TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021104776
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210726
出願番号2019237515
出願日20191226
発明の名称作業車
出願人株式会社クボタ
代理人特許業務法人R&C
主分類B60K 17/04 20060101AFI20210625BHJP(車両一般)
要約【課題】クローラ型式の走行装置が設けられた作業車において、作業車の重量バランスを良いものにする。
【解決手段】右の走行装置の駆動輪及び左の走行装置の駆動輪を支持して、駆動輪が側面視でトラックフレーム4の前後中間部に対して上側に配置されるように支持されたミッションケース20が備えられる。ミッションケース20に対して前側又は後側に配置され、平面視で右及び左の走行装置の間に配置されたエンジン45が備えられる。エンジン45に向けて突出するようにミッションケース20に支持された入力軸27と、側面視で入力軸27よりも低い位置に配置され且つミッションケース20に向けて突出するようにエンジン45に支持された出力軸と、出力軸と入力軸27とに亘って接続された伝動機構52とが備えられる。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
駆動輪と、複数の転輪と、前記転輪が支持されて前後方向に沿って配置されたトラックフレームと、前記駆動輪及び前記転輪に取り付けられたクローラベルトとを有する右及び左の走行装置が備えられ、
前記右の走行装置の駆動輪及び前記左の走行装置の駆動輪を支持して、前記駆動輪が側面視で前記トラックフレームの前後中間部に対して上側に配置されるように支持されたミッションケースが備えられ、
前記ミッションケースに対して前側又は後側に配置され、平面視で前記右及び左の走行装置の間に配置されたエンジンと、
前記エンジンに向けて突出するように前記ミッションケースに支持された入力軸と、
側面視で前記入力軸よりも低い位置に配置され、且つ、前記ミッションケースに向けて突出するように前記エンジンに支持された出力軸と、
前記出力軸と前記入力軸とに亘って接続された伝動機構とが備えられ、
前記エンジンの動力が、前記出力軸から前記伝動機構を介して前記入力軸に伝達され、前記ミッションケースの内部の伝動系を介して前記駆動輪に伝達されて、前記駆動輪が回転駆動される作業車。
続きを表示(約 840 文字)【請求項2】
前記エンジンが、側面視で前記クローラベルトの回転経路と重複するように配置されている請求項1に記載の作業車。
【請求項3】
前記ミッションケースに、
前記入力軸を支持して左右方向に沿って配置された中央ケース部分と、
前記右の駆動輪を支持して、前記中央ケース部分の右部に連結され前記エンジン側に向けて延出された右ケース部分と、
前記左の駆動輪を支持して、前記中央ケース部分の左部に連結され前記エンジン側に向けて延出された左ケース部分とが設けられている請求項1又は2に記載の作業車。
【請求項4】
前記伝動機構に、
前記エンジンのクランクケースに支持されて、前記出力軸に接続され、側面視で前記クランクケースから上下方向に沿って上側に延出されたギヤ伝動部と、
前後方向に沿って配置されて、前記ギヤ伝動部と前記入力軸とに亘って接続された伝動軸とが設けられている請求項1〜3のうちのいずれか一項に記載の作業車。
【請求項5】
前記出力軸が平面視で前記入力軸から左右一方側に偏移して配置されるように、前記クランクケースが配置され、
前記ギヤ伝動部が、平面視で前記クランクケースから左右方向に沿って前記入力軸に向けて延出されるように、正面視で斜めに配置されている請求項4に記載の作業車。
【請求項6】
前記エンジンのシリンダが、平面視で前記クランクケースから左右方向に沿って前記入力軸に向けて延出されるように、正面視で斜めに配置されている請求項5に記載の作業車。
【請求項7】
前記エンジンの吸気用のエアクリーナと、前記エンジンの排気用のマフラーとが、前記シリンダの上方に配置されている請求項6に記載の作業車。
【請求項8】
前記エンジン用の燃料タンクが、前記クランクケースの上方に配置されている請求項6又は7に記載の作業車。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、作業車の機体全体の構成に関する。
続きを表示(約 5,100 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1に開示された作業車では、機体の右部及び左部に、クローラ型式の走行装置が設けられて、右及び左の走行装置により機体が支持されている。
特許文献1では、走行装置を駆動する油圧モータが設けられており、エンジンにより駆動された油圧ポンプの作動油が油圧モータに供給されて、油圧モータにより走行装置が駆動される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平4−197104号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に開示された作業車のように、エンジンにより駆動される油圧ポンプと、走行装置を駆動する油圧モータとが分離して配置された構成に代えて、エンジンの動力を伝動軸や伝動ギヤ等の伝動系を介して走行装置に伝達し、走行装置を駆動する構成が提案されている。
【0005】
本発明は、クローラ型式の走行装置が設けられた作業車において、エンジンの動力を伝動軸や伝動ギヤ等の伝動系を介して走行装置に伝達するように構成する場合、作業車の重量バランスを良いものにすることを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の作業車は、駆動輪と、複数の転輪と、前記転輪が支持されて前後方向に沿って配置されたトラックフレームと、前記駆動輪及び前記転輪に取り付けられたクローラベルトとを有する右及び左の走行装置が備えられ、前記右の走行装置の駆動輪及び前記左の走行装置の駆動輪を支持して、前記駆動輪が側面視で前記トラックフレームの前後中間部に対して上側に配置されるように支持されたミッションケースが備えられ、前記ミッションケースに対して前側又は後側に配置され、平面視で前記右及び左の走行装置の間に配置されたエンジンと、前記エンジンに向けて突出するように前記ミッションケースに支持された入力軸と、側面視で前記入力軸よりも低い位置に配置され、且つ、前記ミッションケースに向けて突出するように前記エンジンに支持された出力軸と、前記出力軸と前記入力軸とに亘って接続された伝動機構とが備えられ、前記エンジンの動力が、前記出力軸から前記伝動機構を介して前記入力軸に伝達され、前記ミッションケースの内部の伝動系を介して前記駆動輪に伝達されて、前記駆動輪が回転駆動される。
【0007】
本発明によると、駆動輪、複数の転輪、転輪が支持されて前後方向に沿って配置されたトラックフレーム及びクローラベルトを有する右及び左の走行装置において、右及び左の駆動輪がミッションケースに支持されており、エンジンの動力が、ミッションケースの入力軸に伝達され、ミッションケースの内部の伝動系を介して駆動輪に伝達されて、駆動輪が回転駆動され、走行装置が駆動される。
【0008】
本発明によると、駆動輪が側面視でトラックフレームの前後中間部に対して上側に配置されることにより、ミッションケースも側面視でトラックフレームの前後中間部の位置に配置されるので、作業車の前後の重量バランスが良いものとなる。
この場合、クローラベルトが、駆動輪からトラックフレームの前部に向かって斜め前方下方に延出される状態となり、駆動輪からトラックフレームの後部に向かって斜め後方下方に延出される状態となるのであり、駆動輪とクローラベルトとの接触長さは確保されている。
【0009】
本発明によると、駆動輪が側面視でトラックフレームの前後中間部に対して上側に配置されたミッションケースに対して、エンジンの出力軸がミッションケースの入力軸よりも低い位置に配置されるように、エンジンが低い位置に支持されているので、作業車の重心の位置が下り、作業車の重量バランスが良いものとなる。
この場合、エンジンの出力軸とミッションケースの入力軸とに亘って、伝動機構が接続されており、エンジンの出力軸がミッションケースの入力軸よりも低い位置に配置されていても、エンジンの動力が、エンジンの出力軸から伝動機構を介してミッションケースの入力軸に無理なく伝達される。
【0010】
本発明において、前記エンジンが、側面視で前記クローラベルトの回転経路と重複するように配置されていると好適である。
【0011】
本発明によると、エンジンが、側面視でクローラベルトの回転経路と重複するように、低い位置に支持されることに加えて、エンジンが、側面視でクローラベルトの回転経路から外れる位置まで、ミッションケースから前側又は後側に離れた位置に支持されない。
これにより、作業車の重心の位置を下げること、及び、作業車の前後の重量バランスを良いものとすることの両方において有利になる。
【0012】
本発明において、前記ミッションケースに、前記入力軸を支持して左右方向に沿って配置された中央ケース部分と、前記右の駆動輪を支持して、前記中央ケース部分の右部に連結され前記エンジン側に向けて延出された右ケース部分と、前記左の駆動輪を支持して、前記中央ケース部分の左部に連結され前記エンジン側に向けて延出された左ケース部分とが設けられていると好適である。
【0013】
本発明によると、ミッションケースに、入力軸を支持して左右方向に沿って配置された中央ケース部分と、右の駆動輪を支持して中央ケース部分の右部に連結された右ケース部分と、左の駆動輪を支持して中央ケース部分の左部に連結された左ケース部分とが設けられている。
【0014】
前述の構成において、本発明によると、ミッションケースとエンジンとが前後方向に沿って並ぶように支持されている状態で、ミッションケースの右ケース部分及び左ケース部分が、ミッションケースの中央ケース部分の右部及び左部からエンジン側に向けて延出されている。このことについて言い換えると、ミッションケースの中央ケース部分が、エンジンから前後方向に沿って少し離れて支持される。
【0015】
これにより、側面視でトラックフレームの前後中間部の位置に配置されたミッションケースに対して、エンジンが側面視でトラックフレームの前部又は後部の位置に配置されても、ミッションケースの中央ケース部分が、エンジンから前後方向に沿って少し離れて支持されることによって、作業車の前後の重量バランスが良いものとなる。
【0016】
本発明において、前記伝動機構に、前記エンジンのクランクケースに支持されて、前記出力軸に接続され、側面視で前記クランクケースから上下方向に沿って上側に延出されたギヤ伝動部と、前後方向に沿って配置されて、前記ギヤ伝動部と前記入力軸とに亘って接続された伝動軸とが設けられていると好適である。
【0017】
本発明によると、エンジンの動力が、エンジンの出力軸から伝動機構のギヤ伝動部により上側に伝達され、ミッションケースの入力軸の比較的高い位置において、動力が伝動機構のギヤ伝動部から伝動軸を介して、ミッションケースの入力軸に伝達される。
これにより、伝動機構の伝動軸が比較的高い位置に配置されるので、地面の土や泥が伝動機構の伝動軸に付着し難くなる。
【0018】
本発明において、前記出力軸が平面視で前記入力軸から左右一方側に偏移して配置されるように、前記クランクケースが配置され、前記ギヤ伝動部が、平面視で前記クランクケースから左右方向に沿って前記入力軸に向けて延出されるように、正面視で斜めに配置されていると好適である。
【0019】
前述のように、伝動機構において、エンジンの動力が、エンジンの出力軸から伝動機構のギヤ伝動部により上側に伝達されるように構成する場合、伝動機構のギヤ伝動部において、伝動ギヤを配置する為の長さを確保する必要がある。
【0020】
本発明によると、伝動機構のギヤ伝動部が正面視でミッションケースの入力軸に向けて斜めに配置されているので、伝動機構のギヤ伝動部が正面視でミッションケースの入力軸に向けて鉛直に配置される構成に比べて、エンジンの出力軸とミッションケースの入力軸との間の正面視での距離が長くなる。これにより、伝動機構のギヤ伝動部において、伝動ギヤを配置する為の長さの確保が容易になる。
【0021】
本発明において、前記エンジンのシリンダが、平面視で前記クランクケースから左右方向に沿って前記入力軸に向けて延出されるように、正面視で斜めに配置されていると好適である。
【0022】
前述のように、伝動機構のギヤ伝動部を正面視でミッションケースの入力軸に向けて斜めに配置する為に、エンジンの出力軸が平面視でミッションケースの入力軸から左右一方側に偏移して配置されるように、エンジンのクランクケースが配置された場合、本発明によると、エンジンのシリンダが、平面視でエンジンのクランクケースから左右方向に沿ってミッションケースの入力軸に向けて延出されるように、正面視で斜めに配置される。
これにより、エンジンの高さが抑えられるので、作業車の重心の位置を下げることにおいて有利になるのであり、作業車の左右の重量バランスの崩れも抑えられる。
【0023】
本発明において、前記エンジンの吸気用のエアクリーナと、前記エンジンの排気用のマフラーとが、前記シリンダの上方に配置されていると好適である。
【0024】
前述のように、エンジンのシリンダが正面視で斜めに配置されて、エンジンの高さが抑えられた状態において、本発明によると、エンジンのシリンダの上方の空間を有効に利用して、エアクリーナ及びマフラーを配置することができる。
【0025】
本発明において、前記エンジン用の燃料タンクが、前記クランクケースの上方に配置されていると好適である。
【0026】
前述のように、エンジンのシリンダが正面視で斜めに配置された状態において、本発明によると、エンジンのクランクケースの上方の空間を有効に利用して、燃料タンクを配置することができる。
【図面の簡単な説明】
【0027】
作業車の右側面図である。
作業車の平面図である。
機体及びミッションケースの状態を示す斜視図である。
機体及びミッションケースの状態を示す右側面図である。
機体及びミッションケースの状態を示す平面図である。
機体、エンジン及びミッションケースの状態を示す右側面図である。
機体、エンジン及びミッションケースの状態を示す縦断右側面図である。
機体、エンジン及びミッションケースの状態を示す平面図である。
機体、エンジン及びミッションケースの状態を示す横断平面図である。
エンジン及び伝動機構の付近の縦断正面図である。
エンジン及びミッションケースの伝動系を示す概略図である。
操作装置の平面図である。
操作装置の縦断側面図である。
ミッションケース、右及び左の操作装置の付近の斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0028】
図1〜図14に、作業車が示されている。図1〜図14において、Fは前方向を示し、Bは後方向を示し、Uは上方向を示し、Dは下方向を示し、Rは右方向を示し、Lは左方向を示している。
【0029】
(作業車の全体構成)
図1及び図2に示すように、作業車に、機体1と、機体1を支持する右及び左のクローラ型式の走行装置2と、機体1の前部に支持された作業装置である草刈り装置3とが設けられている。
【0030】
(機体の構成)
図3,4,5に示すように、前後方向に沿って配置された右及び左のトラックフレーム4と、右及び左のトラックフレーム4に亘って連結された3個の横フレーム5,6,7とが設けられて、トラックフレーム4及び横フレーム5,6,7がラダーフレーム状に構成されている。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
収穫機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
収穫機
株式会社クボタ
収穫機
株式会社クボタ
収穫機
株式会社クボタ
管理機
株式会社クボタ
管理機
株式会社クボタ
収穫機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業車
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業車
株式会社クボタ
除雪機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業車
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業車
株式会社クボタ
収穫機
株式会社クボタ
作業車
株式会社クボタ
作業車
株式会社クボタ
モーア
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
草刈機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ建設
製管機
株式会社クボタ
作業機
株式会社クボタ
作業車
続きを見る