TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021139118
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210916
出願番号2020035299
出願日20200302
発明の名称廻縁部材
出願人トヨタホーム株式会社
代理人特許業務法人太陽国際特許事務所
主分類E04F 19/02 20060101AFI20210820BHJP(建築物)
要約【課題】配線を収容可能な構成において、部品点数が少なく且つ配線の追加等の作業が容易な廻縁部材を得る。
【解決手段】廻縁部材10は、天井60と間仕切壁40(壁)との角部に設けられるものであり、配線90を収容可能な収容空間16を有している。この廻縁部材10は、壁に取り付けられる取付部12と、取付部12から一体かつ弾性変形可能に延出される変形部14とを備えている。変形部14と取付部12との間には、上記の収容空間16が形成され、変形部14の上端と天井60との間には、上記の収容空間16に配線90を挿入可能な隙間18が形成される。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
天井と壁との角部に設けられ、配線を収容可能な収容空間を有する廻縁部材であって、
前記壁に取り付けられる取付部と、
前記取付部から一体かつ弾性変形可能に延出され、前記取付部との間に前記収容空間を形成すると共に、上端と前記天井との間に形成される隙間から前記収容空間に配線を挿入可能とされる変形部と、
を備えた廻縁部材。
続きを表示(約 270 文字)【請求項2】
前記変形部の上部には、前記壁側に曲がった返し部が形成されている請求項1に記載の廻縁部材。
【請求項3】
前記取付部を前記壁に取り付けるための工具を前記隙間に挿入可能とされている請求項1又は請求項2に記載の廻縁部材。
【請求項4】
前記取付部は、
前記壁に取り付けられる縦面部と、
該縦面部の下端から前記壁とは反対側へ向けて延出される底面部と、
を有しており、
前記変形部は、前記底面部の先端から延出されている請求項1〜請求項3の何れか1項に記載の廻縁部材。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、配線を収納可能な廻縁部材に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
下記特許文献1には、巾木や廻縁となる配線収納部材が開示されている。この配線収納部材は、壁と床または天井との角に設けられるベースユニットと、このベースユニットを室内側から覆うカバーユニットとを有している。このカバーユニットがベースユニットに嵌合されることにより、カバーユニットとベースユニットとの間が中空構造となり、当該中空構造に配線が収納される。これにより、配線が乱雑になることを防止できるだけでなく、カバーユニットが開閉自在であるため、配線の追加、変更、メンテナンス等の作業が容易であるとされている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2008−075310号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記の先行技術は、ベースユニットとカバーユニットとの2ピース構造であり、部品点数が多いため、製造コストが高くなり、施工性が悪くなる。また、配線の追加等の作業を行う際には、ベースユニットからカバーユニットを取り外す必要があるが、材料の劣化等により、取り外しができなかったり壊れたりする可能性がある。
【0005】
本発明は上記事実を考慮し、配線を収容可能な構成において、部品点数が少なく且つ配線の追加等の作業が容易な廻縁部材を得ることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の第1の態様の廻縁部材は、天井と壁との角部に設けられ、配線を収容可能な収容空間を有する廻縁部材であって、前記壁に取り付けられる取付部と、前記取付部から一体かつ弾性変形可能に延出され、前記取付部との間に前記収容空間を形成すると共に、上端と前記天井との間に形成される隙間から前記収容空間に配線を挿入可能とされる変形部と、を備えている。
【0007】
第1の態様では、天井と壁との角部に設けられる廻縁部材が、配線を収容可能な収容空間を有している。この廻縁部材は、壁に取り付けられる取付部と、この取付部から一体に延出される変形部とを備えており、変形部と取付部との間に上記の収容空間が形成される。この収容空間には、変形部の上端と天井との間に形成される隙間から配線を挿入可能とされている。しかも、変形部が弾性変形可能とされているので、配線の追加、変更、メンテナンス等の作業が容易である。また、取付部と変形部とが一体になっているため、従来の2ピース構造の配線収納部材と比べて部品点数が少ない。
【0008】
本発明の第2の態様の廻縁部材は、第1の態様において、前記変形部の上部には、前記壁側に曲がった返し部が形成されている。
【0009】
第2の態様では、上記の返し部が変形部の上部に形成されることにより、収容空間内の配線が変形部の上端と天井との間の隙間側に不用意にはみ出し難くなる。しかも、上記の隙間が下方からの視線に対して目立たなくなり、意匠性が向上する。
【0010】
本発明の第3の態様の廻縁部材は、第1又は第2の態様において、前記取付部を前記壁に取り付けるための工具を前記隙間に挿入可能とされている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

トヨタホーム株式会社
建物
トヨタホーム株式会社
住宅
トヨタホーム株式会社
建物
トヨタホーム株式会社
電着塗装装置
トヨタホーム株式会社
防犯システム
トヨタホーム株式会社
間仕切壁構造
トヨタホーム株式会社
親綱設置方法
トヨタホーム株式会社
金物固定用治具
トヨタホーム株式会社
収納型螺旋階段
トヨタホーム株式会社
腰壁用足場装置
トヨタホーム株式会社
軒天見切り構造
トヨタホーム株式会社
献立提案システム
トヨタホーム株式会社
吹出口の閉鎖構造
トヨタホーム株式会社
設計支援システム
トヨタホーム株式会社
収納装置の設置構造
トヨタホーム株式会社
リフォーム提案装置
トヨタホーム株式会社
建物の施解錠システム
トヨタホーム株式会社
建物の施解錠システム
トヨタホーム株式会社
インテリア支援システム
トヨタホーム株式会社
屋根の壁際側の防水構造
トヨタホーム株式会社
閉断面構造部材及び建物
トヨタホーム株式会社
建物及び建物への配車システム
トヨタホーム株式会社
宿泊施設のチェックインシステム
トヨタホーム株式会社
建物ユニットの設置方法
トヨタホーム株式会社
建物の気密構造及び気密部材組付方法
トヨタホーム株式会社
建物の気密構造及び気密部材組付方法
トヨタホーム株式会社
太陽光パネル支持体及び太陽光パネルの取付構造
トヨタホーム株式会社
建物ユニットの製造装置及び建物ユニットの製造方法
トヨタホーム株式会社
建物ユニットの接合構造及び建物ユニットの接合方法
個人
除雪装置
個人
収納構造
個人
防振パネル
個人
墓石前香炉
個人
ログ風建造物
個人
自立式L型鉄筋
個人
仕口の接合方法
続きを見る