TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021124883
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210830
出願番号2020017085
出願日20200204
発明の名称設計支援装置
出願人トヨタホーム株式会社
代理人特許業務法人太陽国際特許事務所
主分類G06F 30/10 20200101AFI20210802BHJP(計算;計数)
要約【課題】居住者の嗜好に沿う照明設計を支援する。
【解決手段】設計支援システム10の主処理装置12は、学習用データ記憶部54に各部屋の照明設計の定まった実績建物についての実績間取り情報、実績仕様情報、実績照明情報、評価者の嗜好に関連する情報を含む評価者の属性情報、及び部屋の各々についての評価者の評価情報が学習用データとして記憶される。取得部44は、照明設計の対象建物についての対象間取り情報、対象仕様情報、居住者の嗜好に関連する情報、及び照明設計のための依頼情報を取得する。学習部は、学習用データから対象建物の少なくとも一つの部屋における照明設計案を出力するための学習済みモデルを生成する。これにより、学習済みモデルと対象関連情報とから居住者の嗜好に沿う照明設計案を出力できる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
照明設計の対象建物についての対象間取り情報と、前記対象間取り情報における各部屋の内装の仕上りに関する対象仕様情報と、前記対象建物の居住者の嗜好に関連する情報及び照明設計の対象とする前記対象建物内の部屋を示す情報を含む依頼情報と、を表す対象関連情報を取得する取得手段と、
各部屋の照明設計の定まった実績建物についての実績間取り情報と、前記実績間取り情報における各部屋の内装の仕上りに関する実績仕様情報と、前記実績間取り情報における各部屋おける照明器具及び該照明器具の配置に関する実績照明情報と、評価者の嗜好に関連する情報を含む評価者の属性情報と、前記部屋の各々について前記実績仕様情報及び前記実績照明情報の組み合わせに関する前記評価者の評価情報と、を表す実績関連情報が学習用データとして記憶された記憶部と、
前記学習用データから予め学習された学習済みモデルと前記対象関連情報とから、前記対象建物の少なくとも一つの部屋における照明器具及び該照明器具の配置に関する照明設計案を出力する出力部と、
を含む設計支援装置。
続きを表示(約 310 文字)【請求項2】
前記実績関連情報には、前記実績建物に対して予め設定されたコンセプトに基づく前記実績仕様情報及び前記実績照明情報が含まれる請求項1に記載の設計支援装置。
【請求項3】
前記対象とする前記対象建物内の部屋に前記照明設計案に基づいて照明器具を配置した配置図を作成する作成部を含み、
前記出力部は、前記作成部により作成した前記配置図を表示媒体に表示することを含む請求項1又は請求項2に記載の設計支援装置。
【請求項4】
前記作成部は、前記対象とする前記対象建物内の部屋に前記照明設計案に基づいて照明器具を配置した立体モデルを作成する請求項3に記載の設計支援装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、建物内の照明設計を支援する設計支援装置に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1の設計支援システムには、間取り図を示す基礎データ、照明器具などの内外装部材の外観写真(部材画像)を含む部材でエータ群などが記憶されている。設計支援システムでは、間取り図が表示されたプランボード画面内で、例えば、照明器具を配置する場所を指定すると、その座標値が取得され、取得された座標位置に照明器具を示すシンボルが表示される。また、照明器具の種別が選択されると、選択された種別の照明器具の画像がシンボルの位置に表示される。
【0003】
また、特許文献1の設計支援システムでは、デザイナによって統一性が図られるように照明器具の位置や照明器具などが選択されて設定されており、設計支援システムでは、建物の照明器具等の内装部材について統一性が図られるように自動的に選択できる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2006−185204号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、建物内の各部屋は、居住者の嗜好が反映られた空間となることが好ましい。部屋の空間の雰囲気(印象)は、内装の仕様(仕上り)や照明器具の配置などによって変化するのみでなく、直接照明か間接照明かによっても大きく変化する。また、部屋に適用可能な照明器具も多種多様となっており、部屋の空間の雰囲気は、照明器具の種類や機種によっても変化する。このため、照明設計は、設計者の技量の影響を受けるのみでなく、居住者の嗜好などを確認しながら照明設計を行っても、居住者の嗜好を適切に反映した空間を形成するための照明設計が難しいという問題がある。
【0006】
本発明は、上記事実を鑑みて成されたものであり、居住者の嗜好に沿う照明設計を支援する設計支援装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記目的を達成するための第1の態様の設計支援装置は、照明設計の対象建物についての対象間取り情報と、前記対象間取り情報における各部屋の内装の仕上りに関する対象仕様情報と、前記対象建物の居住者の嗜好に関連する情報及び照明設計の対象とする前記対象建物内の部屋を示す情報を含む依頼情報と、を表す対象関連情報を取得する取得手段と、各部屋の照明設計の定まった実績建物についての実績間取り情報と、前記実績間取り情報における各部屋の内装の仕上りに関する実績仕様情報と、前記実績間取り情報における各部屋おける照明器具及び該照明器具の配置に関する実績照明情報と、評価者の嗜好に関連する情報を含む評価者の属性情報と、前記部屋の各々について前記実績仕様情報及び前記実績照明情報の組み合わせに関する前記評価者の評価情報と、を表す実績関連情報が学習用データとして記憶された記憶部と、前記学習用データから予め学習された学習済みモデルと前記対象関連情報とから、前記対象建物の少なくとも一つの部屋における照明器具及び該照明器具の配置に関する照明設計案を出力する出力部と、を含む。
【0008】
第1の態様の設計支援装置では、各部屋の照明設計の定まった実績建物についての実績間取り情報と、実績建物の各部屋の内装の仕上りに関する実績仕様情報と、実績建物の各部屋おける照明器具及び該照明器具の配置に関する実績照明情報と、評価者の嗜好に関連する情報を含む評価者の属性情報と、部屋の各々について実績仕様情報及び実績照明情報の組み合わせに関する評価者の評価情報と、を表す実績関連情報を学習用データとして学習済みモデルが生成される。
【0009】
取得部は、照明設計の対象建物についての対象間取り情報と、対象建物の各部屋の内装の仕上りに関する対象仕様情報と、対象建物の居住者の嗜好に関連する情報及び照明設計の対象とする対象建物内の部屋を示す情報を含む依頼情報と、を表す対象関連情報を取得する。
【0010】
ここで、出力部は、学習用データから予め学習された学習済みモデルと対象関連情報とから、対象建物内の部屋における照明器具及び該照明器具の配置に関する照明設計案を出力する。これにより、実績建物についての実績建物情報から居住者の嗜好に沿う照明設計案を容易に得ることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

トヨタホーム株式会社
建物
トヨタホーム株式会社
住宅
トヨタホーム株式会社
建物
トヨタホーム株式会社
電着塗装装置
トヨタホーム株式会社
防犯システム
トヨタホーム株式会社
間仕切壁構造
トヨタホーム株式会社
親綱設置方法
トヨタホーム株式会社
金物固定用治具
トヨタホーム株式会社
収納型螺旋階段
トヨタホーム株式会社
腰壁用足場装置
トヨタホーム株式会社
軒天見切り構造
トヨタホーム株式会社
献立提案システム
トヨタホーム株式会社
吹出口の閉鎖構造
トヨタホーム株式会社
設計支援システム
トヨタホーム株式会社
収納装置の設置構造
トヨタホーム株式会社
リフォーム提案装置
トヨタホーム株式会社
建物の施解錠システム
トヨタホーム株式会社
建物の施解錠システム
トヨタホーム株式会社
インテリア支援システム
トヨタホーム株式会社
屋根の壁際側の防水構造
トヨタホーム株式会社
閉断面構造部材及び建物
トヨタホーム株式会社
建物及び建物への配車システム
トヨタホーム株式会社
宿泊施設のチェックインシステム
トヨタホーム株式会社
建物ユニットの設置方法
トヨタホーム株式会社
建物の気密構造及び気密部材組付方法
トヨタホーム株式会社
建物の気密構造及び気密部材組付方法
トヨタホーム株式会社
太陽光パネル支持体及び太陽光パネルの取付構造
トヨタホーム株式会社
建物ユニットの製造装置及び建物ユニットの製造方法
トヨタホーム株式会社
建物ユニットの接合構造及び建物ユニットの接合方法
個人
情報端末機器
個人
仮想通貨の宝クジ
個人
ゴム付きのペン軸
個人
広告表示システム
株式会社理研
演算装置
個人
整理券発行システム
個人
音声入力装置
続きを見る