TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021139621
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210916
出願番号2021100552
出願日20210617
発明の名称エアシャワー装置
出願人株式会社日立産機システム
代理人青稜特許業務法人
主分類F24F 7/06 20060101AFI20210820BHJP(加熱;レンジ;換気)
要約【課題】
エアジェット等の風圧が作用することによる操作性の低下を防止し、操作性の向上したエアシャワー装置を提供する。
【解決手段】
ファンからのエアをフィルタを介して人体や物品に吹き付け、塵埃を吹き飛ばすエアシャワー装置であって、エアシャワー室内に、制御装置に接続した感圧式のタッチパネルを備え、前記タッチパネルに、タッチパネル操作画面にエアジェット気流の風圧が作用することを防止する開閉可能なカバーを取り付けたものである。
【選択図】 図8
特許請求の範囲【請求項1】
ファンからのエアをフィルタを介して人体や物品に吹き付け、塵埃を吹き飛ばすエアシャワー装置であって、
エアシャワー室内に、制御装置に接続した感圧式のタッチパネルを備え、
前記タッチパネルに、タッチパネル操作画面にエアジェット気流の風圧が作用することを防止する開閉可能なカバーを取り付けたエアシャワー装置。
続きを表示(約 110 文字)【請求項2】
請求項1に記載のエアシャワー装置において、
前記感圧式のタッチパネルは、エアシャワー室内のエアジェット気流が吹き付けられる位置に取り付けられていることを特徴とするエアシャワー装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、感圧式のタッチパネルを取り付けたエアシャワー装置に関する。
続きを表示(約 5,700 文字)【背景技術】
【0002】
一般的なエアシャワー装置の機能として、エアシャワー室内の人や物品に対して、天井および側面に取り付けているエアジェットノズルからエアジェットを吹き出し、人や物品に付着している塵埃や髪の毛などを吹き飛ばす。
【0003】
エアシャワー装置の一例として、特許文献1には、「エアシャワー装置は、対象者の衣類に付着した付着物を除去するためのエアシャワー装置であって、タッチパネル式のディスプレイ装置と、制御部と、を備えている。ディスプレイ装置には、対象者の身長区分を入力するためのボタンが表示される。対象者は、表示されたボタンを操作することにより、身長区分を入力する。制御部は、前記身長区分に応じて開閉シャッターを制御することにより、対象者の頭部の位置に対する空気の噴出を行わないようにする。」と記載されている(要約参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2012−26698号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
エアシャワー装置において、感圧式のタッチパネル機器を取り付ける際、風圧が作用することにより機器の操作性が低下するという問題点がある。例えば、エアジェットやエアガンの気流がタッチパネル機器に当たることにより、タッチパネル機器が誤作動する恐れがある。また、作業者がタッチパネルを操作する際に、作業者の手に気流が当たることにより、違うボタンを押してしまう恐れがある。
【0006】
特許文献1の図1等に記載のエアシャワー装置は、噴出ノズルの上方にタッチパネル式のディスプレイ装置が取り付けられているため、気流がディスプレイ装置に当たることは少ないが、タッチパネル式のディスプレイ装置を高所に設けることによる操作性については考慮されていない。
【0007】
本発明は、エアジェット等の風圧が作用することによる操作性の低下を防止し、操作性の向上したエアシャワー装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記課題を解決するための、本発明の「エアシャワー装置」の一例を挙げるならば、
ファンからのエアをフィルタを介して人体や物品に吹き付け、塵埃を吹き飛ばすエアシャワー装置であって、エアシャワー室内に、制御装置に接続した感圧式のタッチパネルを備え、前記タッチパネルに、タッチパネル操作画面にエアジェット気流の風圧が作用することを防止する開閉可能なカバーを取り付けたものである。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、エアシャワー装置内に感圧式のタッチパネルを取り付けた際、エアジェット等の風圧が作用することによる操作性の低下を防止したエアシャワー装置を提供することができる。
【0010】
上記した以外の課題、構成及び効果は、以下の実施形態の説明により明らかにされる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
エアシャワー装置の外観斜視図である。
エアシャワー装置を作業者が通行する方向に対し側面から見た断面図である。
エアシャワー装置を作業者が通行する方向から見た断面図である。
エアシャワー装置の主要部を示す斜視図である。
実施例1のエアシャワー装置のタッチパネルのホーム画面を示す図である。
実施例1のエアシャワー装置の電気系のブロック構成図である。
実施例2のエアシャワー装置のタッチパネルのホーム画面を示す図である。
実施例3のエアシャワー装置の主要部を示す斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0012】
以下、本発明の実施例を、図面を用いて説明する。なお、実施例を説明するための各図において、同一の構成要素にはなるべく同一の名称、符号を付して、その繰り返しの説明を省略する。
【実施例】
【0013】
本発明の実施例1のエアシャワー装置を図1〜図6に沿って説明する。図1は、エアシャワー装置の外観斜視図である。1はエアシャワー装置全体を示している。2は出入口側のドアロック解除用スイッチを示している。3は出入口側のドアを示している。4は、手動ドア3を正面として、右側の本体ケースを示す。5は、手動ドア3を正面として、左側の本体ケースを示す。
【0014】
図2は、エアシャワー装置を作業者が通行する方向に対し側面から見た断面図である。6はエアシャワー装置に取り付けられた感圧式のタッチパネルを示している。7はクリーンルーム側のドアロック解除スイッチを示している。8はクリーンルーム側のドアを示している。9はエアシャワー装置に取り付けられたエアジェット吹き出しノズルを示している。エアジェット吹き出しノズル9は、エアシャワー室の側面や上面に複数設けられている。10はプレフィルタカバーを示している。11はエアジェット作動用センサを示している。
【0015】
図3は、エアシャワー装置を作業者が通行する方向からみた断面図である。12はプレフィルタを示している。13はファンを駆動するファンモータを示している。14はメインフィルタを示している。15はエアシャワー装置の制御ユニット(制御装置)を示している。これらの配置は、図の位置に限るものではない。本発明におけるドアタイプは、手動ドアのみに限定するものではなく、自動ドアでもよい。また、エアジェット作動用センサ11は光電スイッチである必要はなく、押しボタンスイッチや人感センサでもよい。
【0016】
図4は、エアシャワー装置の主要部を示す斜視図である。本体ケース4には、ノズル9を取り付けたダクトカバーが設けられ、本体ケース5のダクトカバーにはエアシャワー室の内部露出面に取り付けられた感圧式のタッチパネル6が設けられている。
【0017】
図4の符号16は、本体ケース4のノズル9を取り付けた部分を、本体ケース5のエアシャワー室内露出面に垂直方向に投影した部分である。斜線部17は、エアシャワー室内露出面において、領域16の部分を除く領域である。本体ケース4に取り付けた複数のノズル9よりエアジェット気流18が噴出される。
【0018】
エアシャワー装置の動作は次のとおりである。作業者が出入口側のドア3からエアシャワー室内に入り、エアジェット作動用センサ11で検知されると、ファンを駆動するファンモータ13が回転する。ファンにより送られたエアは、メインフィルタ14により塵埃などが除去され、エアシャワー室の側面および上面のノズル9からエアジェット気流として作業者へ吹き付けられる。作業者から吹き飛ばされた塵埃や髪の毛などは、下方に設けたプレフィルタ12で取り除かれ、エアはファンにより循環する。所定の時間、エアジェットが作動すると、クリーンルーム側のドアロックが解除され、作業者はクリーンルーム側のドア8からクリーンルーム側へ出ることができる。
【0019】
図5は、作業者がエアシャワー装置を通行する時に通常表示される感圧式のタッチパネルの画面である。20は感圧式のタッチパネルのホーム画面を示す。21は、タッチパネル画面内においてエアジェット時間をカウントダウンするためなどの、表示部を示す。22は、一定時間タッチし続けることにより、エアジェット作動中のタッチパネルの操作を無効とする運転に切替える操作無効運転切替用アイコンを示す。23,24はタッチパネルを操作するための画面操作用アイコンを示す。25は操作ボタンのアイコンを示す。26は表示を選択する選択用のアイコンを、27は照明を切り替える照明用のアイコンを示す。
【0020】
図においては、カウントダウン[秒]が選択されているため、表示部21にはエアジェットの残り時間が表示されている。選択用のアイコン26でジェット時間[秒]を選択し、操作ボタン25を操作することにより、エアジェット時間を設定することができ、クリーンアップ時間[秒]を選択し、操作ボタン25を操作することにより、エアジェットが終了してドアロック解除までのクリーンアップ時間を設定することができる。また、ジェット回数[回]を選択することにより、リセットしてからの、例えばエアフィルタを交換してリセットしてからのエアジェット回数を表示部21に表示することができ、また、ジェット総回数[万回]を選択することにより、エアシャワー装置を設置してからのエアジェットの総回数を表示することができる。
【0021】
本実施例では、操作を無効とする操作無効運転切替用アイコン22を一定時間タッチし続けた時、ファンモータ13が作動し、エアシャワー装置制御ユニット15よりファンモータ出力信号がON状態となっている間のタッチパネル操作を無効とし、画面操作用アイコン23,24による画面の切替えや設定等の全ての圧力検知画面をタッチすることによる操作を無効とする。また、ホーム画面20以外の画面にて操作、情報閲覧中であってもファンモータ13が作動すると強制的にホーム画面20に切替える。
なお、エアジェットが作動中でない状態、例えばドア開閉中などの場合は、タッチパネルは操作可能である。また、本実施例においてホーム画面20のレイアウトは図5のものに限定されるものではない。
【0022】
図6に、実施例1のエアシャワー装置の電気系のブロック構成図を示す。PLC(Programmable Logic Controller)等のエアシャワー制御ユニット15には、感圧式タッチパネル6の画面操作用アイコン23,24、操作ボタンアイコン25、操作無効運転切替用アイコン22などからの信号が入力する。また、エアジェット作動用センサ11や、出入口側のドアロック解除用スイッチ2、クリーンルーム側のドアロック解除スイッチ7からの信号も入力する。そして、エアシャワー制御ユニット15の表示出力により、感圧式タッチパネル6の表示部21にカウントダウン時間等の情報が表示されるとともに、制御出力がファンモータ13に加えられ、ファンモータのON・OFFなどを制御する。なお、図には記載していないが、出入口側やクリーンルーム側のドアロックもエアシャワー制御ユニット15で制御される。
【0023】
実施例3の変形例として、ファンモータが作動している間のタッチパネル操作を無効とするに加えて、ドア(出入口側、クリーンルーム側)が開いた状態においてもタッチパネル操作を無効とするようにしてもよい。ドアが開いた状態(ドア開中)では人や物の出入りがあるため、人や物によるタッチパネルへの接触等でタッチパネルの誤操作の恐れがある。そのため、人や物の動きがないときのみ、タッチパネル操作を有効とすればよい。
【0024】
また、エアシャワー動作に連動して、タッチパネル操作を無効とするように構成してもよい。
【0025】
本実施例によれば、感圧式のタッチパネル6に操作無効運転切替用アイコン22を備え、操作無効運転切替用アイコン22を一定時間タッチし続けることにより、ファンモータ13が作動している間のタッチパネル操作を無効とすることができる。そのため、エアジェット気流等の風圧が作用することによる感圧式のタッチパネルの誤操作を防止し、操作性を向上することができる。
【実施例】
【0026】
図7に基づいて本発明の実施例2を説明する。
【0027】
図7は、作業者がエアシャワー装置を通行する時に表示される感圧式タッチパネルの画面である。28は画面ロック状態切替アイコンを示す。20は画面ロック状態切替アイコン28を設置したエアシャワー装置のホーム画面を示す。その他のアイコンについては、図5と同様である。
【0028】
実施例2では、画面ロック状態切替アイコン28を一定時間タッチし続けることにより、ファンモータ13が作動中か否かに関わらずタッチパネル6にて表示する画面をホーム画面20に固定し、画面の切替や設定の変更を無効とする。ホーム画面固定後、画面操作用アイコン23,24を特定の順番及びタッチ時間にてタッチすることにより、ホーム画面の固定を解除し、他の画面へ再度切替や設定の変更を可能とする状態に戻すものである。ホーム画面の固定の解除は、画面ロック状態切替アイコン28を長押しして、解除するようにしてもよい。
なお、本実施例において、画面のレイアウトはこの図7に限定するものではない。
【0029】
本実施例によれば、感圧式のタッチパネル6に画面ロック状態切替アイコン28を備え、画面ロック状態切替アイコン28を一定時間タッチし続けることにより、ファンモータ13が作動中か否かに関わらずタッチパネル6にて表示する画面をホーム画面20に固定し、画面の切替や設定の変更を無効とすることができる。そのため、エアジェット気流等の風圧が作用することによる感圧式のタッチパネルの誤操作を防止し、操作性を向上することができる。また、一般的に、様々な設定は管理者が行うため、一般使用者の誤操作・故意の設定変更を防ぐことも可能となる。
【実施例】
【0030】
本発明の実施例3のエアシャワー装置を、図8に基づいて説明する。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社日立産機システム
圧縮機
株式会社日立産機システム
回転電機
株式会社日立産機システム
電動巻上機
株式会社日立産機システム
気体圧縮機
株式会社日立産機システム
バスダクト
株式会社日立産機システム
電流センサ
株式会社日立産機システム
軸流ファン
株式会社日立産機システム
電力変換装置
株式会社日立産機システム
電力変換装置
株式会社日立産機システム
真空開閉装置
株式会社日立産機システム
電力変換装置
株式会社日立産機システム
電力変換装置
株式会社日立産機システム
電力変換装置
株式会社日立産機システム
電力変換装置
株式会社日立産機システム
静止誘導電機
株式会社日立産機システム
立体鉄心変圧器
株式会社日立産機システム
モータ制御装置
株式会社日立産機システム
液体定量吐出装置
株式会社日立産機システム
エアシャワー装置
株式会社日立産機システム
液冷式ガス圧縮機
株式会社日立産機システム
エアシャワー装置
株式会社日立産機システム
モータ制御システム
株式会社日立産機システム
電磁操作式開閉装置
株式会社日立産機システム
給液式スクリュー圧縮機
株式会社日立産機システム
インクジェット記録装置
株式会社日立産機システム
給液式スクリュー圧縮機
株式会社日立産機システム
インクジェット記録装置
株式会社日立産機システム
静止誘導機器および変圧器
株式会社日立産機システム
アキシャルギャップ型回転電機
株式会社日立産機システム
印字システム、及び印字検査方法
株式会社日立産機システム
自動販売機および人物捜索システム
株式会社日立産機システム
気体分離システム及び気体分離方法
株式会社日立産機システム
監視システム、監視装置及び監視方法
株式会社日立産機システム
監視機器、配電盤および監視システム
株式会社日立産機システム
圧縮機、ピストン、およびコンロッド
株式会社日立産機システム
コンバータ装置および電力変換システム
続きを見る