TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021137246
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210916
出願番号2020036696
出願日20200304
発明の名称洗濯機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類D06F 33/32 20200101AFI20210820BHJP(繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料)
要約【課題】本開示は、使用者の使用頻度に合わせた洗濯方法を提供し、期待する洗濯性能を発揮する洗濯機を提供する。
【解決手段】本開示における洗濯機100は、運転コース等のモードや各種機能を選択して入力する操作手段10およびその入力情報などを表示する表示手段8を有する操作表示手段6と、洗濯機100の使用者を特定する使用者特定手段1と、操作表示手段6および使用者特定手段1などと情報のやり取りを行い、洗い、すすぎ、脱水などの各工程を逐次制御する制御手段47とを備え、制御手段47は、使用者特定手段1により特定された使用者に応じた表示内容を表示手段8に表示するものである。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
運転コース等のモードや各種機能を選択して入力する操作手段およびその入力情報などを表示する表示手段を有する操作表示手段と、洗濯機の使用者を特定する使用者特定手段と、前記操作表示手段および前記使用者特定手段などと情報のやり取りを行い、洗い、すすぎ、脱水などの各工程を逐次制御する制御手段とを備え、前記制御手段は、前記使用者特定手段により特定された前記使用者に応じた表示内容を前記表示手段に表示する洗濯機。
続きを表示(約 690 文字)【請求項2】
運転コース等のモードや各種機能を選択して入力する操作手段およびその入力情報などを表示する表示手段を有する操作表示手段と、洗濯機の使用者を特定する使用者特定手段と、前記操作表示手段および前記使用者特定手段などと情報のやり取りを行い、洗い、すすぎ、脱水などの各工程を逐次制御する制御手段とを備え、前記制御手段は、前記使用者特定手段により特定された前記使用者に応じた洗濯の機能に制限する洗濯機。
【請求項3】
前記使用者特定手段は、マイクロホン等で構成した音声入力手段と、前記使用者の音声を予め登録した使用者音声記憶手段と、前記使用者音声記憶手段に登録された音声と前記音声入力手段に入力された音声を比較する音声比較手段とを備え、前記音声比較手段により比較した結果に基づき、前記使用者を特定する請求項1または2に記載の洗濯機。
【請求項4】
前記使用者の音声は、特定の単語である請求項3に記載の洗濯機。
【請求項5】
カメラ等で構成した画像認識手段と、前記使用者の顔、指紋、虹彩などの使用者の身体的特徴の画像を予め登録した使用者画像記憶手段と、前記使用者画像記憶手段に登録された画像と前記画像認識手段で認識された画像を比較し分析する画像分析手段とを備え、前記画像分析手段により分析した結果に基づき、前記使用者を特定する請求項1または2に記載の洗濯機。
【請求項6】
前記使用者特定手段は、洗濯機と直接的または間接的にデータ通信できる外部端末機器とした請求項1〜5のいずれか1項に記載の洗濯機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、洗濯機に関する。
続きを表示(約 4,300 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1は、使用者が操作したい操作ボタンを見つけやすくするために、必要な操作回数を低減し操作性を向上させる洗濯機を開示する。そして、この洗濯機は、液晶パネルと、液晶パネルに重ねて配置し透明電極を裏面に有する透明板とを有し、透明板を指で触れることで操作を行うタッチパネル表示部と、タッチパネル表示部を制御する制御手段とを備え、タッチパネル表示部は、予め設定された洗濯や乾燥の運転シーケンスを指定する複数のコースタッチボタンを有し、制御手段は、液晶パネルに複数のコースタッチボタンの中から抽出されたコースタッチボタンを表示するものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014−33764号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本開示は、使用者を判定することで、各使用者の使用頻度に合わせた表示や機能を提供することが出来、容易な操作性の洗濯機を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本開示における洗濯機は、運転コース等のモードや各種機能を選択して入力する操作手段およびその入力情報などを表示する表示手段を有する操作表示手段と、洗濯機の使用者を特定する使用者特定手段と、前記操作表示手段および前記使用者特定手段などと情報のやり取りを行い、洗い、すすぎ、脱水などの各工程を逐次制御する制御手段とを備え、前記制御手段は、前記使用者特定手段により特定された前記使用者に応じた表示内容を前記表示手段に表示する。
【発明の効果】
【0006】
本開示における洗濯機は、各使用者の使用頻度に合わせた洗濯方法を提供することができ、操作性を容易にし、使用者が期待する洗濯性能を十分に発揮することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
第1の実施の形態における洗濯機の外観図
第1の実施の形態における洗濯機の縦断面図
第1の実施の形態における洗濯機の要部ブロック回路図
第1の実施の形態における洗濯機の操作表示手段の一例図
第1の実施の形態における洗濯機の操作表示手段の一例図
第1の実施の形態における洗濯機の操作表示手段の一例図
第2の実施の形態における洗濯機の外観図
第2の実施の形態における洗濯機の縦断面図
第2の実施の形態における洗濯機の要部ブロック回路図
他の実施の形態における洗濯機の表示手段の一例図
【発明を実施するための形態】
【0008】
(本開示の基礎となった知見等)
発明者らが本開示に想到するに至った当時、使用者が電源を入れ、例えば、第1の入力手段を押すと、「おまかせ」コースが点灯し、ボタンを押すたびに「ワイシャツ」、「おうちクリーニング」、「毛布」コースと、コースが切り替わっていく技術があった。
【0009】
また、使用者が好みのコースを設定することができる。水量ボタンで洗濯したい洗濯物の量に応じて水位を決め、洗いボタンで洗い時間、すすぎボタンですすぎ回数、脱水ボタンで脱水時間を好みに設定してコースを設定できるようになっていた。
【0010】
しかしながら、前記従来の構成では、操作が複雑であり、日常的に洗濯している母親(主婦)であれば問題は無いであろうが、たまにしか洗濯しない父親や子供には、洗いたい洗濯物に対して、どのコースを選ぶか、あるいは、どんな時間に設定するかなどは非常に難しく、思うような洗濯性能が得られないという課題があった。
□そこで本開示は、音声入力等により使用者を判定することで、各使用者の使用頻度に合わせた洗濯方法を提供することが出来、操作性を容易にし、使用者が期待する洗濯性能を十分に発揮できる洗濯機を提供する。
【0011】
以下、図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。但し、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項の詳細説明、または、実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。これは、以下の説明が必要以上に冗長になるのを避け、当業者の理解を容易にするためである。
【0012】
なお、添付図面および以下の説明は、当業者が本開示を十分に理解するために提供されるのであって、これらにより特許請求の範囲に記載の主題を限定することを意図していない。
【0013】
(実施の形態1)
以下、図1〜図6を用いて、実施の形態1を説明する。
【0014】
[1−1.構成]
[1−1−1.洗濯機の構成]
図1、図2において、洗濯機100は、本体31内に、水槽32が揺動自在に弾性支持され、水槽32内に有底円筒形に形成された回転ドラム33が配設され、その軸心方向を正面側から背面側に向けて下向きに傾斜させて回転自在に支持されている。 水槽32の正面側には回転ドラム33の開口端に通じる衣類出入口34が形成され、本体31の前面側を構成する前部枠体35の前面に形成された上向き傾斜面に設けられた開口部36を開閉するドア39を開くことにより、衣類出入口34を通じて回転ドラム33内の洗濯物を出し入れすることができる。また、ドア39は、運転中は、前部枠体35側に設けたドアロック装置(図示せず)によりロックされて開かないようになっており、ドアロック装置側のフック挿入穴21に、ドア39側のフック20が挿入されることで、ドア39が閉状態にロックされるようになっている。
【0015】
回転ドラム33の周面には、水槽32内に通じる多数の透孔40が形成され、回転ドラム33は、水槽32の背面側に取り付けられたモータ41によって、正転及び逆転方向に回転駆動される。また、水槽32には、注水管路42及び排水管路43が配管接続され、給水弁44および排水弁45の制御によって水槽32内への注水及び排水がなされる。
【0016】
本体31前面部の前部枠体35の上方と本体31上部の天板27との間には、使用者が運転コース等のモードや各種機能の選択などをする操作表示手段6が配設され、その操作表示手段6の操作手段10から入力して行い、入力情報を基に表示手段8で表示して使用
者に知らせる。
【0017】
操作表示手段6の左側下部には洗剤投入ケース26が前方に引き出し可能となるように前部枠体35に配置されている。
【0018】
また、水槽32の側面下部と本体31との間には、水槽32を揺動自在に弾性支持するための振動ダンパー30が設けられている。
【0019】
また、操作表示手段6の隣部には、音声入力手段2が設けられているが、図3以降で詳述する。
【0020】
また、本体31の下方には、制御手段47が配設されており、後述する使用者特定手段1からの情報などを基に、モータ41、給水弁44、排水弁45、ドアロック装置などを制御し、洗い、すすぎ、脱水などの各工程を逐次制御する。
【0021】
衣類の洗濯を行う場合は、まずドア39を開いて回転ドラム33内に洗濯物を投入してドア39を閉め運転を開始させると、ドア39はドアロック装置により、閉状態にロックされて、給水弁44が開き、洗剤投入ケース26内に水が給水され、洗剤投入ケース26内の洗剤を流しながら、注水管路42を介して水槽32内に所定量の注水がなされ、モータ41により回転ドラム33が回転駆動されて洗い工程が開始される。洗い工程の洗濯物は、回転ドラム33の回転により回転方向に持ち上げられ落下する撹拌動作が繰り返され、洗いがなされる。
【0022】
そして、所要の洗い工程の後、排水弁45が開き、汚れた洗濯液は排水管路43から排出され、回転ドラム33を高速回転させる脱水動作により、洗濯物に含まれた洗濯液を脱水し、その後、水槽32内に注水管路42を介して注水され、すすぎ工程が実施される。このすすぎ工程においても、洗濯物には回転ドラム33の回転により撹拌動作が繰り返されて、すすぎが実施される。そして、脱水工程へと移行していく。
【0023】
脱水工程が終わると、ドアロック装置はドア39のロックを解除するので、ドア39を開けて回転ドラム33内の洗濯物を取り出すことができる。
【0024】
[1−1−2.使用者特定手段の構成]
図3において、洗濯機100を使用する場合には、事前に、洗濯機100の使用者である、例えば、母親、父親、子供を使用者特定手段1の使用者音声記憶手段4に登録する。
【0025】
これには、音声入力手段2であるマイクロホンを用いて、使用者音声記憶手段4に各人の音声信号を登録する。例えば、「母親」、「父親」、「子供」などの各人に応じた特定の単語を音声で登録する。
【0026】
次に、各使用者の使用頻度に合わせ、既定の運転コースから選択したり、洗い時間、すすぎ回数、脱水時間などを好みに選択したりして、各使用者の運転コースを設定して登録しておく。
【0027】
これには、操作表示手段6の操作手段10より操作して、表示手段8の表示を見ながら設定して登録する。
【0028】
実際に運転する時は、登録した特定の単語を音声で出すと、音声入力手段2に入力され、音声分析手段3により分析された音声信号と使用者音声記憶手段4に登録された音声信号を比較し、音声比較手段5にて比較結果を出力する。
【0029】
その比較結果により、使用者を特定して、操作表示手段6の表示手段8に運転コースを表示するので、使用者は表示内容で良ければ、洗濯物や洗剤などを投入して、運転をスタートする。なお、表示内容決定手段7は、特定された使用者に応じた表示内容を決定するものであり、操作内容決定手段9は、特定された使用者に応じた操作内容、機能を決定するものである。
【0030】
なお、上記においては、使用者の応じた特定の単語としたが、使用者の音声そのものを認識して、判定する方法でもよい。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
機器
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
混練機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
炊飯器
パナソニックIPマネジメント株式会社
自転車
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
補聴器
パナソニックIPマネジメント株式会社
リール
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
ポンプ
パナソニックIPマネジメント株式会社
ボトル
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
炊飯器
続きを見る