TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021125433
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210830
出願番号2020020273
出願日20200210
発明の名称照明装置
出願人三菱電機株式会社,三菱電機照明株式会社
代理人特許業務法人きさ特許商標事務所
主分類F21S 8/04 20060101AFI20210802BHJP(照明)
要約【課題】既存の照明装置との交換作業を簡易化できるようにする。
【解決手段】発光素子を実装した基板を有する発光モジュールと、発光モジュールに電力を供給する電源装置と、発光モジュールを一面側に設け、電源装置を収容する筐体と、を有する光源ユニットと、光源ユニットを被取付部に設置された既存の固定具に取り付けるブラケットと、を備える照明装置であって、ブラケットは、被取付部と固定具との間に形成された隙間に挿入されて固定具と固定される第1板状部と、第1板状部と対向して配置され、既存の固定具の少なくとも一部およびまたは当該固定具に設けられている既存の器具の少なくとも一部を覆った状態で筐体と固定される第2板状部と、第1板状部の基端部と第2板状部の基端部とを連結する第3板状部と、を有する。
【選択図】図11
特許請求の範囲【請求項1】
発光素子を実装した基板を有する発光モジュールと、
前記発光モジュールに電力を供給する電源装置と、
前記発光モジュールを一面側に設け、前記電源装置を収容する筐体と、
を有する光源ユニットと、
前記光源ユニットを被取付部に設置された既存の固定具に取り付けるブラケットと、を備える照明装置であって、
前記ブラケットは、
前記被取付部と前記固定具との間に形成された隙間に挿入されて前記固定具と固定される第1板状部と、
前記第1板状部と対向して配置され、前記既存の固定具の少なくとも一部およびまたは当該固定具に設けられている既存の器具の少なくとも一部を覆った状態で前記筐体と固定される第2板状部と、
前記第1板状部の基端部と前記第2板状部の基端部とを連結する第3板状部と、
を有する、照明装置。
続きを表示(約 740 文字)【請求項2】
前記第1板状部は、
前記固定具に固定される接続固定部と、
前記固定具への挿入の際に障害物を回避するように形成された切欠部と、
を有しており、
前記接続固定部には、
前記固定具に固定するための固定部材が接続される、請求項1に記載の照明装置。
【請求項3】
前記第2板状部は、
前記光源ユニットに固定される取付本体部と、
前記取付本体部の前記第3板状部側に位置する基端部の幅方向両端に、それぞれ前記第1板状部に向けて突出して形成された一対の取付支持部と、を有し、
前記取付支持部は、
前記取付本体部に対して垂直に突出して前記第3板状部と接続される、請求項1または2に記載の照明装置。
【請求項4】
前記取付本体部は、
前記第3板状部を起点とする突出方向の長さが、前記第1板状部よりも長く形成されており、
前記第3板状部側に位置する基端部側の幅が、先端部側の幅より狭く形成されてなる、請求項3に記載の照明装置。
【請求項5】
前記第1板状部は、
前記固定具の側方から挿入されて当該固定具と係合する、請求項1〜4のいずれか一項に記載の照明装置。
【請求項6】
前記光源ユニットは、
前記筐体の内部に前記ブラケットを収容する、請求項1〜5のいずれか一項に記載の照明装置。
【請求項7】
前記光源ユニットは、前記筐体に開口部が形成されており、
前記固定具の一部が前記開口部を挿通した状態で、前記光源ユニットが前記被取付部に設置される、請求項1〜6のいずれか一項に記載の照明装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、照明装置に関する。
続きを表示(約 2,600 文字)【背景技術】
【0002】
近年、蛍光ランプを光源として用いていた既存の照明装置を、発光素子を光源として用いる新たな照明装置に取り換える傾向にある。例えば、新たな照明装置に取り換える際に、被取付部に固定されていた既存の照明装置における固定具を流用して、設置することが可能な照明装置が知られている(例えば、特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2017−84577号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に記載の照明装置は、被取付部に固定された既存の固定具に取り付けられた光源、電源装置等の各部品を取り外さなければ、固定具に取り付けることができない。また、各部品は固定具にリベットで固定されている場合もあり、取り外すのに手間がかかった。このように、従来の照明装置では、新たな照明装置との交換作業において、固定具から各部品を取り外さなくてはならず、既存の照明装置と新たな照明装置との交換作業が煩雑であった。
【0005】
本開示は、前述した課題を解決することを目的としており、既存の照明装置との交換作業を簡易化することが可能な照明装置を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示に係る照明装置は、発光素子を実装した基板を有する発光モジュールと、前記発光モジュールに電力を供給する電源装置と、前記発光モジュールを一面側に設け、前記電源装置を収容する筐体と、を有する光源ユニットと、前記光源ユニットを被取付部に設置された既存の固定具に取り付けるブラケットと、を備える照明装置であって、前記ブラケットは、前記被取付部と前記固定具との間に形成された隙間に挿入されて前記固定具と固定される第1板状部と、前記第1板状部と対向して配置され、前記既存の固定具の少なくとも一部およびまたは当該固定具に設けられている既存の器具の少なくとも一部を覆った状態で前記筐体と固定される第2板状部と、前記第1板状部の基端部と前記第2板状部の基端部とを連結する第3板状部と、を有するものである。
【発明の効果】
【0007】
本開示に係る照明装置においては、既存の固定具が被取付部に設置された状態であっても、被取付部と固定具との間に形成された隙間に第1板状部を挿入して固定するだけで、ブラケットを被取付部に取り付けることができる。また、第3板状部を介して第1板状部と対向して配置される第2板状部が、既存の固定具の少なくとも一部およびまたは当該固定具に設けられている既存の器具の少なくとも一部を覆った状態で筐体と固定される。したがって、被取付部に設置された既存の照明装置の固定具を活用し、当該固定具に取り付けられた既存の器具を取り外す手間を省いて、新たな照明装置を簡単に設置できる。かくして、本開示に係る照明装置によれば、既存の照明装置との交換作業を簡易化することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
実施の形態1に係る照明装置を示す斜視図である。
図1の照明装置のブラケットと光源ユニットとを分解して示す分解斜視図である。
図2のブラケットを正面から見て示す斜視図である。
図2のブラケットを背面から見て示す斜視図である。
図2のブラケットを上方から見て示す平面図である。
図2の光源ユニットの分解斜視図である。
図6の光源ユニットにおけるフレームを正面から見て示す斜視図である。
図6の光源ユニットにおけるフレームを背面から見て示す斜視図である。
実施の形態1における照明装置の交換作業の説明に供し、ブラケットを被取付部に設置された既存の固定具に取り付ける工程を示す斜視図である。
実施の形態1における照明装置の交換作業の説明に供し、ブラケットを被取付部に設置された既存の固定具に取り付ける工程を示す側面図である。
実施の形態1における照明装置の交換作業の説明に供し、被取付部に設置されたブラケットに光源ユニットを取り付ける工程を示す斜視図である。
実施の形態1における照明装置の交換作業の説明に供し、被取付部に設置されたブラケットに光源ユニットを取り付ける工程を示す側面図である。
実施の形態1における照明装置の交換作業の説明に供し、被取付部に設置された照明装置を示す斜視図である。
実施の形態1における照明装置の交換作業の説明に供し、被取付部に設置された照明装置を示す側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本開示に係る照明装置の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、本開示に係る照明装置は、以下に説明する実施の形態によって限定されるものではない。また、以下の図面では各構成部材の大きさの関係が実際のものとは異なる場合がある。また、以下の説明において、理解を容易にするために方向を表す用語を適宜用いるが、これは説明のためのものであって、これらの用語は照明装置を限定するものではない。方向を表す用語としては、例えば、「上」、「下」、「右」、「左」、「前」または「後」等が挙げられる。また、以下に説明する各図において、X軸は、前後方向すなわち奥行方向を示し、Y軸は、左右方向すなわち幅方向を示し、Z軸は上下方向すなわち高さ方向を示す。X軸、Y軸、Z軸は、直交しており、X軸と、Y軸とは水平方向であり、Z軸は垂直方向である。さらに、以下の説明において、同一の構成の箇所または部品には同じ符号を付し、その説明を適宜割愛する。
【0010】
実施の形態1.
<照明装置1の全体構成>
まず、図1および図2を用いて、本実施の形態1に係る照明装置の全体構成について説明する。なお、以下の説明において、本開示に係る照明装置の実施の形態として、エレベータのかご内、住宅等の天井などである被取付部に設置された円形の蛍光ランプを光源として用いた既存の照明装置と交換される照明装置について説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱電機株式会社
機器
4か月前
三菱電機株式会社
炊飯器
3か月前
三菱電機株式会社
換気扇
4か月前
三菱電機株式会社
炊飯器
3か月前
三菱電機株式会社
冷蔵庫
28日前
三菱電機株式会社
扇風機
28日前
三菱電機株式会社
包装箱
28日前
三菱電機株式会社
送風機
3か月前
三菱電機株式会社
除湿機
28日前
三菱電機株式会社
梱包箱
3か月前
三菱電機株式会社
換気扇
3か月前
三菱電機株式会社
遮断器
1か月前
三菱電機株式会社
除湿機
4か月前
三菱電機株式会社
炊飯器
4か月前
三菱電機株式会社
冷蔵庫
1か月前
三菱電機株式会社
炊飯器
4か月前
三菱電機株式会社
洗浄機
1か月前
三菱電機株式会社
照明器具
3か月前
三菱電機株式会社
点火装置
28日前
三菱電機株式会社
表示装置
3か月前
三菱電機株式会社
パレット
1か月前
三菱電機株式会社
復号装置
5か月前
三菱電機株式会社
照明器具
3か月前
三菱電機株式会社
照明器具
3か月前
三菱電機株式会社
表示装置
1か月前
三菱電機株式会社
空調機器
2か月前
三菱電機株式会社
換気装置
3か月前
三菱電機株式会社
電力量計
3か月前
三菱電機株式会社
表示装置
3か月前
三菱電機株式会社
表示装置
3か月前
三菱電機株式会社
電源装置
1か月前
三菱電機株式会社
表示装置
3か月前
三菱電機株式会社
点火装置
28日前
三菱電機株式会社
電子機器
3か月前
三菱電機株式会社
換気装置
28日前
三菱電機株式会社
脱臭装置
2か月前
続きを見る