TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021122527
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210830
出願番号2020018399
出願日20200206
発明の名称洗濯機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類D06F 39/08 20060101AFI20210802BHJP(繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料)
要約【課題】本開示は、洗濯物に安定して補助作用を付与できる洗濯機を提供する。
【解決手段】本開示における洗濯機は、銀クリスタル29を収容した銀クリスタルユニット15と、銀クリスタルユニット15を脱着可能に収容する銀クリスタルユニット収容部16が設けられた洗剤ケース9と、銀クリスタルユニット15に給水する注水装置11と、を備える。
これにより、銀クリスタル29の残量が少なくなった場合、銀クリスタルユニット15を交換できる。そのため、洗濯物に安定して補助作用を付与できる。また、必要に応じて、銀クリスタルユニット15を外して洗濯運転できる。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
補助剤を収容した補助剤ユニットと、
前記補助剤ユニットを脱着可能に収容する補助剤ユニット収容部が設けられた洗剤ケースと、
前記補助剤ユニットに給水する給水部と、を備える、
洗濯機。
続きを表示(約 960 文字)【請求項2】
前記補助剤ユニット収容部には、前記補助剤ユニットを挿入方向に案内する傾斜リブが形成されている、
請求項1に記載の洗濯機。
【請求項3】
前記補助剤ユニットの上部には爪が設けられており、前記爪は、前記補助剤ユニットが前記補助剤ユニット収容部に挿入されることにより前記補助剤ユニット収容部に設けた係止部に係って止められる、
請求項1または2に記載の洗濯機。
【請求項4】
前記補助剤ユニットは、
収納ケースと、前記補助剤と、を備え、
前記収納ケースは、前記補助剤を収容する本体部と、前記本体部の上面を覆う蓋部と、を含み、
前記蓋部には、前記本体部に対して下方からネジ止めされる固定部が形成されている、
請求項1〜3のいずれか一項に記載の洗濯機。
【請求項5】
前記収納ケースは、屈曲可能に設けられ、前記本体部と前記蓋部とを連結するヒンジ部を含み、
前記本体部、前記蓋部および前記ヒンジ部は、一体的に形成されている、
請求項4に記載の洗濯機。
【請求項6】
前記収納ケースは、前記本体部と前記蓋部とが係合する係合部を備える、
請求項4または5に記載の洗濯機。
【請求項7】
前記蓋部および前記本体部の下部には、開口が設けられており、前記開口は、前記補助剤を通さず通水可能に設けられた通水構造部により覆われている、
請求項4〜6のいずれか一項に記載の洗濯機。
【請求項8】
前記補助剤ユニットは、前記補助剤ユニット収容部に対して正位置で収容されるよう位置決めする位置決め部を備える、
請求項1〜7のいずれか一項に記載の洗濯機。
【請求項9】
前記補助剤ユニットは、前記補助剤を収容する本体部と、前記本体部の上面を覆う蓋部と、を含み、
前記位置決め部は、前記本体部と前記蓋とを固定する固定部により構成されており、
前記補助剤ユニット収容部には、前記補助剤ユニットが正位置で収容されている状態で前記位置決め部が挿入される切り欠き部が形成されている、
請求項1〜8のいずれか一項に記載の洗濯機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、洗濯機に関する。
続きを表示(約 4,900 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1は、抗菌性の銀イオンを放出する収納袋を備えた洗濯機を開示する。
【0003】
特許文献1における洗濯機は、水を通過させる網目状に形成され、水に溶解して抗菌性の銀イオンを放出する銀クリスタル材を収容する収納袋を備え、収納袋は、洗濯機の給水経路に取り付けられている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2010−119633号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本開示は、洗濯物に安定して補助作用を付与できる洗濯機を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示における洗濯機は、補助剤を収容した補助剤ユニットと、前記補助剤ユニットを脱着可能に収容する補助剤ユニット収容部が設けられた洗剤ケースと、前記補助剤ユニットに給水する給水部と、を備える。
【発明の効果】
【0007】
本開示における洗濯機は、洗濯物に安定して補助作用を付与できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
実施の形態1における洗濯機の縦断面図
同洗濯機の上部枠体周囲の分解斜視図
同洗濯機の洗剤ケース周囲の縦断面図
(a)同洗濯機の注水装置蓋の上面図、(b)同洗濯機の注水構造部の上面図、(c)同洗濯機の洗剤ケースの上面図
同洗濯機の銀クリスタルユニット収容部周囲を示す横断面図
(a)同洗濯機の銀クリスタルユニットを外した状態の銀クリスタルユニット収容部の周囲を示す外観斜視図、(b)同洗濯機の銀クリスタルユニットを装着した状態の銀クリスタルユニット収容部の周囲を示す外観斜視図
(a)同洗濯機の収納ケースの収納ケース蓋を閉めた状態の外観斜視図、(b)同洗濯機の収納ケースの収納ケース蓋を開いた状態の外観斜視図
(a)同洗濯機の収納ケースの上面図、(b)同洗濯機の収納ケースのA−A断面図、(c)同洗濯機の収納ケースのB−B断面図
(a)同洗濯機の銀クリスタルユニットの上面図、(b)同洗濯機の銀クリスタルユニットの下面図(c)同洗濯機の銀クリスタルユニットのC−C断面図
同洗濯機の洗剤ケース周囲の縦断面における銀クリスタルユニットに流れ込む水の流れを示す模式図
同洗濯機の洗剤ケース周囲の横断面における銀クリスタルユニットに流れ込む水の流れを示す模式図
(a)同洗濯機の銀クリスタルユニットの銀クリスタルが充填状態である場合を示す図9(a)におけるD−D断面図、(b)同洗濯機の銀クリスタルユニット銀クリスタルが残り少量である場合を示す図9(a)におけるD−D断面図
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。なお、添付図面および以下の説明は、当業者が本開示を十分に理解するために提供されるのであって、これらにより特許請求の範囲に記載の主題を限定することを意図していない。
【0010】
(実施の形態1)
以下、図1〜図12を用いて、実施の形態1を説明する。
【0011】
(洗濯機の構成)
図1は、実施の形態1における洗濯機の縦断面図である。
【0012】
図1に示すように、洗濯機本体1の内部には、洗濯時に水をためるための水槽4が設けられており、水槽4の内部には、衣類を収容する洗濯兼脱水槽3が回転可能に設けられている。洗濯兼脱水槽3の下部には、洗濯時およびすすぎ時に衣類の攪拌を行うパルセータ5が設けられている。パルセータ5が、洗濯兼脱水槽3の軸中心に回転、反回転に回転することにより、洗濯兼脱水槽3の内部の衣類が攪拌される。
【0013】
上部枠体2は、洗濯機本体1の上部に配設されている。上部枠体2の後方上部には、操作表示部31が設けられており、操作表示部31の下方には制御装置7が設けられている。上部枠体2の後方内部には、外部の水道蛇口(図示せず)と給水ホース(図示せず)により連結された給水弁80が複数設けられている。給水弁80は、内部に設けられた水路を開閉可能に構成されており、それぞれの給水弁80は、電磁力により独立に開閉駆動される。
【0014】
上部枠体2の略中央部には、洗濯兼脱水槽3と外部とを連通するための衣類投入口2aが形成されている。衣類投入口2aの上部は、蓋体6により開閉自在に覆われている。使用者は、蓋体6を開いた状態で、衣類投入口2aを通じて、洗濯兼脱水槽3の内部に洗濯物を出し入れできる。
【0015】
(注水装置、洗剤ケース)
図2は、実施の形態1における洗濯機の上部枠体周囲の分解斜視図である。
【0016】
図2に示すように、上部枠体2の後方上部には、洗剤ケース収容部12が形成されており、洗剤ケース収容部12は、洗剤ケース9を着脱自在に収容する。洗剤ケース9の上方には、前述の給水弁80を介して水道水を導入し、洗剤ケース9に注水する注水装置11が設けられている。注水装置11から洗剤ケース9に投入された水は、洗剤ケース9の内部を通って洗剤ケース収容部12に排出され、水槽4内へ投入される。
【0017】
洗剤ケース9は、上方に開口する略箱状に形成されている。洗剤ケース9の手前側には、使用者が把持可能に構成された把持部9dが設けられている。把持部9dは、洗剤ケース9が洗剤ケース収容部12に収容された状態で、上部枠体2に形成された衣類投入口2aと面一となるように形成されている。
【0018】
洗剤ケース9の内部は、粉洗剤が投入される粉洗剤投入部9aと、液体洗剤が投入される液体洗剤投入部9bと、柔軟剤が投入される柔軟剤投入部9cと、が形成されている。柔軟剤投入部9cの後方には、銀クリスタルユニット15が着脱自在に取り付けられる銀クリスタルユニット収容部16が形成されている。銀クリスタルユニット15および銀ク
リスタルユニット収容部16については、後述する。
【0019】
図3は、実施の形態1における洗濯機の洗剤ケース周囲の縦断面図、図4(a)は、同洗濯機の注水装置蓋の上面図、図4(b)は、同洗濯機の注水構造部の上面図、図4(c)は、同洗濯機の洗剤ケースの上面図である。
【0020】
図3、図4(a)および図4(b)に示すように、注水装置11は、上面である注水装置蓋11aと、下面である注水構造部11bと、により構成されている。注水装置蓋11aには、給水弁80から水を導入する給水口として、第1の給水弁81と接続される粉洗剤用投入部用の給水口8a、液体洗剤投入部用の給水口8bおよび第2の給水弁82と接続される柔軟剤投入部用の給水口8cが設けられている。それぞれの給水口から導入された水は、注水構造部11bへと流下する。
【0021】
注水構造部11bは、略箱状に形成されており、粉洗剤投入部9a、液体洗剤投入部9b、柔軟剤投入部9cおよび銀クリスタルユニット収容部16と対応するように、内部が小部屋に区切られている。なお、柔軟剤投入部9cおよび銀クリスタルユニット収容部16に対応する小部屋は、共通の小部屋となっている。また、各小部屋には、下方と連通して水を洗剤ケース9に落下させるノズルが複数形成されている。各小部屋には、粉洗剤投入部9a、液体洗剤投入部9b、柔軟剤投入部9cおよび銀クリスタルユニット収容部16に対応して、粉洗剤用ノズル13a、液体洗剤用ノズル13b、柔軟剤用ノズル14、および銀クリスタル用ノズル10がそれぞれ設けられている。これにより、注水構造部11bは、粉洗剤投入部9a、液体洗剤投入部9b、柔軟剤投入部9cおよび銀クリスタルユニット収容部16に、独立に給水することができる。
【0022】
図3および図4(b)に示すように、給水弁80の内部、および、各小部屋は、幅が広い水路として形成されている。一方、洗剤用ノズル13、柔軟剤用ノズル14、銀クリスタル用ノズル10は、径の小さな孔として形成されている。これにより、各ノズルを通過する際にベンチュリ効果により流速が増すため、洗剤ケース9に落下する水の勢いを強めることができる。
【0023】
また、銀クリスタル用ノズル10は、径が大きい第1のノズル10aと、径が小さい第2のノズル10bと、により構成されている。第1のノズル10aと、第2のノズル10bは、それぞれ略直線上に配置されている。
【0024】
図4(c)に示すように、粉洗剤投入部9aの略中央には、下方に向かって開口する粉洗剤用排出口30aが設けられており、溶解された粉洗剤を含む洗剤水を下方に吐出する。
【0025】
液体洗剤投入部9bおよび柔軟剤投入部9cには、サイフォン構造30bが設けられている。サイフォン構造30bは、内部に溜まった液体が所定の液位に達すると、サイフォン現象にて液体を吸い上げて下方に吐出する。即ち、ノズルから所定量の水が給水されると、水に溶解された液体洗剤または柔軟剤は、サイフォン構造30bにより下方に運搬され、洗剤ケース収容部12に吐出される。
【0026】
銀クリスタルユニット収容部16の内底部には、銀クリスタルユニット収容部の排出口30cが形成されており、銀クリスタルユニット15から排出された水を下方に吐出する。
【0027】
(銀クリスタルユニット収容部)
図5は、実施の形態1における洗濯機の銀クリスタルユニット収容部周囲を示す横断面
図、図6(a)は、同洗濯機の銀クリスタルユニットを外した状態の銀クリスタルユニット収容部の周囲を示す外観斜視図、図6(b)は、同洗濯機の銀クリスタルユニットを装着した状態の銀クリスタルユニット収容部の周囲を示す外観斜視図である。
【0028】
図5、図6(a)および図6(b)に示すように、銀クリスタルユニット収容部16は、略箱状に形成されており、銀クリスタルユニット15を着脱可能に構成されている。
【0029】
銀クリスタルユニット収容部16の内周壁には、傾斜リブ16cが上下に伸びて形成されている。傾斜リブ16cは、下方になるに従って突出して形成されており、銀クリスタルユニット15が下方に挿入される際に銀クリスタルユニット15を滑らかに案内する。傾斜リブ16cの上下方向の端面は、銀クリスタルユニット15が銀クリスタルユニット収容部16に完全に挿入された状態において、銀クリスタルユニット15と当接する。これにより、銀クリスタルユニット15は、銀クリスタルユニット収容部16に保持された状態となり、洗剤ケース9が逆さにされた場合でも落下しない。
【0030】
また、銀クリスタルユニット15には、後述するヒンジ部22が設けられており、銀クリスタルユニット収容部16には、銀クリスタルユニット収容部側ツメ16bが設けられている。ヒンジ部22は、ヒンジ構造として働くだけでなく、銀クリスタルユニット収容部側ツメ16bと係合可能に構成されている。使用者が、銀クリスタルユニット15を銀クリスタルユニット収容部16に挿入すると、ヒンジ部22が銀クリスタルユニット収容部側ツメ16bと係合する。これにより、銀クリスタルユニット15は、銀クリスタルユニット収容部16に装着された状態となる。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
機器
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
混練機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
炊飯器
パナソニックIPマネジメント株式会社
自転車
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
補聴器
パナソニックIPマネジメント株式会社
リール
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
製氷機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
ポンプ
パナソニックIPマネジメント株式会社
ボトル
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
炊飯器
続きを見る