TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021129462
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210902
出願番号2020023897
出願日20200217
発明の名称多目的CMモーター
出願人個人
代理人個人
主分類H02K 23/00 20060101AFI20210806BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】配置や構造を変えることで、用途に応じた形状を成型し、またコミテータ片とコア―軸を一体化する事で構造が簡素化できることで、スペースやパワーを上げたりすることで安全面や利便性の向上を図った多目的CMモータを提供する。
【解決手段】コミテータ片とコア―軸を一体化する事で構造が簡素化でき、更に通常のモータがマグネットの内側とコアのコイル巻いた外側の反発または引き合っている状態が、多目的CMモータの場合シャフトに対して縦配列で、それをコミテータ片付コイル部片5かコイル部軸片55の両端で包み込んだ事で、両面の反応で回転を得る構造で用途に合わせて長さや太さ等の構造を変えることで平面や縦長構造にでき他の構造改善が広がる。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
多目的CMモータ構造は、筒形状を穴側からたとえば140°から 1°の弧を描く形に成型形状の弧の側面両端別々にS局とN極になるように作ったマグナットを互い違いに2か数十個配置しマグネット固定部(10)に固定したマグネット部(56)の、ローターと固定部のバリエーションによる下記シャフト部等の構造のマグネット部の外周をCMモータコミテータ片付プレート(2)1つか、その後ろにケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)1から数十枚重ねたコミテータ片付コイル部軸片(6)か、ケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)を1から数十枚重ねたコイル部軸片(54)か、軸の両端を内側に向い合せに折り曲げたコイル巻用軸(38)に、コイルを巻回した部品を3以上等間隔に筒状のコイル部受け(11)の内嵌したコイル部(4)かコイル巻用軸(38)のコイル部(4)かコミテータ片付コイル部(57)で内側に内蔵し、更にシャフト先端部をCMモータケースにバリエーション応じて固定か回転可能に保持した部分と、後方シャフトを軸受けプレート(64)かコミテータ片受けプレート(13)か、さらに本体回転用プレート(65)をCMモータケース(42)に固定した構造で、稼働時にはコミテータ片(14)から+の電流が流れた場合、ケイ素鋼板製のCMモータコミテータ片付プレート(2)のコイル接続部(3)から巻回したコイルの経路を通電し、コミテータ片付側の内側側面とマグネット部S極(9)・コミテータ片付とは反対側の内側側面とマグネット部N極(8)が同時に反発し,これを繰り返して回転するもので通常のモータがマグネットの内側とコアのコイル巻いた外側の反発または引き合っている状態が、多目的CMモータ(16)の場合シャフトに対して縦配列で、それをコミテータ片付コイル部片(5)かコイル部軸片(55)の両端で包み込んだ事で、両面の反応で回転を得る構造で、稼働時のローターと固定部のバリエーションを説明すると、コイルを巻いた線を前面のコイル接続部(3)に結線しタ部分と、シャフト壱(66)孔を持つ円盤状の蓋にシャフト壱(66)の中心で圧着固定し、シャフト壱(66)内側の先端部にベアリング壱(63)の内側に圧着固定し、コイル部(4)前面を閉じた部分と背面はベアリング弐(62)の外周の孔を持つ円盤状の蓋にベアリングの外側を圧着固定し、閉じた構造か、または、コイル部(4)の前を軸受けプレート(64)閉じるように固定した部分と、後方をローター部軸受け(52)で閉じるように固定した構造と、上記の固定部は、シャフト(7)の中央にマグネット部(56)を固定した部分と、シャフト(7)後方先端部にコミテータ片受けプレート(13)固定した構造で、小型の場合は前面のシャフト壱部分の内側はカットとベアリング壱なしと、背面蓋とベアリング弐(62)なしの構造で、上記ベアリング使用の小型の場合は軸受けプレート背面蓋のみで、ベアリング弐(62)なし構造の
コミテータ片付コイル部のコイル部(4)のローター部と、マグネット部(56)中央の孔にベアリング壱(63)の外側を圧着固定し、ベアリング壱(63)より僅かに間隔を空けて、マグネット部(56)の下部をシャフト弐(58)に固定した部分と、シャフト弐(62)の後方よりの位置にベアリング弐(62)の内側を圧着固定した部分と、後方先端部をコミテータ片受けプレート(13)のシャフト孔(51)で固定し、円筒形の底をシャフト壱が回転可能に保持孔を設けたカーバーで閉じ、コミテータ片受けプレート(13)で圧着固定した部分からなる構造か、小型の場合はのシャフト弐の太さを大きくし、ベアリング弐(62)なしの構造のコミテータ片付コイル部のコイル部(4)の固定部と、逆にコミテータ片付コイル部のコイル部(4)の固定部が回転する場合は、コミテータ片受けプレート(13)の裏面に小ワッシャー(60)大ワッシャー(61)部を設け各接触ヘッド部(ブラシ)(18)同じ方向に折り曲げてワッシャーにそれぞれ接続し、さらに固定部コミテータ片受けプレート(13)2枚目をシャフト孔に接続し、通電した場合本体側が回転する部分と、4個以上のコイル部片(54)のローターの構造は、上記コミテータ片付コイル部のコイル部(4)のローター部の構造と同じで,,コミテータ片付コイル部片(5)の数とスペースに応じて折込み側にケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)並べてコイルを巻回した構造部分と、コミテータ片付コイル部のコイル部(4)のローター部が回転する場合と同じで接触ヘッド部(ブラシ)の数をコミテータ片付コイル部片(5)の数に応じて増やし、配線はモータ用パルス制御ユニット(36)に接続した構造の4個以上のコイル部片(54)の固定部と、逆に4個以上のコイル部片(54)の固定部が回転する場合は上記4個以上のコイル部片(54)の固定部の構造のコイル接続部からかコミテータ片からモータ用パルス制御ユニット(36)に接続した部分と軸受けプレート(64)をCMモータケース(42)に固定した以上の構造と稼働パーターンこれら全ての構造と機能を特徴とする多目的CMモータ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本考案は、動力モータや発電機から工具や家電製品に至る部品に使用する多目的CMモー
タに関するものである。
続きを表示(約 5,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来のモータはシャフトの外側にコア部にコイルを3箇所巻き付け、シャフトの一部にコ
ミテータ片3箇所にそれぞれ接続し、本体モータケースから伸びるブラシに接触通電し、
順番に3箇所の電磁力面が磁気を発生させ、それを両サイドから半分包み込むように筒を4
等分した形状の本体モータケース固定のマグネット部などからなるモータやマグネット部
が回転するファン・回転数をコントロールするステッピングモーターなどがある。
【0003】
小型から大型機械まで、例えばボタン形状の平たい形状にすることで、バッチファンなど
新たな用途が広がり、また大型機械の部品にすることで新たなスペースが生まれより良い
構造が期待できる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
なし
【非特許文献】
【0005】
なし
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
だが、上記のものでは薄く小さい形状や縦横のサイズを変えることが難しい。
【0007】
そこで、配置や構造を変えることで、用途に応じた形状を成型し、またコミテータ片とコア―軸を一体化する事で構造が簡素化できることで、スペースやパワーを上げたりすることで安全面や利便性の向上を目指す。
【課題を解決するための手段】
【0008】
多目的CMモータ構造は、筒形状を穴側からたとえば140°から 1°の弧を描く形に成型形状の弧の側面両端別々にS局とN極になるように作ったマグナットを互い違いに2か数十個配置しマグネット固定部(10)に固定したマグネット部(56)の、ローターと固定部のバリエーションによる下記シャフト部等の構造のマグネット部の外周を
CMモータコミテータ片付プレート(2)1つか、その後ろにケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)1から数十枚重ねたコミテータ片付コイル部軸片(6)
か、ケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)を1から数十枚重ねたコイル部軸片(54)か、軸の両端を内側に向い合せに折り曲げたコイル巻用軸(38)に、コイルを巻回した部品を3以上等間隔に筒状のコイル部受け(11)の内嵌したコイル部(4)かコイル巻用軸(38)のコイル部(4)かコミテータ片付コイル部(57)で内側に内蔵し、更にシャフト先端部をCMモータケースにバリエーション応じて固定か回転可能に保持した部分と、後方シャフトを軸受けプレート(64)かコミテータ片受けプレート(13)か、さらに本体回転用プレート(65)をCMモータケース(42)に固定した構造で、稼働時にはコミテータ片(14)から+の電流が流れた場合、ケイ素鋼板製のCMモータコミテータ片付プレート(2)のコイル接続部(3)から巻回したコイルの経路を通電し、コミテータ片付側の内側側面とマグネット部S極(9)・コミテータ片付とは反対側の内側側面とマグネット部N極(8)が同時に反発し,これを繰り返して回転するもので通常のモータがマグネットの内側とコアのコイル巻いた外側の反発または引き合っている状態が、多目的CMモータ(16)の場合シャフトに対して縦配列で、それをコミテータ片付コイル部片(5)かコイル部軸片(55)の両端で包み込んだ事で、両面の反応で回転を得る構造。
【0009】
稼働時のローターと固定部のバリエーションを説明すると、コイルを巻いた線を前面のコイル接続部(3)に結線しタ部分と、シャフト壱(66)孔を持つ円盤状の蓋にシャフト壱(66)の中心で圧着固定し、シャフト壱(66)内側の先端部にベアリング壱(63)の内側に圧着固定し、コイル部(4)前面を閉じた部分と背面はベアリング弐(62)の外周の孔を持つ円盤状の蓋にベアリングの外側を圧着固定し、閉じた構造か、または、コイル部(4)の前を軸受けプレート(64)閉じるように固定した部分と、後方をローター部軸受け(52)で閉じるように固定した構造と、上記の固定部は、シャフト(7)の中央にマグネット部(56)を固定した部分と、シャフト(7)後方先端部にコミテータ片受けプレート(13)固定した構造で、小型の場合は前面のシャフト壱部分の内側はカットとベアリング壱なしと、背面蓋とベアリング弐(62)なしの構造で、上記ベアリング使用の小型の場合は軸受けプレート背面蓋のみで、ベアリング弐(62)なし構造のコミテータ片付コイル部のコイル部(4)のローター部と、マグネット部(56)中央の孔にベアリング壱(63)の外側を圧着固定し、ベアリング壱(63)より僅かに間隔を空けて、マグネット部(56)の下部をシャフト弐(58)に固定した部分と、シャフト弐(62)の後方よりの位置にベアリング弐(62)の内側を圧着固定した部分と、後方先端部をコミテータ片受けプレート(13)のシャフト孔(51)で固定し、円筒形の底をシャフト壱が回転可能に保持孔を設けたカーバーで閉じ、コミテータ片受けプレート(13)で圧着固定した部分からなる構造か、小型の場合はのシャフト弐の太さを大きくし、ベアリング弐(62)なしの構造のコミテータ片付コイル部のコイル部(4)の固定部と、逆にコミテータ片付コイル部のコイル部(4)の固定部が回転する場合は、コミテータ片受けプレート(13)の裏面に小ワッシャー(60)大ワッシャー(61)部を設け各接触ヘッド部(ブラシ)(18)同じ方向に折り曲げてワッシャーにそれぞれ接続し、さらに固定部コミテータ片受けプレート(13)2枚目をシャフト孔に接続し、通電した場合本体側が回転する部分と、4個以上のコイル部片(54)のローターの構造は、上記コミテータ片付コイル部のコイル部(4)のローター部の構造と同じで,コミテータ片付コイル部片(5)の数とスペースに応じて折込み側にケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)並べてコイルを巻回した構造部分と、コミテータ片付コイル部のコイル部(4)のローター部が回転する場合と同じで接触ヘッド部(ブラシ)の数をコミテータ片付コイル部片(5)の数に応じて増やし、配線はモータ用パルス制御ユニット(36)に接続した構造の4個以上のコイル部片(54)の固定部と、
逆に4個以上のコイル部片(54)の固定部が回転する場合は上記4個以上のコイル部片(54)の固定部の構造のコイル接続部からかコミテータ片からモータ用パルス制御ユニット(36)に接続した部分と軸受けプレート(64)をCMモータケース(42)に固定した以上の構造と稼働パーターンこれら全ての構造と機能を特徴とする多目的CMモータ。
【0010】
使用例として、バッチファン本体裏面上部に安全ピン(43)を嵌着する部分とコードをコード固定口(45)設けたバッチファンケース(48)に、多目的CMモータ(16)を固定し、多目的CMモータ(16)のローター部分に9ファン(49)を嵌着し、バッジファン蓋(47)で閉じた構造。
【発明の効果】
【0011】
本発明は以上のような構造なので、コミテータ片とコア―軸を一体化する事で構造が簡素化できたり、またローター部と固定部の回転部設定とコイル部の数を変えるたり、配置や長さや太さなどの構造を変えることで、用途に応じた形状を成型することで新たな製品開発につながる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
CMモータプレートとCMモータコミテータ片付プレート斜視図
CMモータコミテータ片付プレート結束部斜視図
コイル部とマグネット部斜視図
マグネット部斜視図
マグネット部とローター部とコミニテータ部の斜視図断面図
コイル部斜視図断面図
CMモーターローター部固定部断面図
CMモータ断面図
CMモータ斜視図
CMモータと電池か、CMモータ用パルス制御装置の配線図
コイル巻用軸とコイル部片の斜視図
コミテータ片付固定部斜視図
バッチファン
バッチファン斜視図
CMモータプレート結束部斜視図
【発明を実施するための形態】
【0013】
以下、実施の形態を、図8多目的CMモータ構造図と、1から4・6・7・9・11・12・15の部品図に示した部分と、図5・図10稼働行程の本発明で、一実施例に基づいて図13・14で説明する。
【0014】
図1のCMモータプレート一例は長方形の両端に直角に突き出たツメの部分を設けた板状の部品がケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)。
【0015】
図1のCMモータコミテータ片付プレートプレート一例は上記のケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)片側にコミテータ片(14)の弧の内とツメの向きを同じに端を接続した形状に起曲したL字部品がケイ素鋼板製のCMモータコミテータ片付プレート(2)。
【0016】
図1のコミテータ片(14)一例はCMモータのシャフト(7)の中心を軸にできるだけ中心よりに大きさの中空状の板形状のワッシャー形状の物を3から数十分割
して両サイドを少し切削した形状にした部品。
【0017】
図12のコミテータ片付固定部(52)は円盤状の板の中央にシャフト(7)用の孔とその外周に少し間隔を空けた位置にコミテータ片(14)を、3から数十分割
分を等間隔に嵌め着可能に中空部(50)設けた部品。
【0018】
図2のコミテータ片付コイル部軸片(6)はCMモータコミテータ片付プレート(2)1つか、その後ろにケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)1から数十枚重ねた部品。
【0019】
図15のコイル部軸片(54)はケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)を1から数十枚重ねた部品。
【0020】
図15のコイル部片(55)は重ねた軸部に巻回した部品。
【0021】
図2のコミテータ片付コイル部片(5)は重ねた軸部に巻回した部品。
【0022】
図11の軸の両端を内輪向い合せに曲げたコイル巻用軸(38)にコイル(41)巻回したコイル部巻用軸片(39)。
【0023】
図3のコイル部とマグネット部斜視図はCMモータの可動行程を説明するもので、コミテータ片(14)から+の電流が流れた場合、ケイ素鋼板製のCMモータコミテータ片付プレート(2)のコイル接続部(3)から巻回したコイルの経路を通電し、コミテータ片付側の内側側面とマグネット部S極(9)・コミテータ片付とは反対側の内側側面とマグネット部N極(8)が同時に反発し,これを繰り返して回転するもので、通常のモータがマグネットの内側とコアのコイル巻いた外側の反発または引き合っている状態が、多目的CMモータ(16)の場合シャフトに対して縦配列で、それをコミテータ片付コイル部片(5)かコイル部軸片(55)の両端で包み込んだ事で、両面の反応で回転を得る構造。
【0024】
図3のコイル部とマグネット部斜視図のコミテータ片付コイル部片(5)をコイル部片(55)に交換した場合は、コイル部軸片(54)巻回したコイルに通電し、ケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)右側ツメの内側側面とマグネット部S極(9)・ケイ素鋼板製のCMモータプレート(1)左側ツメの内側側面とマグネット部N極(8)が同時に反発し上記と同じ様にこれを繰り返して回転する。
【0025】
図4のマグネット部(56)は、筒形状を穴側からたとえば140°から 1°の弧を描く形に成型形状の弧の側面両端別々にS局とN極になるように作った
マグナットを互い違いに2か数十個配置しマグネット固定部(10)に固定した部品。
【0026】
図5の接触ヘッド部(ブラシ)の一例はL字金具の片側に接触部の凹凸と反対側に配線接続孔を設けた構造。
【0027】
図6のコミテータ片付コイル部固定部はコミテータ片付コイル部片(5)を3つ等間隔に筒状の11コイル部受けの内嵌したコミテータ片付コイル部(57)。
【0028】
図6のコイル部固定部はコイル部片(55)かコイル部巻用軸片(39)を、3から数十個を等間隔に筒状の11コイル部受けの内嵌したコイル部(4)。
【0029】
コミテータ片付コイル部のコイル部(4)のローターの構造は、
コイルを巻いた線を前面のコイル接続部(3)に結線しタ部分と、
シャフト壱(66)孔を持つ円盤状の蓋にシャフト壱(66)の中心で圧着固定し、シャフト壱(66)内側の先端部にベアリング壱(63)の内側に圧着固定し、
コイル部(4)前面を閉じた部分と背面はベアリング弐(62)の外周の孔を持つ円盤状の蓋にベアリングの外側を圧着固定し、閉じた構造。
【0030】
または、コイル部(4)の前を軸受けプレート(64)閉じるように固定した部分と、後方をローター部軸受け(52)で閉じるように固定した構造。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
表示器
個人
発電装置
個人
巻線機
個人
分電盤
個人
発電機
個人
縁カバー
個人
水のない水車II
日本電産株式会社
モータ
個人
太陽光発電システム
日本電産株式会社
モータ
個人
野外設置液面センサ
個人
AC-DCコンバータ
個人
ティース部増設型発電機
個人
配線モール曲がり接続具
日本電産株式会社
モータ
個人
回転動力機構
株式会社デンソー
モータ
KYB株式会社
保護回路
KYB株式会社
保護回路
日本精機株式会社
電源出力回路
日本電産株式会社
モータ
FDK株式会社
電源装置
個人
永久磁石を応用した回転体
個人
高層住宅用発電装置
個人
多目的CMモーター
株式会社デンソー
モータ
ヨツギ株式会社
カバー体
株式会社リコー
電源装置
いすゞ自動車株式会社
発電装置
トヨタ自動車株式会社
縁石
トヨタ自動車株式会社
装置
トヨタ自動車株式会社
金型
コーセル株式会社
電源装置
中国電力株式会社
金車装置
豊田鉄工株式会社
バスバー
キヤノン株式会社
電源装置
続きを見る