TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021136856
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210913
出願番号2020042447
出願日20200221
発明の名称電力ケーブル保護ダクト
出願人マルホ産業株式会社
代理人
主分類H02G 3/04 20060101AFI20210816BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】地下配線の建物屋側への立ち上がり部分から電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブル配線において、一部むき出しになっており損傷しやすいことから、第三者による感電あるいは盗電の防止する電力ケーブル保護ダクトを提供する。
【解決手段】電力ケーブル保護ダクトは、地下配線の建物屋側への立ち上がり部分6から電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブルの保護として、各種電力ケーブル保護ダクト(直線角型ダクト2、可撓性ダクト4)およびカップリング1、3、5を順に差し込む方式により取り付け、電力取引用メーターボックスの嵌合部の封印により、電力ケーブル配線全体がロックされ、雨水が侵入しないカップリングを用いた構造とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
電力ケーブルの地下埋設配管から建物屋側部分に施設した電力取引用メーターボックスまでの接続用電力ケーブル保護ダクトであって、地下埋設配管からの立ち上がり配管と直線角型ダクトを接続する差し込み方式のカップリング、直線角型ダクト、直線角型ダクトと可撓性ダクトを接続する差し込み方式のカップリング、可撓性ダクト、可撓性ダクトと電力取引用メーターボックス嵌合部を接続する差し込み方式のカップリングを順に接続し、電力取引用メーターボックス上蓋を取り付け嵌合部のねじ取り付けにより、建物屋側に施設した電力取引用メーターボックスまでの全体がロックされることを特徴とする電力ケーブル保護ダクト。
続きを表示(約 290 文字)【請求項2】
請求項1の電力ケーブル保護ダクトのカップリングであって、地中配管と直線角型ダクトの接続で、受け口内部が外部の受け口より高さが高い二重の受け口が形成されており、雨水がダクトの中に入らない構造の差し込み方式を特徴とするカップリングを有する電力ケーブル保護ダクト。
【請求項3】
請求項1の電力ケーブル保護ダクトのカップリングであって、直線角型ダクトと可撓性ダクトの接続で、受け口内部が外部の受け口より高さが高い二重の受け口が形成されており、雨水がダクトの中に入らない構造の差し込み方式を特徴とするカップリングを有する電力ケーブル保護ダクト。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、公道上および宅地内の電力ケーブル地下配線を経由して建物の屋側部分に立ち上がり、電力取引用メーターまでの配線部分の電力ケーブル保護ダクトに関するものである。
続きを表示(約 2,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来、電線類の地中化において、架空の電線から家屋に至る低圧架空引込線の家屋との接続点から電力取引用メーターまでの配線を地下からの電力ケーブル配線に変更する場合、公道上および宅地内に地中埋設した配管に、建物の屋側部分に金属管を取り付けサドル等により支持し、この配管の中に電力ケーブルを挿入し、公道上の地中電力ケーブルと電力取引用メーターを接続していた。
【0003】
前記方法によると金属管と電力取引用メーターボックスは直接接続できないことから電力ケーブルがむき出しになっており、電力計量しない電気を容易に取り出せる構造であった。
【0004】
前記金属管と電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブルの配線において、金属管上部に防水パテ等を施設しても雨水が侵入していた。
【0005】
建物屋側の立ち上がり部分に金属パイプを使用していたため、漏電による感電防止を目的としたアース工事が必要であり施工に多くの時間や費用を費やしていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特許第4625967号の直状ダクトと配線ダクト連結具とを組み合わせた配線ダクトは、第三者が配線ダクトを取り外せない機構および雨水侵入防止構造を有していない。
【0007】
特許第3701284号の可撓性配線ダクトは、第三者が配線ダクトを取り外せない機構および雨水侵入防止構造を有していない。
【0008】
特許第3532705号のエアコン用冷媒管の保護ダクトは、第三者が配線ダクトを取り外せない機構および雨水侵入防止構造を有していない。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
建物屋側への立ち上がり部分から電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブル配線において、電力ケーブルが、一部むき出しになっており損傷しやすいことから、第三者による感電あるいは盗電の防止が必要であった。
【0010】
建物屋側への立ち上がりの金属管上部に防水パテ等を施設しても、雨水が電力ケーブルの隙間から公道上の地下ボックスへ侵入し電気的な漏電や電力ケーブルの寿命影響など保安上の問題があった。
【課題を解決するための手段】
【0011】
地中埋設電力ケーブルおよび電力ケーブル保護管の建物屋側部分から電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブル保護管接続方法として、本発明は、地中埋設管と直線角型ダクトを接続する差し込み方式のカップリング、直線角型ダクト、直線角型ダクトと可撓性ダクトを接続する差し込み方式のカップリング、可撓性ダクト、可撓性ダクトと電力取引用メーターボックス嵌合部を接続する差し込み方式のカップリング、電力取引用メーターボックスの嵌合部で構成し、地中配管と直線角型ダクトを接続する差し込み方式のカップリング、直線角型ダクト、直線角型ダクトの建物屋側部へのねじ固定、直線角型ダクトと可撓性ダクトを接続する差し込み方式のカップリング、可撓性ダクト、可撓性ダクトと電力取引用メーターボックス嵌合部を接続する差し込み方式のカップリングを順に取り付け、その後電力ケーブルを挿入し、最後に電力取引用メーターボックス上蓋を取り付け嵌合部のねじ取り付けにより、建物屋側の立ち上がり部分から電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブル保護ダクト全体がロックされることにより、第三者による感電あるいは盗電の防止がはかれ電力ケーブルのセキュリティーが向上する。
【発明の効果】
【0012】
建物屋側への立ち上がりから電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブルが、保護ダクトに収められるため、損傷の可能性が無くなり、損傷した電力ケーブルにより感電する危険性も無くなる。
【0013】
建物屋側への立ち上がりから電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブルが、保護ダクトに収められるため、意図的に電力ケーブルに電線を接続することがなくなり、電気を無断で使用することが出来なくなる。
【0014】
従来は建物屋側の立ち上がりに金属パイプを使用していたため、漏電による感電防止を目的としたアース工事が必要であったが、本発明による保護ダクトの材料を樹脂製としたため、アース工事は不要となり施工が容易となった。
【0015】
従来は建物屋側の立ち上がりの金属パイプを固定するサドルが必要で数か所突起部分があったが、直線角型ダクトの内部でねじを取り付けるため、突起部分も無くなり見た目もスッキリで家屋への取り付けも容易である。
【図面の簡単な説明】
【0016】
建物屋側部分から電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブル保護ダクトおよびそれぞれの部品詳細図
直線角型ダクトと断面図
【発明を実施するための形態】
【0017】
電力ケーブルおよび電力ケーブル保護管を建物屋側部分に施設し電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブルおよび電力ケーブル保護管接続方法として、本発明を実施するための形態は、地中配管の立ち上がり部6へ地中配管と直線角型ダクトを接続する差し込み方式のカップリング1には、受け口内部1bが外部の受け口1cより高さが高い二重の受け口で、外部の1cの方が低く、内部に雨水等が侵入しない構造となっており、さらに1aの穴から排水される、直線角型ダクト2には、直線角型ダクトの建物屋側部へのねじ固定2c、上部部材の2aを2bの受け口に上部から挿入する構造となっており、上下のカップリング取り付け後は、取り外しが出来なくなる。直線角型ダクトと可撓性ダクトを接続する差し込み方式のカップリング3には、受け口内部3bが外部の受け口3cより高さが高い二重の受け口で、外部の3cの方が低く、内部に雨水等が侵入しない構造となっており、さらに3aの穴から排水される、可撓性ダクト4、可撓性ダクトと電力取引用メーターボックス嵌合部を接続する差し込み方式のカップリング5を順に取り付け、その後電力ケーブルを挿入し最後に電力取引用メーターボックス上蓋を取り付け嵌合部の封印ねじ取り付けにより、建物屋側の立ち上がり部分から電力取引用メーターボックスまでの電力ケーブル配線保護ダクト全体がロックされる電力ケーブル保護ダクトを提供する。
【符号の説明】
【0018】
1 地中配管と直線角型ダクトを接続する差し込み方式のカップリング
2 直線角型ダクト
3 直線角型ダクトと可撓性ダクトを接続する差し込み方式のカップリング
4 可撓性ダクト
5 可撓性ダクトと電力取引用メーターボックス嵌合部を接続する差し込み方式のカップ リング

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

マルホ産業株式会社
電力ケーブル保護ダクト
個人
表示器
個人
発電装置
個人
分電盤
個人
接続箱
個人
巻線機
個人
発電機
個人
巻線機
個人
縁カバー
個人
回転電機の鉄心
個人
インバータ駆動法
個人
水のない水車II
個人
太陽光発電システム
個人
野外設置液面センサ
日本電産株式会社
モータ
個人
モータとその制御装置
個人
AC-DCコンバータ
個人
ティース部増設型発電機
個人
配線モール曲がり接続具
いすゞ自動車株式会社
発電装置
個人
高層住宅用発電装置
個人
多目的CMモーター
ヨツギ株式会社
カバー体
KYB株式会社
保護回路
個人
回転動力機構
日本精機株式会社
電源出力回路
FDK株式会社
電源装置
株式会社リコー
電源装置
個人
永久磁石を応用した回転体
コーセル株式会社
電源装置
個人
絶縁形DC-DCコンバータ
株式会社デンソー
回転電機
キヤノン株式会社
無線装置
株式会社デンソー
回転電機
個人
発電装置及び発電方法
日立金属株式会社
コイル接続部材
続きを見る