TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021114848
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210805
出願番号2020006562
出願日20200120
発明の名称分電盤
出願人個人
代理人個人
主分類H02B 1/40 20060101AFI20210709BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】停電時に部屋内の照明器等を漏電を防止して使用可能とする分電盤を提供する。
【解決手段】分電盤100Aの筐体101内には、漏電ブレーカー2、複数の安全ブレーカー3、補助用漏電ブレーカー4及び補助用コンセント5が配設される。これらの構成2,3,4,5は、通常、筐体101の開閉自在な蓋で被覆されている。通常時は、漏電ブレーカー2及び各安全ブレーカー3はON状態にあり、補助用漏電ブレーカー4はOFF状態にある。停電時は、漏電ブレーカー2はOFF状態に切り替えられ、補助用漏電ブレーカー4はON状態に切り替えられ、補助用コンセント5は配線ケーブル6により外部の屋内発電機7に接続される。その場合、補助用コンセント5に接続された配線ケーブル6は筐体101の蓋に配設された貫通孔を通る。屋内発電機7より供給される電流は、補助用漏電ブレーカー4及び安全ブレーカー3Aを通じて、部屋内の照明器10に流入する。
【選択図】図2

特許請求の範囲【請求項1】
筐体と、
前記筐体内に配設された漏電ブレーカーと、
前記筐体内に配設され、前記漏電ブレーカーの出力部に電気的に接続された入力部を有する安全ブレーカーと、
前記筐体内に配設され、前記漏電ブレーカーの前記出力部に電気的に接続された出力部を有する補助用漏電ブレーカーと、
前記筐体内に配設され、前記補助用漏電ブレーカーの入力部に電気的に接続された補助用コンセントと
を備えていることを特徴とする、分電盤。
続きを表示(約 830 文字)【請求項2】
請求項1に記載の分電盤であって、
前記筐体は開閉自在な蓋を有しており、
前記蓋は前記蓋を貫通する貫通孔を有しており、
商用電源の停電時には、前記補助用コンセントは、閉まった状態にある前記蓋の前記貫通孔を通る配線ケーブルを通じて、前記筐体の外部の発電機と電気的に接続される
ことを特徴とする、分電盤。
【請求項3】
請求項2に記載の分電盤であって、
前記筐体の前記蓋は、前記商用電源の非停電時には前記貫通孔を閉めた状態にある、開閉自在な貫通孔用蓋を更に有する
ことを特徴とする、分電盤。
【請求項4】
請求項1に記載の分電盤であって、
商用電源の停電時には、
前記漏電ブレーカー、前記安全ブレーカー及び前記補助用漏電ブレーカーは、それぞれ、OFF状態、ON状態及びON状態に設定されると共に、
前記補助用コンセントは前記筐体の外部の発電機と電気的に接続される
ことを特徴とする、分電盤。
【請求項5】
筐体と、
前記筐体内に配設された漏電ブレーカーと、
前記筐体内に配設され、前記漏電ブレーカーの出力部に電気的に接続された入力部を有する安全ブレーカーと、
前記筐体内に配設され、前記漏電ブレーカーの出力部に配線を介して直接に電気的に接続された補助用コンセントと
を備えていることを特徴とする、分電盤。
【請求項6】
請求項5に記載の分電盤であって、
前記筐体は開閉自在な蓋を有しており、
前記蓋は前記蓋を貫通する貫通孔を有しており、
商用電源の停電時には、前記補助用コンセントは、閉まった状態にある前記蓋の前記貫通孔を通る配線ケーブルを通じて、前記筐体の外部の補助用漏電ブレーカーの出力部に電気的に接続される
ことを特徴とする、分電盤。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、災害等による停電時に対応可能な分電盤の構成に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
建築物の壁面に、コンセントである発電機接続部と、スイッチである切り替え装置とを設置しておき、停電時には、上記スイッチを分電盤の安全ブレーカーの出力部側から発電機側に切り替えることで、上記発電機より上記コンセントを介して非常照明へ直接に電力を供給する電力供給方法が、提案されている(例えば特許文献1を参照。)。
【0003】
又、停電時に、屋外の発電機より屋外のコンセントを介して分電盤内の漏電ブレーカーに電力を供給する電力供給方法が提案されている(例えば特許文献2を参照。)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
実用新案登録第3185936号公報(0005段落、図1)
特許第5954893号公報(特開2014−3730号公報)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
(1)地震、豪雨、大雪又は台風等の災害により、或いは、夏場等での電力不足により、商用電源より電力が供給されなくなる「停電」が、長期間に亘って又は短期間に亘って発生する場合がある。この様な災害等による停電が発生した場合には、建物の部屋内に常時設置されて使用されている照明器が全く発光しなくなるので、当該建物内に居ている人にとっては大変不便であり、精神的にも不安となる。そのため、災害等による停電が発生した時であっても、電気が復興するまでの期間、部屋内に常時設置されて日常使用されている照明器が、別の電源からの電力供給による火災等のトラブルが発生し難く且つ容易な操作を行うだけで、使用可能となる電力供給方式の実現が期待される。
【0006】
(2)更に、災害等の停電時には、部屋内に居ながらも、災害の状況等の社会状況を知らせる情報乃至はニュースを知りたいと思うのが、人間の心情である。そのためには、部屋内の壁に配設されているコンセントに接続されている、テレビジョン(以下「テレビ」という。)・パーソナルコンピューター(以下「パソコン」という。)等の比較的消費電力の低い電気機器を動作可能としてテレビ番組を視聴出来、或いは、インターネットを活用出来る電力供給方式の実現も期待される。
【0007】
(3)更に、上記(2)と同様な観点から、外部との通信が可能な通信機器を確保しておくために、携帯電話機・スマートフォン・タブレット端末等の様な携帯端末機器の充電を部屋内の壁に配設されているコンセントとの接続を通じて可能とし得る電力供給方式の実現も期待される。
【0008】
(発明の目的)
この発明はその様な問題点に鑑みて成されたものであり、その主目的は、災害等による停電時であっても、電気が復興するまでの期間、部屋内に常時設置されて日常使用されている照明器・テレビジョン等の比較的に消費電力の低い電気機器を、漏電等の電気的なトラブルを起こす心配無く且つ比較的容易な操作で以って使用可能とし得る、停電時に対応可能な分電盤を提供する点にある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明の主題に係る分電盤は、筐体と、前記筐体内に配設された漏電ブレーカーと、前記筐体内に配設され、前記漏電ブレーカーの出力部に電気的に接続された入力部を有する安全ブレーカーと、前記筐体内に配設され、前記漏電ブレーカーの前記出力部に電気的に接続された出力部を有する補助用漏電ブレーカーと、前記筐体内に配設され、前記補助用漏電ブレーカーの入力部に電気的に接続された補助用コンセントとを備えていることを特徴とする。
以下、本発明の様々な具体化を、添付図面を基に、その効果・利点と共に、詳述する。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の実施の形態1に係る分電盤の構成・使用態様を模式的に示す図である。
本発明の実施の形態2に係る分電盤の構成・使用態様を模式的に示す図である。
本発明の実施の形態3に係る分電盤の筐体の外観を模式的に示す、当該分電盤を下方から眺めた際の斜視図である。
本発明の変形例(1)に係る分電盤の構成・使用態様を模式的に示す図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
発電機
個人
太陽光発電装置
個人
協調充電システム
個人
マグネット出力機構
愛知電機株式会社
ステータ
個人
磁束線方向移動型電動機
株式会社アクシス
人力発電機
個人
馬の力を利用した発電機
株式会社デンソー
モータ
株式会社デンソー
モータ
日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
モータ
個人
電線路用の除氷装置
ショット日本株式会社
保護回路
個人
新型風力発電システムの件
愛知電機株式会社
電力変換装置
いすゞ自動車株式会社
結束バンド
株式会社昭電
電流遮断装置
株式会社デンソー
駆動装置
キヤノン株式会社
電源装置
株式会社デンソー
駆動装置
ニチコン株式会社
直流電源
三菱電機株式会社
発電素子
個人
ソーラーパネルホルダー
ユニチカ株式会社
配線保護スリーブ
個人
トグル機構を利用した発電機。
ダイキン工業株式会社
モータ
テクモ電子株式会社
非接触受電装置
テクモ電子株式会社
非接触給電装置
株式会社サンテック
接地金具
テクモ電子株式会社
非接触給電装置
テクモ電子株式会社
非接触受電装置
FDK株式会社
無停電電源装置
大東電材株式会社
碍子清掃工具
河村電器産業株式会社
蓄電池盤
日本電産株式会社
モータ及び電気製品
続きを見る