TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021127889
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210902
出願番号2020024445
出願日20200217
発明の名称製氷機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人特許業務法人鷲田国際特許事務所
主分類F25C 1/00 20060101AFI20210806BHJP(冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化)
要約【課題】清潔性を向上させることができる製氷機を提供すること。
【解決手段】給水管に配置され、オゾン水を生成するオゾン水生成装置と、給水管から供給されたオゾン水、および、氷の製造に用いられる水を貯留するタンクと、タンクに接続され、タンクに貯留されたオゾン水及び水が供給される配管と、配管に接続され、タンクに貯留されたオゾン水及び水が供給される製氷部と、オゾン水の供給と水の供給とを切り替える制御部と、を備える。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
給水管に配置され、オゾン水を生成するオゾン水生成装置と、
前記給水管から供給された前記オゾン水、および、氷の製造に用いられる水を貯留するタンクと、
前記タンクに接続され、前記タンクに貯留された前記オゾン水及び前記水が供給される配管と、
前記配管に接続され、前記タンクに貯留された前記オゾン水及び前記水が供給される製氷部と、
前記オゾン水の供給と前記水の供給とを切り替える制御部と、を備える、製氷機。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記タンクは、供給源から供給される前記水を貯留する第1貯留部および前記オゾン水を貯留する第2貯留部を有し、
前記給水管は、前記第1貯留部に貯留された前記水を導入して、前記オゾン水生成装置によって前記オゾン水を生成し、前記オゾン水を前記第2貯留部に導出する、請求項1に記載の製氷機。
【請求項3】
前記氷を放出する放出口と、
前記タンクに貯留された前記オゾン水が供給され、前記放出口の周辺部に向けて前記オゾン水を噴出するノズルと、
前記放出口の周辺部の下方に配置されるとともに、前記タンクに貯留された前記オゾン水が供給され、外部に排出するドレインパンと、をさらに備え、
前記制御部は、
前記ドレインパンおよび前記ノズルに前記オゾン水を供給し、
前記ノズルへの前記オゾン水の供給を停止した後、前記ドレインパンへの前記オゾン水の供給を停止する、請求項1または2に記載の製氷機。
【請求項4】
前記給水管に配置され、前記オゾン水を前記タンクおよび前記ノズルに向けて流す分岐配管と、
前記給水管における前記分岐配管より下流側に配置され、開状態である場合に前記分岐配管から前記タンクに向けて前記オゾン水が流れ、閉状態である場合に前記分岐配管から前記ノズルに向けて前記オゾン水が流れるバルブと、をさらに備え、
前記制御部は、前記バルブを前記閉状態にして前記オゾン水を前記ノズルに供給した後、前記バルブを開状態にして、前記タンクに貯留された前記オゾン水を前記ドレインパンに供給する、請求項3に記載の製氷機。
【請求項5】
前記制御部は、前記ノズルおよび前記ドレインパンの少なくとも一方に前記オゾン水を供給しているときに、前記製氷部に前記オゾン水を供給する、請求項4に記載の製氷機。
【請求項6】
前記氷を貯留する貯氷部をさらに備え、
前記製氷部は、一端が前記貯氷部の底面に接続された筒状に形成され、製氷時に前記氷を前記貯氷部に導出する製氷体を有し、
前記制御部は、前記貯氷部に貯留された前記氷が排出された後に、前記製氷体に前記オゾン水を供給する、請求項1から5の何れか1項に記載の製氷機。
【請求項7】
前記制御部は、前記製氷部および前記配管から前記水が排出された後に、前記製氷部および前記配管に前記オゾン水を供給する、請求項1から6の何れか1項に記載の製氷機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、製氷機に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、貯水タンクに貯留された水を用いてオゾン水を生成し、このオゾン水を用いて貯水タンクを洗浄する製氷機が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014−9833号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上述した製氷機においては、氷が溶けた水が付着した部位に汚れが発生する。よって、貯水タンク以外の部位でも、清潔性を向上させたいとの要望がある。
【0005】
本開示は、清潔性を向上させることができる製氷機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
前記目的を達成するために、本開示における製氷機は、給水管に配置され、オゾン水を生成するオゾン水生成装置と、給水管から供給されたオゾン水、および、氷の製造に用いられる水を貯留するタンクと、タンクに接続され、タンクに貯留されたオゾン水及び水が供給される配管と、配管に接続され、タンクに貯留されたオゾン水及び水が供給される製氷部と、オゾン水の供給と水の供給とを切り替える制御部と、を備える。
【発明の効果】
【0007】
本開示の製氷機によれば、清潔性を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本開示の実施形態に係る製氷機の外観斜視図である。
図1に示す製氷機の正面図である。
図2に示すIII−IIIの断面図である。
図1に示す容器の正面図である。
図1に示す製氷機の構成を示す概要図である。
図5に示す放出口の周辺部の縦断面図であり、放出口が閉じられた状態を示している。
図5に示す放出口の周辺部の縦断面図であり、放出口が開けられた状態を示している。
図6のVIII−VIII断面図である。
図8のIX−IX断面図である。
図5に示すノズルの上面図である。
図5に示すノズルの正面図である。
図10に示すXII−XII断面図である。
図5に示す制御装置が実行する氷排出制御のフローチャートである。
図5に示す制御装置が実行するオゾン水洗浄制御のタイミングチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本開示の製氷機の実施形態について、図面を参照しながら説明する。図1は、製氷機1の外観斜視図である。なお、本明細書においては説明の便宜上、図1における上側および下側をそれぞれ製氷機1の上方および下方とし、同じく左上側および右下側をそれぞれ製氷機1の左方および右方とし、同じく左下側および右上側をそれぞれ製氷機1の前方および後方として説明する。
【0010】
製氷機1は、押ボタン式のアイスディスペンサである。製氷機1は、図1乃至図3に示すように、直方体状に形成されたハウジング1aの前側部に、載置部1b、放出部1c、押ボタン1d、取付部1e、および、容器検出センサ1fが配置されている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
冷蔵庫
3か月前
個人
電気冷蔵庫
3か月前
個人
氷の製造システム
4か月前
凸版印刷株式会社
製氷器
20日前
個人
保冷剤ケース
1か月前
株式会社コロナ
空気調和機
1か月前
株式会社カンファクト
冷却器具
3か月前
富士電機株式会社
冷却装置
4か月前
個人
冷蔵庫用の紙製収納具
5か月前
富士電機株式会社
冷却装置
3か月前
アクア株式会社
製氷機
5か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
アクア株式会社
製氷機
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
株式会社竹中工務店
熱源設備
2か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
2か月前
コイト電工株式会社
冷凍装置
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
3か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
3か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
4か月前
アクア株式会社
製氷機
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
5か月前
ホシザキ株式会社
製氷機
4か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
ホシザキ株式会社
製氷機
3日前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
株式会社富士通ゼネラル
空気調和装置
3か月前
株式会社富士通ゼネラル
空気調和装置
3か月前
ホシザキ株式会社
製氷機
4か月前
続きを見る