TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021126380
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210902
出願番号2020023186
出願日20200214
発明の名称遊技機
出願人株式会社三共
代理人
主分類A63F 5/04 20060101AFI20210806BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】複数回に亘って実行可能な報知演出に関して、遊技の興趣を向上させることができる遊技機を提供する。
【解決手段】サブ制御部91は、第1演出について、第1期待度が示唆されたときと第2期待度が示唆されたときとで同一の決定データに基づき第1演出の演出態様を決定可能である一方、第3期待度が示唆されたときは第1期待度および第2期待度のいずれかが示唆されたときと異なる決定データに基づき第1演出の演出態様を決定可能である。第3演出について、第1期待度が示唆されたとき、第2期待度が示唆されたとき、および第3期待度が示唆されたときのそれぞれで互いに異なる決定データに基づき第2演出の演出態様を決定可能である。
【選択図】図10
特許請求の範囲【請求項1】
遊技を行う遊技機であって、
有利結果と不利結果とのいずれかを報知する報知演出を実行可能な報知演出実行手段と、
前記報知演出が実行される前に、当該報知演出の結果として前記有利結果が報知される期待度を示唆する期待度示唆を行う期待度示唆手段と、を備え、
前記期待度示唆は、第1期待度と第2期待度と第3期待度とを含み、
前記報知演出は、第1報知演出と、当該報知演出の実行中において、当該報知演出の結果として前記有利結果が報知される期待度が高くなることを示唆する第2報知演出とを含み、
前記報知演出実行手段は、
前記第1報知演出について、前記第1期待度が示唆されたときと前記第2期待度が示唆されたときとで同一の決定データに基づき当該第1報知演出の演出態様を決定可能である一方、前記第3期待度が示唆されたときは前記第1期待度および前記第2期待度のいずれかが示唆されたときと異なる決定データに基づき当該第1報知演出の演出態様を決定可能であり、
前記第2報知演出について、前記第1期待度が示唆されたとき、前記第2期待度が示唆されたとき、および前記第3期待度が示唆されたときのそれぞれで互いに異なる決定データに基づき当該第2報知演出の演出態様を決定可能である、遊技機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技を行う遊技機に関する。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
遊技機として、各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を備え、可変表示部を変動表示した後、可変表示部の変動表示を停止することで表示結果を導出し、該表示結果に応じて入賞が発生可能なスロットマシンがある。
【0003】
さらに、遊技機として、遊技媒体である遊技球を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられた入賞口などの入賞領域に遊技球が入賞すると、遊技用価値を遊技者に付与するパチンコ遊技機がある。
【0004】
このような遊技機として、味方キャラクタと敵キャラクタとが戦い、戦いの結果によって特典が付与されたか否かを報知するバトル演出を実行可能なスロットマシンがあった(たとえば、特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2018−196700号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上述したスロットマシンにおいては、バトル演出のような報知演出を複数回に亘って実行するにあたり未だ改良の余地があった。
【0007】
この発明は、かかる実情に鑑み考え出されたものであり、複数回に亘って実行可能な報知演出に関して、遊技の興趣を向上させることができる遊技機を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
遊技を行う遊技機(たとえば、スロットマシン1、パチンコ遊技機)であって、
有利結果(たとえば、バトルに勝利したこと)と不利結果(たとえば、バトルに敗北したこと)(たとえば、バトルに敗北したこと)とのいずれかを報知する報知演出(たとえば、図9(a1)〜(a3)に示すバトル演出(バトル1〜3))を実行可能な報知演出実行手段(たとえば、サブ制御部91によるバトル演出を実行する処理)と、
前記報知演出が実行される前に、当該報知演出の結果として前記有利結果が報知される期待度を示唆する期待度示唆(たとえば、図9(a1)〜(a3)に示す期待度示唆)を行う期待度示唆手段(たとえば、サブ制御部91による期待度示唆を行う処理)と、を備え、
前記期待度示唆は、第1期待度(たとえば、10%)と第2期待度(たとえば、25%)と第3期待度(たとえば、40%)とを含み、
前記報知演出は、第1報知演出(たとえば、図9(a1)〜(a3)に示す第1演出、バトル演出のうちの演出態様Aによって実行される演出)と、当該報知演出の実行中において、当該報知演出の結果として前記有利結果が報知される期待度が高くなることを示唆する第2報知演出(たとえば、図9(a7)に示す第3演出、バトル演出のうちの演出態様Cによって実行される演出)とを含み、
前記報知演出実行手段は、
前記第1報知演出について、前記第1期待度が示唆されたときと前記第2期待度が示唆されたときとで同一の決定データ(たとえば、抽選テーブルA13)に基づき当該第1報知演出の演出態様を決定可能である一方、前記第3期待度が示唆されたときは前記第1期待度および前記第2期待度のいずれかが示唆されたときと異なる決定データ(たとえば、抽選テーブルA12)に基づき当該第1報知演出の演出態様を決定可能であり(たとえば、図10(a))、
前記第2報知演出について、前記第1期待度が示唆されたとき、前記第2期待度が示唆されたとき、および前記第3期待度が示唆されたときのそれぞれで互いに異なる決定データ(たとえば、抽選テーブルC14,C13,C12)に基づき当該第2報知演出の演出態様を決定可能である(たとえば、図10(a))。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本実施形態に係るスロットマシンの正面図である。
各リールの図柄配列を示す図である。
遊技状態の遷移を説明するための図である。
スロットマシンの構成を示すブロック図である。
入賞役の種類、入賞役の図柄組合せ、および入賞時の付与について説明するための図である。
遊技状態ごとに抽選対象役として読み出される入賞役の組合せについて説明するための図である。
押し順役当選時のリール制御を説明するための図である。
有利区間通常からCZに制御されて実行されるバトル演出を説明するための図である。
バトル演出の一例を説明するための図である。
演出抽選テーブルを説明するための図である。
第1演出抽選テーブル(バトル1)を説明するための図である。
第1演出抽選テーブル(バトル2)を説明するための図である。
第1演出抽選テーブル(バトル3)を説明するための図である。
第2演出抽選テーブル(バトル1)を説明するための図である。
第3演出抽選テーブル(バトル1)を説明するための図である。
第1演出の演出態様について説明するための図である。
バトル演出の流れについて説明するための図である。
バトル演出の流れについて説明するための図である。
バトル演出の流れについて説明するための図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
本実施の形態に係る遊技機として、スロットマシンを以下に示す実施例に基づいて説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
遊技機
2か月前
個人
健康具
1日前
個人
ラケット
9日前
個人
足運動具
21日前
個人
玩具
2日前
個人
名前ゲーム
2日前
個人
スノードーム
2か月前
山佐株式会社
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
6日前
株式会社三共
遊技機
2か月前
続きを見る