TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021111462
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210802
出願番号2020000833
出願日20200107
発明の名称端子台
出願人株式会社オートネットワーク技術研究所,住友電装株式会社,住友電気工業株式会社
代理人個人,個人
主分類H01R 9/22 20060101AFI20210705BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】台座部における補強用のリブの間への水の浸入を抑制可能な端子台を提供する。
【解決手段】台座部22は、コネクタ部21の軸線方向(すなわち、筒状の嵌合部24の開口方向)に対して交差する方向に延びる第1壁部31と、コネクタ部21の軸線方向において第1壁部31に対向する第2壁部32と、第1壁部31と第2壁部32とを繋ぐように第1壁部31と第2壁部32の間に設けられたリブ33と、第1壁部31と第2壁部32との間においてリブ33によって区画された空隙部34と、を備える。そして、空隙部34は、コネクタ部21の軸線方向に対して交差する方向に開放されている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
車両に搭載される機器のハウジングに設けられる端子台であって、
筒状のコネクタ部と、
前記コネクタ部の外周に形成され、前記ハウジングの開口を塞ぐ態様で前記ハウジングに固定される台座部と、を備え、
前記台座部は、
前記コネクタ部の軸線方向に対して交差する方向に延びる第1壁部と、
前記コネクタ部の軸線方向において前記第1壁部に対向する第2壁部と、
前記第1壁部と第2壁部とを繋ぐように前記第1壁部と前記第2壁部の間に設けられたリブと、
前記第1壁部と前記第2壁部との間において前記リブによって区画された空隙部と、
を備え、
前記空隙部が前記コネクタ部の軸線方向に対して交差する方向に開放されている端子台。
続きを表示(約 680 文字)【請求項2】
前記リブは、互いに交差する第1リブ及び第2リブを含む、請求項1に記載の端子台。
【請求項3】
前記台座部の裏面側に環状のシール部材を備え、
前記端子台の前記ハウジングに対する組付状態において、前記シール部材は前記開口を囲う位置で前記ハウジングと前記第2壁部とによって挟まれて圧縮される、請求項1又は請求項2に記載の端子台。
【請求項4】
前記第2壁部には、前記シール部材が配置される収容溝が形成されている、請求項3に記載の端子台。
【請求項5】
前記台座部は、前記ハウジングに対して締結固定される複数の被締結部を備え、
前記第1壁部及び前記第2壁部は、前記被締結部同士を繋ぐように形成されている、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の端子台。
【請求項6】
前記台座部は、前記コネクタ部の軸線方向に沿って立設された立設リブと、前記立設リブによって区画され前記コネクタ部の軸線方向に開口する凹部と、を備え、
前記凹部には、当該凹部の内外を連通する水抜き孔が形成されている、請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の端子台。
【請求項7】
前記第1壁部及び前記第2壁部は、前記端子台を前記コネクタ部の軸線方向から見たときの前記端子台の長手方向に沿った側部に設けられ、
前記立設リブ及び前記凹部は、前記端子台を前記コネクタ部の軸線方向から見たときの前記端子台の短手方向に沿った側部に設けられている、請求項6に記載の端子台。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、端子台に関するものである。
続きを表示(約 5,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、機器に取り付けられる端子台として、例えば特許文献1に記載された端子台は、筒状のコネクタ部と、コネクタ部の外周に形成された台座部とを備えている。台座部は、機器のハウジングの開口を塞ぐ態様で該ハウジングに固定される。また、特許文献1の端子台において、台座部の表面側(反機器側)には、複数の補強用のリブが、筒状の前記コネクタ部の軸線方向に沿って立てられており、それらリブによって台座部の剛性が向上されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2011−160619号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記のような端子台において、台座部の表面側には、補強用のリブによって囲われた空間が形成される。このため、台座部の表面側から端子台に水がかかったときに、補強用のリブの間に水が浸入し、当該リブの間に水が滞留するおそれがある。
【0005】
そこで、台座部における補強用のリブの間への水の浸入を抑制可能な端子台を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の端子台は、車両に搭載される機器のハウジングに設けられる端子台であって、筒状のコネクタ部と、前記コネクタ部の外周に形成され、前記ハウジングの開口を塞ぐ態様で前記ハウジングに固定される台座部と、を備え、前記台座部は、前記コネクタ部の軸線方向に対して交差する方向に延びる第1壁部と、前記コネクタ部の軸線方向において前記第1壁部に対向する第2壁部と、前記第1壁部と第2壁部とを繋ぐように前記第1壁部と前記第2壁部の間に設けられたリブと、前記第1壁部と前記第2壁部との間において前記リブによって区画された空隙部と、を備え、前記空隙部が前記コネクタ部の軸線方向に対して交差する方向に開放されている。
【発明の効果】
【0007】
本開示によれば、台座部における補強用のリブの間への水の浸入を抑制可能な端子台を提供することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態の端子台の斜視図である。
図2は、同形態の端子台の平面図である。
図3は、同形態の端子台における裏面側からの斜視図である。
図4は、図2における4−4線断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
[本開示の実施形態の説明]
最初に本開示の実施態様を列記して説明する。
本開示の端子台は、
[1]車両に搭載される機器のハウジングに設けられる端子台であって、筒状のコネクタ部と、前記コネクタ部の外周に形成され、前記ハウジングの開口を塞ぐ態様で前記ハウジングに固定される台座部と、を備え、前記台座部は、前記コネクタ部の軸線方向に対して交差する方向に延びる第1壁部と、前記コネクタ部の軸線方向において前記第1壁部に対向する第2壁部と、前記第1壁部と第2壁部とを繋ぐように前記第1壁部と前記第2壁部の間に設けられたリブと、前記第1壁部と前記第2壁部との間において前記リブによって区画された空隙部と、を備え、前記空隙部が前記コネクタ部の軸線方向に対して交差する方向に開放されている。
【0010】
この構成によれば、台座部の表面側から端子台に水がかかった場合に、第1壁部及び第2壁部の間のリブによって区画された空隙部への水の浸入を抑制することが可能となる。従って、台座部における補強用のリブの間の空隙部への水の浸入を抑制することが可能となる。
【0011】
[2]前記リブは、互いに交差する第1リブ及び第2リブを含むことが好ましい。この構成によれば、台座部の剛性を好適に向上させることが可能となる。
[3]前記台座部の裏面側に環状のシール部材を備え、前記端子台の前記ハウジングに対する組付状態において、前記シール部材は前記開口を囲う位置で前記ハウジングと前記第2壁部とによって挟まれて圧縮されることが好ましい。この構成によれば、機器のハウジングと第2壁部との間をシール部材にてシールして、ハウジングの開口への水の浸入を抑制することが可能となる。
【0012】
[4]前記第2壁部には、前記シール部材が配置される収容溝が形成されていることが好ましい。この構成によれば、第2壁部の収容溝にてシール部材を安定して保持することが可能となる。
【0013】
[5]前記台座部は、前記ハウジングに対して締結固定される複数の被締結部を備え、前記第1壁部及び前記第2壁部は、前記被締結部同士を繋ぐように形成されていることが好ましい。この構成によれば、台座部における被締結部間の剛性を、第1壁部と、第2壁部と、第1及び第2壁部の間のリブとによって向上させることが可能となる。
【0014】
[6]前記台座部は、前記コネクタ部の軸線方向に沿って立設された立設リブと、前記立設リブによって区画され前記コネクタ部の軸線方向に開口する凹部と、を備え、前記凹部には、当該凹部の内外を連通する水抜き孔が形成されていることが好ましい。この構成によれば、立設リブによって区画された凹部に入った水を水抜き孔から凹部の外側に排出することが可能となるため、凹部における水の滞留を抑制することができる。
【0015】
[7]前記第1壁部及び前記第2壁部は、前記端子台を前記コネクタ部の軸線方向から見たときの前記端子台の長手方向に沿った側部に設けられ、前記立設リブ及び前記凹部は、前記端子台を前記コネクタ部の軸線方向から見たときの前記端子台の短手方向に沿った側部に設けられていることが好ましい。この構成によれば、コネクタ部の軸線方向から見て長手方向を有する端子台において、被水に強いより好適な構成とすることが可能となる。
【0016】
[本開示の実施形態の詳細]
本開示の端子台の具体例を、以下に図面を参照しつつ説明する。なお、本発明はこれらの例示に限定されるものではなく、特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。なお、本開示における平行とは、厳密な意味での平行を意味するものではなく、平行とみなされる範囲であれば本発明の効果を奏する範囲で幅を持つ意味である。また、本開示における垂直とは、厳密な意味での垂直を意味するものではなく、垂直とみなされる範囲であれば本発明の効果を奏する範囲で幅を持つ意味である。
【0017】
図1に示すように、本実施形態の端子台10は、車両に搭載される機器のハウジング11に組み付けられるものである。なお、図面中の互いに直交するXYZ軸におけるX軸は、端子台10の長手方向Xを表し、Y軸は端子台10の幅方向Yを表し、Z軸は端子台10の高さ方向Zを表している。
【0018】
端子台10は、筒状のコネクタ部21と、コネクタ部21の外周においてXY平面に沿って鍔状に延びるように形成された台座部22と、を備えている。
台座部22は、ハウジング11の組付面12に固定される。本実施形態の組付面12は平面状をなす。また、本実施形態の組付面12は天方向側を向くとともに、重力方向に対して交差するように構成されている。組付面12には、ハウジング11の内外を連通する開口13が形成されている。台座部22は、ハウジング11の開口13を塞ぐ態様で組付面12に固定される。また、端子台10は、高さ方向Zが組付面12に対して垂直をなすように、組付面12に組み付けられる。
【0019】
(コネクタ部21)
コネクタ部21は、平面視(組付面12に対する垂直方向視であって、本実施形態では高さ方向Z視)における端子台10の中央部に設けられている。なお、以下の説明において、端子台10の高さ方向Z視を単に「平面視」と言う。
【0020】
コネクタ部21は、図示しない相手側コネクタが嵌合される筒状の嵌合部24と、嵌合部24の内周側に配置された複数の端子25と、を備えている。嵌合部24及び台座部22は、例えば合成樹脂材からなる射出成形品である。すなわち、嵌合部24及び台座部22は互いに一体に形成されている。なお、コネクタ部21(嵌合部24)の軸線方向(開口方向)は、端子台10の高さ方向Z、すなわち、組付面12に対する垂直方向に沿っている。
【0021】
図1及び図3に示すように、コネクタ部21の複数の端子25は、端子台10の長手方向Xに沿って並設されている。また、複数の端子25は、台座部22の表面側から裏面側に貫通するように配置されている。各端子25の一端部(台座部22の裏面側の端部)は、開口13を介してハウジング11の内部に挿入されるとともに、ハウジング11内に設けられた機器側の端子(図示略)と接続される。また、各端子25の他端部(台座部22の表面側の端部)は、嵌合部24に対して反機器側から装着される前記相手側コネクタの端子と接続される。
【0022】
(台座部22)
図1及び図2に示すように、台座部22は、平面視において略長方形状をなしている。すなわち、台座部22は、長手方向Xの寸法が幅方向Yの寸法よりも長く形成されている。また、以下の説明では、台座部22における組付面12と対向する側を「裏面側」とし、その反対側を「表面側」と言う。
【0023】
台座部22の平面視における4つの角部の各々には、被締結部としての筒状のカラー26がインサート成形により埋設されている。各カラー26は、台座部22を形成する合成樹脂材よりも剛性の高い材料(例えば金属材料)からなる。各カラー26は、図示しないボルトによって組付面12に対して締結固定される。これにより、台座部22が組付面12に対して固定される。なお、本実施形態におけるカラー26の中心軸線(すなわち、ボルトの組付方向)は、端子台10の高さ方向Zと平行をなしている。
【0024】
図1、図3及び図4に示すように、台座部22は、高さ方向Zにおいて互いに対向する第1壁部31及び第2壁部32と、第1壁部31と第2壁部32の間に形成された補強用のリブ33と、第1壁部31と第2壁部32の間においてリブ33によって区画された空隙部34と、を備えている。
【0025】
(第1壁部31及び第2壁部32)
第1壁部31及び第2壁部32は、嵌合部24の外側面から幅方向Yに沿って延出している。第1壁部31は、高さ方向Zと直交するXY平面に沿った平板状をなしている。第2壁部32は、第1壁部31に対して組付面12側に位置している。本実施形態では、第1壁部31が台座部22の表面を形成し、第2壁部32が台座部22の裏面を形成している。
【0026】
図1及び図2に示すように、第1壁部31は、長手方向Xに並ぶ2つのカラー26を繋ぐように形成されている。また、第1壁部31は、嵌合部24の幅方向Yの両側にそれぞれ形成されている。また、図3に示すように、第2壁部32は、端子25を含むコネクタ部21の周りに環状に形成されている。
【0027】
(リブ33)
図1、図3及び図4に示すように、端子台10の高さ方向Z、すなわちコネクタ部21の軸線方向(筒状の嵌合部24の開口方向)において互いに対向する第1壁部31と第2壁部32との間にはリブ33が形成されている。本実施形態のリブ33は、第1リブ41、第2リブ42及び第3リブ43を含んで構成されている。
【0028】
第3リブ43は、長手方向Xに直交するYZ平面に沿う平板状をなし、長手方向Xに複数並んでいる。各第3リブ43は、第1壁部31から第2壁部32に亘って形成されている。また、各第3リブ43は、嵌合部24の外側面から幅方向Yに延出している。すなわち、各第3リブ43は、嵌合部24の外側面に繋がっている。
【0029】
第1リブ41及び第2リブ42はYZ平面に対して傾斜し、幅方向Yから見てX字状に交差している。なお、本実施形態では、第1リブ41と第2リブ42との交差部44は、第1壁部31と第2壁部32との間の高さ方向Zの中心位置に設定されている。また、第1リブ41及び第2リブ42は、嵌合部24の外側面から幅方向Yに延出している。すなわち、第1リブ41及び第2リブ42は、嵌合部24の外側面に繋がっている。また、第1リブ41及び第2リブ42は、複数の第3リブ43によって区画された各空間にそれぞれ形成されている。なお、上記した第3リブ43、第1リブ41及び第2リブ42を含むリブ33は、台座部22におけるコネクタ部21を挟んだ幅方向Yの両側部位にそれぞれ形成されている。
【0030】
(空隙部34)
高さ方向Zにおける第1壁部31及び第2壁部32の間において、リブ33によって区画された空隙部34は、高さ方向Zに対して平行をなすコネクタ部21の軸線方向に対して交差する方向に開放されている。本実施形態では、空隙部34は、幅方向Yの外側、すなわちコネクタ部21とは反対側に開放する開放端34aを有している。なお、本実施形態の空隙部34は、第1壁部31と第1及び第2リブ41,42とによって区画されたものと、第2壁部32と第1及び第2リブ41,42とによって区画されたものと、第1〜第3リブ41〜43によって区画されたものを有している。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社オートネットワーク技術研究所
端子台
株式会社オートネットワーク技術研究所
端子台
株式会社オートネットワーク技術研究所
導電路
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
絶縁電線
株式会社オートネットワーク技術研究所
端子金具
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
駆動装置
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
接続端子
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
通信装置
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
給電装置
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
電気接続箱
株式会社オートネットワーク技術研究所
回路構成体
株式会社オートネットワーク技術研究所
端子付電線
株式会社オートネットワーク技術研究所
回路構成体
続きを見る