TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021120282
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210819
出願番号2020014016
出願日20200130
発明の名称包装箱
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類B65D 5/52 20060101AFI20210726BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】吊下面を有する包装箱を集合梱包したとき、集合箱内部で包装箱同士の間にスキマが生じてガタツキが生じるのを防ぐ。
【解決手段】包装箱は前面と後面と左面と右面と上面と下面で構成し、後面の上辺に延長した吊下面を有し、包装箱の形状を側面から見ると上面より下面の方が前方向に長く伸び、前面は上側が後ろへ接近するように傾斜している。この包装箱の吊下面を交互に噛み合わせて集合箱に梱包すると、包装箱の厚さは下面側が厚く上面側が薄いので、そこに吊下面の厚さが収まりスキマなく梱包できる。また、上面より下面の方が長い分、前面を後面より長くして「前面+上面=後面+下面」となるようにすれば、この包装箱は貼合時に平面状態になるので、通常の直方体の箱と同様に取り扱いが容易にできる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
前面と後面と左面と右面と上面と下面で構成する箱体を成し、該後面の上辺に接続し吊下穴を有する吊下面を有する包装箱において、
該包装箱の形状を該左面および該右面の側から見た時に、該上面より該下面の方が該前面の方向に長く形成され該前面の該上面側が該後面方向へ接近するように傾斜していることを特徴とする包装箱。
続きを表示(約 160 文字)【請求項2】
該前面に折線を介して該上面を接続し、該上面に折線を介して該後面を接続し、該後面に折線を介して該下面を接続し、該下面に折線を介して該前面を接続し、
該前面の上下寸法と該上面の前後寸法の和と、該後面の上下寸法と該下面の前後寸法の和とは、略同一になるようにしたことを特徴とする請求項1に記載の包装箱。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、物品を収納する包装箱に関し、特に箱の上面より上方へ突出した吊下面を有する吊下式の包装箱に関するものである。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
吊下式の包装箱は、箱の上面よりも上方に吊下穴を有する吊下面を設け、この吊下穴を商品棚のフック等に掛けて店頭に展示する包装箱である。吊下面の形状には様々な方式が見られるが、代表的な例として、包装箱の後面を上方向に延長して吊下面を設ける方法が普及している。そして、このような包装箱は出荷時に集合箱へ梱包する際に、この吊下面が邪魔にならないような工夫がなされてきた。
【0003】
従来、箱型の本体部の後面に連続して本体部から突出させた吊下面を備え、その境界線上に罫線またはミシン目を設けて吊下面を折曲自在にした包装箱が提案されている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1では、集合梱包時には吊下面を折曲げて箱の上面に密着できるので、吊下面が邪魔にならずコンパクトに梱包できる。また、吊下面を上面中央部から突出させ、その境界を同じく折曲自在にした包装箱が提案されている(例えば、特許文献2参照)。特許文献2では、同様に集合梱包時は吊下面を上面に密着してコンパクトに梱包できる。
【0004】
なお、特許文献1、2とも、従来例として吊下面を伸ばしたままの包装箱を噛み合わせ、集合箱に梱包する方法も紹介している。いずれの特許文献もこの場合は集合箱が大型化しやすい問題点を指摘しているが、吊下面を折るのが不要なので、サイズが気にならない小型の包装箱などでは多く採用されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開平11−115914号公報
特開2006−341892号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
このように、吊下式の包装箱は、集合梱包時の吊下面の扱いが問題であり、可倒式にすることが一つの解となっている。しかし、可倒式の吊下箱では包装箱の形状が複雑になり、また集合梱包時に折曲げ作業も必要となる。さらに、折曲部に罫線やミシン目を施すことは、その分折曲部の強度劣化を招きやすく、吊下時に掛かる荷重で折曲部が破損する危険がある。そのため、集合箱のサイズなど他の問題がなければ、先行技術文献の従来例のように固定式の吊下面を設け、これをそのまま交互に噛み合わせて集合箱に梱包する方法もよく行われてきた。
【0007】
例えば図7(a)は吊下面101aを伸ばした包装箱101を交互に噛み合わせて集合箱102に梱包した様子である。この場合、先行技術文献でも指摘されているように、図7(b)において集合箱102の縦サイズLyは包装箱101の長さの2倍になり、さらに集合箱102の横サイズLxも、包装箱101の厚さだけでなく交互に噛み合わせた相手の吊下面101aの厚さも加わるので、大きくなる。ただし、包装箱101が小さければ、必ずしも集合箱102のサイズ自体は問題ではない。
【0008】
では何が問題かというと、この場合、包装箱101の厚さに吊下面101aの厚さも加わる分、箱同士の間隔を空ける必要があり、それによって包装箱101同士の間にスキマsが生じることである。そのスキマsの総量は集合箱102の中に包装箱101を入れる数が多いほど大きく、集合箱102の輸送時に生じる振動や落下などにより集合箱102の中で包装箱101が揺られてガタつくことになる。そのため、出荷や物流過程において、包装箱101が集合箱102の内壁で擦れて削れたり、包装箱101内部の収納物が損傷する恐れがあった。
【0009】
そこで、本発明の目的は、吊下面を有する包装箱において、吊下面を突出させたまま集合梱包しても集合箱の中でスキマが生じない包装箱を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0010】
上記目的を達成するために、本発明は、前面と後面と左面と右面と上面と下面で構成する箱体を成し、該後面の上辺に接続し吊下穴を有する吊下面を有する包装箱において、該包装箱の形状を該左面および該右面の側から見た時に、該上面より該下面の方が該前面の方向に長く形成され該前面の該上面側が該後面方向へ接近するように傾斜していることを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
包装体
3か月前
個人
屑入れ
4か月前
個人
包装用部材
5か月前
個人
部品供給装置
3か月前
個人
袋開口保持具
4か月前
個人
廃棄物収納容器
3か月前
個人
袋掛けスタンド
1か月前
株式会社KY7
蓋体
3か月前
株式会社KY7
蓋体
3か月前
個人
容器入り衛生袋
6か月前
個人
飲料用容器の蓋
3か月前
株式会社KY7
蓋体
5か月前
凸版印刷株式会社
紙箱
4か月前
凸版印刷株式会社
蓋材
4か月前
個人
鼻水取り器
1か月前
個人
丸太原木固定装置
4か月前
凸版印刷株式会社
蓋材
4か月前
ダイニック株式会社
蓋材
4か月前
三甲株式会社
容器
1か月前
個人
粉体飛散防止カバー
4か月前
三甲株式会社
容器
1か月前
個人
搬送システム
1か月前
凸版印刷株式会社
包装材
4か月前
凸版印刷株式会社
包装体
4か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
4か月前
株式会社イシダ
箱詰装置
2か月前
日東精工株式会社
包装機
2か月前
三甲株式会社
容器
13日前
三甲株式会社
容器
2か月前
凸版印刷株式会社
吐出具
2か月前
凸版印刷株式会社
包装体
3か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
3か月前
個人
チャック付き包装袋
3か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
3か月前
個人
垂直式ゴミ袋保持器
4か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
4か月前
続きを見る