量%〜10.00質量%であり、
該非晶性ポリエステル樹脂のSP値をSP

(J/cm


0.5

該重合体AのSP値をSP

(J/cm


0.5

該成分BのSP値をSP

(J/cm


0.5
、及び、
該ワックスのSP値をSP

(J/cm


0.5
としたとき、
該SP

、該SP

、該SP

、及び該SP

が、下記式(1)及び(2)の関係を満たすことを特徴とするトナーである。
0.5≦〔(SP

−SP

)−(SP

−SP

)〕 (1)
0.5≦〔(SP

−SP

)−(SP

−SP

)〕 (2)
【0008】
(式(C)中、R
Z3
は、水素原子又はメチル基を表し、Rは、炭素数18〜36のアルキル基を表す。)
【発明の効果】
【0009】
本開示によれば、優れた低温定着性及び帯電維持性を示し、かつ、厚紙コート紙などの定着画像においても優れた耐擦過性を示すトナーを提供することができる。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、数値範囲を表す「XX以上YY以下」や「XX〜YY」の記載は、特に断りのない限り、端点である下限及び上限を含む数値範囲を意味する。
数値範囲が段階的に記載されている場合、各数値範囲の上限及び下限は任意に組み合わせることができる。
(メタ)アクリル酸エステルとは、アクリル酸エステル及び/又はメタクリル酸エステルを意味する。
「モノマーユニット」とは、ポリマー中のモノマー物質の反応した形態をいう。例えば、ポリマー中のビニル系モノマーが重合した主鎖中の、炭素−炭素結合1区間を1ユニットとする。ビニル系モノマーとは下記式(Z)で示すことができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン電子株式会社
羽根駆動装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
20日前
株式会社リコー
画像形成装置
10日前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
29日前
三菱製紙株式会社
レジストの形成方法
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
17日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
8日前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
株式会社ニコン
露光装置
8日前
ブラザー工業株式会社
定着装置
2か月前
キヤノン株式会社
定着器
2か月前
日本電産株式会社
光学ユニット
1か月前
シャープ株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
花王株式会社
液体現像剤
2か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
定着装置
2か月前
キヤノン株式会社
現像装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
三洋化成工業株式会社
トナーの製造方法
1か月前
キヤノン株式会社
アクセサリ装置
2か月前
続きを見る