TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021105275
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210726
出願番号2019236423
出願日20191226
発明の名称スラブ
出願人株式会社デンソー,株式会社竹中工務店
代理人特許業務法人太陽国際特許事務所
主分類E04B 5/43 20060101AFI20210625BHJP(建築物)
要約【課題】本発明は、スラブに貫通孔を容易に形成することを目的とする。
【解決手段】スラブ20は、スラブ本体22と、格子状に配筋されるとともに、スラブ本体22に埋設される複数の縦筋30及び横筋40と、格子状で、かつ、縦筋30及び横筋40に対して斜めに配筋されるとともに、スラブ本体22に埋設される複数の斜め補強筋60A,60Bと、を備え、スラブ本体22には、縦筋30及び横筋40で囲まれるとともに、斜め補強筋60A,60Bで囲まれる複数の無筋領域50が形成される。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
スラブ本体と、
格子状に配筋されるとともに、前記スラブ本体に埋設される複数の縦筋及び横筋と、
格子状で、かつ、前記縦筋及び前記横筋に対して斜めに配筋されるとともに、前記スラブ本体に埋設される複数の斜め補強筋と、
を備え、
前記スラブ本体には、前記縦筋及び前記横筋で囲まれるとともに、前記斜め補強筋で囲まれる複数の無筋領域が形成される、
スラブ。
続きを表示(約 320 文字)【請求項2】
隣り合う前記無筋領域の間には、一又は複数の前記斜め補強筋が配筋される、
請求項1に記載のスラブ。
【請求項3】
隣り合う前記無筋領域の間には、複数の前記縦筋又は複数の前記横筋が配筋される、
請求項1又は請求項2に記載のスラブ。
【請求項4】
前記スラブ本体の上面又は下面には、前記無筋領域の位置の基準となる複数の基準点が設けられる、
請求項1〜請求項3の何れか1項に記載のスラブ。
【請求項5】
前記無筋領域の縦幅及び横幅は、300mm以下、かつ、前記スラブ本体のスラブ厚さの3倍以下とされる、
請求項1〜請求項4の何れか1項に記載のスラブ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、スラブに関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
柱の周囲、及び大梁と小梁との接合部の周囲に、貫通孔を形成可能な複数の無筋領域を備えるスラブが知られている(例えば、特許文献1参照)。無筋領域の周囲には、縦筋及び横筋が密に配筋されている。これにより、無筋領域の周囲に新たな補強筋を埋設せずに、無筋領域に貫通孔を形成することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2005−314883号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に開示されたスラブでは、無筋領域に形成する貫通孔の大きさ等によっては、補強が不足する可能性がある。この場合、無筋領域に補強筋等を新たに埋設する必要があるため、施工に手間がかかる。
【0005】
本発明は、上記の事実を考慮し、スラブに貫通孔を容易に形成することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1に記載のスラブは、スラブ本体と、格子状に配筋されるとともに、前記スラブ本体に埋設される複数の縦筋及び横筋と、格子状で、かつ、前記縦筋及び前記横筋に対して斜めに配筋されるとともに、前記スラブ本体に埋設される複数の斜め補強筋と、を備え、前記スラブ本体には、前記縦筋及び前記横筋で囲まれるとともに、前記斜め補強筋で囲まれる複数の無筋領域が形成される。
【0007】
請求項1に係るスラブによれば、スラブ本体には、格子状に配筋された複数の縦筋及び横筋が埋設される。また、スラブ本体には、格子状で、かつ、縦筋及び横筋に対して斜めに配筋された複数の斜め補強筋が埋設される。このスラブ本体には、複数の無筋領域が形成される。各無筋領域は、縦筋及び横筋によって囲まれるとともに、斜め補強筋によって囲まれる。
【0008】
ここで、無筋領域には、縦筋、横筋、及び斜め補強筋が配筋されない。そのため、縦筋、横筋、及び斜め補強筋を切断せずに、無筋領域に貫通孔を形成することができる。したがって、スラブ本体に貫通孔を容易に形成することができる。
【0009】
また、無筋領域は、斜め補強筋によって囲まれており、これらの斜め補強筋によって補強される。そのため、無筋領域に貫通孔を形成する際に、無筋領域の周囲に補強筋等を埋設する必要がなくなる。したがって、スラブ本体に貫通孔をさらに容易に形成することができる。
【0010】
さらに、本発明では、格子状に配筋された複数の縦筋及び横筋と、格子状に配筋された複数の斜め補強筋とを組み合わせることにより、スラブ本体の広範囲に亘って、貫通孔を形成可能な複数の無筋領域を形成することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社デンソー
弁装置
3か月前
株式会社デンソー
弁装置
23日前
株式会社デンソー
モータ
1か月前
株式会社デンソー
モータ
3か月前
株式会社デンソー
受液器
2か月前
株式会社デンソー
モータ
3か月前
株式会社デンソー
モータ
3か月前
株式会社デンソー
モータ
3か月前
株式会社デンソー
モータ
3か月前
株式会社デンソー
弁装置
23日前
株式会社デンソー
冷凍機
3か月前
株式会社デンソー
電気機器
3か月前
株式会社デンソー
電源装置
1か月前
株式会社デンソー
中継装置
1か月前
株式会社デンソー
電子装置
3か月前
株式会社デンソー
制御装置
3か月前
株式会社デンソー
回転電機
4か月前
株式会社デンソー
冷却装置
1か月前
株式会社デンソー
中継装置
3か月前
株式会社デンソー
制御装置
3か月前
株式会社デンソー
表示装置
1か月前
株式会社デンソー
操作装置
3か月前
株式会社デンソー
表示装置
1か月前
株式会社デンソーテン
表示装置
3か月前
株式会社デンソー
制御装置
1か月前
株式会社デンソー
送風機器
1か月前
株式会社デンソー
駆動装置
1か月前
株式会社デンソー
表示装置
1か月前
株式会社デンソーエアクール
空調装置
3か月前
株式会社デンソー
遮断装置
23日前
株式会社デンソー
熱交換器
15日前
株式会社デンソー
制御装置
23日前
株式会社デンソー
回転電機
23日前
株式会社デンソー
駆動装置
13日前
株式会社デンソー
車載機器
3か月前
株式会社デンソー
電子装置
3か月前
続きを見る