TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021109246
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210802
出願番号2020000153
出願日20200106
発明の名称打込機
出願人工機ホールディングス株式会社
代理人特許業務法人筒井国際特許事務所
主分類B25C 7/00 20060101AFI20210705BHJP(手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレータ)
要約【課題】打撃部が第1方向に作動される時期と、ウェイトが第2方向に作動される時期との関係を、容易に調整可能な打込機を提供する。
【解決手段】第1方向B1及び第2方向B2へ作動される打撃部12と、第1方向B1及び第2方向B2へ作動されるカウンタウェイト13と、を有する打込機であって、モータと、モータによって回転される環状のベルト40と、ベルト40に設けられ、かつ、打撃部12を第2方向B2に作動させるピン43と、ベルト40に設けられ、かつ、カウンタウェイト13を第1方向B1で作動させるピン43と、を備えている。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
第1方向へ付勢され、前記第1方向、及び前記第1方向とは逆の第2方向へ作動可能であり、前記第1方向へ作動して止具を打撃する打撃部と、
前記第2方向へ付勢され、前記第1方向及び前記第2方向へ作動可能であり、前記打撃部が前記第1方向へ作動される時に前記第2方向に作動するウェイトと、
を有する打込機であって、
モータと、
前記モータによって回転される環状の巻き掛け伝動部材と、
前記巻き掛け伝動部材に設けられ、かつ、前記打撃部を前記第2方向に作動させる第1駆動部と、
前記巻き掛け伝動部材に設けられ、かつ、前記ウェイトを前記第1方向に作動させる第2駆動部と、
を備えている、打込機。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記第1駆動部と前記第2駆動部とが、前記巻き掛け伝動部材の回転方向で異なる位置に設けられている、請求項1記載の打込機。
【請求項3】
前記打撃部を前記第1方向へ作動させ、かつ、前記ウェイトを前記第2方向へ作動させる付勢部材が、更に設けられている、請求項1または2記載の打込機。
【請求項4】
前記付勢部材は、前記打撃部と前記ウェイトとの間に設けられた弾性体である、請求項3記載の打込機。
【請求項5】
前記巻き掛け伝動部材が巻き掛けられた第1回転部材及び第2回転部材が、前記打撃部の作動方向に間隔をおいて設けられている、請求項1乃至4の何れか1項記載の打込機。
【請求項6】
前記打撃部が前記第1方向へ作動する時期と、前記ウェイトが前記第2方向へ作動する時期とが、略同じである、請求項1乃至5の何れか1項記載の打込機。
【請求項7】
前記第1駆動部は、前記打撃部に係合及び解放可能であり、
前記打撃部は、前記第1駆動部が前記打撃部に係合されると前記第2方向に作動され、
前記打撃部は、前記第1駆動部が前記打撃部から解放されると前記第1方向に作動され、
前記第2駆動部は、前記ウェイトに係合及び解放可能であり、
前記ウェイトは、前記第2駆動部が前記ウェイトに係合されると前記第1方向に作動され、
前記ウェイトは、前記第2駆動部が前記ウェイトから解放されると前記第2方向に作動される、請求項1乃至6の何れか1項記載の打込機。
【請求項8】
前記第1駆動部は、前記打撃部に固定され、
前記第2駆動部は、前記ウェイトに固定され、
前記モータと前記巻き掛け伝動部材との間の動力伝達経路を接続及び遮断するクラッチが、更に設けられている、請求項1乃至5の何れか1項記載の打込機。
【請求項9】
前記クラッチが前記動力伝達経路を接続すると、前記巻き掛け伝動部材は前記モータにより回転され、かつ、前記打撃部は前記第2方向に作動され、かつ、前記ウェイトは前記第1方向に作動され、
前記クラッチが前記動力伝達経路を遮断すると、前記打撃部は前記第1方向に作動され、かつ、前記ウェイトは前記第2方向に作動される、請求項8記載の打込機。
【請求項10】
前記巻き掛け伝動部材の一部が前記第1回転部材と前記第2回転部材との間で互いに逆向きに作動され、かつ、互いに平行に移動される第1移動領域及び第2移動領域を備え、
前記第1駆動部は、前記巻き掛け伝動部材の一部が前記第1移動領域を移動される過程で前記打撃部を前記第2方向に作動させ、
前記第2駆動部は、前記巻き掛け伝動部材の一部が前記第2移動領域を移動される過程で前記ウェイトを前記第1方向に作動させる、請求項5記載の打込機。
【請求項11】
前記打撃部の一部及び前記ウェイトの一部は、前記環状の巻き掛け伝動部材の内側の空間に配置されている、請求項8または9記載の打込機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、打撃部、ウェイト、打撃部及びウェイトを作動させるモータを備えた打込機に関する。
続きを表示(約 6,500 文字)【背景技術】
【0002】
打撃部、ウェイト、打撃部及びウェイトを作動させるモータを備えた打込機が特許文献1に記載されている。打込機は、更にハウジングを有し、打撃部は、ハウジングに対して第1方向及び第2方向へ作動可能に設けられている。ウェイトは、ハウジング内で第1方向及び第2方向に移動可能に設けられている。ハウジングは、モータケース、ハンドル及び装着部を有する。ハウジング内にスプリングが設けられている。スプリングは、打撃部とウェイトとの間に設けられている。モータとしての電動モータは、モータケース内に設けられている。電動モータによって回転される第1ギヤ、第2ギヤ及び第3ギヤが設けられている。第2ギヤは、第1ギヤ及び第3ギヤに噛み合っている。第1ギヤは第1ローラを有し、第3ギヤは第2ローラを有する。
【0003】
第1バンパ及び第2バンパが、ハウジング内に設けられている。ハンドルにトリガが設けられている。ハウジングにノーズ部が取り付けられ、プッシュレバーがノーズ部に取り付けられている。ノーズ部にマガジンが取り付けられ、止具としての釘がマガジン内に収容される。マガジン内の釘は、ノーズ部へ供給される。装着部に電池パックが設けられ、装着部内にコントローラが設けられている。
【0004】
コントローラは、トリガが操作され、かつ、プッシュレバーが相手材に押し付けられると、電動モータを回転させる。第1ギヤが電動モータによって回転され、第1ローラが打撃部に係合されると、打撃部は、スプリングの付勢力に抗して第2方向へ作動する。第1ギヤの回転力は、第2ギヤを経由して第3ギヤに伝達される。第2ローラがウェイトに係合されると、ウェイトは、スプリングの付勢力に抗して第1方向へ作動する。
【0005】
第1ローラが打撃部から解放されると、打撃部は、スプリングの付勢力で第1方向へ作動し、打撃部は釘を打撃する。第2ローラがウェイトから解放されると、ウェイトは、スプリングの付勢力で第2方向へ作動する。釘を打撃した打撃部は、第1バンパに衝突される。第2方向へ作動したウェイトは、第2バンパに衝突される。打撃部とウェイトとが、略同じ時期で逆方向に作動するため、ハウジングの振動が抑制される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2018−39064号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本願発明者は、打撃部が第1方向に作動される時期と、ウェイトが第2方向に作動される時期との関係を調整することが困難である、という課題を認識した。
【0008】
本発明の目的は、打撃部が第1方向に作動される時期と、ウェイトが第2方向に作動される時期との関係を、容易に調整可能な打込機を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
一実施形態の打込機は、第1方向、及び前記第1方向とは逆の第2方向へ作動可能であり、前記第1方向へ作動して止具を打撃する打撃部と、前記第1方向及び前記第2方向へ作動可能であり、前記打撃部が前記第1方向へ作動される時に前記第2方向に作動するウェイトと、前記打撃部を前記第1方向へ作動させ、かつ、前記ウェイトを前記第2方向へ作動させる付勢部材と、を有する打込機であって、モータと、前記モータによって回転される環状の巻き掛け伝動部材と、前記巻き掛け伝動部材に設けられ、かつ、前記打撃部を前記第2方向に作動させる第1駆動部と、前記巻き掛け伝動部材に設けられ、かつ、前記ウェイトを前記第1方向に作動させる第2駆動部と、を備えている。
【発明の効果】
【0010】
一実施形態の打込機は、巻き掛け伝動部材がモータによって回転され、第1駆動部が打撃部を作動させ、かつ、第2駆動部がウェイトを作動させる。したがって、打撃部が第1方向に作動される時期と、ウェイトが第2方向に作動される時期との関係を、容易に調整可能である。
【図面の簡単な説明】
【0011】
本発明の一実施形態である打込機の内部構造を示す断面図である。
図1の打込機に設けられた伝動部を示す拡大断面図である。
打込機に設けられた打撃部、カウンタウェイト及び伝動部を示し、打撃部が待機位置にある状態の右側面図である。
打込機の制御系統を示すブロック図である。
打込機に設けられた打撃部、カウンタウェイト及び伝動部を示し、打撃部が上死点にある状態の右側面図である。
打込機に設けられた打撃部、カウンタウェイト及び伝動部を示し、打撃部が下死点にある状態の右側面図である。
打込機に設けられる伝動部の他の例を示す図である。
図7に示された伝動部を、電動モータ側から見た図である。
【発明を実施するための形態】
【0012】
以下、本発明における打込機の一実施形態を図面を参照して説明する。
【0013】
図1に示す打込機10は釘打機であり、打込機10は、ハウジング11、打撃部12、カウンタウェイト13、伝動部14及びマガジン15を有する。ハウジング11は、金属及び合成樹脂で構成されており、ハウジング11は、筒形状の本体部16と、本体部16に接続されたハンドル17と、本体部16に接続されたモータケース18と、を有する。装着部19がハンドル17及びモータケース18に接続されている。
【0014】
ノーズ部20が本体部16の外に設けられ、ノーズ部20が本体部16に固定されている。ノーズ部20は、射出路を有する。プッシュレバー21がノーズ部20に移動可能に取り付けられている。ユーザは、プッシュレバー21を相手材W1に対して接触及び離間させることが可能である。
【0015】
マガジン15は、ハウジング11及びノーズ部20により支持されている。マガジン15は、釘22を複数収容できる。マガジン15は、釘22を1列に、かつ、直線状に収納できる。釘22は、例えば、軸形状である。釘22同士は接続要素で互いに接続されている。マガジン15はフィーダを有する。フィーダは、マガジン15に収容されている釘22を射出路へ送る。
【0016】
電池パック23が装着部19に取り付けられている。電池パック23は、装着部19から取り外し可能である。電池パック23は、収容ケースと、収容ケース内に収容した複数の電池セルとを有する。電池セルは、例えば、充電及び放電が可能な二次電池である。電池パック23は直流電源である。電池パック23は、電池側端子を有する。装着部19は、本体側端子を有する。電池パック23が装着部19に取り付けられると、本体側端子と電池側端子とが電気的に接続される。
【0017】
図1及び図2に示されたガイド部材24が、ハウジング11に取り付けられている。図1に示された本体部16内を右側から側面視すると、図3のように、ガイド部材24は、複数、一例として2個設けられている。2個のガイド部材24は、ハウジング11に固定されている。2個のガイド部材24は、共に金属製のプレートである。2個のガイド部材24は、間隔をおいて設けられ、かつ、2個のガイド部材24は平行である。2個のガイド部材24は、ガイド溝またはガイドレールを有する。
【0018】
打撃部12は、プランジャ25及びドライバブレード26を有する。プランジャ25は、例えば、鉄製またはアルミニウム製である。プランジャ25は、ガイド部材24に沿って配置された第1アーム27を有し、第1アーム27は第1突起28を有する。ドライバブレード26は、プランジャ25に固定されている。ドライバブレード26は、例えば、金属製のシャフトである。プランジャ25は、2個のガイド部材24によって移動可能に支持されている。プランジャ25は、ガイド部材24に設けられたガイド溝、またはガイドレールに沿って作動可能である。打撃部12の作動方向、つまり、プランジャ25の作動方向は、仮想線A1で示されている。打撃部12が作動すると、ドライバブレード26は、射出路内で仮想線A1に沿った方向に作動される。
【0019】
カウンタウェイト13は、打撃部12が釘22を打撃するように作動した場合に、ハウジング11が振動することを抑制する。カウンタウェイト13は、2個のガイド部材24によって支持されている。カウンタウェイト13は、ガイド部材24に設けられたガイド溝、またはガイドレールに沿って作動可能である。カウンタウェイト13の作動方向は、仮想線A1で示されている。カウンタウェイト13は、例えば、鉄製またはアルミニウム製である。カウンタウェイト13は、ガイド部材24に沿って配置された第2アーム29を有し、第2アーム29は第2突起30を有する。図3に示された仮想線A1に対して直角な方向で、第1突起28と第2突起30とが、間隔をおいて配置されている。
【0020】
図2に示された仮想線A1に沿った方向で、プランジャ25とカウンタウェイト13との間に金属製のスプリング31が設けられている。スプリング31は、仮想線A1に沿った方向に伸縮が可能な弾性体である。スプリング31は、プランジャ25及びカウンタウェイト13から仮想線A1に沿った方向の圧縮荷重を受けており、かつ、仮想線A1に沿った方向の付勢力を、プランジャ25及びカウンタウェイト13に加える。つまり、単数のスプリング31は、プランジャ25に第1方向B1の付勢力を付加し、かつ、カウンタウェイト13に第2方向B2の付勢力を付加する機能を有する。第1方向B1と第2方向B2とは、逆向きである。
【0021】
2個のバンパ32,33が、2個のガイド部材24の間に設けられている。2個のバンパ32,33は、仮想線A1に沿った方向に間隔をおいて配置され、かつ、2個のバンパ32,33は、ハウジング11内に固定されている。2個のバンパ32,33は、合成ゴム製、または、シリコンゴム製である。
【0022】
また、図1における仮想線A1に沿った方向で、ハンドル17、モータケース18及びマガジン15は、それぞれ異なる位置に配置されている。図1における仮想線A1に沿った方向で、モータケース18は、ハンドル17とマガジン15との間に配置されている。
【0023】
電動モータ34及び減速機35が、モータケース18内に設けられている。電動モータ34は、電池パック23からの電力供給を受けて打撃部12及びカウンタウェイト13を作動させる動力源である。電動モータ34は、ロータ及びステータを有する。電動モータ34は、例えばブラシレスモータである。ステータはコイルを有し、コイルに電流が供給されると、ロータが回転される。
【0024】
減速機35は、入力要素、出力要素36及び遊星歯車機構を有する。入力要素は、ロータに連結されている。ロータの回転力は、入力要素に伝達される。出力要素36に駆動ギヤ37が取り付けられている。減速機35は、入力要素の回転速度に対して出力要素36の回転速度を減速させることで、入力要素から出力要素36に伝達される回転力を増幅させる。電動モータ34及び減速機35の回転中心は、回転中心線A2で示されている。
【0025】
図1に示された回転中心線A2に沿った方向で、減速機35は、2個のガイド部材24と電動モータ34との間に配置されている。また、回転中心線A2に対して垂直な側面視である図3において、2個のガイド部材24は、仮想線A1を隔てて配置されている。図1に示されるように、仮想線A1と回転中心線A2とが交差して配置される。
【0026】
伝動部14は、ハウジング11内、主として本体部16内に設けられている。伝動部14は、図1に示された回転中心線A2に沿った方向で、2個のガイド部材24と減速機35との間に配置されている。伝動部14は、電動モータ34から伝達される回転力を、打撃部12及びカウンタウェイト13の作動力に変換する。伝動部14は、駆動プーリ38、従動プーリ39及び環状のベルト40を有する。駆動プーリ38及び従動プーリ39は、仮想線A1に沿った方向に間隔をおいて配置されている。駆動プーリ38の外径と、従動プーリ39の外径とは同一である。ここで、外径は、直径である。駆動プーリ38及び従動プーリ39は、共に金属製である。駆動プーリ38は、第1回転軸41に取り付けられており、第1回転軸41は軸受によって回転可能に支持されている。第1回転軸41の外面に従動ギヤ42が設けられ、従動ギヤ42は駆動ギヤ37に噛み合っている。従動プーリ39は、軸受によって回転可能に支持されている。
【0027】
駆動プーリ38の回転中心線A3と、従動プーリ39の回転中心線A4と、回転中心線A2とが平行に配置されている。回転中心線A2,A3,A4は、図3に示す仮想線A1と交差する。仮想線A1に沿った方向で、回転中心線A3は、回転中心線A2と回転中心線A4との間に位置する。駆動プーリ38及び従動プーリ39は、共に回転可能であり、かつ、仮想線A1に沿った方向には移動せず、かつ、仮想線A1に対して交差する方向には移動せず、かつ、回転中心線A2に沿った方向には移動しないように、本体部16内に設けられている。
【0028】
ベルト40は、一例として金属製または合成ゴム製であり、ベルト40は、駆動プーリ38及び従動プーリ39に巻き掛けられている。回転中心線A3,A4に対して垂直な平面内において、仮想線A1に対して直角な方向で、ベルト40は、第1突起28と第2突起30との間に配置されている。
【0029】
電動モータ34の回転力が、減速機35を経由して駆動プーリ38に伝達されると、駆動プーリ38は、図3で時計回りに回転される。駆動プーリ38が図3で時計回りに回転されると、ベルト40は回転される。ベルト40の一部は、第1移動領域R1及び第2移動領域R2において、仮想線A1と平行に、かつ、直線状に移動する。第1移動領域R1及び第2移動領域R2は、ベルト40の回転方向の一部が、駆動プーリ38及び従動プーリ39から離間している範囲である。ベルト40の一部は、第1移動領域R1において駆動プーリ38から従動プーリ39へ移動される。ベルト40の一部は、第2移動領域R2において従動プーリ39から駆動プーリ38へ移動される。ベルト40の一部のうち、駆動プーリ38及び従動プーリ39に接触している領域は、円弧状に移動する。
【0030】
2個のピン43が、ベルト40の外面に設けられている。2個のピン43は、ベルト40と一部材であってもよいし、2個のピン43とベルト40とが別部材であり、2個のピン43がベルト40に固定されていてもよい。1個のピン43と1個のピン43とは、ベルト40の回転方向で異なる位置に配置されている。ベルト40が回転されると、第1移動領域R1でピン43が第1突起28に係合され、その後に、ピン43が第1突起28から解放される。また、第2移動領域R2でピン43が第2突起30に係合され、その後に、ピン43が第2突起30から解放される。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

工機ホールディングス株式会社
作業機
工機ホールディングス株式会社
打込機
工機ホールディングス株式会社
切断機
工機ホールディングス株式会社
打込機
工機ホールディングス株式会社
作業機
工機ホールディングス株式会社
打込機
工機ホールディングス株式会社
作業機
工機ホールディングス株式会社
打込機
工機ホールディングス株式会社
作業機
工機ホールディングス株式会社
打込機
工機ホールディングス株式会社
作業機
工機ホールディングス株式会社
作業機
工機ホールディングス株式会社
打込機
工機ホールディングス株式会社
作業機
工機ホールディングス株式会社
動力工具
工機ホールディングス株式会社
電気機器
工機ホールディングス株式会社
電動工具
工機ホールディングス株式会社
電源装置
工機ホールディングス株式会社
電気機器
工機ホールディングス株式会社
打撃作業機
工機ホールディングス株式会社
電動作業機
工機ホールディングス株式会社
気体圧縮機
工機ホールディングス株式会社
空気圧縮機
工機ホールディングス株式会社
切断作業機
工機ホールディングス株式会社
可搬型保冷庫
工機ホールディングス株式会社
インパクト工具
工機ホールディングス株式会社
電気機器システム
工機ホールディングス株式会社
電気機器システム
工機ホールディングス株式会社
作業機及びフィルタ
工機ホールディングス株式会社
電源装置及びシステム
工機ホールディングス株式会社
電池パック及び電気機器
工機ホールディングス株式会社
電池パック及び電池パックを用いた電気機器
工機ホールディングス株式会社
電池パック及び電池パックを用いた電気機器
工機ホールディングス株式会社
コードレス作業機器システムおよびアダプタ
工機ホールディングス株式会社
通信装置及びそれを用いた電気機器システム
個人
外骨格装置
続きを見る