TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021139326
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210916
出願番号2020036972
出願日20200304
発明の名称内燃機関
出願人株式会社豊田自動織機
代理人特許業務法人深見特許事務所
主分類F02B 53/00 20060101AFI20210820BHJP(燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備)
要約【課題】運転中の損失を低減できる内燃機関を提供する。
【解決手段】圧縮行程にある燃焼室C1内の圧力上昇が先行ロータPRを回転駆動する場合において、先行ロータPRおよび後追ロータFRの回転中心を中心とした所定の径の位置での、後追ロータFRが先行ロータPRの移動開始前の元位置OPに到達するまでの先行ロータPRの移動量が、先行ロータPRのロータ幅Wよりも大きいように、先行ロータPRの移動量とロータ幅Wとが設定されている。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
円筒形状のハウジングと、
前記ハウジング内に回転中心を中心に一方向に回転可能に支持される第1ピストン部材と、
前記ハウジング内に前記回転中心を中心に前記一方向に回転可能に支持される第2ピストン部材とを備え、
前記ハウジング、前記第1ピストン部材および前記第2ピストン部材は、燃料を燃焼させるための燃焼室を形成し、複数の前記燃焼室内において吸気行程、圧縮行程、膨張行程および排気行程からなるサイクルが繰り返され、
圧縮行程にある前記燃焼室内の圧力上昇が前記第1ピストン部材および前記第2ピストン部材のうちのいずれか一方のピストン部材を回転駆動する場合において、前記回転中心を中心とした所定の径の位置での、前記第1ピストン部材および前記第2ピストン部材のうちのいずれか他方のピストン部材が前記一方のピストン部材の移動開始前の位置に到達するまでの前記一方のピストン部材の移動量が、前記一方のピストン部材の前記一方向の寸法よりも大きいように、前記一方のピストン部材の前記移動量と前記寸法とを設定した、内燃機関。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
前記一方のピストン部材の前記一方向の後方面に作用する圧力と、前記一方のピストン部材の前記一方向の前方面に作用する圧力との差を調整することにより、前記一方のピストン部材の前記移動量を設定した、請求項1に記載の内燃機関。
【請求項3】
前記一方のピストン部材のイナーシャを調整することにより、前記一方のピストン部材の前記移動量を設定した、請求項1または請求項2に記載の内燃機関。
【請求項4】
前記一方のピストン部材の前記一方向の前方面と後方面とは、前記一方のピストン部材の回転の径方向に延び、
前記前方面と前記後方面との成す角度が5°以上であるように前記一方のピストン部材の前記寸法を設定した、請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の内燃機関。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、内燃機関に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
特開平6−2559号公報(特許文献1)には、回転軸と、回転軸上で回転する第1ロータおよび第2ロータと、第1ロータおよび第2ロータの動力を回転軸へ伝達する動力伝達手段とを備えるロータリエンジンが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平6−2559号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
複数のピストン部材が独立して回転可能な回転ピストン型のエンジンにおいては、エンジンの運転中の損失を低減して燃費を向上するため、外部からの動力供給をすることなくピストン部材の回転を継続できることが望まれる。
【0005】
本開示では、運転中の損失を低減できる内燃機関が提案される。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示に従うと、円筒形状のハウジングと、ハウジング内に回転中心を中心に一方向に回転可能に支持される第1ピストン部材および第2ピストン部材とを備える、内燃機関が提案される。ハウジング、第1ピストン部材および第2ピストン部材は、燃料を燃焼させるための燃焼室を形成する。複数の燃焼室内において吸気行程、圧縮行程、膨張行程および排気行程からなるサイクルが繰り返される。圧縮行程にある燃焼室内の圧力上昇が第1ピストン部材および第2ピストン部材のうちのいずれか一方のピストン部材を回転駆動する場合において、第1ピストン部材および第2ピストン部材の回転中心を中心とした所定の径の位置での、第1ピストン部材および第2ピストン部材のうちのいずれか他方のピストン部材が一方のピストン部材の移動開始前の位置に到達するまでの一方のピストン部材の移動量が、一方のピストン部材の一方向の寸法よりも大きいように、一方のピストン部材の移動量と寸法とが設定されている。
【0007】
このように一方のピストン部材の移動量と寸法とを設定することで、ピストン部材に外部から動力を供給しなくても内燃機関の運転を継続でき、内燃機関の運転中の損失を低減することができる。
【0008】
上記の内燃機関において、一方のピストン部材の一方向の後方面に作用する圧力と、一方のピストン部材の一方向の前方面に作用する圧力との差を調整することにより、一方のピストン部材の移動量を設定してもよい。
【0009】
上記の内燃機関において、一方のピストン部材のイナーシャを調整することにより、一方のピストン部材の移動量を設定してもよい。
【0010】
上記の内燃機関において、一方のピストン部材の一方向の前方面と後方面とは、一方のピストン部材の回転の径方向に延び、前方面と後方面との成す角度が5°以上であるように一方のピストン部材の寸法を設定してもよい。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社豊田自動織機
充電器
株式会社豊田自動織機
圧縮機
株式会社豊田自動織機
船外機
株式会社豊田自動織機
圧縮機
株式会社豊田自動織機
弁装置
株式会社豊田自動織機
圧縮機
株式会社豊田自動織機
圧縮機
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
株式会社豊田自動織機
流体機械
株式会社豊田自動織機
流体機械
株式会社豊田自動織機
積層装置
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
株式会社豊田自動織機
冷却装置
株式会社豊田自動織機
充電装置
株式会社豊田自動織機
キャスタ
株式会社豊田自動織機
認識装置
株式会社豊田自動織機
充電装置
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
株式会社豊田自動織機
冷却装置
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
株式会社豊田自動織機
認識装置
株式会社豊田自動織機
蓄電セル
株式会社豊田自動織機
蓄電セル
株式会社豊田自動織機
電源装置
株式会社豊田自動織機
積層装置
株式会社豊田自動織機
電源装置
株式会社豊田自動織機
回転電機
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
株式会社豊田自動織機
内燃機関
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
株式会社豊田自動織機
車体構造
株式会社豊田自動織機
内燃機関
株式会社豊田自動織機
ステータ
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
続きを見る